2016年6月アーカイブ

樽一会間もなく〆切ますから~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

いよいよ来週、7月4日(月)は第81回樽一会です。

taruitikai 1.jpg

平成元年3月から始まった樽一会。

年に三回、全国から4銘柄の蔵元さんをお招きして

蔵元さんを囲みながら樽一の料理を楽しんで頂く会

です。お陰様で28年目を迎える事が出来ました。

第一回の平成元年は何としんちゃん18歳。

当時は大学生のアルバイトとして働いており

樽一会の時は慣れないスーツを着て会に参加して

おりました(^_^;) 100回記念まであと6年。

6年後はしんちゃんも50代ですから~(>_<)

今回お招きする蔵元さんは

夜明け前 小野専務.jpg

長野県「夜明け前」。今回は小野庄平専務の

お父様が直々にご来店下さるそうです。

親父の代から親子2代でお世話になってますからm(_ _)m

白隠正宗 髙嶋さん.jpg

そして静岡県「白隠正宗」の髙嶋社長さん。

次世代蔵元を代表する髙嶋さんの醸すお酒は

ダラダラのんびりと飲むのがモットー。いくらのんでも

飽きが来ないのは流石ですから。

仲間杜氏.jpg

そして、山口県からは「五橋」の仲間杜氏がご来店。

実は仲間さんとは滝野川にあった国税庁醸造試験所の

最後の講習生として同じ教室で学んだ仲間。←ありゃ?

20年後にこんな形でお招きするなんてお互い思っても

みませんでした。

そして樽一会になくてはならない方はもちろん

樽一会 佐浦さん.jpg

宮城県、我らが「浦霞」の佐浦社長さん。

81回の樽一会のほとんどにご出席下さり

特に先代が亡くなってからは一度も欠席した事は

ありません。本当にいつも頭が下がりますm(_ _)m

そして前回から正式にお燗のブースを作り大好評を

頂いているこの方は

燗酒木村先生.jpg

燗酒普及協会会長の木村新先生。

お燗酒のスペシャリストがその場で出品酒を

一番美味しい温度でお燗して下さいます。

木村先生の顔、嬉しそうでしょ(*^_^*)

この豪華メンバーに樽一の特別料理が盛りだくさん。

お料理内容は前回ブログをご覧下さいね。

7月4日(月) 6時半より 

会費 女性8000円 男性10000円。


まもなく定員となりそうですが今ならまだ間に合います。

ご参加されたい方はぜひこちらまで。

メール sin@taruichi.co.jp または

お電話 0332089772  店主 しんちゃんまでお知らせ下さいませ

君嶋屋飲みきり会に参加

こんにちは!(^o^)

てんちょうです。

昨日のお休みは丹沢山と隆の蔵元

川西屋酒造さんに取り扱い酒屋の

君嶋屋さんメンバーとお邪魔してきました。


新松田駅に朝9時前に集合。

逆算すると6時45分には自宅を出なければなりません。

で・・・

日課のジョギングをするには・・・

朝5時30分から走りました。(汗)

新宿まで出てロマンスカーに搭乗。

IMG_4680.JPG

朝飯を調達し車内でのんびりモーニング。

IMG_4681.JPG

えー

これでもあくまで朝飯ですよ。

ハイ・・・(笑)

君嶋屋メンバーと工場長の米山さんの酒造りのお話を堪能。

IMG_4684.JPG

蔵人の突然の他界で神亀さんからの助っ人と

飲食店からの毎回のお手伝いに参加してくれたこと。

本当に造りに参加してくれた方たちのおかげで酒造りを乗り越えたこと。

大変に興味わくお話でした。

IMG_4685.JPG

それからは飲みきり会。

ここからは樽一会でもお世話になりました工藤隊長も参戦。

IMG_4687.JPG

蔵にある全ラインナップをここで利き酒。

ここからは仕入れ担当者としての本気モード。

君嶋屋担当者と念入りに打ち合わせをして

樽一に仕入れる酒を決めてきました。

IMG_4688.JPG

ここでアタクシはひと足お先に失礼して小田原に。

勉強のため訪れた「小田原おでん」さん。

IMG_4689.JPG

昼過ぎなのに店内は満席です。

地ビールと自慢のおでんを頂きました。

IMG_4692.JPG

優しい味付けと小田原自慢の練り製品は

やはりお酒を欲しくなります。

ここはやはりお燗で丹沢山の秀峰ですね・・・

IMG_4694.JPG

今回も満喫した蔵訪問でしたとさ。



和歌山遠征~

皆さん こんにちは~
四方です(*^^*)

先日のお休みに和歌山県にあります平和酒造さんにお邪魔してきました~

DSC_0826.JPG

あいにくの雨の中、午前中は山田錦の田植えのお手伝い。

DSC_0817.JPG

田植えを終え、休憩していたら雨の勢いは更に増し
この後、どうするんだろう。。。と少しなりながら、用意して頂いたカレーを頂きました。

よそうご飯は普通の食米と酒米である「山田錦」と「五百万合」がありました!!!

DSC_0820.JPG

DSC_0819.JPG

昼食の際に、紀土聴き放題♪♪♪

DSC_0821.JPG

昼食の後は、室内でギター演奏や三味線演奏、日本酒クイズといった催し物が☆

DSC_0822.JPG

DSC_0823.JPG

00060001.JPG

日本酒クイズでは最後の3名まで残り景品をゲットしました~(*^∀^*)v

DSC_0824.JPG

雨も止み、梅畑へ案内していただき、梅の収穫を体験させて頂きました。

DSC_0827.JPG

DSC_0829.JPG

南高梅の収穫方法はは木になっている実を摘み取るのではなく、完熟して落ちた実を拾うそうです。

DSC_0828.JPG

綺麗な紅南高梅がなってました。

DSC_0830.JPG

収穫の後は蔵に戻り、梅酒造り体験。


DSC_0832.JPG

梅を選別し

DSC_0835.JPG

綺麗に洗います。

DSC_0836.JPG

その後、ホワイトリカーに梅を入れ、果糖を入れて漬けます。

DSC_0845.JPG

DSC_0843.JPG

梅酒造り体験の後はビール工場見学をしました。

なんと平和酒造さんはビールも造っているのです!!!

DSC_0854.JPG

DSC_0855.JPG

ビールの醸造責任者は私と年の近い高木さん☆

応援してます(*^^*)

夜は蔵の敷地内でBBQ♪♪♪

DSC_0857.JPG

DSC_0864.JPG

DSC_0858.JPG

ビールは商品としては330mlの瓶のみですが、
この日は特別にサーバーからついで飲むことが出来ました!

もちろん紀土も豊富なラインナップ☆

DSC_0863.JPG

日帰りの強行スケジュールでしたが充実した時間を過ごすことが出来ました♪♪♪

山本専務はじめ、平和酒造の方々、ありがとうございました!!!

DSC_0860.JPG

当店にも平和酒造の鶴梅シリーズのゆず、ありますから~\(^^)/

DSC_0887.JPG


四方

鯨の本皮の秘密

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

今週発売の「週刊現代」の一番最後のページに

週間現代 1.JPG

樽一の常連さんのお一人でもある室井佑月さんご推薦で

週間現代 2.JPG

ほやの刺身が掲載されました。お父様が宮城出身で

御家族で飲みにいらっしゃいますから。

週刊現代をどこかで見掛けたら最終ページを開いて

下さいませm(_ _)m



 さて、先日鯨業界の大先輩達が樽一へ集結!その中の

お一人で「鯨食文化を守る会」の会長で我らが樽一会会長で

もある小泉武夫先生がご来店下さいました。

小泉先生と.JPG

普段は大変お忙しい方なのでお酒の会も1時間程度で

退席されるのですがこの日はゆっくりと鯨談義に。

「捕鯨問題は政府だけに任せるのではなく、民間レベルでも

発信して行かなければならない」と熱く語っておりました。

もちろん、樽一でも初めて鯨を口にする方に

「鯨ってこんなに美味しいんだ~」といって頂けるよう

日々努力して参りますm(_ _)m 

 そして翌日、日本捕鯨協会の山村会長さんから

貴重な水産白書を送って頂きました。

その白書を読んでみると青魚に多く含まれる

DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサぺンタエン酸)が

樽一でも大人気の鯨の「本皮」に水産物の中で最も多く

含まれると言う結果が出ておりましたワーイッ \( ̄ー\)(/ー ̄)/ワーイッ

本皮刺身イメージ.jpg

皆さんご存じの様にDHAは不飽和脂肪酸が多く

脳の発達促進、認知症予防、視力低下予防、動脈硬化の

予防改善、抗がん作用などに効き目有り。EPAは血栓予防、

抗炎症作用、高血圧予防などに作用しまさに健康食。

日本人が古来から食べて来た理由が分かりますよね。

みんなで鯨の本皮を食べて血液サラサラになりましょう(^_^)v

メルマガ発信!

こんにちは!(^o^)

てんちょうです。

先日の土曜日に」我ら地元、池袋サンシャインにて

日本酒フェアが開催されました。


20160619 006yas.JPG

開始時刻からたっぷり4時間!

各ブースを回るには時間が足りませんからから。



さて本日はメルマガ発信日です。


今回は夏の風物詩「水茄子」。

水茄子-thumb-240x159-21395.jpg

みずみずしさ抜群の茄子に南蛮味噌をのせてどうぞ。

白魚のおかき揚げ

子持ち白魚のかき揚げ.jpg

サクサクの香ばしい食感は日本酒はもちろん、ビールもバッチリです。

そして白子の塩辛

白子塩辛.jpg

冬に鱈の白子を塩漬けで仕込んで置きました。

ただいま夏酒を多数ご提供してますがシュワシュワなお酒はいかがでしょうか?


長良川.jpg


長良川スパークリングです。

我々の同級生の蔵元、金武さんの懇親の一本です!

数量限定ですので是非お早めにどうぞ!

旅立ちの時。。。

皆さん こんにちわ~
四方です(*^^*)

本日、6月17日の金曜日。

約1年8ヶ月、樽一を支えてくれたヌックさんが卒業します!!!

750_4379.jpg

異国の地で慣れない中、樽一に入り、大変なことも沢山あったと思います。

そんな中で、ヌックさんは素敵な笑顔で樽一を支えてくれました。

750_4059.jpg

また、来週20日(月)には約1年半、樽一を支えてくれたスーさんも卒業します。

750_4063.jpg

寂しいですが、二人とも帰国しても、あの素敵な笑顔で頑張って下さい(*^^*)

750_4300.jpg

チーム樽一はいつまでも応援してますから~\(^∀^)/

四方




飯塚さんのもやし入荷しましたから!


皆さん、こんにちは~しんちゃんです!梅雨に

入ったもののそんなに雨が降ってないですよね。

夏にむけてダムにお水が貯まらないと困りますから(>_<)

 
 先日、常連さんが埼玉の「深谷もやし」を作っている

飯塚雅俊さんと一緒にご来店下さいました。

飯塚さん.jpg

創業50年を数える飯塚商店の三代目社長。

倒産寸前の家業をもやしに対する熱い情熱で

立て直した熱い社長です。先代がご健在の時は

お互い家業に対する想いは同じなのに毎日の様に

けんかが絶えずにいた様で思わぬところで樽一

二代目のしんちゃんと意気投合!職種は違えど

気持ちは一緒。

もやしの話になると話が止まりませんから(^_^;)

こんな方が作るもやしは絶対に美味しいと思いぜひ

送って下さいとお願いしたら

飯塚さんのもやし.jpg

早速先ほどその「飯塚さんのもやし」が到着しました。

生のままでも食べられると聞いていたのでみんなで試食。


「こりゃ うまい; ̄ロ ̄)!!」


シャキシャキとした歯ごたえともやしの持つ力強い香りと旨み。

今回はせっかくなので茹でずにそのままナムルにします。

飯塚さんはもやしの出荷が増えると共に機械設備を導入

いていきましたが、最終的には50年前の手作業で収穫、

洗浄、包装に戻しました。24時間体制でもやしを見守り

温度管理も手で触ればわかるという達人。

飯塚さんは「もやしという命を頂いてその命をお客様に

提供しています。だから根っこを切らずにありのままの姿で

食べて頂きたい。」と熱く語られています。

ぜひ、皆さんもそんな思いのこもった根っこ付のもやしを

食べてみませんか?     しんちゃんより

これからのイベントのお知らせ

こんにちは!(^_^)v

久しぶりのお休みは義父の十三回忌。

義父が亡くなった時、次女はまだ三ヶ月。

それがもう中学生です。

義父にとっての法事も孫たちは部活や試験で集まれず・・・

こうしてなかなか親戚同士が顔を合わせるのが難しくなりますね。

食事会は墓地近くのそば屋さん。

IMG_4614.JPGのサムネール画像


大阪の親戚と天ぷら食べながらこちらの酒で大いに盛り上がりました。

IMG_4615.JPG

やっぱり昼酒は効きますなぁ・・・


さて、先日の夏酒の会でお知らせしたイベントですが、

ここで正式に公表したいと思います。

9月19日月曜の祝日に十四代を楽しむ会を行います。

十四代を楽しむ会.JPG

開始時間は17時より会費は1万円です。

残念ながら蔵元は参加しませんが十四代の好きなお客さんと

アタクシの十四代高木酒造のエピソードを全てお話ししたいと思っております。

今回の会費はいつもよりお値段が張りますが、それだけの価値ある十四代を

お出しするつもりでおります。大吟醸も数本出品する予定です。

また近日になりましたらブログやフェイスブックでも再度告知しますね。


その前にも7月4日月曜日には第81回樽一会や8月には落語の会もございます。

落語の会も参加蔵と日取りが分かり次第お知らせいたしますね~(^^)/

仲間の門出☆

こんにちは

四方です(*^^*)

皆さんは覚えてくれているでしょうか?

今年の4月、1ヶ月間限定で樽一で働いてくれた
"ぶっちー" の愛称で親しまれていた岩渕君のことを。

_DSC1843.JPG

そのぶっちーが旗の台で念願の自分のお店をオープンしました!!!

その名も 『吞み屋 ぶち』

さっそく先日のお休みに、調理場の田中君と行って来ました♪♪♪

DSC_0788.JPG

開店祝いにみんなの応援メッセージを書いた樽一Tシャツをプレゼントしたら
とても喜んでくれ、さっそく飾ってくれました(*^_^*)

DSC_0790.JPG

こじんまりとした店内は落ち着いた雰囲気で、とても素敵でした。

岩渕君は念願の自分のお店でとても嬉しそうにイキイキ仕事をしていました。

DSC_0792.JPG

DSC_0791.JPG

DSC_0793.JPG

DSC_0794.JPG

DSC_0795.JPG

これから沢山の試練が待っていると思いますが、応援し続けたいと思います☆

ぜひお近くにお立ち寄りの際は顔を出してあげてください(^^)/

岩渕君ごちそうさまでした~

DSC_0797.JPG

【吞み屋 ぶち】
東京都品川区旗の台2-6-10
090-4880-9663
https://www.facebook.com/nomiyabuchi/?pnref=story


四方

梅雨時にはサッパリと・・・

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

先日のお休みに久しぶりにレンタカーを借りて

妻の実家近くの狭山市智光山公園をジョギングしました。

花菖蒲.JPG

梅雨入り前の微妙な天気でしたが、お昼からは

なんとお天道様が(^_^)v 丁度花菖蒲も満開でした。

ついに雨男卒業か~~~~~(^_^)v


なんて思っていたら梅雨入りした途端私が移動

する度に雨雲が付いてくる・・・・(^_^;)

そんなジメジメしているときのオススメはこちら。

さらし鯨.jpg

尾っぽの羽の毛と書いて「尾羽毛(おばけ)」と

言います。地方によっては「おばいけ」「おばゆき」

などとも言いますね。尾びれは貴重品なので

今までは本皮をさらした「さらし鯨」を使ってましたが

やはり本物は違います(^_^;)尾びれの脂肪質を

薄くスライスして茹でると程よくチリチリになるのです。

特徴は何と言ってもその食感。

きりりと冷えた尾羽毛に樽一特製の辛子酢みそを

タップリとのせて頂くとコリコリとした上品な舌触りに、

酢みその酸味と辛味がツーンと鼻に抜け思わず

「くぅ~ てんちょ~ 浦霞くださ~い(>_<)」

111urakasumi natuzake.jpg

程よい酸味とバランスの取れた旨みが

「尾羽毛」にピッタリ。この時期ならではの

組み合わせ。サッパリ、つ~んとお楽しみあれ(^^)/

夏酒の会開催!

こんにちは!(^_^)v

てんちょうです。


関東も梅雨入りですね・・・

そんな中、2回目となりました夏酒の会を開催しました。

_DSC2011.JPG

今回の夏酒ラインナップです。

1年前から用意した酒や当日酒屋にまで取りに行った酒たちです。

今回集まっていただいた皆さまに夏酒のお話しを少々。

_DSC2028.JPG

最初のサプライズはこの日のために冬から保管していた

浦霞発泡純米吟醸で社長に乾杯の音頭をお願いし、でカンパイ!

_DSC2033.JPG

用意した夏酒ひとつひとつに沢山のエピソードがあります。

_DSC2035.JPG

中でも今回の目玉は十四代吟撰。

_DSC2046.JPG

昨年の夏酒の会の後に発売されたので1年越しの登場です。

皆さんもアタクシの話をしっかり聞いてくれて嬉しい限りです。

_DSC2047.JPG

料理もいきなり冷やし鉢の汁物から始まり、

刺身は穴子の落としに松波カレイと天然平目の刺身。

_DSC2062.JPG

いさきの盛り合わせは塩焼きに炙り寿司、真子煮と白子ポン酢。

_DSC2051.JPG

産直有機野菜の冷しゃぶ。

_DSC2055.JPG

肉にゴマだれでも夏酒は合うのです。

ここでまたサプライズ!

活け〆穴子の骨せんべいと・・・

_DSC2060.JPG

穴子の肝煮を調理場から差し入れです。

_DSC2067.JPG

そして有機いんげんの花椒(ホアジャオ)炒め。

_DSC2070.JPG

ピリッと辛い料理にも夏酒は合わせられます。

刺激的な料理の後にはさっぱりと〆の酢橘うどん。

_DSC2078.JPG

さっぱり〆には急きょ4号瓶で用意した萩の鶴猫ラベル。

_DSC2090.JPG

お互い清涼感タップリでした。

これにて会も終宴です。

_DSC2097.JPG

そしてここでもサプライズ!

この日お集まりの皆さんに9月のスペシャルイベントを告知しました。

9月イベント.JPG


えっ?

これ以上はお話しできません。

次回のブログで告知しますから~(^_^;)

夏バージョン営業開始~

こんにちは~
四方です(*^^*)

6月に入り、樽一スタッフはいつもの作務衣から樽一Tシャツ営業となりました~

店内では樽一Tシャツの販売もしてますので、ぜひご利用ください☆

サイズはS・M・L・XL
カラーは紺とオレンジ

IMG_20160604_171021.jpg

店頭でご用意があるのは、紺とオレンジのみですが
ご要望があれば、お好きな色をオーダーで作ることも出来ます!!!

レッド、コバルトブルー、ライトイエロー、グリーン、ベビーピンクなど
様々なカラーがございます♪♪♪

ぜひお気軽にスタッフにお尋ね下さい\(*^∀^*)/

四方

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

毎年恒例の「捕鯨の伝統と食文化を守る会」に

参加してきました。

くじらのかい 14.JPG

場所は国会議事堂のすぐそばの憲政記念会館。

くじらのかい 17.JPG

くじらのかい 16.JPG

捕鯨議員連盟濱田靖一氏のご挨拶。

他にも多数の政治家の皆様が駆け付けました。

小泉せんせい.JPG

でも、やっぱり乾杯は「鯨食文化を守る会」会長で

樽一会の会長も務めて下さっている小泉武夫先生。

毎度のお約束でかけ声は「乾杯!」ではなく「ホエール!」ですから。

くじらのかい 1.JPG

今回も全国から500人を超える捕鯨関係者、

一般の方が集まりました。全国の鯨屋さんも集結。

くじらのかい 13.JPG

千葉の和田浦からは「道の駅 WAO!」の

鯨のカツむすび。

くじらのかい 12.JPG

こちらの道の駅で樽一の鯨料理も販売していますから(*^_^*)

くじらのかい 8.JPG

農水省北別館1階にある食堂「咲くら」さんから

くじらのかい 9.JPG

くじらステーキ。ステーキと言ってもローストビーフの

様な仕上がりです。

くじらのかい 18.JPG

浅草の老舗駒形どぜうさんからはくじらご飯。

くじらのかい 10.JPG

ごぼうに鯨はピッタリですから。

くじらのかい 7.JPG

捕鯨の聖地和歌山太地町からはイルカの刺身。

くじらのかい 6.JPG


思ったよりクセがな鯨に比べて肉の旨みが濃い感じ。

くじらのかい 4.JPG

神田にある一乃谷さんも鯨ステーキ。

くじらのかい3.JPG

肉質はやわらかく手軽に食べられるランチ鯨

ステーキが大人気なのがよく分かりますから。

くじらのかい19.JPG

そして今回はしばらくぶりに樽一も参戦!

本皮やわらか煮。一口食べたら思わず

「くぅ~ てんちょ~ お酒くださ~い(>_<)」

くじらの会 20.JPG

〆はやっぱり大阪徳家さんのハリハリうどんでしょ。

くじらの会 19.JPG

関西風のお出汁にとろけそうな鯨のさえずり。

さすがに大満足ですから(*^_^*)

くじらのかい 5.JPG

思わず鯨仲間の四人が揃ったので記念撮影。

左からビハインド・ザ・コーブの八木監督

しんちゃん、高麗川の鯨屋「はし本」のご主人橋本さん、

そして水産ジャーナリストの会会長兼樽一会副会長の

梅崎義人さん。

「食は理屈ではない」ので鯨料理を提供する我々が

日本中で美味しい鯨を出し鯨食文化を繋いでいくことが

我々の使命ですから。

これからもどうぞ応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m  しんちゃんより

月別 アーカイブ

ウェブページ

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。