勉強会の最近のブログ記事

日本酒万歳!

こんにちは!(^o^)

てんちょうです。

先月に引き続き、お酒の会が満載です。

これも強敵な樽一のお客さまに

素晴らしい日本酒をご紹介するため、

蔵元のメッセージをお届けするためなのです。

先週の水曜日には長野メッセに行ってきました。

20160517 013.JPG

まずは真澄の次期蔵元の勝彦さん。

20160517 014.JPG

それから夜明け前の小野さん。

20160517 020.JPG

豊香の慎太郎君。

20160517 024.JPG

黒松仙醸(こんな夜に)には龍力の日下部さんが・・・

20160517 021.JPG

北安大国杜氏の山崎さん。

20160517 023.JPG

この後この日休みの四方と酒屋革命君の齋藤さんに

我々の知らぬ蔵元を紹介して頂きました。

信州亀齢の杜氏、岡崎さん。

20160517 015.JPG

上田の福無量。

20160517 017.JPG

月吉野は2銘柄で勝負!

20160517 016.JPG

レベル高し長野の銘酒。

全然回りきれません・・・

あらやっぱり那智さんいらしてたのね♪

20160517 027.JPG


そして先日の日曜日には吟醸メッセ。

初の日曜日開催とあって一般客の多いこと!

まずは出羽桜池田さんの元へ。

20160517 028.JPG

おや?ここにも那智さんが・・・

那智さんのエスコートで広島の富久長。

20160517 030.JPG

お隣は賀茂泉の前垣さん。

20160517 031.JPG

李白の田中さん。

20160517 040.JPG

出雲月山の吉田さん。

20160517 041.JPG

酒一筋の利守さん。

20160517 042.JPG

米鶴の梅津さん。

20160517 043.JPG

手取川の吉田社長。

20160517 034.JPG

龍力の本田社長。

20160517 037.JPG

開運の土井会長と弥市社長。

20160517 036.JPG

東力士の島崎さんと囲む会の打ち合わせ中。

20160517 035.JPG

ひゃーたっぷりと回りましたよ・・・

次回のお酒の会は29日の酒ふくろう祭り。

酒ふくろう.jpg

どんな出会いがあるのるのやら・・・

日本酒万歳ですね!

資格とりました。

こんにちは 牧野です。

 

店長の冷蔵庫に、ひやおろしの入荷がはじめまり、

秋の訪れを感じています。

 

さて、週末2日間お休みを頂き、焼酎利き酒師の試験を受けに行ってきました。

 

開場は、幕張セミナーハウス、前回の利き酒師試験を受けに行った場所。

 

しかし、部屋に入ってビックリ!受験者が私を含めて4人しかいません。

日本酒の時は50人くらいいたのに...

 

土曜日はひたすら講義(14時~21時)

・歴史 ・製造方法 ・法律 ・地域特性 ・テイスティング 等

 

半徹夜状態で講義の内容をたたき込み、

(お陰で、オリンピック開催決定の瞬間を見ることが出来ました)

 

8時半からの講義を受けた後、90分の筆記試験に臨みました。

 

問題数がかなりあり、日本酒の時よりも苦戦しましたが、 

なんとか1発で通過し、最後のテイスティングの試験に進みました。

 

テイスティングではトレーニング時を含めて、

常にストレートで口に含まなければならなかった所はしんどかったです。

 

テストは4タイプのうち2種類が出題され、特徴・飲み方・食事との合わせ方などを

解答していくものと、劣化したお酒を当てるもの(2択)でした。

お酒のタイプを利き分けるのは日本酒のほうが、はるかに難しかったです。

 

15時半には試験も終わり、16時ごろ結果発表。

 

無事合格しました!!!

認定書.jpg  

お店にはあまり焼酎を置いていませんが、

仕事で無駄になることではないと思っています。

 

またお酒を通じて、人の輪が広がったことは自分にとってプラスになりましたし、

今後役に立つと感じています。

ひやおろしの前に・・・

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。



本日は牧野がお休みのためピンチヒッターで

アタクシが書かせて頂きます。

本日の猛暑も張り切って追い込みました。

20130831 001.JPG

ぜひとも同時更新の「日々真剣勝負!」もお楽しみ下さい。


この季節は酒蔵もまだ仕込みには時間があるので

よくお酒の会が開催されます。

20130826 001.JPG

先日は武蔵小山の川島さん主宰の「日本酒フェスティバル」。

20130826 003.JPG

この会ではアタクシらのお燗の師匠の木村先生に

お燗の素晴らしさを改めて伝授頂きました。

そして明日は原宿で行われます、「若手の夜明け2013」。

CCF20130831_00000.jpg



これには樽一から4名が参加予定です。

さらに9月16日には狛江市にあります、籠屋 秋元商店主宰の

飲食店限定試飲会が開催されます。

こちらにも4名が参加予定です。

〆には9月29日には味のマチダヤ主宰のひやおろしの会。

こちらは6名が参加します。

殆どの酒販店は8月22日を皮切りに秋の風物詩

「ひやおろし」が続々入荷しています。

ですが、ひやおろしを売り出す前に

せっかく蔵元と面識ができるラストチャンスです。

ひやおろしが本格的に出回る前に蔵元とお会いし

しっかりと各蔵の愛情、どのように日本酒に向き合っているのかを学び、

どんな思いで醸しているのかを大切にして日本酒の良さを

体験し秋を迎えたいと思います。

そこでお客様に味わって頂く「ひやおろし」に情熱を持って

様々な温度帯でご提供していこうと思うのです。


いざ、関西へ~食い倒れ紀行前編~

 皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

エレベーター工事の為に今週月曜から木曜日まで

 

四連続のお休みを頂いておりましたチーム樽一です(^_^;)

 

平日4日間もお客様にご迷惑をお掛けしたことをお詫び致しますm(_ _)m

 

 

 地団駄を踏んでもエレベーター工事ではどうにもならないので

 

店長と関西へ旅に出ました。普段中々、関西までは足を伸ばせないので

 

まずは、大阪へ向かいます。

 

 新幹線の中はおでんとチョイとしたツマミでビールを頂き、

 

一眠りしている間に大阪へ到着!向かうは梅田から徒歩7~8分。

 

曾根崎心中で有名なお初天神のすぐそば「門」でランチです。

 

20120907 032.jpg 

 

 ご覧の様に昭和の場末的なこの佇まい。

 

ランチは11時からと聞いて待ち構えているとようやく看板が。

 

20120907 031.jpg 

 

怪しげな階段を上るとカウンター4席と4人掛けテーブル

 

3つ程度の小さなお店。日替わりの松花堂弁当1000円を注文。

 

20120907 002.jpg 

 

出てきたのはこちら。鮮度の良いカンパチのお刺身に

 

揚げたてのサクサク天ぷら、関西らしい出汁の効いた

 

卵焼きに、イワシの煮物、弾力のある蒟蒻の中には

 

たらこがギッシリ。炭火で丁寧に焼かれたサワラが並びます。

 

 どれを食べても料理人の気持ちが伝わるものばかり。

 

夜は予定があるのでランチにしたけれど、夜もかなり期待出来そうな

 

お店です。店主さんは4代目でお店は50年以上の歴史があるそう。

 

20120907 005.jpg

 

すっかり平らげ大満足です。

 

20120907 010.jpg 

 

続いて今回の旅行の大きな目的の一つである

 

「山中酒店」へ訪問!コチラは全国的に有名な酒屋さん。

 

20120907 006.jpg 

 

地図を頼りに探していると住宅街の中に看板発見!

 

どうして有名な酒屋さんはわかりづらい場所にあるのか?

 

アトリエのような階段を上って扉をあけるとビッシリと並ぶ酒、酒、酒。

 

20120907 007.jpg

 

中でもこの王祿のラインナップは日本一。

 

20120907 008.jpg

 

全国から飲食店が買いに来るのも頷けます。

 

やはり、大阪だけあって西日本のお酒が充実。

 

これでまた、樽一の日本酒リストに厚みが出るのは間違い無し。

 

さらに、本日から新しいお酒が店長の冷蔵庫に

 

加わりますのでお楽しみに(^^)/

 

20120907 011.jpg

 

少し空いた時間を利用して大阪の町へ。

 

初めて登る通天閣からの眺めに大満足。

 

20120907 012.jpg

 

ホテルでひとっ風呂浴びて今回のメインのクジラ屋「徳家」さんへ。

 

前回クジラ料飲店の会議で訪れた以来3年ぶり。

 

女将さんに挨拶をして店内見学。席に着き片っ端からクジラを注文。

 

20120907 014.jpg

 

赤身をタップリの塩に漬けた塩クジラ。完全な保存食です。

 

20120907 015.jpg

 

クジラのお刺身二人前。

 

20120907 016.jpg

 

鯨カツはゴマだれがタップリ。

 

20120907 017.jpg

 

関西ならではのクジラのコロ。高野豆腐のような食感。

 

20120907 018.jpg

 

クジラの舌(さえずり)の煮物。柔らかくトロトロ。こりゃ旨い!

 

20120907 019.jpg

 

生のさえずりのぬた。美脂のような味わい。

 

20120907 021.jpg

 

そして、お待ちかねの「ハリハリ鍋」。

 

赤肉は片栗粉で綴じられていて出汁が絡まります。

 

「ハリハリ鍋」とは山盛りの水菜を味わう為のお鍋と再認識。

 

主役は水菜なんですね。ほんとはここでうどんを投入なんですが

 

次を考えてここら辺で切り上げます。

 

20120907 022.jpg

 

続いて山中酒店の直営「まゆのあな」に立ち寄り日本酒を満喫。

 

20120907 026.jpg

 

 

 

 常連さんのフェイスブック情報を頼りに大阪駅のガード下

 

「新喜楽」で厚揚げと「鴨鍋」を堪能。

 

20120907 027.jpg

 

730円で鴨鍋を堪能出来るのはさすが大阪。

 

20120907 028.jpg

 

何故か降りしきる雨にやられながらグリコを拝み

 

20120907 030.jpg

 

昼間立ち寄れなかった新世界で

 

20120907 029.jpg

 

串揚げを平らげ初日終了~(>_<)お腹一杯でまさに食い倒れ。

 

さてさて、次の日はどんなことになりますのやら・・・・

 

続きは店長がご報告しますから~

 

 

4日ぶりの営業でかなり張り切っているしんちゃんでした~(^^)/ 

 

久しぶりの勉強会

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

いやぁ~見ましたか?

ロンドンオリンピックのサッカー。

感動しましたね~

なでしこは初の銀メダル、男子は残念ながら44年ぶりのメダルには

届きませんでしたが、見ごたえある試合を見せて国民に元気を与えてくれました。



さて、久しぶりに勉強会に店をこっそり抜け出して行ってきました。

場所は鶯谷にあります、「焼き貝うぐいす」

ここは貝料理の専門店。

で・・・なぜここのお店って???

じつは日頃、器でお世話になっている四季火土さん。

20120621 029.JPG



同じ四季火土さんの食器を扱うこちらの紹介で行ってきました。

夜の鶯谷はなんだかひっそり・・・

駅からすぐにありました!

20120809yas 001.JPG



昭和チックな店構えに雰囲気はバッチリですね~。

早速、看板料理の貝をいただきましょう。

焼き貝3品と活け貝3品を注文。

まずは刺身、みる貝と平貝と赤貝がきましたよ~

20120809yas 002.JPG



磯の香りと貝の食感がたまりません!(>_<)

続いて焼き貝の登場です。

はまぐりからいただきましょうか~

20120809yas 004.JPGのサムネール画像



う~ん・・・(>_<) たまらん!

もう、我慢できませぬ。日本酒くださ~い!

20120809yas 005.JPG



酒は今我々もハマッている川鶴をいただきました。

仕込み水もカップ酒の容器に入れるお茶目よう。

20120809yas 006.JPG



焼き貝2品目は焼きホタテの生海苔のせ。

20120809yas 007.JPG

3品目はさざえの壺焼きでキマリですね♪

20120809yas 008.JPG

美味しい貝料理を演出する四季火土さんの器がまたいいですね~

もちろん、この後はお燗に突入!

20120809yas 009.JPG

片口に馬上杯でのお燗の提供方法もあるんですね。

店主とも四季火土さんのお話で意気投合して、

お任せでお料理をいただきました。

20120809yas 010.JPG

こちらは貝のなめろう。意外な発想に驚きました。

20120809yas 011.JPG

こちらはホッキ貝の炙り焼き。見事な食感です。

もう、お燗がススム、ススム・・・

マァマァ、オヒトツ(* ̄ー ̄)_凸"□_( ̄ー ̄*)イヤァドウモドウモ

すばらしいお店でしたよ!

七本鎗セミナー~鈴木三河屋~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

いやぁ~昨日の台風は風が凄かったですね(>_<)

 

あの土砂降りの中でも、台風を物ともせずに飲みに来て

 

下さったお客様に心から感謝申し上げますm(_ _)m

 

 先日は、お取引先の鈴木三河屋さん主催のお酒セミナーに

 

参加して参りました。ゲストは滋賀県「七本鎗」の15代目

 

冨田泰伸さん。創業460年という歴史のある蔵元さん。

 

 

20120620 001.jpg 

 

京都産業大学卒業後、某アルコールメーカーに勤務。

 

27歳で蔵に戻り現在に至ります。 樽一でも

 

何度か仕入れをしており、その度にお酒の見せる

 

表情が変わるので実際はどんなコンセプトを持っているのか

 

興味がありました。ここの特徴は何と言っても滋賀県産「玉栄」を

 

メインとしていること。カリウムが多く発酵が速いと言われる

 

このお米の旨みをしっかりと引き出しバランス良く仕上げていること。

 

お話しの後、5種類のテイスティングをさせて頂きましたが

 

特に印象に残ったのは「純米 玉栄80 生原酒22BY」

 

20120620.jpg 

 

とにかくお米を磨いて雑味を取り除こうとする

 

今の業界の主流に対し敢えて80%精米で勝負する

 

このお酒。さすがに80%精米で搾るお酒は荒いので

 

しばらく寝かせてから出荷させるとのこと。

 

玉栄の苦みや渋みを出しながら、しっかりとした酸と

 

味の乗りがあるので全体としてバランスが保たれています。

 

生原酒なので濃いはずなのにまた、後を引く不思議なお酒。

 

もともと食中酒を意識しているので、このまま飲むよりも

 

脂の乗ったホッケなどと食べると相性がよさそうです。

 

全体に西日本のお酒らしく酸のしっかりとしたボディを持ってます。

 

 

 今回もそうですが、蔵元さんに直接お会いしてどんな想いで

 

お酒を造っているのか知ることは我々飲食業にとってとても大切なこと。

 

我々はその蔵元さんの想いをお客様にお伝えするのが

 

仕事なのですからm(_ _)m

 

 これからが益々楽しみな「七本鎗」に注目です!

居酒屋の聖地、大塚

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


久しぶり?の勉強会。

場所は居酒屋の聖地?とも言われている

アタクシ達の生まれ故郷、大塚です。

この場所はホントにこぢんまりした居酒屋が多いのです。

江戸一、串駒、串駒房、こなから、きたやま、新井、大提灯、和由、

かるた、酒味世、麦酒庵、くう、はなおか、蒼天、ぐいのみ大、みや穂。

まだまだ、地元なのに行ったことがないお店があるほど・・・

そこで今回は人気の高いみや穂さんへ行ってきました。

20120605yas 001.JPG

カウンターとテーブル席を入れてわずか24席。

本来なら月曜日が定休日なのですが、この日は臨時営業日。

カウンター内で調理する店主と2人の若いスタッフが

きびきび動く姿を見ていてとても気持ちが良い。

まずはビールとお通し2品。

20120605yas 002.JPG

1品目は蛤の吸い物、お出汁がよく利いています。

2品目は春菊のおひたし。

20120605yas 003.JPG

味が良く染みこんでいて、これからの料理にも期待大。

日本酒は折角なので飲んだことのない酒をチョイス。

20120605yas 004.JPG

群馬の結人(むすびと)と長野の鼎(かなえ)からスタート。

20120605yas 006.JPG

アテは大人のポテサラに刺し盛りでキマリ。

20120605yas 007.JPG
20120605yas 009.JPG

刺身は炙り物もあって美味い!特にカツオは見事です。

日本酒は100ccでほぼ400円と良心的。

次の酒は滋賀の一博と大阪の片野桜をセレクト。

20120605yas 010.JPG
20120605yas 012.JPG

やはり器は四季火土の矢野さんですね♪すぐわかりますよ。

追加のアテはマグロのほほステーキ。

20120605yas 014.JPG

とってもレアで山廃との相性はバツグンです。

こちらは地鶏のスモーク。

20120605yas 016.JPG

ちっとも日本酒の香りを邪魔しないスモーキーさは

お酒がススミマスね・・・

今度はお燗が飲みたくて店主お任せで。

20120605yas 013.JPG

料理にもお酒のどれにも店主の気持ちが込められてます。

その気持ちをこちら(客側)もしっかりと受け止めることが出来るのです。

1人で料理を切り盛りしているので、閉店近くなり手の空いたところで

店主とカウンターを挟みながら話す日本酒談義は最高でした。

料理と酒の美味さは勿論の事、店の雰囲気、スタッフの人柄は

同業者としてもとても参考になります。

この店も今年で3年。お話を聞くと色々な苦労があったのですね。

久しぶりに「また来たい!」ってお店に巡り会えることができました。

名刺交換もさせていただいたので、時間ができましたらまたお邪魔したいと思います。

久しぶりの勉強会

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


桜の花も散り、葉桜になりましたね。

これからは新緑を楽しまなくっちゃですね。


さてアタクシごとではありますが、樽一瓦版とは別に

ブログを始めました。

タイトルは

日々真剣勝負!~遊びも仕事も一生懸命~ です。


何故、始めたかって?


本来このブログは皆様に「樽一の日常をもっと知ってもらいたい!」

と、始めました。

最初は1人で。

そして社長と2人で。

今では金岡と澤谷が加わり4人で書き下ろしております。

自分が書く頻度が少なくなると

何か色々と書きたいのにまとまらないですよね。

以前はとにかく毎日更新するために

どんなことでも書いていたのに、週に1回か2回と限定されると

「樽一のためにこれは書かなきゃ」とか「これはやっぱり今伝えなきゃ」

とか考えていたら、なんか余計に難しく考えてしまいました。

だから分けることにしたのです。

誤解しないでくださいよ。

この樽一瓦版が物足りないとかイヤだと言うのではないのです。

4人が顔も性格も違うように様々な視点から書くブログは楽しいし、

自分でも手前味噌ですが、過去のブログ読んでいても面白いと思います。

う~ん・・・ うまく言えないけど、

よくアーティストのバンドの中でソロ活動するヒトいますでしょ。

あんな気分です。

バンドはバンドで独自の感性や音色があるし、

ソロ活動はソロで魅力ありますもんね・・・

お時間ある方はぜひともご覧下さい。

気ままに書いていますので・・・



さて、本日のテーマは久しぶりに行ってきました、勉強会です。

ただの飲みじゃありませんからね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

向かったのは同じ新宿南にあります「銘酒居酒屋頑固おやじ」です。

320x320_rect_9373532.jpg

すばらしいファザード、いいですね~

どうして、ここを選んだのかって?

次の店での見せ場、それは・・・



カウンターがすばらしいから。

Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!

320x320_rect_9373625.jpg

調理をするカウンターではなく、お酒を提供するカウンターは

まさに我々二人が理想とするカウンターです。


冷蔵庫も既製品のショーケースではなく、これこそ究極のショーケース。

320x320_rect_12072104.jpg

カウンター内に人がいなくても、見ているだけで

飽きのこない真の酒メニューはうっとりしちゃいます。

では、まずは喉を潤しましょう!

20120413 002.JPG

久しぶりのキリンブラウマイスター。

ほどよい苦みはたまりませんな~

日本酒はウチで扱っていない商品をピックアップ。

20120413 004.JPG
20120413 006.JPG
20120413 011.JPG
20120413 013.JPG

酒のアテはこんな感じで・・・

20120413 007.JPG
20120413 008.JPG
20120413 009.JPG
20120413 014.JPG

時間もさほどなかったので、本日はこれにて終了。

また、機会見つけて他店を視察にお邪魔しますね。




酒屋の旅&勉強会

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

いよいよ1月も本日でおしまい。

いつも以上に寒さを感じるのはアタクシだけではないはず・・・

さて、アタクシがチャリを止めている場所は旧コマ劇場前。

52年間にも渡って楽しませてくれた娯楽施設です。


71a460d0cf.jpg

下の写真は昭和31年当時の歌舞伎町。

78e45d5b33.jpg


当時のコマ劇場は何を舞台にかけてよいのかわからず、

試行錯誤の連続でミュージカルありバレエあり映画あり。

そのターニングポイントになったのが昭和39年の

美空ひばり公演だったそうです。

歌とお芝居の2本立て。それが大ヒットし、

23年連続30回公演の偉業を成し遂げ、

演歌歌手の座長公演の原型となったそうです。




そんな歌舞伎町のシンボルも平成20年に閉館し、

今ではこんな姿になりました。

20120131-10.JPG

2015年にはワシントンホテルとシアタープラザが完成予定。

3年後、新しい歌舞伎町が生まれるのを心待ちにしています。


先日お酒の仕入れをとまたまた小山商店に行ってきました。

20120131-11.JPG

今回は自ら志願し、社長も同行しました。(ブレまくりでスミマセン)

20120131-12.JPG

品数豊富な酒屋さんは二人にはまるで

子供がおもちゃ売り場に連れて行ってもらったような有り様。

20120131-14.JPG


店の冷蔵庫に収まらないのを承知で、

たんまり仕入れちゃいました。(;^_^A アセアセ・・・

20120131-13.JPG

新たな銘柄もしこたまありますので、レギュラー酒以外にも

「てんちょうの冷蔵庫」をお楽しみに・・・


そしていよいよ本格的に始動しました新店舗構想。

物件探しと新宿周辺視察を同時に行っております。

新宿は歌舞伎町、東口エリア、西新宿、都庁前、南口エリア、新宿三丁目、新宿御苑前と

様々な顔を持っている日本一のターミナル駅です。



今回の視察は新宿御苑裏にあります人気店「こころむすび」です。

20120131-2.JPG

ランチもやっており、銀しゃりと炙り焼き、日本酒豊富なお店。

まずは苦手?な〆鯖を注文。

20120131-3.JPG

見事なお仕事です。

名物の炙り焼きも注文。

20120131-5.JPG

ししゃも、甘エビ、のどくろの干物を飛騨コンロで炙ります。

20120131-6.JPG

寒い日のお酒はやっぱりお燗でしょ♪

利き酒師の店主が穏やかに優しくお酒を紹介してくれます。

当店にはない大阪の秋鹿でいきましょう。

20120131-4.JPG

湯煎で温めた燗酒をチビチビと・・・


追加で自家製のベーコンもいただきましょう!

20120131-7.JPG

軽く炙ることによって豚肉のジューシーな脂と

スモーキーな香りは絶品です。

料理も美味しくお酒も楽しい店内でのひとときは最高です。

でも何と言ってもこのお店の最大の魅力は人間力。

店主も素晴らしいのですが、ホールのお姉さんの接客は素晴らしい。

見習うところ満載のお店の一つでした。

浅草の名店

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


この週末、土曜日は長女のサッカーで

朝も早くから練習に一緒に親子で参加。

日曜日は次女のサッカー公式戦のため朝から観戦。

20111212-1.JPG

久しぶりの公式戦。

第1試合目、練習試合で負けた相手に0対0の引き分け。

第2試合目、先制されながらも逆転シュートを決めた次女の活躍で勝利。

第3試合目、負けはしましたが皆精一杯戦いました。

負けず嫌いのキャプテンの次女は日頃の練習で培った力を

十分に出し切りました。

1勝1敗1分け、本人は勝ったことより負けた悔しさの方が強い様子。

また来週からしっかりと練習に取り組んで親子でがんばろうと思います。

385571_126720520775568_100003128624854_124000_427666613_n.jpg




さて今回の勉強会はなかなか行けなかった浅草地区に向かいました。

向かったお店は「ぬる燗」です。

20111212-2.JPG

以前から行きたかった名店に、ようやく行けました。

20111212-3.JPG

なんとも落ち着く店内。

ここに来たらやっぱりお燗でしょ♪

20111212-4.JPG

生酒だろうがご覧の通りうす濁りだろうが

店主の厳選したお酒はお燗にバッチリ。

肴の〆鯖にもやっぱりお燗。

20111212-5.JPG

じつは三浦屋時代に弟に教えてもらったこのお店。

その時に白磁の良さを知り、樽一の徳利と盃も白磁にしようと決めたのでした。

燗酒のアテもそろい始めました。

まずは胡瓜のぬか漬け。

20111212-6.JPG

つかり具合もバッチリ、盃がススミマス。

続いて煮こごり。

20111212-10.JPG

さっぱりと気持ちよい食感は盃がススミマス。

続いて鶏のもも塩焼き。

20111212-9.JPGのサムネール画像

ムチムチの肉質とシンプルな味付けは盃がススミマス。

続いて牛すじ煮込み。

20111212-8.JPG

柔らかい牛すじと旨味ある汁は盃がススミマス。


たらふく食って飲んで良心的なこのお値段。

そりゃ食べログでの高得点も納得です。


最後、店主にご挨拶を済ませお店に戻るとまったり樽一には

常連チームの忘年会が始まっておりました。

20111212-11.JPG

常連さんたちがお酒を持ち寄り、板長のお任せ料理を堪能する企画。

今回のお酒は前回樽一会に参加いただいた広島白鴻より沙羅双樹の大吟醸。

20111212-13.JPG

昨年お邪魔したとうふ屋うかいの竹酒セット。

20111212-14.JPG

20111212-30.JPG

我々も参戦。

20111212-12.JPG

メインは国産の鴨で鍋とします。

20111212-17.JPG

あまりのうまさに332さんもご覧の通り・・・

20111212-19.JPG

楽しい宴をありがとうございました。

こうしてまったり樽一の日曜日も終わりましたとさ。


おしまい。


月別 アーカイブ

ウェブページ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは予告です。

次のカテゴリは器・道具です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。