2012年12月アーカイブ

今年の最終ブログですから~

みなさん、こんにちは~しんちゃんです!

 

先日、寒さにめげずにジョギングしていると・・・

 

斜め後ろから、心地よい足音が聞こえふと振り返ると

 

店長が元気に走っているではありませんか(^_^;)

 

20121229 002.jpg

 

待ち合わせした訳ではないけど朝の8時から

 

なぜか並んでジョギング。店長は覚えていないようだけど

 

今から30年前もこの同じ道を2人でジョギングした事を

 

思い出しました(*^_^*) まさか30年後、同じ道を2人で

 

走るとはお互い想像もしていなかったでしょう。

 

 

 

 さて、いよいよ本年の営業最終日がやって参りました。

 

振り返ればこの一年も色々なことがありました。

 

2号店に向けての物件探しや人の問題。結果的に

 

本店の移転の道を選び新たに物件を探し回ったこと。

 

スタッフの入れ替わりの時期に当り、新人さんが

 

沢山入ってきたこと。狭い店内であまりの忙しさゆえに

 

起こるミス。その度に一つ一つ解決方法を探して

 

現在に至ります。 いつも言い続けたことは

 

「失敗しても良いから次に良くなるようにしよう。」

 

「失敗したときはとにかく最初に素直に謝ること。」

 

「自分だけの事ではなくチームとして今何をすべきか?」

 

悔しい思いも沢山したけれど、その度に確実にチームの

 

実力は上がり、相手を思いやる気持も強くなって来ました。

 

来年はいよいよ移転に向けて走り出します。

 

これからやってくる沢山の課題をクリアーしながら

 

一歩ずつ確実に進んで行きます。そんなチーム樽一を

 

どうぞ温かく見守っていて下さい。

 

お陰様で沢山のお客様に支えられて無事に一年を過ごす事が

 

出来きました。本当にありがとうございますm(_ _)m

 

新年は5日から通常営業致します。また来年お会いしましょう。

 

今年、一年の感謝をこめて。 店主 佐藤より

今年最後のてんちょうブログ

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。


今年の営業も残すところあと2日。


休み無くがんばってきました。


先日、久しぶりに富久鮨へ行ってきました。


相変わらず美味い刺身に・・・

20121228 004.JPG

 

たまらない穴子の白焼きに・・・

20121228 005.JPG


旬の鱈の白子はひとりずつ・・・

20121228 002.JPG


コハダの握りで〆とします。

20121228 009.JPG


いやぁ~美味しい~♪


元気になりましたよ!


さて、今年12月の樽一瓦版は社長とふたりで綴ってきましたが、

 

これが最後のブログになりました。

 

2年前から2号店出店に向けて準備をしてきました。

 

人材育成、店舗視察・・・

 

そして今年に入り、物件探し。

  

いったい、何十件の物件を見てきたことでしょうか・・・

 

しかし2号店が残っても現在の本店が無くなってしまっては意味がありません。

 

一体なんの為の出店なのか?

 

もう一度、2人でじっくりと話し合いました。


やはり安全性を重視しました。


お客様にもしもの事があったら・・・

 

我々チーム樽一のスタッフも1人も欠けてはいけません。


そして夏には軌道修正。

 

そこで本店の移転を考えました。

 

1、ビルの安全性

耐震構造建築をクリアーしているビルに絞りました。

 

2、現在の店舗より拡張

せっかくご来店されても入れなかったり、ご予約のお電話をいただいたのに

満席だったり、12月はお断りの電話の方が多いのが現状です。

 

3、今のお店に出来なっかったこと

カウンター席、掘りごたつ席、少人数の小部屋などの実現。

 

でも、なかなかそのような物件は出てきませんでした。

 

現在のビルの解約手続きまでして必死に探していました。

 

そして今年も間もなく終わってしまいます。

 

でも、諦めずに探していたら今月になってようやくそんな物件が浮上してきました。

 

いよいよ来年早々移転に向けて動き出します。

 

ここまででも移転の難しさを思い知りました。

 

でも、まだまだこれからです・・・

 

皆さまの期待に応えられるよう社長と二人三脚で来年も頑張ります!

 

今年も本当に皆さまありがとうございました。

 

また、来年も樽一をよろしくお願いいたします。


店内マンガチックチーム樽一.jpg

通販配送しますから~(^^)/

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

年も押し迫り樽一の営業も残すところ後3日。

 

20121226 008.jpg

 

本日、ご予約頂いているお客様の伝票も

 

ご覧の通り山の様になっております。

 

20121226 007.jpg

 

11月より新しくチーム樽一に加わった牧野も

 

気持を込めて床磨きをしております。

 

 

 さてさて、年末に向けて皆さまから頂いている

 

お歳暮ギフト。いよいよ発送となります。

 

20121226 005.jpg

 

普段、樽一で皆さまが楽しんで頂いている名物料理を

 

普段樽一へ足を運べない故郷のご両親やお世話になった

 

方々に届けて欲しいとご注文をいただいております。

 

20121226 006.jpg

 

一つ一つ真空パックされたものに商品シールを

 

貼り付けていきます。

 

20121226 004.jpg 

 

しっかり梱包をして発送を待ちますが・・・・

 

年末なので中々電話がつながりませんから~(>_<)

  

 

 

 

40分後、ようやく電話がつながりました(^_^;)

 

全国へ間もなく出発!お楽しみに~

クリスマスイブはやっぱりまったり・・・

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


クリスマスも終わっちまいましたね~。

イブの夜は樽一はまったりモード。

開店16時、口切りのお客様は酒屋栗原時代から

お世話になっている山本さん。

樽一の大ファンでもあります・・・

ありがたいですね~。

71730_399429040136892_758221073_n.jpg

そして突然、家族の来店。

t02200165_0640048012345613924.jpg

受験生の長女は樽一への来店を何度も断り続けていましたが、

塾が休みなので、カミさんが強引に連れてきました。

いつも以上に料理もあれこれ頼んで、気持ちもリフレッシュしたようです。

最近はあまり話すことも出来なかったので、ゆっくりと話すことができました。


その日の夜はパパサンタが出動です!

いやぁ~子供達のクリスマスプレゼントは苦戦しました。

だって次女がプレゼントに自転車ですからね~。

帰宅後、裏口からこっそりと庭に自転車を置いて家の中に入ると、

一枚の置き手紙が・・・

ん!?

サンタさん、できればサインを下さい。

今年もかいっ!( ̄_ ̄ i)タラー

そして早朝5時7分。

次女の喜びの声が目覚まし代わりでした・・・

20121226 002.JPG

サインも喜んでいたのは言うまでもありませんね・・・



さぁーここからは一気に正月モードにシフトチェンジ!

本日は社長と共に会計事務所に年内最後のご挨拶。

20121226 004.JPG

もちろん、チャリですけどね・・・

移転計画をじっくりと練ってきました。

来年早々動き出しますよ!

詳細は追って樽一瓦版でお伝えしますね・・・

本日入れて、残り4日間。

チーム樽一は全力でがんばりますから~(^_^)v

あきないの心 ~心のマスターキー編~

 

皆さん、メリークリスマス!しんちゃんです!

 

20121226 002.jpg  

 

町のあちこちで見かけるクリスマスツリーも本日で

 

見納め。何か少し寂しい気もしますが次は楽しいお正月が

 

待っておりますから(*^_^*)

 

20121226 003.jpg

 

 

 樽一にも先ほどサンタがやって来て自家製のケーキを

 

スタッフにプレゼントしてくれました。サンタの名前は「タゥ ミン」。

 

樽一の調理場で16年も調理をしているベテランの主任です。

 

レアチーズにイチゴのジャムソースが掛かっております。

 

なんでも昨日こっそり仕込んでいたとか。豪華なケーキも

 

嬉しいけれど素朴ながら心の籠もったケーキを貰うととっても

 

  幸せな気分になります(*^_^*)

 

 

 さて、本日は最近頂いた本「あきないの心」から

 

20121226 001.jpg  

 

「お客の心を心とせよ」と言うお言葉。

以下引用です。

心と心とが、じかに触れ合うような、愛と真実が沸き立つところ、

何で大衆が君の店へと惹きつけられないでいよう。どうして、

そこらの生ぬるい、いい加減な店で物を買う気になるものか。

君にも、店に来るすべてのお客の心をたぎらすマスターキーが

持てるのだ。

 

この言葉を読んだ瞬間、私の心がキュンとしました。

まさに私が日頃から思っていることそのままですから。

お客様がわざわざ樽一を選んで来て下さり、席に着かれる。

楽しみにいらしてくださったお客様の心のシャッターをいかに

して開けることが出来るのか。そこにはまず人ありき。

心と心の触れ合いがあり我々の真心が通じた瞬間に初めて

心を開いて下さるのです。この気持ちと気持ちが通じた時に

体中に鳥肌が立ち心が震えるのです。 そこにあるのは決して

テクニックではなく「相手に喜んで欲しい」という純粋な気持ち。

そんな毎日を積み重ねれば自ずと結果は付いてくるはず。

心のマスターキーを持てるようこれからも日々精進して行きますから。 

新たな挑戦

こんにちは!(^_^)/


てんちょうです。

 

さすがに今日はこの雨には勝てずに電車通勤です・・・(T_T)



さあ~12月もいよいよ大詰め。


アタクシもいつものようにトレーニングは出来ていませんが、


時間を見つけて健康維持に努めています。

20121220 022.JPG

いつも以上にハードワークで

チーム樽一のメンバーも疲れがピークです。

でも、もう一息・・・

がんばって笑顔で皆さまをお迎えしたいと思います。



さて、本日のお題の「新たな挑戦」ですが、

皆さまもお分かりのように12月は樽一にとって1年間の集大成です。

ここに帳尻を合わせて様々な準備をしてきました。



どんな準備かというと、まずは調理場。

今までは刺場、揚げ場、焼き場、センターとそれぞれの持ち場で動いていました。

 

しかし今年から4人の料理人がどこでも出来るように1週間ごとに持ち場を変えてきました。

 

その中でも一番大変な刺し場。

 

今年の12月は2年目の佐藤が1ヶ月間、刺身を担当します。


20121220 024.JPG

 

ピーク時は20台以上の刺盛りと戦っております。

 

 

そしてホールは司令塔のポジション、セッターを今までは

 

社員がしていましたが、やめました。

 

ピーク時はアタクシがしますが、アルバイトスタッフそれぞれがその役割を果たします。

 

その方が皆で声を掛け合い、責任感を共有できるからです。

 

それから飲み放題の日本酒も今までは浦霞辛口を使っていましたが、

 

今年から浦霞栄冠に切り替えました。


20121220 025.JPG

 

浦霞辛口は取引先の酒屋も多く、百貨店やディスカウントショップにも

 

置いてあるので、急な飲み放題が入ってもすぐ対応できます。

 

しかし栄冠は宮城県内でしか販売されていないお酒です。

 

そこに付加価値があり、まさに樽一でしか飲めないお酒なのです。


さらに浦霞の仕込み水も始めました。


20121222yas0753 010.JPG


水ですから原料費は掛かりませんが、わざわざ蔵の方に瓶詰めして


ラベルを貼って送っていただいています。


「せめて送料くらいは負担しないと。」と思い、


お気持ちだけお代をいただいております。

 

だから在庫管理には最善の注意を払っています。

 

絶対に品切れにならないように・・・

 

この雨でも満席の本日、全力で頑張ります!

 

明日あさってはチョイと一休みってとこですかね。

店長の冷蔵庫更新しましたから~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

本日は12月の第三金曜日、一年の中でも最も忙しい

 

金曜日なのです!どのくらい忙しいかっていいますと・・・

 

画像 020.jpg

 

真っ黒に埋まる予約帳。満席なのは分かってるけど

 

「どうしても入れて欲しい」と言うお客様の為に

 

何とか時間割を組み立てて、席を割り振ります。

 

画像 021.jpg

 

ご予約頂いたコースやお刺身の注文を打ち込みます。

 

本日だけでもお刺身盛りが23台。

 

画像 022.jpg

 

こちらは本日使うおしぼりの山。

画像 024.jpg 

 

こちらは、日本酒を楽しみにしていらっしゃるお客様の

 

為に張り切ってお酒を仕入れたもののしまう場所が

 

無く途方にくれる店長の姿。

画像 023.jpg

 

まもなく始まる戦争に向けて穴子の卵とじと丼ご飯で

 

決戦に備えます。

 

 

 さてさて本日、店長の冷蔵庫が更新されました。

 

毎年12月だけ店長の冷蔵庫に店主しんちゃんがお邪魔するのです。

 

今回のお題は「浦霞 生一本」のお話。 温度帯によって

 

さまざまな表情を見せる浦霞の名品。飲み飽きしない

 

浦霞の万能選手です。是非、ご覧くださいませ。

 

ちなみにこちらはクリスマスイブの予約帳。

 

画像 019.jpg 

 

毎年の事ですが、ほとんど予約が入ってきませんから~

 

23日(日)24(祝)は四時から営業開始です! 

 

本日も張り切って皆様をお待ちしております。 しんちゃんより

 

今年最後のメルマガ行きますよ~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


町中はクリスマスモード一色。

20121220 019.JPG

今年の子供達のクリスマスプレゼントは長女がipodに

次女は何と自転車です。(T_T)

また、2年前の戦いが蘇るのでした・・・




さてさて、今年もいよいよ最後のメルマガが明日皆さまの元へ届きます!

今年最後のメルマガを送る理由はこれしかありませんよね・・・


浦霞あらばしりイメージ.jpg


そうです!

浦霞荒走りがいよいよ入荷するのです。

シュワシュワな活性の薄濁りは出回ることのないまさに幻の酒。

20111219-10.JPG

このお酒のために1年前からご宴会の予約を入れて下さるお客様がいるくらいです。

我々も早く利き酒が出来るのを心待ちにしています。

20111219-11.JPG


そして、お酒のアテは豆腐の味噌漬けです。

20121220yas 003.JPG

麦味噌と柚子と共に1年間漬け込みました。

こうなると豆腐はもうチーズの様。

大根の食感と豆腐のネットリ感は日本酒の相性バッチリです。

20121220yas 006.JPG


それともう一品。

干しあんこうです。

あんこうの身を一夜干しして安肝煮を巻いていただきます。

こちらはただいま仕込み中で23日(日)から始まります。


クリスマスは夜景も洋食も良いですが、まったりな樽一ではいかがでしょうか?

樽一の盲点、12月23日と24日はまだまだ空席がありますよ~。

最近読んだ本~小阪裕司氏編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

12月の樽一の営業も後10日間となりました。

 

お陰様で連日満席を頂いておりますが、せっかく

 

楽しみにご来店下さったのに席が無くて帰られる方や

 

ご予約の電話を頂いたのにお断りをしなければならないお客様に

 

本当にお詫びを申し上げますm(_ _)m そして立ち飲みで待ってでも

 

樽一で飲んでくださるお客様にも心より感謝致しますm(_ _)m

 

 

さてさて、今日のお題は最近読んだこちらの本。

 

20121219 002.jpg

 

「リーダーが忘れてはならない3つの人間心理」小阪裕司氏著。

 

何度かブログでも紹介している商業界の編集長さんから

 

小阪氏をご紹介を頂き、早速著書を取寄せて読んでみました。

 

この手のビジネス書は普通難しい理論が多くて分かりずらいのですが

 

とってもわかりやすく、思わず引き込まれてしまいました(^_^;)

 

 人はお金ではなく「魂のごちそう」で動くこと。「ワクワクすることに興味を持つ」。

 

相手の喜ぶ顔が見たいから頑張れるしそこに達成感や満足感を感じる。

 

 言葉で伝えられるのはわずかに7%のみで残りの93%は

 

その人の仕草や態度、声の調子などにすべて現れる。もちろん、

 

相手を馬鹿にしていればすぐに分かるし、伝わっていく。

 

 逆に心から相手に期待を寄せれば必ず通じるしその期待に

 

応えようとしてくれる。

 

 更に普通の人々が「伝説のチーム」に変身していく様子を

 

スターウォーズに例えてわかりやすく解説してくれています。

 

実際、小阪氏に会ってお話しをしてみると本当に気さくで

 

しかもかな~り熱い志を持った素敵な方でした。興味が有りましたら

 

皆さんもぜひ取寄せて読んで見てくださいね(*^_^*)

 

 さて本日の樽一おすすめメニューはこちら

 

20110129 003.jpg

 

「極上あん肝豆腐」です(^_^)v あのあん肝刺身を

 

贅沢にお豆腐にしちゃいました。ねっとりとした濃厚味わいは

 

1度食べたら忘れられなくなりますから~(^^)/

そんな季節になりました。

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

先日の日曜日は選挙投票から始まりました。

20121218 001.jpg

ハッキリ言って裁判官の国民審査って

 

誰に×付けて誰に○を付ければいいのか皆さん分かりますか~?

 

あたしゃ~分かりません・・・

 

さて、本題の「そんな季節になりました。」

 

まずは次女の昇級試験です。

 

年に1度の審査会。

 20121218 003yas.jpg

昨年は見事に飛び級で白帯からオレンジ帯になれました。

 

昨年の飛び級は次女ともうひとりだけ。

 

まずは受身。

20121218 001yas.jpg

 

それから打ち込み。

20121218 006yas.jpg

 

そして、締めくくりは乱取り 。

20121218 012yas.jpg

相手は白帯だけど、5年生の女の子です。

 

振り回されながらも粘り腰で、積極的に技をかけていました。

 

結果は来月のお楽しみです。

 

 

その後はお酒の仕入れのため、東中野のマチダヤさんへ・・・

 

そしたら、本日は福島の天明の販売会。

 

蔵元にお会いしたのはもう2年前の話。

 

20101206 011.jpgのサムネール画像

 

早速この日のために13日に搾り

 

0d97ce33432a0db6d0a98ce0d1e90cff.jpg

(印丸さんお借りします・・・(^_^;))

 

15日に瓶詰めして

f76f4cdbca132a39c5789342692c2df6.jpg

(印丸さんお借りします・・・(^_^;))

 

で、、、16日の試飲会当日に蔵元自ら運んでくださいました。

 

そのお酒はもちろんマチダヤオリジナル。

20121218 002.jpg

 

久しぶりの再会に蔵元と記念撮影もしました。

 

 

20121218 003.jpg 

コチラのお酒は本日より開封です!

ぜひともお試し下さいね♪

隠れた名物~穴子煮編~

 皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

12月もすでに4週目に突入ですね(^_^;) 

 

昨日は選挙でしたが、皆さん行かれましたか?

 

なんと我が家の投票場所は玄関を出てからわずか10歩。

 

私も1人の社会人として投票して参りました。

 

なにも12月のこんな時期にやることないのに~(>_<)

 

 

 お陰様で樽一の12月は連日の満杯状態(^_^;)

 

20121217 001.jpg

 

樽一で日本酒を飲むのを楽しみにしている方の為に

 

いつも店長が走り回ってお酒を仕入れておりますが

 

どうやら今回も張り切りすぎたご様子・・・・

 

店長~冷蔵庫に入りきりませんから~(>_<)

 

 

 さてさて、今回は隠れた名物シリーズの穴子煮編です。

 

穴子料理は先代がどうしてもやりたいと今から15年くらい前から

 

始めた名物です。なかでも人気なのが煮穴子。

 

20121205 010.jpg

 

醤油や砂糖、お出汁でじっくりと煮込み味を染み

 

こませます。ふっくらと炊いたあなごは柔らかく、

 

生前よく先代が「お寿司屋さんにも負けない穴子です!」と

 

熱く語っていたのを思い出します(*^_^*) 

 

さらに、こちらを軽く炙ったものが「煮穴子炙り焼き」

 

煮あなごイメージ.jpg

 

ピリッとしたわさびがアクセントになりこれまた病みつきに。

 

もちろん、王道「穴子の白焼き」もお忘れなく。

 

 皆さんご存知のように樽一はかなりのメニューが有り

 

鯨料理に定番料理、季節の料理を食べていると中々

 

穴子まで辿り着きませんが、メニューを見つけたらぜひ

 

お試し下さいませ。

 

虜になること間違いありませんから~(^^)/  

2年間の準備

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

まだ、雨降っていますかね~。

 

先ほど、打ち合わせより戻って来ました。

 

今日もメチャクチャ張り切っている方がいるらしい・・・

 

本日は打ち合わせのため、早めに出勤。

 

高田馬場辺りでポツリと空から水滴が・・・

 

どうやらあの方が動き出したらしい合図。

 

その方が張り切るとモクモクと雨雲を呼び寄せて雨を降らすのです。

 

昨夜もその方と作戦会議のため、地元のtamayaに行ってきました。

 

白ワインを飲みながら・・・

20121215 001.jpg

 

美味しい野菜を食べながら・・・

 

20121215 002.jpg

 

美味しい前菜を食べながら・・・

 

20121215 009.jpg

 

話はもちろん、移転のお話し。

 

そして満足した我々が店を出ると、雨が降っているではありませんか!

 

天気予報でも降水確率0%だったのに・・・

 

その方はどうやら床屋に行くのに久しぶりのチャリ。

 

またしても犠牲者になりました。(T_T)

 

 

さて、その方が昨日のブログで報告があったように、

 

只今必死こいて移転の物件を探しています。

 

なんせ、ケツッペタは決まっているのですから・・・

 

 

この2年間、新店舗のイメージ造りのために

 

様々な飲食店を視察してきました。

 

201012120 014.jpgのサムネール画像

芝公園の豆腐屋うかいに行ったのはもう2年前の12月でした。

 

年明けには日本橋のきく家にも行きました。

20110125 001.jpgのサムネール画像

 

その足で紀ノ重にも行きました。

 

20110125続編 011.jpgのサムネール画像

 

毎月、毎週、定期的にインターネットで調べたり、

 

本で調べたりして様々なお店を見てきました。

 

そこで出た答えは「空間作り」です。

 

空間作りはただ、店の雰囲気が良いだけではありません。

 

「店の空気」なのです。

 

他店でも移転したり、リニューアルしているお店も沢山ありますし、

 

そんなお店も見てきました。

 

次の移店は今の現状の空気を持ちつつ居心地の良い空間を目指します。

 

この2年間で準備してきた事を実現できるようチーム樽一一丸となって

 

この繁盛期も乗り越えてみせます!

 

物件求む~新宿周辺~

 皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

12月早くも2回目の金曜日がやってきました。

 

午前中、床屋に行くので久しぶりの自転車通勤。

20121214 001.jpg

 

さすがに師走。車は渋滞しておりました。

 

 

 さてさて、実は樽一は移転を考えております。

 

一部のお客様には伝えておりますが、昭和49年から

 

現在のビルにお店を構えはや38年の月日が経ちました。

 

昭和39年、東京オリンピックの年に建てられたこのビルは

 

間もなく50年を迎えます。 そして、2011年のあの震災。

 

東京もいつやってくるか誰にも分かりません。

 

一時はまず、2号店を出してそれから引越しと考えておりましたが

 

万一の際、お客様そして樽一スタッフの安全を第一に考えて

 

まずは移転すると決断し、テナントの解約は半年前が常識なので

 

9月末に解約届けを提出。3月まででこのビルを出なければなりません。

 

しか~し、なんと今日現在

 

 

まだ、次の場所が見つかっていないのですウォー (丿 ̄ο ̄)丿

 

しかも、今の物件は4月から次の店舗が決まっているらしい(>_<)

 

そんな訳で物件大募集中ですから~(^_^;)

 

 条件ですが

 

 新宿駅周辺5~7分以内なら何口でも構わないこと。

 

昭和58年以降の新耐震基準を満たしていること。

 

現在50坪100席でご存知の通りお客様が入りきらないので

 

70坪は欲しい事。出来れば坪3万以下。

 

ほとんどのお客様が常連さんなので人通りがなくても

 

全く構わないし、むしろ1階は避けたい事。

 

みんながわかりやすいように何か近くに目印があること。

 

 です。

 

とにかく年内には物件を決めないと3月引越しに間に合わないのです(>_<)

 

もちろん、直接でなくても構わないので知り合いがこんな物件持ってるよとか

 

まだ、公になってない情報等ありましたら至急ご連絡くださいませ!

 

メール sin@taruichi.co.jp

tel   0332089772

fax  0332089881 まで。

 

カウンターや掘りごたつ、もう少しゆったりとした客席、もう少し広い安全な調理場など

 

これから未来に向けてやらなければならないことは沢山あるのです。

 

先代が亡くなって10年を迎える今、樽一の新しいステージに向けて

 

どうか、皆さまのお力を貸してくださいませm(_ _)m

新樽一物語

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。


近所のイチョウの葉も鮮やかに黄色く染まったかと思いきや


ちらちらと落ちてきました。都会もいよいよ冬本番です。


 

さて、樽一ホームページで掲載されてます「樽一物語」。


20121213-5.jpg

創業者、佐藤孝から2代目慎太郎に樽一が受け継がれるまでのエピソードです。

 

そして、樽一うぇぶ本店で掲載されています「新樽一物語」。


こちらは2代目、慎太郎が本店の高田馬場店を閉めるところから始まるお話。


20121213-6.jpg

今回のお話はアタクシが樽一に入る時のお話です。

20121213-7.jpg


樽一と違い、大塚三浦屋は家族経営のお店です。

両親と嫁と弟に板前が2人で営んでおりました。

弟も結婚し、それぞれが家族を持ちました。

自分は長男なので、もちろん跡継ぎも考えました。

でも、老舗の専門店を継承するのは自分よりも料理人の弟が適していると思いました。

そこで親友の佐藤慎太郎にお願いして樽一での修業というと大げさですが、

仕入れ、仕込みを手伝わせて頂くことになったのです。

自分の店を持とうという決意からでした。


三浦屋での仕入れは父と弟でしていましたので、

まずは仕入れを覚えようと築地の仲買人の人々に

顔を覚えてもらうことから始まりました。

「鮮魚でもこれはここがいい。」

「珍味はこの店がいい。」

など佐藤慎太郎も詳しく教えてくれました。


三浦屋の閉店後にカウンターで残りの仕事をしていたら、

佐藤慎太郎が現れました。

20121213-1.jpg

これがアタクシが浦霞生禅を知る最初のきっかけだったのです。

浦霞生禅イメージ.jpg

口当たり優しくふくよかで余韻が長くて料理を引き立てる酒。

当時日本酒を覚えたてのアタクシには衝撃的な出会いでした。


いよいよ三浦屋を辞めることも決まり、次の修業先を探そうと思ってた時に

「新宿に賄いが美味しい店があるけど・・・」と言われたのです。

それまで独立を目指し、カミさんを夫婦で営んでいる名店に連れ回して、

大戸屋の調理場にアルバイトにも行かせました。

でも、幼い頃から大変な両親の姿を見ていて寂しい思いをしました。

それを自分の子供達にはさせたくない思いの葛藤でした。

しばらく時間をもらい、考えました。

20121213-3.jpg

そして出した結論は「樽一で生涯を飲食に捧げよう」と決意したのです。

当時から大変居心地の良かった樽一の調理場。

でも本田技研の藤沢武夫が言う「万物流転の法則」は樽一にもやって来ます。

その為には「今の樽一を壊さなくてはいけない。」と思ったのです。

その事を仕入れのトラックの中で告げました。

20121213-4.jpg

「樽一をぶっ壊す」

「身内は入れない」

二つ返事で答えてくれました。

そこから樽一の改革は始まるのでした。

未来の樽一へ続く「新樽一物語」

これからも続きをお楽しみに・・・

小泉武夫先生~樽一会会長~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

連日の満席でせっかくいらしたお客様にご迷惑を

 

お掛けしており大変申し訳ありませんm(_ _)m

 

クリスマスイブと日曜日はまだまだ空きがありますから(^^)/

 

 本日の樽一のパワー賄い(*^_^*)

 

20121212 002.jpg

 

自家製ミートソースです!一見普通に見えますが

 

実はもの凄い量のパスタなんです(^_^;)掘っても掘っても

 

パスタは無くならずなぜか付け合わせに半熟たまごと

 

ほうれん草の胡麻寄せが・・・・

 

20121212 001.jpg

 

さらにサイドメニューの豚汁は底が見えないほどの

 

豚肉でビッシリ。かなりのボリュームに唸っていると

 

隣で何故か調理場石田はお茶碗二杯もオカワリをしている

 

ご様子(^_^;) 

 

「主任~食べきれませんから~(>_<)」

 

 

 さてさて、今日の本題は樽一の大応援団のお一人で

 

樽一会の会長を務めて頂いている小泉武夫先生のお話です。

 

20121130 sin 003.jpg 

 

東京農業大学の名誉教授でいらっしゃり発酵学の

 

世界的権威。自称「発酵仮面」や「味覚人飛行物体」と

 

称しNHKで納豆などの発酵食品が話題になるときは

 

必ず登場する著名人であります。

 

 とにかく食べる事が大好きで樽一にいらっしゃるときも

 

20121205 001.jpg 

 

鯨料理をご覧の連続写真のようにとにかく幸せそうに

 

召し上がるのです。元々は先代から30年以上の

 

お付き合い。先代と林家木久翁師匠(当時喜久蔵師匠)が

 

副会長をしていた「鯨食文化を守る会」の元会長さんは

 

写真家の故秋山庄太郎さんでした。しばらく会長が

 

不在でしたが、

 

先代社長が「これからの鯨食文化の為によろしく頼みます」と

 

20121202 001.jpg

 

樽一の9番テーブルで小泉先生に頼み込みと

 

固い握手をして快く承諾して下さいました。

 

その一ヶ月後に先代社長は他界。

 

先代の鯨に対する熱い志を受け継ぎ日本全国を

 

走り回って下っているのですm(_ _)m

 

 父親の葬儀の席で水産ジャーナリストの梅崎義人さんと

 

先代亡き後は我々が樽一を盛り上げていくと誓って下さいました。

 

そして、先日樽一会の会長に就任。

 

その言葉通りいつも樽一を見守って下さっています。

 

沢山の応援団に囲まれて今の樽一があることを

 

肝に銘じ今日も気合いを入れて皆さまをお待ちしておりますから(^^)/

待望の酒が入荷しました!

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

12月も中盤戦に入り、席情報もご覧の通り・・・

 

予約状況.jpg


本日から22日まで、ほぼ満席!


まだ最後の週は空席がありますので、お早めにどうぞ。


さすがに普段の予約はテーブル席から埋まるのですが、


宴はやはりお座敷ですね・・・


本日もぬかりなく準備に取りかかっております。


20121211 010.JPG
20121211 009.JPG


今日届いた鮮魚も素早く下準備に入り盛られる出番を待ちます。


20121211 008.JPG


本日は過去最高の刺し盛り25台!


冷蔵庫に入るか心配です。(^_^;)


予約伝票も止まりません・・・


20121211 005.JPG


 

そして日本酒大好きな樽一のお客様達は飲みっぷりも最高!


昨日の月曜日はさほど忙しくないのに、これだけの空き瓶がでます。


20121211 004.JPG

 

満タンな冷蔵庫もあっちゅう間に空っぽになってしまいますので、


先日の日曜日もチャリで酒の仕入れに行ってきました。


20121211 003.JPG


 この日は風が強くペダルを漕いでも中々前へ進みません・・・


でも、喜んで頂けるお客様のため、タップリと仕入れてきました!


新酒も続々と入荷し始めてきましたよ~♪


20121211 006.JPG

 

 只今の新酒はオリ酒や薄にごりが多いですね。

左から鶴齢、写楽薄濁り、飛露喜かすみ酒、長珍生生熟成5055、瀧自慢純吟雄町生原酒。


ん?


新酒の中に熟成酒が混じっている?


そうです!


12月に入って入荷したイチオシのお酒です。


20121211 007.JPG

本生のままこの季節まで熟成させて出荷したお酒です。

入荷するのを心待ちにしていました。

落ち着いた香り、口に含むとふくよかさと複雑みある味わいが口の中に広がります。

心地よくキューっと締まった酸味がたまりません!

さぁ~ 満席の本日も2次会狙いでいかがでしょうか?

 

とある忘年会

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

知ってます?すでに12月も三分の一が終わったこと(^_^;)

 

あまりの早さに驚きますよね(>_<)

 

 先日、午後からお店を抜けだし、何度もブログに登場した

 

中山マコトさんの忘年会に顔を出して来ました。

 

20121210 001.jpg

 

場所は六本木のハードロックカフェ。なにせ初めて行く

 

場所なのでキョロキョロと地図を見ながら辿り着きました(^_^;)

 

20121210 009.jpg

 

100名を越える中山さんのお友達。あらゆるジャンルの

 

方達が一同に揃いました。

 

20121210 006.jpg

 

今年だけでも世の中に送り出した本の数は5冊以上。

 

決してうわべだけの言葉は使わず、伸び悩んでいる人の

 

殻を打ち破り多くの人の人生を変えてきた方なのです。

 

20121210 004.jpg

 

吉開りりぃさんも中山さんに出会って人生が変わった一人です。

 

さまざまな経験をして、人生のどん底から這い上がり

 

47歳にしてついに「遅咲き過ぎるメジャーデビュー」を

 

果たしました。そんな彼女の切ない声は魂に突き刺さり

 

聞いているだけで思わず涙が出そうになります(T_T) 

 

 その他にも沢山の方々とお話しをさせて頂く機会をもらい

 

とっても有意義な時間を過ごす事が出来ました。

 

本当は最後までいたかったけど、残念ながら時間切れ。

 

急いで土曜の夜の満杯な樽一へ戻りましたとさ。

 

 

 さてさて、昨日の日曜日に開催された忘年会のお話し。

 

先代の時代から毎年、日曜日に高校の同窓会をやって

 

くださるお客様がいらっしゃいます。 しかも50年以上も前の

 

卒業生達。普通の会は年々メンバーが減るのですが

 

こちらは年々増え続け昨日は23名を越えました。

 

50年経っても変わらぬ友情。みんな高校生当時に

 

戻ったかのように楽しそうにはしゃいでおりました。

 

そんな光景をみてつくづく「我々の仕事はやり甲斐がある」と

 

誇りに思いました。そして、また来年のご予約もいただきました。

 

年に一度私もこの会にお邪魔するのがとっても楽しみ(*^_^*)

 

ただ、お料理を出すのではなく気持を込めてお出迎えすると

 

かならずお客様には伝わるのだと確信致しました。

 

 忘年会シーズンもいよいよ佳境に入って参りました。

 

また、今日も大切な仲間と樽一に集まって下さる方の為に

 

ますます張り切ってチーム樽一、皆さまをお待ちしておりますから(^^)/

バイトスタッフの成長

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

12月に入り、2度目の土曜日がやってきました。

 

昨日も沢山のお客様に感謝とともに、

 

沢山のお断りをしたお客様へ

 

本当に申し訳ありません・・・

 

 

12月は飲食店にとって重要な繁盛期です。

 

その準備を新年早々からしてきました。

 

そんな中、イチバン時間が掛かるのはスタッフの育成。

 

昨年の12月経験者はわずか3人。

 

残りの7人は未経験者なのです。

 

ですから、ここ最近はアルバイトの皆さんに対して

 

厳しい意見を言う機会が多くなりました。

 

これがまた辛い・・・

 

そりゃ誰だって言いたくはない。

 

でも誰かが言わなければいけないのです。

 

今年の忘年会を樽一でしていただけるお客様は

 

昨年のアルバイトスタッフの成果の賜であります。

 

そして日々その積み重ねによってアルバイトさんの意識は

 

向上し年々チーム樽一のレベルは上がってきています。

 

アタクシが店長に成り立ての頃はアルバイトとのいざこざが絶えませんでした。

 

言っても聞かない、約束事を守らない、お客様が来て当たり前などなど・・・

 

樽一にはマニュアルはありません。

 

決まり事はありますけどね。

 

それぞれが、お客様がどのようにして喜んでいただけるか、

 

自分たちで考えます。

 

失敗したって構わない。

 

だってみんながよかれと思ってやっているのだから・・・

 

自分がビシッと言うときは約束事を守らない時だけ。

 

まだまだ12月は始まったばかり。

 

お客様にいっぱいの「ありがとう」を言っていただけるよう

 

本日も全力でお客様に喜んで頂けるよう

 

このメンバーと共にがんばります!

 

2012年11月樽一会 133.jpg

 

そして12月30日の樽一忘年会で

 

このすばらしい仲間達を労いたいと思います。

 

樽一忘年会2011 027.jpg

(昨年の忘年会より)

最新機器?導入ですから~ ~インカム編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

寒くなるにつれ随分と風邪が流行ってきました(>_<)

 

私も風邪など引いている場合ではないので予防の為に

 

通勤はマスクをするようにしております。小まめなうがいと

 

手洗いは地味なようですが確実に予防になりますから(^^)/

 

 

 

 さて、本日は私の中ではかなりの最新機器のお話しです。

 

20121205 009.jpg

 

よくおしゃれな?お店で店員がしているのを見かけるこれ。

 

何やらトランシーバーみたいな形をしております。

 

なぜ、これが樽一に導入されたかといいますとそりは

 

 

 

 

 

 

 

いつもしんちゃんが捕まらないから( ̄□ ̄;)

 

 

 

 

 

 

普段の営業中、あちらこちらのお席を回っている私。

 

他のお客様がしんちゃんを呼んでいるとか、しんちゃんに

 

電話が入っていたりとか、お客様がお帰りになる度に

 

かな~り忙しいなかスタッフが私を捜して駆けずり回っている

 

光景をよく見かけます。が、神出鬼没のしんちゃんがどこに

 

いるのか分からないのです(>_<) その都度「捜索願い」が出され

 

大変な迷惑をお掛けするのでついに店長から

 

 

 

「インカム導入しますから」宣言が出され

 

 

 

昨日から慣れないインカム生活が始まりました(^_^;)ずっと耳に

 

イヤホンが入っていると何だかこそばゆかったり、痒くなったり・・・

 

ボリューム設定もまだ上手く行かずに初めて店長から話し

 

かけられた時はビックリして盃からお酒を大量にこぼして

 

しまいました 。オットォ!(・oノ)ノ

 

 でも実際に使ってみるとこれがとてつもなく便利(^_^)v

 

「何番テーブルお呼びです。」とか「~さまお帰りです。」とか

 

意味不明のオーダーなどがその場で解決! こんな事なら

 

嫌がらずにもっと前から使えば良かった(>_<)

 

「スタッフの言うことは素直に聴くものです」と反省中~m(_ _)m 

 

でも、これでいつでも店長に「お腹が空いたからなんか頂戴!」とか

 

「そろそろ喉が渇いたからエビスビールが呑みたい」とか

 

「ついでにジャコ唐揚げとゴボウ唐揚げハーフも付けてね」とか

 

言えるわけですもんね。

 

 

 

素晴らしい・・・ワクワク ((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク

 

 

 

 

 

えっ!「そんな事の為に導入したんじゃない」ですって?

 

 

 

 

 

ですよね(>_<)

 

 

 

12月最初の金曜日、お陰様で満員御礼で迎える事が出来ました。

 

慣れないインカムを使っているしんちゃんを見かけたら

 

どうぞ、ご自由に突っ込みを入れてくださいませm(_ _)m 

冷酒のススメ

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

忘年会シーズンも始まり、お陰様で週末は殆ど満席。

電話も鳴りっぱなし・・・

ダメ元で予約電話してくれるお客様。

受話器の向こうで残念がるため息。

本当に申し訳ございません・・・m(_ _)m


早く店舗を移転してもっと箱の大きなお店にしたいなぁ~。


昨日は社長と今後の作戦会議のために、地元tamayaに行ってきました。

琥珀エビスで喉を潤し、

20121206 004.JPG

相変わらず美味しい野菜を口にし、

20121206 005.JPG

オードブルと店長お薦めの白ワインで一杯。

20121206 008.JPG
20121206 006.JPG

大好きな羊を食べて赤ワインを楽しみました。

20121206 012.JPG
20121206 011.JPG


ブレブレでスイマセン・・・(-_-;)




さて、前回に続いて今回は冷酒のお話です。

お燗は温めることによって日本酒本来の

ふくらみと旨味を楽しむことができる飲み方です。

一方、冷酒はきめの細やかな味わいと心地よい香りを

楽しむことが出来る飲み方ではないでしょうか?

樽一では大きなショウケースの冷蔵庫で3度~5度で管理しています。

もちろん、お燗のように冷酒にも温度帯によってお酒の楽しみ方は違います。

5度位・・・・雪冷え

10度位・・・花冷え

15度位・・・涼冷え


たまにお客様の中で当店のレギュラー酒を「常温でくれ。」と

言うお客様がいらっしゃいますが、先程申したように

樽一の日本酒は全て冷蔵管理です。

それは2回火入れのお酒は常温で管理しても平気なのですが、

夏場ですと営業時間中は冷房を掛けてますので大丈夫ですが、

閉店から開店までの間はもちろん室内温度が上昇します。

この温度変化が大きければ大きいほどお酒にとってはダメージは大きいのです。


以前休みの日に近所のスーパーで浦霞の辛口を買いました。

家で飲んでみるとお酒がうっすらと黄色になっており、ひねていました。

十四代の高木さんはご自身が某デパートにいたこともあり、

日本酒の流通経路、保管などにも詳しく、信用ある酒屋だけの取引で

卸には一切出荷しない方法を取った訳であります。

そんな信用ある酒屋は夏場など閉店後でも店内に冷房を掛けてたり、

裏には巨大な冷蔵庫をいくつも用意して温度帯を変えて保管に努めています。


ちなみに樽一創業時、浦霞金ラベルは樽に移してそこからくみ上げて提供する

方法をとっていたと聞きます。それから冷蔵庫に入れて戦後初の冷酒として

お客様にご提供して現在に至っているのです。


それから冷蔵管理は熟成酒にも大きな躍進をさせました。

常温で熟成させる酒は琥珀色になり、紹興酒のような味わいになる酒だけではなく、

生酒を低温でゆっくりと熟成を進めて落ち着いた吟醸香と

余韻の長い複雑味ある味わいが可能となりました。

その中でアタクシがお薦めの1本は長珍純米吟醸釜湯瓶燗急冷です。

20121206 015.JPG

生詰の状態で低温管理で熟成させました。

こちらはラベルにも書いてあるように平成19年醸造の5年熟成です。

心地よい吟醸香と切れ味鋭い酸味、口の中でふくらみ余韻の長い味わいは見事です。


このようにフレッシュな絞りたてから落ち着いた熟成酒まで楽しめる生酒。

ぜひともこのような国酒を楽しんでみてはいかがですか?

隠れた名物~あん肝煮編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

 先日は日曜日(日、祝日は大好きな樽一賄いがないので(T_T) )

 

前回、初体験だった新宿中本さんへもう一度チャレンジしてきました。

 

20121205 003.jpg

 

前回は何も知らずに北極シリーズの「タンタン麺」を

 

頼んであまりの辛さに撃沈(T_T)

 

 今回はよ~くメニューを見てこちらを注文。店内で

 

これから来るタンタン麺を想像するだけですでに汗が(^_^;)

 

20121205 008.jpg

 

今度はしっかりと紙エプロンと逃げ道の小ライスも準備(^_^)v

 

20121205 007.jpg

 

万全の態勢を整えていざ、挑戦です!

 

20121205 006.jpg

 

濃厚な胡麻の風味と辛味噌が絶妙のバランス。

 

尖っていない辛味が舌に心地よくいやぁ~旨いのなんの。

 

20121205 005.jpg

 

気付いたらいつの間にか麺が無くなり、禁断のご飯を

 

投入。ネットリとしたスープと白い飯が混ざり合い

 

これまた濃厚な雑炊のできあがり。

 

20121205 004.jpg

 

無我夢中で平らげましたから~(>_<)

 

もちろん、握り締めていたハンカチはごらんの様に

 

びしょ濡れでしたけど(^_^;)

 

 さてさて、今日は創業当時からある「あん肝煮」の

 

お話しです。樽一先代は創業当時から鮟鱇の肝に

 

かなりのこだわりがありました。なんといっぺんに3トンも

 

仕入れて冷凍にして大失敗したことも・・・(^_^;)

 

 安肝煮.jpg

 

そんな中で開発されたのがこちらの「あん肝煮」

 

普通あん肝を頼むとホイルで丸めて蒸したものを

 

ポン酢でいただきますが、樽一は肝を出汁や醤油、

 

砂糖などで甘辛く煮込んで冷します。

 

 ひとかけら食べるだけで甘じょっぱい風味がお口に

 

広がりお酒が進むこと間違いありません。

 

 季節限定なのでいつも会える訳ではありませんが

 

寒い季節には欠かせない逸品です。 もちろん、肝刺しは

 

抜群に旨いですがまだ、こちらの「あん肝煮」を食べたことの

 

無い方はぜひお試しあれ!

 

 そういえば明日、このあん肝煮だけの取材があるらしいです。

 

その件はまたお知らせしますから~(^^)/

お燗のススメ

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

帰りのチャリ通は寒さが堪えます。

 

耳当て、手袋(2枚重ね)、ネックウォーマーは必需品です。

 

雨が降るとさすがにヘコタレてしまいます。


そんな時はやっぱりお燗ですね♪


と、、、言いつつ年中お燗飲んでるんですけどね・・・


先日、常連さんより「冷やって冷酒のことですか?それとも常温のことですか?」


と質問されました。その昔、日本酒はお燗で飲むのが当たり前でした。


今でも地方ではやはりお燗で飲む風習が多いようです。


そこで温めずに日本酒を飲む場合に「冷や」と言ったそうです。


それが今の常温なのですね。


今は冷蔵技術も素晴らしく低温で管理できるために


生酒が主体になり、生酒の日本酒が主流となりました。


生酒にも本生(生生)や生詰、生貯蔵など様々なタイプが増えました。


更には瓶燗急冷や1回火入れなんて名称も出来ましたね。


ちなみに冷酒というジャンルをもたらしたのは


浦霞の金ラベルというエピソードは有名なお話です。


話は脱線しましたが、お燗の話に戻しましょう。


家でお燗を付けるときは電子レンジではなく、


こんな便利な道具で湯煎で楽しんでいます。


20121204 001.JPG


そして店でもお燗は湯煎でつけています。


t02200293_0480064012052036567.jpg

これで樽一の8割から9割のお酒はお燗に出来ます。

けして吟醸だって大吟醸だって不可能ではありません。

問題は温度です。

そのお酒によって燗のつけ方も様々だからです。

樽一ではぬる燗(40度)、普通燗(50度)、熱燗(60度)と

いった具合にお燗をつけていますが、微妙な温度設定には

デジタル温度計を使います。

20121204-2 002.JPG


特に普段冷蔵庫に入っている生酒の日本酒を

燗にする時に使います。

徳利だと低い温度で燗をつける場合、対流によって温度が

一定しないため、こんな道具もあります。

20121204 002.JPG

これでそのお酒に適した温度に調整できるのです。

もちろん、このたんぽから徳利や片口に注ぐときに

器で下がる温度も考えなければなりません。


日本酒の素晴らしさは飲む温度帯が

世界のアルコールの中で最も幅が広いこと。


皆さんも是非ともお燗にチャレンジしてはいかがでしょうか?

その時は酒匠の三浦をご指名下さい。


あなたの好みに合ったお酒と肴をアドバイスいたします!


本日の先付け、イカの巻き煮ときんかん玉子なんて

お燗で1本飲めちゃいますよ・・・

20121204yas 002.JPG

いよいよ発売です~商業界~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

いよいよ12月に突入し町のイルミネーションもすっかり

 

冬モードですね。

 

20121202 002.jpg

 

この青い明かりを見ると何だか心がウキウキするんです(*^_^*)

 

 

 さてさて、前のブログでお知らせしました対談の記事が

 

いよいよ発売されました(^^)/

 

20121202 006.jpg

 

樽一の応援団の一人である中山マコトさんの

 

「ありがとうの育て方」の出版社「商業界」さんから

 

お声が掛かり先日お邪魔して参りました。

 

DSC_1027.jpg

 

20121202 004.jpg 

 身近な感動を拾い上げそれぞれのビジネスに

 

活かしていく手法は中山マジックと言われているんです。

 

20121202.jpg 

 一緒に対談していて凄かったのがこちらの三浦花子店長。

 

弱冠27歳にしてグローバルダイニングの

 

「カフェ ラ ポエム自由が丘」の店長を務め、

 

130席の店内を常に満席にする凄腕の持ち主。

 

「世界一笑顔のあふれるレストランをめざしている」

 

彼女とは初めて会ったとは思えないほど沢山の共通点が

 

あり、私自身もとっても参考になりましたm(_ _)m

 

20121202 005.jpg

 

いつも私が心掛けていることやお客様への想いを

 

熱く語っておりますのでどうぞ書店で見かけたら読んでみて下さいませ(^^)/

 

さてさて、12月もすでに3日目、今日から生牡蠣も入荷して

 

ますます張り切って皆様をお迎えしますから~(^^)/ 

お待たせしました!

こんにちは!(^_^)/

 

てんちょうです。

 

 

いよいよ師走。

 

樽一ではすっかり忘年会モードに突入しました。

 

そこで皆様に朗報です。

 

お待たせしました!

 

ようやく月曜日より生牡蠣が始まります!

 

震災後、三陸はもちろんのこと、水温が高いことも影響して

 

このような時期になってしまいました。

 

先日サンプルの生牡蠣が届いたので早速試食を。


20121130 005.JPG

 

身は小振りですが、やっぱり美味しいですね~♪

 

そして冬といえばやっぱり鍋でしょ~。

 

まずは牡蠣鍋。

 

かき鍋.jpg

 

仙台味噌と八丁味噌をベースにオリジナルの味噌に仕上げました。

 

そしてねぎま鍋も登場しちゃいます!

 

20120218 002.jpgのサムネール画像

鮪より熱を加えてもやわらかいカジキ鮪と

 

ネットリ感ある下仁田ネギとご一緒にどうぞ。

 

これで樽一三大鍋が揃い踏みとなりました!

 

もちろん土鍋は樽一特製の蓋のないあの鍋です。


20121201 004.JPG

 

こりゃ~楽しみですね・・・


 

お酒はというと、今度の12月3日早朝に搾ったばかりの「天青朝しぼり」が入荷します。

 

20111209 006.jpgのサムネール画像

 

絞り終えるのをその場所で待っている酒屋さんが

 

そのままお店に届ける、すばらしい企画酒!

 

ラベルにも搾った日が明記してあります。

 

20111209 005.jpgのサムネール画像

(昨年のブログより)

 

それから浦霞はひやおろしに続き「寒おろし」が始まります。

 

新酒の辛口しぼりたてと熟成された寒おろしと比べると面白いですよ~。


20121130 006.JPG



そして12月4日の火曜日からは大人気の

 

海鼠とこのわたの友和えもスタートします。

 

海鼠と~1.JPG

 

このわたの名産地は海鼠だって美味いに決まっていますよね。

だったら合わせても良かろうかと誕生した珍味です。

海鼠の柔らかな食感を磯の香り感じるこのわたでコーティング。

お燗でチビチビなんていいですね~♪

 

さあー今回も満載のメルマガをお楽しみにお待ち下さいね~。

 


ウェブページ

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。