2013年3月アーカイブ

   新入社員 採用しましたから~

皆さん、はじめまして。

本日より正式にチーム樽一のメンバーになりました牧野仁裕(まさひろ)です。

 

東京都出身、38歳(あと2週間で39歳)です。

前職は運輸関係のサラリーマンをしていました。

 

実は、佐藤社長はブラスバンド部の先輩で、私を12歳の時から知っています。

また、1●歳のとき、初めて樽一の暖簾をくぐり、以来20年お客として通っていました。

(美脂と莫久来が好みです) 

 

そして、今回、転職先を探しているときに、偶然社長より連絡があり、

樽一の移転話を聞き、大変だろうけどなかなか経験出来ない事だと思い、

是非一緒に仕事をしたいという気持から、転職を決断しました。

 

樽一の新しいステージでお役に立てるよう努めますので、

皆さまよろしくお願いします!

 

IMG_0487.jpg  

 ※休日は酒屋巡りをしてま~す

新人紹介します~牧野編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

樽一新店舗の工事が始まり9日目。

 

20130329 001.jpg

 

厨房にガス管が通されました。東京ガスの方

 

ありがとうございますm(_ _)m

 

20130329 002.jpg

 

こちらの保温材は調理場にコンクリートを流す前に

 

下に敷いておく為に出番を待っておりました。

 

20130329 003.jpg

 

さらに水道管も通され調理場の基礎が出来て

 

来ました(^_^)v この先ますます楽しみですから。

 

 

 さて、本日は樽一の新メンバーの紹介です!

 

牧野 仁裕(まさひろ)38歳。

 

見習いとして昼間のホールやお手洗いの清掃から

 

取り組み、毎日樽一を磨き上げて来ました。さらに営業中は

 

洗い場を担当し今ではチーム樽一に無くてはならない存在に。

 

20130329 005.jpg

 

そして2週間前からホールデビューを果たしました。

 

20130329 006.jpg

 

さらに我々がやっていたパソコン業務や

 

20130329 007.jpg

 

日替わりメニューも心を込めてピカピカに(*^_^*)

 

彼の頭の回転はとても速く、今自分が何をすべきか

 

常に考えて行動しています。そんな活躍が認められ

 

4月1日よりチーム樽一の正社員になります。

 

小学生4年生の男の子のお父さんでもある彼が今日も

 

張り切ってホールにおりますので、見かけましたら

 

お気軽に声を掛けてあげて下さいませ(^^)/

 

来週月曜日より樽一ブログデビューもしますので

 

皆さまの温かい応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

牧野さんハンディ.jpg  

新店舗レイアウト完成!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

アメニモマケズ、桜がんばってますね。

20130328 002.JPG

これなら週末もお花見できそうですね♪


先日、社長と2人で同業者の仲間が独立開業したので、

お祝いがてらお店にお邪魔してきました。

我らがホームの池袋にあります「和酒酔処わく」です。

320x320_rect_17909594.jpg

こじんまりした店内はホッとする店の空気が漂います。

お通し3品はどれも気持ちが伝わります。


20130323 003.JPG

酒のラインナップもすばらしく店名通りワクワクしますね・・・

20130323 009.JPG

同業がてら刺身の切り方よりついツマに目がいっちゃいます。

20130323 006.JPG

こういう仕事大好きだなぁ~。

ツマミもどれも美味しく、楽しいひとときを過ごせました。

20130323 007.JPG

金曜、土曜は3時まで営業しているので、また通いそうです。


さて新店舗に向けて毎日忙しくしております。

今日は酒屋の引き継ぎで預けておりました浦霞もお引っ越し。

20130328 003.JPG

りっぱな冷蔵庫で保管され、よりよい状態で一安心です。


新店舗の工事はと言うと厨房区画が出来上り、

現場での打ち合わせも入り始めました。

こちらはカウンター席から見た調理場スペースです。

20130327 014.JPG

現状の作業を考慮して横長にしました。

こちらはトイレスペース。

20130327 013.JPG

女子トイレは2台、男子トイレは小便器3台に大便器1台。

これで名物の樽一トイレ渋滞も少しは緩和することでしょう。

でも、部分部分見せられてもイメージ湧かないですよね・・・


そこで今回は新店舗の平面図を公開いたしましょう!


20130328yas 004.JPG

図面が大きいのでこれでご勘弁。

左の入り口から入ると青い部分がテーブル席です。

赤い部分はお座敷で中央の部屋の戸襖を外すと88名の宴会ができます。

もちろん全て掘りごたつで4名の小部屋も最大8卓できます。

これは念願だったカウンター席。

20130328yas 002.JPG

こちらは5席とこぢんまりしていて、入り口付近ではなく、

奥まった場所にありますよ。

イチバン時間の掛かった厨房もレイアウトが出来上がりました。

20130328yas 003.JPG


イメージ画像が出来上がりましたら随時公開しますね。


 みなさん、こんにちはこんばんは。


 いしだくんが作ったレゴのしんちゃん人形の評判が良すぎて、

 「あいつ後輩のネタ、パクってやがる。」

 と思われるのをおそれるあまり、あの頃のように真っ白な心で、レゴを握ることが出来なくなった34歳、佐藤弘充です。

 
 樽一で働き始めた頃の、「いつかはレゴで食っていけるように」という夢は、我が子に託して、私は庭の石を掘って生きていくことにしました。



 さて、いよいよ樽一新店舗の内装工事が始まりました。

 我らが社長と店長、ここ数ヶ月、大好きなお酒も担々麺も筋トレも断ち、連日、設計士さんと議論を重ねた上、ようやくここまで至った訳ですが、その間、私もただ漫然と、庭の土を掘り返して、石を埋めて過ごしていたわけではありません。


 それどころか、新店舗の設計は、私なしでは成し得なかったと言っても、過言ではないかもしれません。


 今回はその過程を、特別に、皆様にドキュメントでお届けしたいと思います。




  ~1日目~

 まずは、建築用資材の搬入からスタート。

 10tトラック2台分の材料を、今回の工事の現場監督のもえが畳にぶちまける。


 片付けが面倒だからと、ここで赤いバケツに入れたままチマチマやっていると、良い作品はできない。

 PA0_0410.JPGPA0_0409.JPG


 鉄骨やドア、タイヤにプロペラまで、その種類は実に豊富だ。


 「とと~!レゴひろげるところから撮るんでしょ。」


 私に引退を決意させたのは、この子の成長があったからだ。

 今なら安心して現場を託すことが出来る。


 老兵はただ去るのみ・・・。




 ~2日目~

 樽一の仕事人たちも合流し、本格的に工事が始まる。


PA0_0408.JPG



 今回、調理場の床を防水加工することだけは、しつこいくらいに言い聞かせた。

 
 もえもかなりナーバスになっている。

 PA0_0407.JPG
 
 この先の作業の撮影は拒否されたが、堂々とした仕事ぶりだった。



 ~3日目~


 入り口のドア。

PA0_0406.JPG


 新しい樽一の顔だ。

 少し大きすぎたようで、もう一回り小型のものに。


 ・・・・・とここでひとつトラブルが起きた。
 
 ようやく見つかった小型のドアが、枠と戸がバラバラになってしまっている。

 順調な船出だったのが、暗礁に乗り上げた。


 この窮地を救ったのが、もえの右腕、7種類の重機を自在に乗りこなすスペシャリスト、しゅんぺい(5)だ。
 
 PA0_0405.JPG


  し 「もえ、ドアあった!」

  も 「あ。しゅんぺい、かして。」

  し 「ドア、しゅんぺいが直せるよ!」
  
  も 「わかった。じゃあくっつけて。」

 この一部始終を見ていて、私は今回の工事の成功を確信した。

 以前なら、

  も 「いいからかして!」
 
  し 「しゅんぺいなおせる!」

  も 「かせよ!」

  し 「もえのいじわる!」

 となっていたところだが、知らぬ間に、仕事だけでなく、人を使う能力も身につけている。

 責任を負わせると、人は成長するものだ。


  

 ~4日目~

 玄関が完成した。

 ドアが2つあるという斬新な設計。

 セオリーにとらわれた私には到底思いつかないアイデアだ。

 PA0_0403.JPGPA0_0402.JPG
 
 
 右にあるのは靴おき。

 樽一新店舗では、全員が靴を脱いで入店しなければならないようだ。

 
 その間、しゅんぺいはというと・・・・・

 PA0_0401.JPG

 重機の整備だろうか。

 職人気質な男だ。



 ~5日目~

 次は調理場に取りかかるものと思い込んでいた私は度肝を抜かれた。
 
 PA0_0400.JPGPA0_0398.JPG
  

 みなさん、おわかりだろうか。

 なんと駐車場だ。

 
 しゅんぺいが整備していたのは、建築用の重機ではなく、新店舗のための車だったようだ。

 
 私はおそるおそる、それぞれの車の用途について聞いてみた。


   私 「しゅんぺい、これ、車3台あるけど、何する車?」

   し 「これが買い物用の車で、これが特別な移動用の車。一番はやい!」

   私 「じゃあ、これは?」

   し 「これは、酔っぱらったお客さんを持って帰る用の車。」

   私  (なるほど。あの人のための車か・・・。)




 ~6日目~

 いよいよ、店の心臓部、調理場に着手する。

 水まわりから攻めるのか、ガス台からか、腕の見せ所だ。


   も 「まず赤い壁で場所を確保して・・・・」


   PA0_0396.JPG
  
 
   も 「よし!」

   私 「・・・・・もえ、この黄色いのは?」

   も 「テレビ!」

   私 「!!!!!」

   も 「調理場からも客席からも見れるの。」

  
 機能性だけでなく、従業員のやる気まで考えた細やかな気配り。

 泣かせる。

 PA0_0392.JPGのサムネール画像PA0_0394.JPG
 
 ガス台に、電場で揚げるフライヤー。


   PA0_0393.JPG

 アルカリ3Dウォーターが出る水道まで完備。

 料理の可能性も無限に広がる。



  ~7日目~

 PA0_0391.JPG

 レジが出来た。

 立っているのは店長だ。

 
 会計時のシュミレーションもしっかり行っている。

 PA0_0389.JPG


  私 「この青い人はお客さん?」

  も 「うん。支払いしてる人。」

  私 「でも、このお客さん、手ないの?」

  も 「大丈夫。それがこの人の特徴だから。」

  私 「このレジの横のは?」

  も 「社長のはぶらし入れ!」

  私 「えっ!?・・・これ、青い人の手じゃ・・・。」
 
 
  も 「うんっ!」


 
 ~8日目~

 座敷と、カウンター。

 PA0_0388.JPGPA0_0386.JPG
 


 ここでも匠の技が光る。



  「あっ。風車もつけよう。」

 PA0_0385.JPG





 ~9日目~

 工事も佳境に。


   私  「社長はいないの?」

   も  「いるよ!ここ。」

   私  「どこ?」

   し  「いるよ!『こっち向いて~』って言わないとこっち向いてくれないの。」

   も  「そうそう!」

   し  「とと、『しんちゃん、こっち向いて~』って言って!」

   も  「ほら、とと言ってみて!」

  も&し 「ねえ、とと、言ってよ!」


   私  「・・・。しんちゃん、こっち向いて~!」


 PA0_0384.JPGPA0_0383.JPG


 !!!!!!!

 
    私  「そこ!?玄関?」

  も&し  「そう!」 

  

 まあ、ね。

 しんちゃんは樽一の象徴ですから~。




 ~10日目~

 トイレも増設し、ほぼ完成。

 PA0_0367.JPG

 「外がよく見えるトイレ」とのこと。

 
 しかし、私、ここで気づいてしまいました。

 

  私 「社長、ニワトリになってない!?」

PA0_0370.JPG
 

  し 「うん!あのね、樽一メンバーの誕生日だけニワトリになるの!」

  私 「お、おぉ・・・・・。」



 ~11日目~

 張り詰めた空気の中、最後のチェックに目を光らす現場監督。

 一度静かに深くうなずくと、おもむろに懐から紙を取り出し、筆で何かを書き始めた。

  
 丸く切り取り、新店舗に命を吹き込む。

 PA0_0373.JPGPA0_0372.JPG



 
 ~12日目~

   私 「完成?」

   も 「完成!」

   し 「完成!」

   私 「ところでさ、宿題は終わってんのね?」

   も 「ううん!まだ!」

   私 「・・・・・・」

   も 「でも大丈夫、かもっ!」

   



 こうして、紆余曲折、支離滅裂、少々悪乗、を経て完成した新店舗の模型がこちらです。
 
      
            PA0_0362.JPG
 

  みなさん、オープンをお楽しみに。


  ちなみに、作業中、二人がずっと口ずさんでいたBGMがこちら、

  「あ~あ~、はってし~ない~♪」
 
  「ゆめを、おい~、つづけ~、え~♪」

  クリスタルキング「大都会」だったことは言うまでもありません。

  (ほんとの話です。どこで聴いて覚えたのか・・・。)

 
  樽一の新たな挑戦にふさわしいテーマソングですね。


ある夜の記憶

眠っているときの思考というものは普段起きている自分とは違うものなのでしょうか?


{§1}
その日わたしはある駅のホームに立っていました。

多少混み合ってはいましたがいつも通りの日常の風景です。

しかしある瞬間からその空気は一変します。

悲鳴混じりのざわめきがわたしの右手のほうから聞こえてきました。

そちらの方に目を向けたわたしは自分の目を疑い、そして一瞬にして混乱に陥りました。

まだ電車が停まっているプラットホームに向かって別の電車がスピードを落とすことなく入ってきたのです。

「バッ!バカ!!止まれ!!止まってくれ!!」

わたしは声にもならない声でそう叫びました。

次の瞬間とてつもなく大きな騒音と衝撃。

恐る恐る閉じていた目を開くとそこにはさっきまでの何気ない日常とはまったく別の世界が広がっていました。

泣き叫ぶ女性の声、我先にと逃げようとするスーツ姿の男性、そしてその男性にはじかれるようにホームに突き落とされる小さな女の子。

わたしはただただ呆然とその場に立ち尽くすのでした。






{§2}
店からの帰り道、前の方から見覚えのある女性がこちらに向かって走ってきました。

挨拶をしようかと思ったのですがわたしに気づかなかったのかあえて無視をしたのか、そのままわたしの脇を通りすぎていきました。

しかしそれからしばらくするとまた前方からその女性が走ってきました。

今度こそ話しかけようとするのですが、また同じように通りすぎました。

どうやらその一区画をぐるぐると走っているのか、その後数回すれ違いました。

五回目か六回目かの時にその子の道を塞いで呼び止めました。

「ずっとここを走っているけどどうしたんだい?」

その小柄な女性は涙混じりの瞳に微かな笑みを浮かべてこう言いました。

「本当のことを言うわ。わたしはこれまで誰のものでもなかったの。」




さて、夢占いが得意な方がいらっしゃったら以上二つの最近わたしが見た夢の占い結果を教えてください。過去の自分、または未来の自分を暗示しているのでしょうか?


眠っている間に耳から理性が流れ出している28歳。まさのりいしだでした。



また来週。お元気で。


皆さん、こんにちは~しんちゃんです!


昨日はお花見をされた方も多かったのでは


ないでしょうか?


早速、本日の新店舗の様子です(*^_^*)


PAP_0134.JPG


トラックの荷台に沢山のブロックが積み込まれてます。

PAP_0133.JPG

調理場の区画がしっかり囲われ防水加工が


されていきます。


PAP_0132.JPG


こちらはお客様用のお手洗いになる場所です。


床をガシガシデッキブラシで磨くのでこちらも防水加工です。


PAP_0131.JPG


だいぶ工事現場らしくなって参りましたから~(^^)/



さてさて、今日は新樽一物語更新のお知らせ(*^_^*)


「トイレお掃除編」「時代の終焉と幕開け」


「三浦店長入社編」に続く第四章!




有田店長とは先代の時代から30年間


樽一を支えてくれた大番頭。


まだ、樽一の新宿店が出来て間もない


40年前、日本で初めての空中階の居酒屋と


して誕生した新宿店。やはり最初は中々


お客様が5階まで上がって下さらず苦戦して


おりました。そこで高田馬場本店から


三代目の新宿の店長に抜擢されたのが


有田店長。独特の雰囲気と気配りで


先代社長の右腕となり樽一を盛り上げて


おりました。今から10年前、樽一先代が


急死した後も変わらず樽一を支え続けて


もらいました。私自身この「有田店長勇退編」を


読み当時の様々な出来事が思い出され


ウルウルとしてしまいました(T_T)


有田店長から現在の三浦店長へ移り変わる


心の葛藤をぜひ読んでみて下さいませm(_ _)m



「てんちょうの冷蔵庫」更新です!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

いよいよ桜が満開ですね。

花見のメッカ、飛鳥山もピンク色の山になってました。

ジョギングコースも桜が多く滝野川のさくら通りも見事なアーケード。

20110408 002.jpg

酒屋に仕入れに行くときも立教大学通りもキモチイイ。

20130322 002.JPG

やっぱり春はいいですねぇ~♪


さて桜満開の本日、「てんちょうの冷蔵庫」更新です!


今回は群馬県の「尾瀬の雪どけ」です。

尾瀬の雪どけ桃色にごり 004.JPG

せっかく桜が満開なので今日のタイミングで

こちらの桃色にごりにしました。


この季節はピンク色のお酒もかな~り増えてきました。

そんな中からこちらを選んだのは飲みやすさとネーミング。

はっきり言ってさほど在庫がありません!

なのでお早めにご来店お待ちしております。


それからもう一銘柄ご紹介。

20130322 004.JPG

栃木県大田原市にあります菊の里酒造の看板商品「大那」です。

dancyu等の雑誌で紹介されて一躍大人気になりました。

年々美味さます大那ですが、赤坂の鈴木三河屋さんとのコラボで

発売された純米吟醸RACINES(ラシーヌ)は

ラテン語で「根っこ」と言う意味らしく、大那の原点に戻り

ダイナミックな荒々しさがあります。

PB酒なので是非ともお試しください。

今日は花見で樽一はガラガラですから~ (^_^;)


さらさらっと・・・

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

いよいよ桜が満開ですね。週末お花見に

行かれる方が多いのではないでしょうか?

本日金曜日は満席を頂いておりますが

明日土曜日の予約帳は寂しいかぎり・・・・

やっぱり桜には勝てませんから~(T_T)



本日、工事二日目の様子です(^_^)v


PAP_0129.JPG


調理場の上の天井が外されております。

PAP_0130.JPG

調理場の床に敷くブロックの山。大事な基礎に

なりますから(^_^)v


PAP_0128.JPG


注意事項の張り紙です。くわえタバコはともかく(>。<)y-゚゚゚ゴホッゴホッ


工事をして下さる皆さんの

安全が第一ですから~m(_ _)m


 さてさて、昨日名古屋から初めて樽一にご来店


下さったお客様。かなり大きな看板屋さんの会長さん。


樽一の2代目ですと名刺を渡すと目の前の


コースターを広げ筆ペンを持ち、さらさらっと


PAP_0125.JPG


「思いどうりしようとするわがままがすべての悩みになる」


書いてプレゼントして下さいました。知らず知らずの


内に我が儘が出るのが人間です。この言葉を


有り難く受け止めようと思いますm(_ _)m


それにしても初対面の私にさらさらっと筆ペンと


判子を取り出しこんな言葉が書けるなんて粋ですよね。


こんな大人になりたいです(>_<)



さきほど調理場を覗くとこ~んな立派な太刀魚が


PAP_0127.JPG


和歌山からご来店(^_^)vどのくらい立派かと申しますと


PAP_0126.JPG


しんちゃんが100人並んでも足りないくらいですから(^^;)


その他、かつおに生ホタルイカにカワハギにかさご・・・・


も~しんちゃんが飲みに行きたいですから~(>_<)

新店舗に向けて始動開始!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


昨日の陽気で一気に桜が咲きましたね。

本日の通勤途中、神田川はご覧の通り。

20130321 004.JPG

大好きな季節がやって来ました!

でも今日は寒いですね~。



さて、いよいよ新店舗に向けて本格的に色々な事が動き出しました。

まずはドリンク。

客席拡大につき、調理場を広くすることは勿論ですが、

ドリンクを作る作業スペースも十分に確保しなければなりません。

そのために新しく導入する機械に伴いドリンクの見直しをします。

今度はワインも置こうと考えております。

そこでサッポロビールよりサンプルが送られてきました。






ド~ン!








20130321 001.JPG

これを火曜日の営業終了後にテイスティングを全てしました。

さすがにお酒の飲める仕事とはいえ、辛かったっす・・・Σ(|||▽||| )





一方施工会社も無事決まり、本日木曜日より工事が始まりました。

130321_1058~01.jpg

専用入り口の階段は一足お先に着々と完成に近づいております。

130321_1056~02.jpg

高~い天井もパネルが外され、工事開始です。

130321_1030~01.jpg

これからも新店舗情報をわかり次第、皆さまにお伝えしますから~。

ほうちゃんのせいです。

 

今、私ブログを書いています。

 

一人でパソコンに向かうのはさみしいのでしんちゃんを連れてきました。

 

DSC_0724.jpg 

にこやかな笑顔でブログを書く私を応援してくれています。

 

 

 

ほうぼうの「ほうちゃん」が邪魔をしてきます。

 

DSC_0716.jpg 

 

 

ちょっと邪魔だからどいててね。

 

 

DSC_0717.jpg

 

 

まったく、ほうぼうが邪魔してきたんじゃまともにブログも書けやしない。

 

 

 

ほうちゃんが仲間を連れて戻ってきました。

しんちゃんもこれにはびっくり!!

 

 

DSC_0719.jpg 

 

 

あいやー!!しんちゃん逃げてー!!

 

 

DSC_0720.jpg 

 

 

 

満足したほうちゃん達は帰っていきました。

 

DSC_0722.jpg 

 

 

 

さぁ邪魔者のほうちゃんもいなくなったしブログ書こうかな。

 

 

・・・ありゃ!!せっかくブログ書こうと思ったのに時間切れ!?

 

けどほうぼうが邪魔してきたんだからしょうがないですよね。

 

ほうぼうが邪魔してきたんだから。

 

 

おしまい。

DSC_0723.jpg

 

また来週。お元気で。

 

桜エビだけのかき揚げ始めますから~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

今年は花粉予防スプレーのお陰でメガネ生活とも

 

お別れ。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~ 

 

メガネをしている三浦店長としんちゃんの区別も

 

少しは付きやすいかも知れないですから~(^_^;)

 

 

 さてさて、明日19日火曜日に配信するメルマガ予告です!

 

まずはこの季節定番の「桜えびだけのかき揚げ」。

 

桜エビの掻き揚げ.jpg

 

今年は干しエビを擂って天然塩と混ぜたお塩に付けて

 

頂きます。揚げたてアツアツのかき揚げをかじると

 

混じりっけのない濃厚な桜エビの旨味が一気に押寄せます。

 

そこへ

 

 20101105 047.jpg

 

エビスの生ビールをグビグビやったら最高ですから~(^_^)v

 

さらにもう一品はこちら。

 

20110330 002.jpg

 

ノビルの葉っぱの共味噌とシャッキシャキのノビルは

 

抜群の組み合わせ。

 

そして、この時期にピッタリの

 

392b5e34-s.jpg

 

「尾瀬の雪どけ 純米桃色にごり」をクイッとやると

 

春満開ですから~ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ

 

さらに大人気!浦霞「禅のしぼりたて」も終了しちゃいます

 

のでお早めに~(^^)/

 

20110428 008.jpg

 

メニュー改革~飲み物編~

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。


前回のメニュー改革ご好評いただきまして、第2弾です。


これが以前の飲み物メニューの表紙。


20130316ドリンクメニュー.jpg


そしてこれが中のメニュー。


20130315日本酒メニュー1.jpg

 

 以上!




ん?





お気づきですか?



そうなんです。


日本酒以外、メニューに載っていないのです。


こだわりっちゃ~こだわりでしょうけど・・・・


ビールも載っていないなんて。


これは何とかせねばと思ったわけですよ・・・



表紙は出来るだけこの原型を残したい!


そして出来上がったメニューの表紙です。


20130316ドリンクトップページ.jpgのサムネール画像


その裏には日本酒以外のお酒も紹介したい!


それで今のメニューになったのです。

20130316ドリンク差し込みメニュー.jpg


肝心の日本酒メニューは莫大な在庫を調節しながら


徐々に徐々にメニューを改善してきました。


20130315日本酒メニュー2.jpg


20130315日本酒メニュー3.jpgのサムネール画像


銘柄も売り方もつぎ方も大幅に見直しました。


そして全国まんべんなく取り扱っていた2枚にも及ぶ


日本酒メニューはこんなにもスマートになりました。

地酒メニューグランドメニュー編(改訂版2012)20130316.jpg


これから新店舗では客席が今の約1.5倍になります。


これからどのようなメニューブックを作るか思案中です。


お料理もお酒も、もしかしたら新しいメニューが増えるかもしれませんね。

隠れた名品~うるめ鰯~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!


先日以前から気になったいた新大塚の


中華屋さんに行って来ました。もちろん、


お目当ては担々麺(^_^)v


PAP_0120.JPG

こちらは刀削麺が名物なので担々麺も刀削麺で


作っています。包丁で麺を削るパフォーマンスは


見られなかったけれど人生初の刀削麺にわくわくです。


香辛料の香りが立ち上り良い感じです。



PAP_0119.JPG


早速頂いてみます。麺は名古屋のきしめんを


食べてるような歯ごたえ。弾力はこちらの方が


強い感じ。スープは意外とあっさりで思っていた


ほど辛くなかったので調子に乗ってラー油も


タップリ入れてみたら「から~(>_<)」後悔しました(^^;)


「担々麺はスポーツですから~(^^;)」



さてさて、今日の本題はうるめ鰯です。


PAP_0118.JPG


樽一の常連さんはご存じの方も多いのですが


あるお酒の会に参加したときこのうるめ鰯の


美味しさが忘れられずにうるめだけを和歌山から


取り寄せています。


お刺身に出来る鰯を天然塩で締めて天日干しで


丁寧に干しています。


これを炙って頂くと


PAP_0117.JPG


通常のカチカチのうるめ鰯より柔らかく身の旨味を


しっかりと味わえます。ほろ苦いはらわたの


苦みが何とも心地よくもちろんお燗を頼まずには


いられませんから(>_<) 樽一のシンプルメニューは


いつも直球勝負です!


シンプルな肴は飽きが来ませんから~(^_^)v

メニュー革命

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

月曜日のお休みにスカイツリーまで走って来ました。

t02200293_0800106712454095196.jpg


チャリで?

いやいやジョギングです~♪

帰りに浅草まで戻って並木の藪蕎麦で食事。


t02200165_0800060012454095756.jpg

 

お燗を片手に蕎麦をすする。


いやぁ~粋ですなぁ・・・(* ̄ー ̄)_凸"

 

詳しくは「日々真剣勝負!」をどうぞ・・・

 

 

本日はメニューのお話しです。

 

こちらはアタクシが調理場にいた頃のメニューの表紙。

 

CCF20130314_00000.jpg

 

現在のメニューに行き着くには長い道のりがありました。

 

実家では料理写真からメニュー作成まで弟が自力で作っていました。

 

20130314miura-ya.jpg 

そこで弟に教えてもらおうなんて安易な考えで訪ねたら、

 

「これが俺の原点だよ」と1枚のメニューを貰いました。

 

CCF20130314_00001.jpg 

 料理写真なんてもっての他、このくらいしか

 

弟も初めのうちは作れなかったのです。

 

それが寝る間も惜しんで独学であのようなメニューが

 

作れるようになったのでした。

 

この時、聞きにいった自分が恥ずかしくなりました。

 

「そこに楽もなければ近道もないんだよ。」と言われているようでした。

 

当時相当お金を掛けた樽一メニューブック。

 

CCF20130314_00002.jpg 

早速何ページにも及ぶ樽一メニューを見直しました。

 リスクとコストが高い穴子生け簀料理もやめました。

 

CCF20130314_00003.jpg

刺身は定番を置かずに日替わりメニューにしました。

 

CCF20130314_00004.jpg 

こうして3分の2以上のメニューが改善されて

 

作成コストも大幅に削減されました

 

そしてようやく今日の樽一グランドメニューが誕生したのでした。 

 

 グランドメニュートップページ.jpg

  


 
 みなさん、こんにちはこんばんは。
 
 先週、Aミャンマー型インフルエンザに感染し、ブログを途中で投げ出して昼寝をした35歳、佐藤弘充です。

 これを機に、今までのあいまいな自分と決別し、新しい自分に生まれ変わりたいと思います。

 
   ・新しい私は、運営に削除されてしまうような画像は一切ブログに載せません。

   ・新しい私は、子供に読ませられないような単語を、一切ブログに書きません。

 
 以上のことを守れなかったときには、潔く樽一瓦版から足を洗い、趣味の料理だけに専念することを約束します。

 

 (先週のつづき)
 
 
 鴻巣を好きになる旅に出た私達でしたが、鴻巣のこと、何も知らないので、駅近くの「かのや酒店」さんで情報を仕入れることに。
 
IMG_2014.JPG

 
 真澄の「みやさか」を推しているお店のようだったので、
 「『みやさか』おいしいですよね~」と話しかけてみると、店主のおじさまがとてもにこやかに応対してくださいました。

 
  店 「今日は免許センターですか?」
 
  私 「あ、そうです。免許の更新です。」
 
  店 「どちらからですか?」
 
  私 「あ、入間から・・・。」
 
  店 「遠かったでしょう。」
 
  私 「はい。でも違反したから仕方ないですね。みそぎです。」
 
  店 「・・・(笑)」
 
 
  私 「あの、免許センターまで歩いても行けますかね?」
 
  店 「一本道ですけれども、意外と歩きますよ。3~40分かな。」
 
  私 「あ、じゃあ歩いていこう。あの、途中、神社とかありますか?」
 
  店 「・・・?」
  私 「あの、私、前にも違反者講習で来たことがありまして、『遠い』という以外、鴻巣には悪い印象しかないので、今回、鴻巣を少しでも好きになろうかと思いまして・・・」
 
  店 「そうでしたか。たしかに、みなさん、違反した罰で来る所、というイメージを持たれているみたいですね・・・。」
 
  私 「すみません・・・。」
 
  店 「(笑)。この通りをまっすぐ行って最初の信号を左に曲がってしばらく行くと、『鴻神社』がありますよ。」
 
  私 「ありがとうございます。行ってみます!」
 
 
  店 「あと歩いて行かれるんでしたら、市役所に寄られたらいかがですか?」
 
  私 「市役所に何かあるんですか?」
 
  店 「今、大きなひな壇がありますよ。」
 
  私 「!!・・・・・あ、ありがとうございます。よってみます!」

      o( ´_ゝ`)ノ
 
  「ひな人形・・・」と思いつつも、親切なご主人にお礼を言って、いざ鴻神社へ。

 
 
      
 IMG_2019.JPG

 
 やってきました。

 結構大きいです。

 IMG_2018.JPG

 
 鳥居を見るとワクワクするんだよなぁ、なんて思っていると・・・・

 
IMG_2020.JPG

 
 !!!!!
 
 まさかのひな人形!
 
   ┐(´-`)┌
 
 
 参りました。
 鴻巣、恐るべし・・・。

 IMG_2022.JPG

 
 神社は木も建物もとても気に入りました!
 
 この辺り、古い家屋などもまだ多く残っていて、いい町並みだったのですが、
 
 念入りにお参りをしていたら、時間がおしてきたので、いざ免許センターへ。
 
 
 
 途中、恒例のauショップに立ち寄って、瀕死の携帯電話を預けたり・・・ 
    
IMG_2023.JPG 
 (鴻巣のauショップはでかい!)
 
      (+o+)屮
 

 パン屋さんでパンを買ったりしながら・・・・・
 
 
    (牛乳パン、うますぎる・・・・・)
 
   ヽ(*´∀`)ノ

 敵の総本山にたどり着きました。
 
IMG_2024.JPG

 鴻巣警察署!
 
 ここが埼玉を束ねているに違いありません。
 
 東京都で言うところの神田です。
 
 アンコちゃんも敵意をむき出しにして燃えています。
 
  ヽ(#`Д´)
 
 が、しかし上の写真を撮った瞬間、玄関で、釘が無数に刺さった棍棒を持って、仁王立ちしてしている小太りの男ににらまれました。
 
 ちくわのパンだけでも残しておけば、何とか買収して潜入できんだが・・・。
 
 
 
 そんなこんなで、何とか無事に免許センターに到着。
 
 
IMG_2030.JPG IMG_2032.JPG 
 
 
 
 必死に眠気とたたかって・・・・・
 
IMG_2031.JPG 
 
 
  何とか免許証の更新に成功。
 
    (o´Д`)=з
    
 やっときれいな体になりました。
 
 
 そうそう、帰りに市役所にもちゃんと寄りましたよ。
 
 
IMG_2036.JPG IMG_2037.JPG 
 
 予想以上のスケールでした・・・・・。
 
   (゜ロ゜)
 
 そして、さすがは市役所です。
 
 ちゃんとひなちゃんがお見送りしてくれましたよ。

IMG_2033.JPG IMG_2034.JPG 
 
 
 
 
 他にも、長くなりすぎてしまったので、詳しくは紹介できませんが、
 
 おみやげに「こうのすコロッケ」を買った老舗の漬物屋さんや、
 
 
IMG_2016.JPG 
PA0_0352.JPGのサムネール画像PA0_0351.JPG

 

 

  泊りがけでくるなら、泊まってみたいきれいなお宿もありました。

IMG_2015.JPG  

 

 

 最後に、今回の旅で、確認したことを・・・・・。

 

 ここまで徹底されたら、「ひな人形」と言えば、「鴻巣」と認めざるを得ないということと、

 私の鴻巣に対する感情は、「怒り」ではなく、

   ( - _ゞ   (´0`)ゞ

 眠気だったみたいです。

 

 

 

かさごの冷酒はじめました。

 

ある日ほうぼうの「ほうちゃん」が樽一に来てお酒を飲んでいると

 

DSC_0710.jpg 

 

店主のしんちゃんがやって来ました。

「ほうちゃん飲んでますかぁ?」

 

DSC_0712.jpg 

 

「うわぁっ!!」

 

DSC_0713.jpg 

 

やっぱり樽一はおいしいなぁ

 

DSC_0714.jpg 

 

おしまい

 

DSC_0709.jpg

 

また来週。

 

 

 

 

 

というわけにもいかんので今日から始める新メニューのご紹介。

 

先月から始まった「かさごのひれ酒」

 

毎日少しずつ出て、飲んでいただいたお客様にはなかなかご好評いただいたようで安心しました。

 

しかし最近めっぽう温かくなってきて、日中は汗ばむくらいの陽気の日もあります。

春ですね。

熱燗を頼むお客様もかなり少なくなってきたしそろそろひれ酒もおしまいにしようかと思っていました。

 

するとふぐ屋出身の店長からこんなアドバイスが。

 

「以前にふぐのひれをお酒につけておいて冷やして飲むとおいしかったよ。」

 

よし、かさごでもやってみよう。

 

というわけで作ってみたところ、旨み十分なおいしいお酒ができました。

 

香り高さはひれ酒には及ばないものの、飲み口がよくけっこうスイスイ進んじゃうお酒です。

ひれ酒と違って燗をせずにそのまま炙ったひれをお酒に漬けてありますので、もとのお酒の持つ旨みも損なわれておりません。

 

というわけで新メニュー

「かさごの冷酒」

本日から始めます。

 

変り種のひれ酒で春を感じてみてはいかがでしょう?

 

本当のおしまい。また来週。お元気で。

あれから二年

2011年3月11日から今日で丸二年が経ちました。

 

二年が経っても被災地の復興は遅々として進んで

 

おりません。あの日の夕方、激しい余震の続く中

 

雑居ビルの5階にいることが出来ず、歌舞伎町の

 

中央分離帯に立ち尽くしヤマダ電機のテレビ画面に

 

映し出された津波のライブ映像は脳裏から離れません。

 

先代の実家のある東松島も大きな被害を受け、

 

実家のスーパーストアも店をたたみました。

 

20110414 001.jpg

 

大きな被害を受けた「浦霞」の蔵元さんを

 

心から心配して下さり、中身が分からず行き場を

 

失ったノーラベルの浦霞を快く片っ端から飲んで

 

くださった樽一のお客様。箱に入りきらないほどの

 

沢山の義援金。思い起こせば沢山の事がありました。

 

そして、45年前から樽一の名物だった石巻の

 

「大橋蒲鉾店」の笹蒲鉾の工場も大変な被害に

 

遭われ工場ごと流されてしまいました。せめて

 

レシピだけでも教えて欲しいとお願いした震災7ヶ月後に

 

頂いた大橋さんからの手紙には

 

20130311 002.jpg 

 この10月13日に娘の一つの区切りとして

 

家族そうをしました(まだ行方不明です)

 

私の今の状態ではかんがえる事がすごく苦痛です。

 

魚町のあの時の様子や娘が目の前で波に

 

のまれて行くこうけいがおもいだされますので。

 

別に「レシピ」を「ヒミツ」にしておきたくでは

 

ありません。どうかわかって下さい。ごめんなさい。

 

 

 

これ以上お願い出来る訳もなくこの手紙を頂いた以降は

 

樽一で笹かまぼこを作っています。

 

樽一の原点でもある東北地方に起こったあの日の

 

出来事をもう一度胸に刻み犠牲になられた

 

沢山の方々のご冥福をお祈りしたいと思います。 

築地シリーズ~1日限りの復活編~

こんにちは!(^_^)/~

 

てんちょうです。

 

今回の移転に伴い、様々な事を見直しています。

 

この日は卸し問屋の酒屋さんの倉庫を見学に行きました。

 

待ち合わせ場所の東陽町駅の出口付近で待っていたら

 

なんと、樽一の常連さんに遭遇。

 

年に1回来るか来ないかの場所で

 

まさかこのタイミングで会うなんてね~。

 

さぁ~酒屋の営業マンと広い敷地を

 

歩いてようやく着きました。

 

20130307 001.jpg

ここが配送センターです。

 

20130307 002.jpg

 

広い敷地に約6万以上ものアイテムのドリンク類があるそうです。

 

20130307 003.jpg

それにしても凄いスケールですね~。

更に奥へ進むと大きな冷蔵庫も完備。

ここで樽一の浦霞は大切に保管させるのですね!

実際に保管状態をこの目で見れてひと安心。

営業マンに門前仲町駅まで送ってもらい、大江戸線に乗り込むと

2つ先の駅は築地ではありませんか!

 

近日行く用事もあったので立ち寄ってきました。

 

20130307 005.jpg  

ブログで築地シリーズを伝えてたのが2009年の5月25日なので

 

じつに約4年ぶり!

 

20130307 006.jpg  

 

いやぁ~懐かしい景色ですな・・・

 

目的のお店まで少~し遠回りしながら、

 

当時の出来事を2人で話ながら歩きました。

20130307 007.jpg

ブログも始めたばかりで築地シリーズも

 

週に2回お伝えしてた頃を思い出します。

 

当時のブログをリンクしますね。

やじ満で食べたもやしそば

dd2eb41faa.jpg


78bcef3768.jpg

とんかつ八千代で食べたチャーシューエッグ

e3cbe4ab9c.jpg

ac452ac031.jpg

 

あたまライス十文字で有名な豊ちゃん

0968212e60.jpg


e8995d12f7.jpg

 

懐かしいなぁ・・・・(T_T)

2009年1月6日のブログではこんな事も・・・

 

20090106_03.jpeg

 

せっかくなのできつねやに行ってきました。

20130307 008.jpg  

昼時なので凄い人!

 

特等席を陣取れました!

(この先は撮影不可なのでご勘弁)

 

我々のことを覚えていてくれて大感激でした。

 

相変わらず美味しいホルモンに大満足。

 

またいつ来れるか分からないけど、来たいなぁ~。

 

キャンペーン第二弾!

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

先日なんとなく「孤独のグルメ」の再放送を

 

見ていたら美味しそうに担々麺を食べているでは

 

ありませんか。担々麺と聞いてじっとしてはいられません。

 

20130308 006.jpg

 

この映像を頭に焼き付けて行ってきました。西池袋。

 

20130308 005.jpg

 

日曜の昼間なのにやはり行列が出来ておりました。

 

20130308 007.jpg

 

じゃ~ん!汁なし担々麺。

 

20130308 004.jpg

 

早速まぜまぜしちゃいます(^_^)v 混ぜると何だか

 

ナポリタンの様な感じに変身です。

 

「むほ~ から~い(>_<)」

 

20130308 003.jpg

 

準備していたタオルを取り出しビールも緊急注文です(^_^;)

 

後は夢中で啜るのみ。花山椒が効いていて舌は

 

しびれて汗は止まりません(>_<)

 

20130308 001.jpg

 

妻と2人で同じ物を頼んだのですが、汁がないので

 

一人前は汁のあるラーメンなどがオススメです。

 

担々麺はスポーツですから~(^_^;)

 

 

 さてさて、今日の本題です。

 

以前ブログでご紹介した樽一の常連さん中山マコト氏著

 

「ありがとうの育て方」の二度目のキャンペーンのお知らせです。

 

この本の副題「なぜ、その学生街の居酒屋は

 

学生の入店を断り続けるのか」は樽一のお話し。

 

PAP_0073.JPG

 

この本の発売直後のキャンペーンは在庫切れで

 

やむなく断念(T_T)今回はそのリベンジ企画。

 

なんと本日中に書店かネットでご購入いただくと

 

新宿樽一の佐藤慎太郎オーナー、自由が丘ラ・ボエムの三浦花子店長。

 

以前「商業界さん」でやったしんちゃんと花子さんの

 

対談の動画をプレゼント。

 

って全く知らなかったし、しかも自分が何をしゃべったのか

 

まるで覚えていませんから~(^_^;)

 

本人は怖くて見られませんが勇気の有る方は

 

本日中にご購入なさって下さいませm(_ _)m

危険酒注意!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

先日チラッと新店舗を覗いてきました。

エントランスの長かった階段も工事が入り順調です。

2013o307 011.JPG

図面の打ち合わせも順調といえば順調ですが、

少々時間が掛かりすぎで、日程が間に合うか

チョイと心配な今日この頃です。


さて、今回は危険酒のお話です。

どのように危険かというと栓を開けるのが危険なのです。

以前社員旅行で阿部勘酒造でいただいた純吟濁り。

2012syainryokou 064.JPG


宴会場で吹き出したあの酒です。

それが今回酒屋に入荷したので、思わず仕入れちゃいました。

日曜日営業中にまったりな樽一で開けようとしたら・・・

ブシュー!

見事に吹き出しました・・・

3分の1は吹き出したでしょうか・・・

そこでリベンジ!

今回は佐賀の鍋島特別純米にごり。

2013o307 016.JPG

こちらの酒も以前店内で開けたら天井まで吹き上げて

お酒の3分の2は無くなり、お客様もビショビショでした。

仕入れたモノのいつ開けるか、過去の苦~い記憶が蘇り

億劫になっておりました。

201103028 004.jpg


前回もそうでしたが、とても営業中は危険すぎて開けれないので

仕込みの時間にTRYしました。

2013o307 015.JPG

この注意書きがさらに緊張感を高めます。

というより正直ビビっております。(泣)

用意するモノはトンカチとキリと寸胴です。

2013o307 017.JPG


開栓場所は万が一に備え念のためトイレで行います。

2013o307 019.JPG


恐る恐るトンカチでキリを突き刺します。

2013o307 020.JPG

すると・・・・

2013o307 021.JPG


瓶底からジュワジュワーーと勢いの良い泡と共に吹き上がりました。

もし普通に栓を開けていたなら・・・

201103028 004.jpg


想像するだけで恐ろしいです。

このまま待つこと10分。

未だに勢いは衰えません。

2013o307 023.JPG

キリを緩めると再び開けた穴から吹きこぼれます。

開始してから15分、ようやく静かになったところで

このままお酒の温度が上がるとデンジャラスタイムが長くなるので

冷蔵庫でそのまま放置します。

2013o307 027.JPG

冷蔵庫ないでもまだシュワシュワしています。

2013o307 028.JPG


本日ご来店予定のお客様・・・

こんなお話をネタにどうかこのお酒を飲んでやって下さいな~♪
 
 みなさん、こんにちはこんばんは。
 
疲れがたまってくると、風呂場で鼻血が止まらなくなる35歳、佐藤弘充です。
 
 
 これが、本当に蛇口をひねったように出ます。
 
 風呂場で出ると、ティッシュもないので、いつも途方に暮れてしまいます。

 最近は、あきらめて、湯船に浸かりながら、だんだんと赤く染まっていくお湯を眺めています。
 
 特にまだお湯が透明なときに、赤い血が落ちて広がる様子は、とてもきれいでおもしろいんです。

 
 あぁ、さすがに画像はグロすぎて載せられないのが残念・・・。


 
 
 さて、私、先日、免許証の更新で、埼玉県の鴻巣という所に行ってきました。
 
 1月23日のブログで、「世界で一番嫌いな場所」と公言したあの鴻巣です。

 
 あのブログの数日後、鴻巣で生まれ育ったアルバイトの清水さんがとても悲しそうな顔をしていたので、私、今回の免許の更新を機に、鴻巣をもっとよく知って、好きになる旅をしてこようと思いました。

 
 
 私の鴻巣ラブメーターの推移を顔文字で表示しますので、汲み取っていただければ幸いです。

 
 2月21日。
 
 PA0_0360.JPG

 天気は良好。

 
 目標時刻に起床できなかったため、午前中の受付はあきらめる。 
 
 ちなみに、午前の受付は11時まで。

 2時間半前に最寄り駅を出ても間に合わないという不便さ。
   (#`-_ゝ-)

 午後の受付は1時からなので、今出てもいつもなら暇を持て余すが、今日は鴻巣駅近辺をぶらりするという目的があるため、多少持ち直す。
 
   (+o+)屮 

 いざ出発。

 同じ埼玉なのに、一度池袋に出なきゃならないという不便さ。
 
 違反者を集めるみそぎの場として、鴻巣を選んだ陣営のセンスの良さに脱帽。
 
   ヽ(´Д`)ノ


 長々と電車に揺られてようやく到着!

 PA0_0355.JPG

 
 いつもなら、
 
 「さぁ、ここが『悪』の『巣窟』と書いて鴻巣か。認めん。おれは認めんぞ・・・。」
 
 という気持ちで降り立つのですが、今日はまず、鴻巣市のメインキャラクター「ひなちゃん」を探しました。
 
 
20101014-180830-thumb-240x348-16389.jpg
 
 
  私が持っている鴻巣に関する予備知識は、唯一「ひなちゃん」でしたから・・・。

 
 しかし、改札を出れば、ひなちゃんの群れが迎えてくれるもの、と思っていた私の目に、最初に飛び込んできたのは、「ひな」は「ひな」でも、「ひな人形」でした。

 PA0_0359.JPG
   
     (。´-д-)
   
 私、正直、この世で、ひな人形ほど興味のないものはありません。
 
 妻との旅行が趣味で、ファンタが大好きな元アビスパ福岡の助っ人、ハマゾッチよりも興味がありません。


 
 ですが、鴻巣はどうやらひな人形の町として売り出したいようで、駅じゅうひな人形、ひな祭り関連の情報や展示だらけです。
 
PA0_0356.JPG 
 
 どうやら、「びっくりひな祭り2013」が開催中のようです。
 
 
 「ひな祭り、ほんとに興味ないんだけどなあ・・・」
 
 と思いつつ、ひなちゃんを探して駅構内を巡っていると・・・
 
  PA0_0358.JPG
 
 ようやく発見!
 
   \( ̄▽ ̄;)/
 
 
 しかし、メインキャラクターなのに、本当にないがしろにされています。
 
 かわいそうな、ひなちゃん。
 
 今度入間市に越しておいで。
 
 
 
 さて、免許センターまでは バスが出ているのですが、歩いても3,40分で着きそうな気がしたので、ぶらぶら歩いて行くことに。
 
 
 まず、目に付いたのは酒屋さんです。
 
 
IMG_2014.JPG   
 
 駅通り「かのや酒店」さん。
 
 
 鴻巣のこと、何も知らないので、こちらで聞
 
 
           (筆者インフルエンザのため、断筆。 35歳3月)
 
 

ハタチを迎えたJリーグ

今回のブログは樽一のことも、料理のことも、お酒のことも一切触れておりません。

興味ない方は今すぐお手持ちのブラウザの「戻る」ボタンを押してください。

 

 

世間では野球のWBCが開幕し、盛り上がりを見せはじめています。

三連覇がかかる今大会、代表のみなさんには頑張ってもらいたいですね。

 

そして先週末からついにJリーグも開幕しました。20年目のJリーグ。

1993年もともと10チームでスタートしたリーグもJ1J2合わせて40チームまで増えました。

 

というわけでいってまいりました。

DSC_0698.jpg 

味の素スタジアム(調布・飛田給)

 

 

Jリーグdivision2開幕戦

東京ヴェルディ-アビスパ福岡の一戦です。

 

私生まれが福岡ということがあって野球はホークス、サッカーはアビスパのファンなんですね。

 

お休みの日と試合が被ってなおかつ関東近圏で試合が開催されるときは行けたら見に行くのです。

 

今年は開幕戦が3月3日の日曜日、対戦相手がアウェーでヴェルディ。

行けるじゃないか。

この日お休みをいただいて一人バックスタンド側アウェー席で見てきました。

友達誘ってもみんなアビスパに興味ないんで毎回一人で行きます。

DSC_0702.jpg 

ファンとは言ってもサポーター団体に所属しているわけでも選手のチャント(応援歌)を覚えているわけでもないので、ゴール裏で熱い応援をしている人達を羨望の眼差しで見つめながら一人チョコンと座って見ています。生ビール片手に。

けど別に寂しくなんかないです。スタジアムで生で見る試合はボールを蹴る音や、選手間の指示の声まで聞こえてきて本当に魅力的です。

 

試合は私が大好きな城後選手の得点を守りきり、見事にアビスパ勝利してくれました。

 

隣の席のグループの方たちはどうやらアビスパの高卒ルーキー金森健志選手の親御さんご一行のようで、後半途中から金森選手がアップを始めた時からそわそわ。

交代で入る時にはすごく感極まってられました。

息子さんのプロデビューの瞬間ですから感激はひとしおでしょう。

「健志ー!!がんばれー!!」

必死の声援です。

私も金森君とはまったく関係ないくせに感動してしまいました。

それも実際にスタジアムに足を運んだからこそ見られる光景だなと思います。

 

 

最近はネットやCS放送の普及で海外のサッカーが以前より格段に身近になったことにより、

「Jリーグ?レベル低いんでしょ?しかもJ2なんて(笑)」

みたいな感じの人も多いかと思います。

「代表は見るけどJリーグは興味ない」

という意見もよく耳にします。

 

しかしみなさんが大好きなマンチェスターユナイテッドの香川真司もJ2で力を伸ばして海外にはばたいていった選手です。

ベテランではキングカズこと三浦和良や野人・岡野、三都主アレサンドロなど一時代を築いた選手もJ2に活躍の場を移しています。

J1上位チームではなかなか出番のない若手選手をレンタルでJ2のチームに移籍させ経験を積ませようとする傾向もここ数年でさらに強くなってきました。

ロンドン五輪代表の齊藤学選手もJ2でブレイクした選手の一人ですね。彼の場合は横浜Fマリノスから愛媛FCにレンタルされていました。

ただの2部リーグというわけではなく日本サッカー界全体の底上げのための若手の受け皿としての意義もあるわけです。今後香川選手のようにここから飛躍するかもしれない選手を探すのも楽しみですね。

 

イキのいい若手選手とキャリアあるベテラン選手のプレーが存分にあふれ出ているリーグ。

それがJ2なのです。

 

先日の対戦相手のヴェルディにはU-17W杯の主力メンバーで今年高卒の中島翔哉という素晴らしい逸材と、皆さんご存知日本のエースでドイツでも活躍した高原直泰という素晴らしい経験を持った選手が所属しています。敵ながら羨ましいです。そんな二人のプレーも見れたし行ってよかったです。

 

お時間あればぜひJリーグを見にいってみてください。

海外サッカーも日本代表もいいけど私達の国にはJリーグがあります。

Jリーグが日本代表を強くするのです。

 

 

熱く語りましたが私サッカー経験ゼロのにわかです。

スカパー加入したい。。

3月メルマガ予告ですから~

皆さん、こんにちは!しんちゃんです。

 

最近かなり目が痒いので薬局に駆け込み

 

20130304 002.jpg

 

花粉用の目薬と顔に掛けるスプレーを入手。

 

「ポレノン」というこのスプレーは見えないマスクと

 

言われむずむずする鼻や目に一吹きすると花粉と

吸着して 包み込んでくれるのです(^_^)vなんと成分は

リンゴに 含まれるペクチンと鮭の白子由来のDNAだとか。

確かに顔に掛けると痒いのが治まるから不思議です、

 

こんな所で鮭の白子にお世話になるとは思いませんでしたから(^_^;)

 

 

 さてさて、今日は明日配信するメルマガのお知らせ!

 

まずはこちら。

 

浦霞生禅イメージ.jpg  

 

年に1度、この時期だけ浦霞さんが樽一用に特別に

 

出荷してくださるあの「禅」のしぼりたて。

 

味はどうですかですって?

 

そりゃ~かなり上品な味が致しますから(^_^)v

 

詳しくは店長の冷蔵庫をクリック

 

そして春と言えばやっぱりこれでしょ(*^_^*)

 

たらの芽天ぷら全体.jpg

 

山菜の王道「たらの芽の天ぷら」です。春の息吹が堪りません(>_<)

 

さらにダメ押しはこちら。

 

ふきみそ 007.jpg

 

「自家製蕗味噌」。しゃもじの上でこんがり焼いた蕗味噌の

 

ほろ苦さは春の訪れを感じさせてくれますから(*^_^*)

 

さぁ今月もチーム樽一は張り切って皆様をお待ちしておりますから~(^^)/

 

この季節に思うこと

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

昨日の春一番が吹いたと思ったら、本日は冬に逆戻り。

ジョギングもチャリ通も強風で中々前へは進みません。

「早く春来ないかな~。」なんて思っていたら

近くの学校ではもう卒業式。

20130302.JPG

確実に春が近づいていますね・・・


酒蔵でもいよいよこの季節になりますと、

大体の酒造りも終わりに近づき、いよいよ甑倒しです。

甑倒しとは酒造りの原料の米を蒸す桶のことを甑と呼び、

造りの中で米を蒸さなくなることを言います。

酒造りの期間中は毎日米を蒸していた甑が不要となるので、

甑を横に倒して洗うことからこのように呼ばれるようになりました。


まぁーこれで一段落と言ったところではないでしょうか。

しかし、まだまだ発酵中の醪の管理や酒になる搾りはもうしばらく続きます。

それが全て終わると皆蔵を迎えるというわけです。

だいたい4月いっぱいか5月くらいですかね・・・


長かった酒造りもようやく終わり今まで封印していた

納豆が食べれる喜びを噛みしめる蔵人も多いのではないでしょうか?

以前は酒造りの終わった蔵人は故郷に帰り、今度は米作りに入ります。

でも最近の蔵人はどこでも年間雇用の社員が多くなりました。

造りの間は蔵で寝泊まりをして甑倒しを迎えると泊まりの作業は

なくなるので、家へ帰ることができるのです。

そして独身者ならまだしも家庭を築いている蔵人は奥さんを始め

子供達がお父さんの帰りを長い間待っているのです。

ですから以前のように甑倒しで宴席をするより、少しでも

家に帰れるようにすることが蔵人にとっても労がねぎらえるのです。


そして小さな酒蔵の杜氏も兼任している蔵の跡継ぎは東京などの

大都市で利き酒会や日本酒のイベントに参加し、

積極的に自社のお酒の販売活動に努めるわけであります。

蔵の様子も時代とともに変わってきました。


いつも3月になるとそんなことを考えてしまいます。

今日も沢山のお客様にこのような熱いメッセージと一緒に

日本酒を飲んでもらうことを願うのでしたとさ・・・

EPSN0025-thumb-500x375-21-thumb-500x375-22.jpg

やっぱり海賊でしたから~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

今日から3月。春一番が吹いたようですね。

 

ようやく春がやってくるようです(*^_^*) 

 

先日、千葉県館山方面に小旅行。

 

とあるファミリーパークでこれを発見!

 

20130301 004.jpg

 

バスを待つ間に揚げたてをガブリ。

 

20130301 003.jpg

 

タップリのじゃが芋の中にほんの少しの鯨肉(^_^;)

 

20130301 002.jpg

 

お宿の朝ごはんの残りで握った真っ白おにぎりと

 

食べたら普通に美味しかったです。

 

20130301 001.jpg

 

えっ?ペットボトルの中身は何ですかですって?

 

そりゃ~ 浦霞金ラベルに決まってるじゃありませんか(^_^)v

 

白飯食べてグビリとやるとこれがまた旨いのなんの(*^_^*)

 

 

 さてさて、本日の本題です!

 

ついにあのシーェパードに海賊判定が下りました。

 

米サンフランシスコの連邦高裁は25日、日本の調査捕鯨団に

対して妨害行為をしてきた米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」を

「海賊」と認定、連邦地裁の判断を覆した。

裁判長・レックス・コジンスキーの判決文は以下の通り。

 

私的目的の暴力行為の明確な事例で、

海賊行為そのもの

 

船を衝突させ、酸入りのガラス容器を投げつけ、プロペラを

破壊するため金属で補強したロープを使用するならば、

どんな信条を持とうと、疑いもなく海賊だ

 

さらに海賊になるために

「義足や眼帯は不要」

 

ですって。

 

よくぞ言って下さいましたm(_ _)m まさにその通り。

 

さらにシーシェパードを支持していた判事を交代させるよう

 

命じたようです。

 

彼らのあまりに理不尽なやり方に世界も見る目が

 

変わって来たようです。

 

まだまだ、日本が抱える捕鯨問題目が離せませんから。

ウェブページ

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。