2014年3月アーカイブ

不幸の手紙っ♪

 
 皆の衆、達者でござるか?!

images (1).jpg
 
 今年も我々の季節がやってきたでござる。


 ・・・・・・キラリンでござる。

 知らないとは言わせないでござるよ。

 住所は富山県滑川市寺家町104、趣味は滑川市のPR、特技は新川古代神おどり。

 で、おなじみのキラリンでござる。

 
 ちなみに本籍地は、富山県滑川沖水深333mでござる。


 我々は、春になると大群で、富山湾に押しよせるのだが、皆、皮膚に700~1000個の発光器を持っているので、大変美しいと言われているでござる。

m_hotaruika1.jpg

4.10中野サンプラザ大会を思い出すでござるな(;д;)
 


 というわけで、今日からほたるいかメニューが始まります。

  
 「生ほたるいかの刺身」
「たまり漬け」

 
蛍イカ沖漬け.jpg


 「ほたるいかのかき揚げ」

蛍いかかき揚げ.jpg
 


 お花見も良いですが、樽一のほたるいかでさらに春を感じてみてはいかがでしょうか。


 
 あ、ちなみに、ほたるいかをモチーフにデザインされた、滑川市のキャラクター「キラリン」ちゃん、プロフィールをよく見てみたら女の子でした。

 「~でござる。」

 とは言いそうにないですね♪

 
 しんちゃんじゃないほうのさとうより、メールマガジンの補足でした。



樽一とサッポロビール

こんにちは!(^_^)v

てんちょうです。

いよいよ待ちに待った桜が開花しましたね。

我が家の前の木蓮も満開です。

20140328 001.JPG

ジョギングしてもチャリ通してもとても気持ちイイ~(^o^)


さて、本日のお題はサッポロビールです。

昭和43年の創業以来、樽一はサッポロビールです。

それは酒蔵とビール会社が関連しているのご存知ですか?

樽一のメイン浦霞はサッポロビールと関連があったので、

サッポロビールなのです。

当時は今のようにビール各社に様々なブランドが

合ったわけではありません。

だから銘柄はサッポロビールのみ。

現在のサッポロラガー(赤星)です。

サッポローラガー.jpg

当時はコーンスターチ入りの熱処理したビールが主流でした。

生ビールなんて年中飲めるビールではありませんでしたからね。

そこで登場したのが熱処理をしないビール。

1977年4月にサッポロびん生が誕生しました。




サッポロびん生.png

このビールがサッポロドラフトになり黒ラベルへと進化していきました。

そして自分が樽一に来た頃は瓶も生ビールもサッポロ黒ラベルでした。

おそらく20年以上も樽一はサッポロ黒ラベルだったと思われます。

自分がホールに出てくるようになってからは差別化を図りたいと

いっそのこと生ビールをエビスビールに切り替えました。

そして試行錯誤を繰り返してようやく現在のモコモコ生ビールが

出来るようになりました。

モコモコ生ビールって?

生ビールの泡はビールを何度飲んでもいつまでも美味しく飲ますための蓋の役割です。

樽一の生ビールはグラス手洗い洗浄にサーバーのメンテナンスを徹底的に行うことによって

そのままにしておくと生ビールの泡が再生されてジョッキからあふれてしまうのです。

そして新店舗では念願だったセカンドビールにエーデルピルスがスタート。

エーデルピルス切り抜き.jpgのサムネール画像



更にはサードビールに琥珀エビスもスタート。

20140329 013.JPG

お陰様で各種銘柄とも大変にご好評いただいております。

サッポロラガー(赤星)に生樽のエビス、エーデルピルス、琥珀エビスは

どれもお店でないと飲めない銘柄ばかりです。

だからこそ外食に付加価値があるのではないでしょうか?

今ではアタクシよりもアルバイトスタッフ達が生ビールを注ぐのが

上手になりました。

そんなこだわりのビールを春の陽気と共にお楽しみ下さいませ。

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

今から2年前、東北大震災で延期になった

念願の宮城への社員旅行が4コマ漫画に

なりました。ノンフィクションですから~(^_^;)





 さて、本日しんちゃん&店長のないしょ話を

公開しました。3年前の東北大震災の一ヶ月後

樽一にフジテレビのスーパーニュースの取材が

入りました。テーマは東北復興。樽一の軸である

三陸料理のほとんどが入手困難になり、樽一名物

「さつま揚げ」や「笹かま」「ほや」「かき」などが

メニューから無くなりました。そして、塩釜の

浦霞の蔵元も胸の高さまで津波が押しよせました。

そんな当時の模様を密着取材して下さいました。

当時の事を風化させないようここで改めて振り返って

みようと思い敢えて取り上げました。

ぜひ、しんちゃん&てんちょうのないしょ話

ご覧下さいませ。

春の人事異動

こんにちは

軍服から調理服に衣を替え、約1ヶ月半、厨房で皆様に背を向けて、
黙々と揚げ物をしていた牧野です。


相棒.JPG
ずっとにらめっこをしていた相棒(フライヤー)
余分な水分が落ちる揚げ物専用の機械です。


佐藤さんの怪我も徐々に回復してきているのと同時に、
4月1日より新入社員の田中君が調理場に立つので、
私はホールにもどる事になりました。

調理場では、包丁の扱い方、揚げ物の揚げ方など優しく教えてもらい、
仕込みの大切さ、忙しい中で賄いを作ってくれている事への感謝の気持ち、
臨機応変な対応の重要さを再認識しました。


火傷.JPG
火傷のあとです。決していじめにあった訳ではありません。


揚げ場から解放されることにより、
賄いのごはんお代わり、深夜ラーメン復活します!

♪幸せラブレター♪

みなさんこんにちは。


以前定期的にこの樽一瓦版を書いていた時にはみなさんへ「グーテンターク」とドイツ語で挨拶していました。


しかしあれから月日が流れた結果樽一に、


外語大学のドイツ語専攻の「中谷」
高校サッカー部でドイツ遠征の経験を持つ「田中」


この両者の加入によって完全に似非ドイツ語がばれてしまったので今後は素直に日本語で
「こんにちは」と言うようにしました。

こんいちは。いしだです。



さて、しかしながら樽一にドイツ枠は二ついりません。ふたりで勝負して勝ち残ったほうに本物のドイツ人を名乗ってもらいましょう。生き残るのはどっちだ!?
ちなみにベトナム枠は二つあります。




本題に入ります。

月に二度ほど樽一を愛するみなさまにしんちゃんからのラブレター「メールマガジン」を送らせていただいています。


シズル感たっぷりの文章にみなさま
「あぁー!仕事ほったらかして樽一にいって一杯やりてぇ!!」
とお思いになりますよね?

メルマガを読んでご来店下さるお客様に本当に感謝です。



しかし!!もっともっとたくさんの方においしい料理とお酒を楽しんでもらいたい!!
もっと多くの方に樽一を知ってもらいたい!!



そう思った私はある名案を思いつきました。
メルマガの最後の一文にこう付け加えるのです。

それは・・・・




「このメルマガを今から24時間以内に5人の知り合いに転送してください。出来なかった場合あなたに不幸が訪れます。」




この一文を加えることで飛躍的にメルマガを読んでくれる方が増え、樽一の知名度もうなぎ上りになるはずなのです!!!
ナイスアイデア!!


いかがでしょう社長??ぜひ前向きにご検討願います!!


yjimage.jpg




第74回樽一会のお知らせ

こんにちは!(^_^)v

てんちょうです。

ようやく温かくなり始めたと思ったら本日は雨模様。

残念ながらジョギングもチャリ通勤もできません。

夜には雨も上がるようなので自宅まで歩こうと計画中です。


随分前に1日だけ春の陽気だった日を覚えてますか?

あの日はカミさんが朝から仕事でいなくて

ひとりでジョギングをしました。

あまりにも温かな陽気でしたので日課のジョギングも本気モードに。

そのあとも春の陽気が嬉しくて縄跳びに腹筋に夢中でやったら・・・

膝を壊しました~(T_T)

ようやく良くなり始めたので久しぶりに筋トレしちゃいました。

20140320 011.JPG

膝の様子をみながらカミさんに追い込まれましたが、

ようやくカラダを動かせる喜びに感謝!感謝!です。




さて4月7日月曜日は第74回樽一会が開催されます。

20131007樽一会 112.JPG
(第73回樽一会より)

今回の蔵元は秋田より雪の芽舎。

20140301 006.JPG

滋賀より喜楽長。

第64回樽一会 009.jpg

高知より酔鯨。

燗酒の会 003.jpg

それに浦霞の4蔵です。

雪の芽舎は初参加、喜楽長は4年ぶり、酔鯨は5年ぶりの参加になります。

献立は

前菜    蛸の三升漬け
     紅芯大根たまり漬け
     蕗のとう味噌
     胡瓜穴子巻き
     空豆青唐辛子味噌
     蛍烏賊友和え
     
刺身  和歌山直送地魚盛り合わせ
     鯨の刺身盛り合わせ

焼き物 仙台曲がり葱
     牛の山椒焼き

揚げ物 たらの芽天ぷら
     鯨カツ

蒸し物 三陸産蒸し牡蠣

煮物  鴨と野菜の治部煮風
     冬瓜と蟹の吉野煮

狩野流 伊勢海老XO醤による鯨汐吹き麻婆豆腐です。

(予定)



新店舗での樽一会は今回で3度目。

既に80名様のご参加をいただきました。

以前はすぐに満員御礼でしたが、店が広くなった分、

まだまだお席に空きがあります。

ぜひとも参加してみたい方はこちらまでご一報ください。

sin@taruichi.co.jpまで。

20131007樽一会 076.JPG

20131007樽一会 090.JPG


調査捕鯨裁判~その2~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

ようやく少し春らしい陽気になって来ましたね。

卒業シーズンでもあるこの時期は華やかな

袴姿の卒業生達が街を賑やかにしてくれます(*^_^*)

 
さて、今日は鯨のお話です!昨年6月から7月に

かけてオランダ・ハーグの国際司法裁判所で行われた

調査捕鯨裁判の判決が今月31日に出されます。

オーストラリアは日本の調査捕鯨は国際捕鯨条約で

禁じられている商業捕鯨にあたるとして提訴しています。

これに対して日本は、「商業捕鯨の再開に向け、持続可能な

捕獲数を調査するためデータを収集している」などと説明し、

条約に沿った科学的研究であると主張。

もちろん、国際捕鯨条約でも調査捕鯨は認められており

全く法律違反には当たりません。シーシェパードによる

妨害活動で南極海における調査捕鯨の捕獲頭数はここ

数年予定数を大幅に下回る100頭程度。

 先日も樽一に朝日新聞の取材が入り、今回の裁判を

どう思うかと聞かれ「そもそも国際裁判で問われる問題では

ないけれど、この裁判を通して日本の調査捕鯨の正当性が

世界で認められれば良い」と答えました。一つ気がかりは

16名いる裁判員の内10名が反捕鯨国の人々である事。

まずその時点で公平な裁判になるのかどうか懸念されます。

この裁判は上訴が認められておらず判決は一発勝負。

万が一日本が負ければ南氷洋における調査捕鯨は禁止と

なります。しかし日本の北西太平洋での調査捕鯨には

無関係なので日本中から鯨肉が消えることはありません。

現在もそうですが、これ以上捕獲頭数が減ると尾の身や鹿の子、

など稀少価値のあるものが入手しずらくなるのは確かです。

今のところ31日の判決を待つより仕方ありません。

判決が出たらまたこちらでお話しますからm(_ _)m

 12日、日本気象協会は第4回桜の開花予想を発表しました。

各地の開花日はほぼ平年並みですが、四国と九州は平年よりも早く、関東や甲信地方と北海道は平年より遅い所があるようです。

 満開日は、一部の地域では平年より3日ほど遅い所がありそうですが、ほぼ平年並みの予想となっています。

large.jpg 


 桜の開花にはまだ少し時間がかかりそうですが、樽一では春の料理、お酒が、次々と出番を待っております。 

 本日は、来週月曜日から始まるお料理を先取りでご案内いたします。


 まずは、軽度の樽一中毒の方なら皆さんご存知、人気商品、

「カジキマグロのステーキ」
かじき鮪ステーキ.jpg  

  すりおろした玉葱と白ワインのたっぷり入った樽一のステーキソースは、決してくどくなく、主役を生かす見事なバランスで作られています。

 酸味のきいた、さっぱりとしたステーキなので、春先の軽快なお酒を楽しむのにも向いています。


 次に、ご紹介するのは、

「脱皮海老の唐揚げ」
脱皮海老の唐揚げ.jpg

 こちらは、ひと月に一度は樽一で飲まないと手足がかるく痙攣する、程度の症状のお客様にはおなじみの一品でしょうか。

 脱皮したての海老を殻ごと揚げてカレー塩でいただきます。


 最後は、知る人ぞ知る春の一品。

 「これを食べないと春が来ない」という方はかなりの重い樽一中毒者、場合によっては専門医のカウンセリングを受ける必要があるかもしれません。


「のびるの友みそ和え」 
nobiru.jpg
  
  「友みそ」の「友」は、同じ食材を使っている、という意味です。
 
  のびるの葉を使って作ったみそを、のびるにつけていただきます。
 
  合わないわけがない、というやつです。
 
  歯切れのよい食感とともに、野趣あふれる味わいを楽しんでください。



 さて、春ならではのお酒のほうもいろいろとご用意しておりますが、月曜から登場するのはこちらです。

「尾瀬の雪解け 桃色にごり」
392b5e34-s.jpg  

  こちらはなんとアルコール度数10度。
 
  日本酒度はマイナス33。

 しかもこのきれいなピンク色、着色料は一切使っておらず、もろみが桃色になる特殊な酵母を用いて作られた、れっきとした純米酒です。

 アルコール度数も低く、甘くて飲みやすいこのお酒、樽一での女子会にも最適ではないでしょうか。

 ちなみに、これ全部、月曜日からですので、皆さま、フライングせぬようご注意くださいませ。
 
 (思わずフライングをしてしまった重篤の患者様には、店長がお酒を処方してくれますので、ご安心ください。)

春の期待と憂鬱

こんにちは!(^_^)v

てんちょうです。

本日も生憎のお天気です。(>_<)

春のお酒はタップリと仕入れているのに

この天候のお陰で出せず仕舞い・・・

えい!出しちゃえ!

20140313 001.JPG

おーい!

はやく春よこーい!


でもね、春(4月)が来ると消費税率がアップですよ。

グランドメニューは作り直さなきゃいけませんし、

20140312 010.JPG

樽一の名物POPも値段表記を変えなきゃいけませんし、

20140312 011.JPG

お酒の原価表も作り直さなきゃけませんし、

20140313 004.JPG



POSレジの値段表記も変えなきゃいけませんし、

20140312 012.JPG

そりゃ~みなどこのお店もそうかもしれませんが、

大箱な故の憂鬱ですよ・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

しかも近年には再び8%から10%へ上がるわけですよ・・・

たまりませんわなぁー!


さて、憂鬱なことはこれくらいにして期待のお話でもひとつ。

4月より新卒ルーキーがチーム樽一の社員になります。

田中佑飛(たなかゆうと)若干18歳。

20140313yas 001.JPG

いつか自分のお店を持ちたくて

樽一に入社することになりました。

彼との出会いはそもそも昨年の春に

常連のお客様より紹介して頂き、

新店舗オープン前に会いました。

お互いに高校時代、サッカーに取り組んでたこと、

ご両親が我々とほぼ同じ年齢な事や

外食産業への動機などなど話しました。

彼の履歴書にはこんな風に書かれていました。

20140312 009.JPG          

アタクシも色々な方達と面接をしましたけど、

こんなに若いのに自分の考え、将来のビジョンを

キチンと話した10代の若者に会うのは初めてでした。

それこそ自分がこの歳頃には恥ずかしながら

夢なんてありませんでしたからね・・・

まっさらな気持ちの彼をこれからチーム樽一全員で

温かく見守り、時には厳しくいつの日か彼の夢に向かって

樽一が役に立てればなぁ~と思うこの頃であります。

今月は勉強中のためホールで活躍してますので

みなさま声を掛けてやって下さいね。


あの日から3年

あの日から3年が経ちました。


一言で3年と言っても被災地の方々の3年と

我々の3年はまるで重さが違うでしょう。

3年経ったいまも26万人の方々が避難所生活を

送っているそうです。

 あの日、歌舞伎町の旧店舗があったビルから

外へ避難したものの安全な場所などなく、仕方なく

歌舞伎町交差点の中央分離帯に立ち尽くしていた時の

ヤマダ電機のスクリーンに映し出されたライブの

津波の映像を忘れることが出来ません。

 「塩釜の海の近くにある浦霞の蔵元が流される」

「先代の故郷でほとんどの親族の家がある東松島の事」

「東北の蔵元さん」「三陸海産物のお店の方々」など

様々な事が脳裏を横切りました。

その数日後、「浦霞」の佐浦社長さんとようやく連絡が

取れたときの安堵感は忘れられません。


 一つ分かっていることは東京にもいつか必ずやってくる事。

お水が出て、お湯が沸かせて、温かいお風呂に入れて

電車が動いて、ご飯が食べられて、仕事が出来て、お店を

営業する事が出来るのは決して当たり前ではありません。

 震災で突然、当たり前に来るはずだった明日を奪われた

沢山の方々の分も一生懸命に日常を生きなければと

改めて考えさせられる3月11日です。

飲みくらべ物語

こんにちは!(^_^)v

てんちょうです。

昨年3月のブログを振り返っていたら、

3月1日には春一番が吹いて3月21日には

桜が満開になっていたんですね。

20130321 004.JPG

今年はまだまだ寒さが続きますが、はやく春来ないかなぁ~((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク


さて、本日は樽一の人気メニュー「飲みくらべ」のお話をしたいと思います。

まだ、大塚に倉庫があった時代にさかのぼります。

倉庫には2畳ほどの冷蔵庫がありました。

その冷蔵庫に日本酒がぎっしりと保管されていました。

アタクシが日本酒の仕入れと管理を任されてからは朝社長と

築地に向かう前に早く来て、その日に店に持って行くお酒を用意するのです。

自分で仕入れて倉庫に収納すると奥の方から化粧箱に入った4合瓶が

ごそっと出てきたのです。当時は日本酒メニューの改革にも入っており、

どんなお酒が在庫として残っているのか整理しました。

すると過剰在庫や不要在庫が山のように出てきました。

どうやら以前の仕入れはケース単位で大吟醸などは在庫1本になると

次の入荷は6本や12本となるのです。

それと以前の樽一会のお酒は全て大吟醸でした。


そして自分がホールに出てからお客様にお酒を薦めると

ある傾向がわかりました。

それは大吟醸は高価だから飲まないのです。

ですから悪循環で高級な大吟醸だけが

やたらめったら過剰在庫になるのです。

メニューを一新して作り直すにも新たな酒をラインナップに

加えるのも出来なくなりました。

どうにかしてこのお酒を売らないと・・・

高価なお酒を1合徳利で飲むより同じ値段で3種類飲んだら

嬉しいのではないだろうか?

そこで思い浮かんだのが飲みくらべでした。

だからと言って山ほどある過剰在庫だけで飲みくらべしても

お客様に分かってしまうし飽きが来る。

そこで希少価値のあるお酒の飲みくらべや

十四代呑み比べ09年秋.jpg

新田酒飲みくらべ.jpg

有名銘柄の飲みくらべ


〆張鶴飲み比べ.jpg

香露飲み比べ.jpg

〆張鶴や香露は過剰在庫の大吟醸を少なくするために思いつきました。

そして他の大吟醸や熟成酒などはこのような飲みくらべにしました。


2010年3月大吟飲みくらべ.jpg

長期熟成飲みくらべ.jpg


お陰で少しずつ少しずつ在庫は減って地酒メニューも

思い通りのメニューが作成できました。

今ではこんなに見事なラインナップの飲みくらべが出来るようになりました。

飲みくらべメニュー20140306.jpg

でもひと銘柄の飲みくらべを揃えるのに

3ヶ月~半年はかかるのですよ・・・(汗)

そして飲みくらべメニューは1ヶ月も経たずに更新するほどになりました。

そんなドラマのある飲みくらべをこれからもこよなく愛して下さいませ。m(_ _)m




凡事徹底

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

3月なのに北風ピューピューで寒いですね(>_<)

お陰様で5月の移転リニューアルから明日、丁度

10ヶ月を迎えます。もう10ヶ月が経ったのかと思う

反面客席が1.5倍になった分、毎日のお客様に接する

人数も1.5倍になり1日の内容の濃さも1.5倍に。

今までよりも更に充実した日々を過ごさせて頂いてますm(_ _)m


 お店の面積が2倍になってもどこまで個店ならではの

細やかな気配りが出来るのかがチーム樽一の課題です。

その一つがサンダル。前の店舗から意識をしている

のですが忙しく走り回ると中々徹底出来ないのが現状。

 いつも私が頂いている「格闘塾」という熱いメルマガに

こんな言葉が載っていました。


 はきものをそろえると心もそろう

心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときに そろえておくと

はくときに 心がみだれない

だれかが みだしておいたら

だまって そろえておいてあげよう

そうすればきっと 世界中の人の心も

そろうでしょう

 これは道元禅師のお言葉だそうです。

全ては自分の足下から始まります。平凡な事かも

知れませんがどんな状況でもサンダルを揃えられる

ようまずは自分が徹底します。チーム樽一がどんな

時でもキチンと揃えられる日が来るまで

どうか見守っていてくださいませm(_ _)m  しんちゃんより

20130306.JPG

 
 全国の教育現場にたずさわるみなさま、こんにちはこんばんは。

 あるときは怪我人唎き酒師、またあるときは怪我人板前、またあるときは怪我人たまノフ、しかしその実態は、中学生の未来のため、日々、教育と向き合っている、怪我人教師こと、佐藤弘充です。


 そうです、先生です。

 
 私、数年前から、恩師に声を掛けて頂いたのをきっかけに、毎年、この時期に横浜の中学校で、職業学習の講師というのをやらせていただいているのです。

 
 目指すは横浜市立松本中学校。

 横浜駅からバスで行きます。

 
IMG_2115.JPG

 学生の姿がちらほら見えてくると、私の胸の鼓動も若干はやくなってきます。

 人見知り調理師でもある私は、何度やっても、毎回毎回かなり緊張するんです。

 
IMG_2120.JPG
IMG_2118.JPG 

 さあ、つきました。

 しかし、この、バスのボタンを押すのはいくつになっても楽しいものですね。

 
 この職業学習、もちろん調理師だけでなく、色々な分野で活躍されている方が講師として来られるんですが、去年は正門が閉まっていて、弁護士の方と旅行代理店の方が前で待っていました。

IMG_2121.JPG

 「どうしましょう。学校に電話しましょうか。」

 とお二人が相談していたところに、ピンクのぬいぐるみと、大量の荷物を抱えた私がフラッとやってきて、

 「またいで入っちゃえばいいんじゃないっすか~。」

 って言ったら、

 「学校だからそれはまずいですよ。」

 って、弁護士の先生に真顔で言われてしまったのを思い出します。

 なつかしいナァ。

 
IMG_2122.JPG

 体育の授業を横目に見ながら玄関へ歩いて行きます。

 
IMG_2124.JPG 

 おおぅ、まさか、自分が「来賓」と呼ばれる日が来るとは・・・


 さて、松本中学校の名物と言えば、この階段に貼ってある生徒達の書いたものらしき言葉の数々です。
  
IMG_2127.JPG

 
 毎年、はるばる入間の山奥からここまで来るのは、これを見るのが楽しみなんです。

 例えばこんなの。

IMG_2128.JPG

 字が何とも味があって良いです。


 こちらはデザインも中身もスタイリッシュな作品。

IMG_2130.JPG



 しかし、今年の一番のお気に入りはコレです!
 
IMG_2134.JPG 

 いや、最高・・・・・。

 これを見れただけでも来たかいがありました。


 こんな感じでふらふらしていたら、あっという間に集合時間が来てしまいました。

 いつものように校長室に集合してから、各教室へと向かいます。

 私はいちおう調理師代表なので、家庭科室へ。


 授業中はさすがに写真を撮るわけにはいかないので、運悪く私の担当になってしまった先生にお願いしました。


 私、ただでさえ人見知りで、社会性のかけらもないので、授業らしきものはできるわけがございません。

 というわけで、いつもとりあえず卵焼きを巻きます。

 
IMG_2144.JPG



 食べます。
 
IMG_2145.JPG


 まあ、これで終わりでもよいのですが、

 生徒達がこの後書かなきゃならないプリントに、

 「この仕事を選らんだきっかけは?」とか、

 「この仕事の大変さ、やりがいは?」

 といった項目があるので、仕方なく少しお話します。


 教壇に立つなんてとても無理なので、私も座って・・・。

IMG_2146.JPG

 
 
 え~、この後、かつらむきやら、むきものやらをちょっとやったりしたんですが、カメラの電池がなくなってしまいました・・・。

 他の講師の皆さんは、聞くところによると、資料やら何やら、しっかり準備して来られているようです。

 完全にノープランでのぞんでいるのは、私だけ。
 
 本当に、申し訳ない限りです。

 懲りずにまたお声がかかったら、階段の言葉を見に、来年も行きますけどね。


 それでは、松中のみなさん、楽しいひとときをありがとうございました。


 「板前なんてやめたほうがい~よ。」

 なんて言っちゃいましたが、よっぽど好きなら、やってみてください。

 楽しいこともありますので。

 
 最近では、ベトナム人に誕生日お祝いの歌を歌ってもらったのが何より楽しかった36歳、しんちゃんじゃないほうのさとうでした。
 
 

 

メルマガ発信!~春はすぐそこ~

こんにちは!(^^)/

てんちょうです。

今年初のお酒の試飲会に行ってきました。

20140301 001.JPG

今回は秋田の酒。

新たな酒選びと知っている蔵元の挨拶巡り。

まずは刈穂の伊藤さん。

20140301 002.JPG

刈穂、出羽鶴、やまとしずくの3銘柄のラインナップを利き酒。

うん!相変わらずの安定感に納得です。

まんさくの花のブースでは斗瓶囲いをそのままの状態で利き酒。

20140301 005.JPG

なかなかオモロイですなぁ~。

そして4月7日の樽一会に初参加の雪の茅舎もご挨拶。

20140301 006.JPG

樽一会の詳細は追ってお知らせいたしますね・・・

以前から気になっていたお酒も利き酒しました。

20140301 003.JPG

ゆきの美人です。

生酒、火入れの純米と純米吟醸どれも良かったです。

近日、樽一にも入荷予定であります。

そしてただいま秋田でイチバンの注目蔵はやはりこちらでしょう。

新政の若手社長、佐藤祐輔氏です。

20140301 007.JPG

隣でここの酒を絶賛しているのは酒蔵写真家那智健二氏。

十四代や田酒や浦霞の酒造りの写真は本当に見事です。

樽一の鯨料理も取って頂いたことがあります。

これから発売される新政NEWブランド、ヤマユはとても楽しみです。


さて3月3日のひな祭りにメルマガがみなさまの元に届きます。

そこで今回のお料理をご紹介しましょう。

まずは大人気の竹の子島田海苔炒めです。

筍島田海苔.jpg

竹の子の食感と四万十川の川海苔の風味は今年も健在です。

そしてふき味噌焼です。

ふきみそ 007.jpg

ほんのりと甘く香ばしい味噌と心地よい苦みが残る蕗のハーモニー。

もうひと品は春の王道料理、たらの芽の天ぷらです。

たらの芽天ぷら全体.jpg

ホクホクのたらの芽は衣との相性抜群です。

お酒も春を感じて頂きましょう!

島根の超王祿春季限定です。

20140301yas.jpg
(鈴木三河屋さん、写真お借りします!)

春野菜のほろ苦さとの相性は最高ですよ。

そしてお待たせしました!

浦霞禅のしぼりたても到着しました。

浦霞生禅(1本).jpg

さぁー 3月も張り切ってみなさまのご来店をお待ちしていますね!

ウェブページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。