2012年7月アーカイブ

作って食べよ!!(ささかま系女子)

どうもみなさんこんちは。樽一1の猫かぶり「みんなの弟」いしだまさのりです。

 

突然ですがわたくし練り物製品が大好きでして

子供のころから竹輪やカマボコをおやつにしていたんですね。

さらに自分でアレンジを加え

竹輪の穴に明太子を詰めたり

カマボコに海苔の佃煮を乗っけて

キャッキャしながら食べていたわけです。

なんて遊び心のある子供でしょう。

 

そんなことを最近ぼんやり思い出していたら再びその熱が

燃え上がってきたのです。

 

あるじゃないですか!わが樽一にも最高の練り物が!!

樽一の誇る至極の練り物といえば!?

「ささかまぼこぉ↑↑」

DSC_0216.jpg 

というわけでやっちゃいましょう!

オリジナル笹かまぼこを作ろう!!

ささかまに色んなものを乗っけてやいちゃおう!

 

今回のラインナップはこちら

DSC_0242.jpg 

右から 練り雲丹、梅肉、南蛮味噌、このわた、酒盗、ゆずこしょう

以上の6名がエントリーです。

DSC_0218.jpg

20120731.jpgささかまの表面にそれぞれ塗りまして焦げないように

焼き台で焼いていきます。ちなみに一度焦がしてしまいこれがtake2。

 

DSC_0246.jpg

きれいに焼き上がりました。

さぁ実食!!

 

一言でいうと どれもうまい!です。

当初はロンドン五輪の体操競技の審判団ばりに

細かく採点しようと思っていたのですが採点の基準が本家ばりに

あいまいになりそうなので

あえて順位はつけずに今回は「女子」にたとえていきましょう。

「女子??」と思われる方もいらっしゃると思います。

とりあえず読み進めてください。

また、この例えは完全なるわたしの主観によるもので

味を保証したものではありませんのであしからず。

①練り雲丹

 「クラスのマドンナ的正統派美女」←ちなみにいしだのお気にいり☆

②梅肉

 「恋に恋する思春期の女の子(かわいい系)」

③南蛮味噌

 「わりと大柄な抱擁力のあるガール。たぶんバスケ部」

④このわた

 「クラスでは目立たないけどよく見るとかわいい。そういう子って男子からの評価は○だよね」

⑤酒盗

 「この子はこのわたと同じグループの女子ですね。このわたよりも恋愛に積極的」

⑥ゆずこしょう

 「明るい性格の男勝りなダンス部の女子。竹を割ったような性格がこれまた男子の評価高い」

 

以上の結果になりました。

これを踏まえて画面の前の女子諸君は

気になるアイツの好みをこっそり知るための「ささかま占い」に役立ててください。

 

うそです。

だいぶブレてしまいましたが

わたしが伝えたいのは、樽一にはおいしいつまみがいっぱいあるけど

そこからさらにアレンジ加えてみなさんオリジナルのメニューを考えてみるのも

面白いかもしれませんよってことです。

つまみ+つまみでさらにおいしくなるかもしれませんよ。

みなさんもなにかコレ!ってメニューが見つかったら是非教えてください。

ちなみにわたしが思いついてるけどまだ試してないのが

樽一ばくだん+いか塩辛

ですのでだれかやってみてください。

 

といったところでまた来週。さよなら

夏と言えば、肉でしょ!肉!

こんにちは。金岡です(^_^;)

毎日暑くて、茹だりそうですね。

 

さて、こうも暑いと体力の消耗が激しく?

やっぱ、ガツンと肉を喰らわねば!!!!

と、思う今日この頃です。

 

ですが、悲しいかな三十路に足を踏み入れてから早数年・・・・

あんまりこってりしたモノが得意では無くなってきてしまいました(T_T)

昔はあんなにガツガツ食べていたのにね~

なんせ実家は焼き肉屋ですから、帰省したときには必ず食べてましたよ。

 

と言うわけで、アラサー女子(の胃)にも優しい、でもガツンと肉料理!でいこうと思います。

 

で、用意したのは豚のスペアリブ

これに、塩・粗挽き黒胡椒・エルブ ド プロバンス というミックスハーブを

混ぜたモノを振り、蜂蜜を揉み込んでおきます。

20120730 (10).jpg 20120730 (12).jpg

このまま、半日くらい冷蔵庫で馴染ませましょう。

こうすることでお肉から余分な水分が抜け、うまみがぎゅーーーーっと凝縮。

しかも蜂蜜のおかげでお肉が柔らかくなります。

 

これを油をしいた鍋で両面をこんがり焼き付けて

20120730 (7).jpg

 

お水を入れましょう

20120730 (6).jpg

沸騰し、しっかり灰汁を取ったら

ここに、丸ごとのニンニクと玉葱も入れて

20120730 (4).jpg 20120730 (3).jpg

フタをして弱火で1時間ばかり煮込みましょう

その間に一緒に煮る豆の準備をします。

今回は、ひよこ豆・金時豆・とら豆の3種類

20120730 (9).jpg

 

前の晩、水に浸すのをすーーーっかり忘れて寝てしまったので

1時間で戻せる!という方法にチャレンジ!

 

沸騰したお湯に、よく洗った豆を入れて蓋をして40分蒸らす。

   ↓

40分たったら弱火で15分煮る。

 

と、これだけで豆が戻るそうです。

で、この方法で戻した豆を加えて更に弱火で1時間煮込んだら

できあがりです。

20120730.jpg  

 

最初に豚肉にした塩こしょうにハーブ、蜂蜜以外味を足しておりませんが

スープには い~味が出ております。

20120730 (1).jpg

豆にも豚からでた出汁がしみこんでいい感じに煮えております。

肉は?肉は?

お肉は骨がほろっと外れるくらい柔らかくなってうまうま~!

灰汁取りと余分な脂をすっかり取ったおかげで

豚肉の煮込みながらあっさりといただけてしまいます♪

もちろん、スープにパンを浸して食べたことは言うまでもありません。

 

豆がたっぷりでヘルシーだし

塊のスペアリブだからガツンと肉を食べてる感も満点!

これから定番になりそうな一品になりました(=^~^)o∀ウィー

もちろん、お酒にもピッタリ!!ですよ。

 

(ついつい呑みすぎ、最後の方の写真がぶれてしまったかしら?) 

陶器の素晴らしさ

こんにちは!(^_^)/

土曜日ブログ当番のてんちょうです!

しかし暑いですね。暑いっ!!

日課のジョギングでも汗ダラダラなのに、シャワーでクールダウン

してもチャリで10分も走れば、体に熱を持ち汗が出てくる毎日。

家を出る前にチャリにするか、電車で通勤するか葛藤しています。

でも、帰りのことを考えるとやっぱりチャリですよね~ (^O^)


さて、先月新たな酒器を作って頂くために訪れた四季火土さん。

20120726 012.JPG

今度は食器を依頼しておりまして、それが出来上がりましたのです!

今回は主力の鯨ハリハリ鍋に使っていた皿と

ごぼう唐揚げハーフ等で使っていた皿です。

以前の皿はこんな感じ・・・

20120726 016.JPG

さっそく拝見すると、樽一のオリジナル器がズラリとありました。

20120726 013.JPG

小鉢も樽一らしいオリジナルティー満載。

もちろん、1枚1枚手作りなので若干の誤差はあります。

20120726 014.JPG

器を全て並べて、そこから厳選して選びます。

20120726 015.JPG

100枚以上の食器を選び、本日届きました!

20120728 005.JPG

大切に丁寧に洗浄機で洗い上げます。

20120728 004.JPG

そして樽一にしかない食器がこちらです!

20120728 001.JPG
20120728 003.JPG
20120728 002.JPG

本日、土曜日に総入れ替えをして今日から使用します!

ぜひ、今まで以上にパワーアップした樽一の料理をお楽しみ下さい。

20120728 009.JPG




今回はもう一つお知らせがあります。

9月3日(月)から6日(木)までの4日間は

当ビルのエレベーター工事のためにお休みとさせて頂きます。


そして創業から12月以外に日曜日と祝日を定休日にしておりましたが、



9月より無休で営業することにしました。



日曜日、祝日の営業時間は16時~22時(ラストオーダー21時)

までと1時間早くなっております。

※9月2日(日)は営業いたします。



もちろん、日祝用のイベントも考えております。

ぜひとも、平日残念な思いをいているお客様・・・

まったりな樽一はいかがでしょうか?

20111205-20-thumb-240x159-11137.jpg

クジラ談義~その1~

 皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

本日は金曜日、しんちゃんのブログ当番の日ですから~

 

昨日の男子サッカー、見事にスペインに勝ちましたね。

 

優勝候補相手に何度もチャンスを作る日本に感動しました(*^_^*)

 

 

 昨日の樽一の賄いに登場した卵掛けご飯。

 

20120727 002.jpg

 

掛けているのは調理場佐藤が仕込んでくれた燻製醤油。

 

 20120724 (15).JPG

 

普段の賄いはキャベツで我慢しておりますがこの日はどんぶりご飯(^_^;)

 

20120727 001.jpg 

 

燻製の薫りが卵と混ざり合い極上の卵掛けご飯に変身。

 

一瞬で丼が空になりました(>_<) しあわせ~

 

 

 さてさて、そろそろ本題へ。

 

昨日、調査捕鯨を国から依頼されている船舶会社の

 

若手社員がご来店下さいました。ご存じあのシーシェパードに

 

妨害されながらも体を張って調査を続けているあの船舶会社です。

 

 捕鯨問題を取り巻く問題は沢山ありますが、外部的な問題の

 

他にも日本国内の問題も色々とあります。 例えばその一つが流通に関する事。

 

調査捕鯨では、捕獲したクジラを調査後、船の上で解体し部位ごとに

 

箱詰めして急速冷凍をかけます。その箱一つが15キロ単位なんです。

 

確かに物が物ですから15キロでも少ないかも知れませんが

 

実際に日本に戻ってきて市場に出回るのもその15キロのまま(>_<)

 

我々クジラを扱う飲食店はそのクジラを何百キロも前金で支払い

 

まさか店の冷凍庫に入りきらないので、他に冷凍庫を用意して保管します。

 

最小単位は15キロですが、一日で売れる訳もないので一箱ずつ

 

半解凍して小分けにしてまた冷凍へ。それが部位ごとに何種類もあるの

 

ですからお店の冷凍庫はクジラだらけになってしまうのです(T_T)

 

同じ15キロでもせめて3キロ、5キロずつ小分けになっていれば半解凍する

 

必要もなくなるのですが、命がけで調査捕鯨をしてくださる乗組員に

 

そこまでお願いが出来るのかどうかも問題です。

 

昨日の若手社員は涙ながらに、「クジラの食文化を残していきたい」

 

「だから、現場で起こる様々な問題点を教えて欲しい」と懇願しました(T_T)

 

日本が抱える沢山の問題点を一つずつ解決していけばもっともっと

 

市場にクジラが出回る事は間違い有りません。一番大切な事は

 

日本の若者達に何千年と続いてきたクジラの食文化を繋いで

 

行くことですから。 これから機会がある度に日本が抱える

 

クジラ問題を飲食の現場からお話ししていこうと思いますから~(^^)/ 

徒然なるままに・・・

ちわ~~~~っす!澤谷です!!(^_^)

いや~~~~「暑い!」

とにかく暑いですね~~~~!!(^_^;)

 

寝苦しすぎて、キツイ毎日ですが

皆さまいかがお過ごしですか?

 

さて、ここに来て・・・

五月病か、夏バテか・・・

体の切れ悪く、体を動かす気力が無く

体を休めるに徹している僕ですが・・・

 

そんな中、僕の慰み者となっているのがこれです。

51d5IUK-gVL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

 

最初は興味がない僕でしたが、

池波正太郎著「仕掛人 藤枝梅安」

を借りて読んでみたところ

思いがけず「ど!」はまり(笑)

 

あっという間に読み尽くし

江戸の風情と、風俗。

そして劇中に出てくる「料理」の描写。

これに、引きつけられて止まないのであります。

まさに「寝る間も惜しんで」読みふける毎日。

 

余韻さめやらぬ中、続きを所望すると

出てきたのが先の文庫でございまして・・・

言われるがまま、鬼平に入ったのでございます。

 

最近では、昼食を「蕎麦屋」に入り

一人、つまみを注文しつつ

一刻ほど鬼平を読みふけり

冷酒をたしなんでは

〆にせいろを食べてあがると言う

早くも感化されまくるこのところでありました。

 

そうそう、冷酒・・・おつまみとなりますと

今開催しております「樽一浦霞祭り」

目玉であります「荒走り」はご好評をいただき

おしくも終了。

続いてでましたのが・・・

「ひやおろし 特別純米 浦霞」でございます。

20110917 001.jpg

 

これも・・・搾ってから冷蔵庫にて熟成。

なまなかには、味わえない「浦霞」と成っております。

 

コチラにあわせていただきたい「アテ」は・・・

「鴨ロース冷製」でございます。

新鮮野菜を鴨ロースで巻いて

自家製ソースをつければ・・・

ひやおろしとあいまってこれぞ「極楽」の極み。

 

ご来店の際は、是が非にもお試しいただきたく。

 

と感化されつつお送りしてみましたぁ~~~~!

 

でもホントに!ホントに良い熟成感の「ひやおろし」は

お試しいただきたい!! オススメですよ~~~!

 

数には限りがありますから~~ お早めに!!

  みなさん、こんにちはこんばんは。

 通勤途中、公園の丘の上から手をふってくれた園児に手をふりかえしたところ、不審者を見るような目で、付き添いの保母さんのエプロンを引っ張りながら、見つめられて、一日が始まった34歳、山本昌ですι(`ロ´)ノ

 先週、みんなの舎弟まさのりんと共同で書いた記事において掲載した画像が、著作権の侵害にあたるとのことで、削除いたしましたヽ(*⌒o⌒)人(⌒-⌒*)v

 関係者各位(特に私が尊敬してやまない、もう一度人生をやり直すことが出来れば何としても就職したいと願っている、スターダストプロモーション様)に、多大なご迷惑おかけしましたこと、深くお詫び申し上げますO(≧▽≦)O

 三度目にして、はやくも周囲に迷惑をかけてしまいました。

  このままでは、「さとうくん、ちょっといいかな・・・」と呼び出され、ブログファミリーから放出される日も、遠くはないかもしれません(#`▽´)y-゚゚゚

 そこで、私は正しいブログの書き方というものを一から学ぼうと、入門サイトを見て回ったところ、「絵文字や顔文字を効果的に使って、親しみやすい・・・・・」とあったのを見て、

「!!!自分に足りないのはこれだ!」と確信いたしました(T△T)

 そういうわけで、今日は顔文字を多用し、いつもとは一味違う、ポジティブな明るい内容になっていることと思いますヽ( )`ε´( )ノ

 ・・・・・

 何か?

 また何か間違ってますか?

 スターダストの件ですか?昌の方ですか?

 ・・・・・

 ああ、なるほど。失礼しました。(#`-_ゝ-)  どーも、すいません。凸(´口`メ)  

 「尚、日常生活において感情を表現することがあまり上手でない人が、顔文字をみだりに使用すると、読者に不快な印象を与えるおそれがありますので、そんなカスはブログなんて書いてないで、近所の野良猫集めてイリュージョンでもしてろコラァ。」 

って続きにちゃんと書いてありました♪ヾ(≧▽≦)ノ彡☆

 

 ここまで、例によって内容が皆無ですので、そろそろ本題に入りたいと思います。

 昨日の石田くんのブログ、コミカルでいながら、隠し切れない爽やかさが意図せず滲み出てしまっている雰囲気を見事に演出しきっている巧妙さに、嫉妬と羨望をおぼえましたが、調理場の様子が伝わってくる、すばらしい内容でしたね。

 それにならって、私も調理場の様子を報告したいと思います。

 営業中はだいたいこんな風に過ごしています。

PA0_0053.JPG  

ワサビ台を切り出す前の人参を歯車にして遊ぶ板前さん達です。非常にほほえましいです。

重ねて言いますが、営業中です。

 

休憩時間はよくこんな遊びをしています。


PA0_0048.JPG 

 

 

 

 

 「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。」 (「風の谷のナウシカ」より)

 

王蟲が荒ぶっています。

 

 

 

 

 

 ご存知と思いますが、ほやです。この、私が青い油性マジックで青き衣をまとわせたナウシカが立った、このほやを召し上がったお客様、きっと何か素晴らしいことが起きる、・・・でしょう。

 さすがにこのまま終わるのは、身の危険を感じるので、少しほやのことに触れておきたいと思います。

 ほやは鮮度が命です。1日で驚くほど劣化します。海水に沈めて冷蔵庫で保管します。

PA0_0050.JPG

正直、かなり場所をとります。

注文を受けてから、殻から外します。

 

PA0_0045.JPG

PA0_0046.JPGのサムネール画像

 

 

     次に、身を開いて、腸に包丁を入れて、排泄物を洗います。

PA0_0044.JPG  

PA0_0043.JPG

 

名器ストラディバリウスの弓が、このほやの排泄物を集めて作られた、というのは有名な話です。

そして、ほやの殻のこの部分は、

PA0_0040.JPG

 

ロンドン五輪の聖火の台座として使われるようです。

 

 

 

 

 

 

  全身全霊をこのブログに捧げている私の後ろから、石田くんがのぞき込んで「びょーき、びょーき」と言っています。

 ここからが熱いのも知らずに(怒)

 売れ残ってしまったほやはどうするか。

 樽一では薫製にして、冷凍保存しています。

 みずみずしく、プリプリだったほやが、薫製にするとこんなに縮んでしまいます。

PA0_0038.JPG 

正直、寂しいです。

が、東北の食材に妥協はできません。

新鮮なほやを提供するため、リスク込みで、新鮮なもののみをお出ししているのです。

 今までにさんざん「オオカミがきたぞー、みんな、おおかみがきたぞー!巨神兵だ。巨神兵がおそってきたー!」と叫んでいた私が、今さら、「今度は本当なんですぅ」、と鼻水垂らしながら訴えても、信じていただけないかもしれませんが、上の3行だけは本当なんです!

 だから、皆さん、毎日品切れになるくらい、ほや、食べてくださいね。

 社長(しんちゃん)に聞いてみたところ、「ほやは浦霞だ」とおっしゃるので、試してみましたが、確かに最高の相性でした。

PA0_0034.JPG

PA0_0037.JPG 

 

「金ラベル」と「禅」を試しましたが、私は断然、「禅」です!

 

最後に、冒頭の話ですが、どうも園児は、私でなく、私の後ろを通過した電車に手をふっていたのではないか、という気がしたので、私も丘に登ってみました。

 

PA0_0054.JPG 

 いや、間違いなく、そうですね。

 今度また彼の前を通るときは、西武線よりも鮮やかな黄色い服を着て、電車より速く通り過ぎ、一生忘れられない記憶として刻み込んであげようと思います。

 

 P.S.  この凄惨なブログ、実際に来店されるうち、どれくらいのお客様が見てくださっているんだろう、と知りたくなりました。つきましては、今日明日、ご来店いただき、「ブログ読みました~」って言ってくれた方に、昨日の石田くんのブログで紹介されていた、薫製したしょうゆで漬けた枝豆を、少量ですが提供させていただきたいと思いますので、是非一声掛けてみてください。尚、数に限りがございますので、お早めにどうぞ。

とある月曜の夜、とある調理場にて

どうもこんちは2週間ぶりです石田です。みんなの弟です。

 

ただいま7月23日(月)19:16です。

先週も樽一は沢山のお客様にご来店いただき水曜から土曜まで

4連勝乾杯ビアを飾ることができました。

(樽一ではその日の売り上げが○○万円を達成すると

乾杯があってビールを飲むことができるのです。

忙しい一日の終わりに飲むビールはそれはもう格別で

毎日私たちはそれが目標なのです)

 

ただ本日の樽一は週はじめということもあってゆったりとした

雰囲気。

割と手の空いてる今、ぼくは

ブログを書かせてもらっています。

 

というわけで思いつきですが調理場実況中継やっちゃいましょ!うひょ!

 

20120724 (5).JPG今の調理場内はこんな感じ

 

ぼくがカメラ片手にブログの為と口実つくってサボっているなか

みなさんしっかりと働いています。

 

PicsArt_1343107500849.jpg 20120724 (11).JPG佐藤さんは注文の合間を縫って明日のまかない作り

 イカ団子ですねぇ今から明日のご飯が楽しみです。

 

20120724 (14).JPG主任は通販用のくじらを真空パック

 

今日主任からとってもおめでたいニュースが届きました!

いつも以上にはりきってくれています。

主任大事な体ですからあんま無理しないでくださいよぉ

 

PicsArt_1343098801728.jpgこちらは樽一きっての洗い場サモ・ハン・キンポーさん(仮名。本名顔出しNGでした)

今日も空いた時間でせっせと天紙を折ってくれています。

20120724 (16).JPG

 

 

キンさんは洗い物を下げに来るホールのスタッフ達の心の宿り木でもあります。

 

 

 

あじ刺身一丁はいりました!

20120724 (1).JPG 20120724 (1).JPGブログ書くの一旦止めて注文にとりかかりましょう

 

今日和歌山から届いたあじもいいですよーうまそう

 

20120724 (15).JPG佐藤さんこれはなんですか?

 

醤油を薫製にしてスモークの薫りをうつしているらしいです。

味見すると確かに醤油自体に薫りついてる!すげー!

これまたどんな料理に使われるのか楽しみですね。

 

とまぁこんな感じで樽一の調理場の夜は更けていくのでした。

 

みなさんパソコンに向かってブログ書いてる(ふりしてた)ボクのために注文や仕込み

やってもらってスミマセンでした。明日はもっとちゃんと働きますから~ 

こんにちは。金岡です。

梅雨が明けたと思ったら、急に気温が下がって

あれれ?「夏は?」みたいな陽気ですが、体調など崩されておりませんでしょうか。

 

そんな、よくわからない日々にカツを入れるため?

韓国産の青唐辛子を使って

自家製  ですソース(Death sauce) を作ってみました。

(べっべつに、辛すぎて食べられなくて冷蔵庫で眠っていたわけじゃぁありませんよっ)

 

はい、まずはこの青唐辛子を熱湯にくぐらせます。

20120723 (3).jpg

 

そしたら、細かくきざみます。

20120723 (1).jpg

この時点で既にかっからい!!

思わず咳き込んじゃいます。

 

キレイに洗った瓶に入れたら、ニンニクも刻んで入れましょう。

20120723 (18).jpg

 

ここに、お酢をタップリと。

20120723 (17).jpg 20120723 (16).jpg

あ~ら、かんたん! 

よく混ぜたらできあがりです。

保存は冷蔵庫で。

 

で、ここでちょっと味見です。

手の甲に一滴垂らしてっと。

「ぺろりっ」

 

「!!!!」

 

「からーーーーーい!」

 

30秒前に混ぜ合わせたばっかりなのに!

既に激辛!!

 

「ふぅーo(´д`)oァーゥー」

 

ま、私の味見だけじゃ伝わらないと思いますので

この方達にご登場いただきましょう!

20120723 (12).jpg

ごぞんじ、樽一の激辛隊長 澤谷さん と、辛さレベルは人・・・・倍?社長でーす。

 

それぞれに私が用意した量は

20120723 (14).jpg

もちろん、左が社長用です。

 

なのに、なぜか増えてる!

20120723 (13).jpg

左右が入れ替わっておりますが、(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! さっさっさわやさん?

 

で、こうなるわけです。

20120723 (6).jpg

20120723 (5).jpg

撮影者、爆笑のあまり画面が揺れております。

20120723 (7).jpg

で、食べ続けるとこうなるのです。

20120723 (4).jpg

となりで、冷製にお皿を片付けているのが澤谷さんの手です。

(この人の辛さレベルは一体・・・・・・ε=(。・д・。)フー)

 

ま、みなさま、もうお分かりのようにコレはこのまま食べるものではありません。

麺やピザに掛けたり、餃子のタレなんかに混ぜて食べるものなんですな。

でも、スッキリとした辛さでおいしいのですよ。

(詳しくは被害にあわれた方にお問い合わせください。)

 

また、この辛さを体験されたい方。

ぜひ、お声をお掛けくださいませね~。

(残っていればの話しですが。。。。)

 

それでは、こんな事ばっかりしてるので

小悪魔!ではなく、悪魔!!といわれてしまう金岡でした。

「てんちょうの冷蔵庫」更新しました!

こんにちは!(^_^)/

久しぶりの登場、てんちょうです。

本日は生憎の天気ですね・・・

昨日も久しぶりに社長がチャリで通勤したモンだから

帰りはもちろん本降り・・・

レインウェア-ないまま来た社長はずぶ濡れ。


まだ、本人は雨男と理解していないようです。(笑)



さて、少々早いですが「てんちょうの冷蔵庫」を更新しました。

アタクシが酒の仕入れを任されてから、様々なジャンルのお酒を改善してきました。

日本酒は勿論のこと、ビールはサッポロ黒ラベルから瓶はサッポロラガー、生はエビスに。

本格焼酎もこだわりを持って、サワーも飲みやすく提供時間をスピーディーに。

そして今回のテーマでもあります、「梅酒」は飲みやすく甘すぎず、何より心がけたのは

どんな割り方をしても梅酒が薄まらないこと。

それでようやく見つけたのが梅の本場、和歌山の梅酒でした。

八岐の梅酒.jpg

満足する味わいに「これでよし!」と思っておりましたら、

取引先の酒屋から清酒ベースの梅酒を案内されました。

半信半疑で飲んでみると、これがじつに美味い!

年間通して様々な清酒ベースの梅酒を試飲してみたら、

浦霞に梅酒があるのに気が付きました。

さっそく飲んでみると「これがいける!」のです。


ソーダや水で割っても伸びがあり、薄まることがありません。

何故今まで浦霞の梅酒を知らなかったかと言うと

季節商品であること、人気商品であるため、すぐに完売してしまうのです。

今では取引先の酒屋さんの協力のもと、何とか年間販売にこぎ着けました。

昨年5月に、浦霞の蔵にお邪魔したときに宮城県内岩出山産の梅が蔵に届いておりました。

宮城出張 059.jpg

梅酒でも浦霞あっての樽一なのです。

そんな思いを今回も熱く語っておりますので、皆さまぜひとも

てんちょうの冷蔵庫」をお読み下さい。

tencho039-2.jpg


そして樽一は日本酒に力を入れた飲食店。

清酒ベースのリキュール、ヨーグルト酒や夏みかん、あらごしみかん、

ブラッドオレンジ梅酒、マンゴー、いちご、山ぶどう、ラフランスetc・・・


少しでも日本酒を飲んで頂くためにアタクシは今日も酒屋を奔走するのでした!



第64回国際捕鯨委員会 ~パナマ~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです(^^)/

 

最近は、金曜日のみ登場する樽一の隠れキャラですから~(^_^)v

 

 先週の連休で、妻の祖父母の実家がある長野県黒姫高原に

 

お墓参りに行ってきました。すこ~し寄り道して小布施に立ち寄り

 

20120720 006.jpg

 

先日の樽一会にご夫婦で参加頂いた「豊賀」の高沢酒造に

 

お邪魔しました。突然の訪問スミマセンでした(^^;)

 

20120720 001.jpg

 

その場でラベルを貼って頂いた「夏の直汲み生原酒」

 

瑞々しくて旨かったですから~(^_^)v

 

20120720 002.jpg

 

雄大な黒姫山を眺めながらジョギングしたり

 

20120720 004.jpg

 

手打ち蕎麦に舌鼓を打ったり、酪農家の叔父さんのしぼりたて

 

牛乳を飲んだり

 

20120720 005.jpg

 

その牛糞を肥料に育った採れたてのトウモロコシを頂いたりと

 

充実したお休みを過ごしました(*^_^*)

 

 

さてさて、本日は鯨のお話し。先日パナマで開催された

 

IWC国際捕鯨委員会の結果を少しご報告。

 

日本が毎年提案しているミンク鯨の沿岸捕鯨は今回も否決。

 

一方、5年に一度見直すことになっている先住民生存捕鯨は

 

アラスカやロシアのエスキモーやイヌイットに対し、頭数がかなり

 

減っている北極クジラの捕獲枠を5年で320頭。一年あたり56頭が

 

認められました。増殖を続けるミンククジラに対しては否決。

 

絶滅の危惧があるにもかかわらずに捕獲が認められる北極クジラ。

 

この件をみるだけでもどれだけの理不尽がまかり通っているかがお分かりでしょう。

 

あの妨害行為を続けるシーシェパードに対しても「暴力行為を阻止するには

 

調査捕鯨を止めればよい」なんて意見も出たそうで・・・・( ̄□ ̄;)!!

 

 また、突然、韓国が韓国領海内での調査捕鯨を始める方針を打ち出しました。

 

実はお隣、韓国の蔚山(ウルサン)では明治の終わりから捕鯨をしていたんです。

 

今でも韓国は積極的捕鯨ではない偶然網に掛かった200頭以上のクジラは

 

食べてますけどね。

 

 今回の結果を踏まえて日本政府代表は「日本の伝統的な小型捕鯨に関わってきた人は

 

長年苦境を強いられている。次回会合でもこの問題が解決されないと忍耐の限界を

 

超えることになる」と発言。

 

忍耐の限界をこえたらIWCを脱退するのかどうか分かりませんけど(>_<)

 

この様に今回も特に大きな進展は見られなかったようですが

 

問題は日本のクジラの需要量。反捕鯨国の圧力で大手スーパーに

 

クジラが流通していないのも事実です。何とか日本の若者に美味しいクジラを

 

食べる機会を増やして何千年も続いている日本のクジラ食文化を繋いで行くのが

 

我々の使命。

 

これからも美味しいクジラを提供し続けますから~(^^)/ 

ご縁があるよ!

ちわ~~~~~っす澤谷です!(^_^)v

先日、嫁さんと久々ゆっくり昼飯でも・・・と思い

たびたびお邪魔する狛江にある「Mamma Pasta」へ

お邪魔しました。

 201207192.jpg

 

201207193.jpg  

パスタは1種類のはずが・・・聞き間違いのようで

2種類もきてしまい(^_^;)(しかも両方ペペロンチーノ)

201207194.jpg 

かなりの満腹でしたがなんとか平らげました(笑)

 

腹ごなしを兼ねて、ちょいと先の「成城学園前」にある

「宮崎屋球三郎商店」に言ってみることにしました。

 

「ん?・・・な・なんじゃぁ~こりゃぁ~~!」

こんな偶然が・・・試飲会が「浦霞」とは(笑)

20120719.jpg

ほんじゃぁ、まあ店内へ・・・

 

因みに、僕の自宅用焼酎「泰明」はここで購入しています。

 

店内には地下貯蔵庫があり、店舗も地下にあります。

20120719 (1).jpg

 

早速、浦霞試飲ブースへ!

 

営業さん「いらっしゃいませ~!どうぞ!試飲していただけますよ~!」

僕「お世話になっています。新宿樽一の澤谷でございます。」

営業さん「ええ~~っ!樽一さん!?こちらこそお世話になっております~!」

 

なんて会話がありつつ、名刺も交換して

「全部呑んだことおありでしょうがせっかくですから・・・」と

全種類いただいちゃいました(笑)

20120719 (2).jpg 

この方は佐浦酒造営業2課「萩原」さん。

さり気なく、食べ合わせについても教えてくださいました。

 

思わぬところで、思いがけずにお会いする「ご縁」

ちょっとビックリしつつ、偶然ってあるものだなぁ~と

腹もこなれて、スッキリ我が家にかえる一行でございました(笑)

 

 

 

 

  皆さんこんにちはこんばんは。

今週は月曜日が祝日だったため、スライド登板で結果を残せないであろう僕たちは、対談してみることにしました。

  書いているのはさとうですが、足に鉄球をくくりつけられ、いしだの言うがままに書かされておりますので、失言がありましたら、いしだのフェイスブックの方を炎上させてあげてください。

 

 

radio.jpg  さて、対談です。なぜ対談かと言いますと、じつはただこのマシン→

のボイスレコーダー機能が使ってみたかった、というのが8割、1割がこの先樽一ブログファミリーから放出されなかった場合のネタ切れ対策として、1割はみんなの弟いしだまさのりがどれだけ恐ろしい男か、少しでも世間に知らしめるためです。

 

 

 時代の最先端を行くフォルムと、ラジオ番組をたくさん予約録音してくれる機能でおなじみの、OLYMPUS PJ-20です。あのオリンパスです!萌えます。

 

 

 

 

 

 

・・・また行き先を見失いそうなので、対談、行きましょうね。

 

~7/17(火) 樽一「女川」にて録音~

石「よろしくお願いします」 佐「よろしくお願いします」

佐「ノープランです。よろしく。」 石「はい・・・、どうしましょう。」

・・・・・・

石「昨日、ドクターフィッシユをやってきまして。」 

佐「角質とるやつか。一人で?」

石「いや、僕だって一緒にドクターフィッシュ行く友達くらいいますから。」

佐「女の子?」  

石「はい」 

佐「女友達?彼女じゃない女友達?いつもの。」 

石「いつもの、とはまた違いますけど。」「ドクターフィッッシュは一緒に出来ますけど。それ以上の関係ではないです。ドクターフィッシュまでが限界です。彼女じゃないです。」

佐「足湯みたいな感じ?」

石「はい。そうです。」

DSC_0180.JPG

佐「魚見えるの?踏んづけたりしない?」

石「そこは、ソフトに、こっちも。僕の角質をとってくれる子達ですから。」

佐「一種類変な魚魚混じってたりしないの?食べ過ぎちゃう子とか。」

石「違うのは混じってないと思います。ただ大きい子の方がやっぱりテクニックが・・・」

佐「・・・どんな感触?」

石「すごいですよ。電気風呂に足入れてるみたいな感覚になるんですよ。うひょ。」

佐「なるほど。イイナー。有意義だね。」

石「はい。ドクターフィッシュやっただけでいい日曜日過ごした感じになりました。」

佐「・・・・・」

石「あと、ドクターフィッシュ、自然界では何食ってんすかね、って話になったんですよ。」

石・佐「・・・・・角質?」

石「角質食ってんすか?誰の?マナティーとか・・・」
              (*いしださん、どっちのマナティですか?)


 佐「ちょっと店とか料理とかにも触れといた方がいいかな。」

石「はい。触れときましょう。」

佐「じゃあ、包丁。テーマ、好きな包丁は?WM-01E-m.jpg ]

石「あ、いいですね。」「むきもの包丁はどうですか?」

佐「あ、いいね。あれはエロい。」 「タコ引きは?」

石「タコ引きは持ってないです。」

 

tako.jpg

 佐「タコ引き、いいよ。あれはちょっと変態っぽい。      

  吸い込まれる感じする。」

 石「・・・」

 佐「なんかこう、変態キャラの武将とかが持ってる感じの包丁。武に魅入られた変態というか・・・。」

石「全然わかんないです。」

                       ・・・・・(怒)

石 「ふぐ引きはやっぱ好きですね。柳よりも好きですね。」

佐「てっさいいね。ほしいよ。あれも興奮するね。」

石「包丁のイメージはどうでしょう。出刃はやっぱデブなイメージ?」

佐「???・・・デブではないでしょ。」

石「いや、柳はイケメンなんですよ。包丁を擬人化した場合。」

佐「そうか・・・。じゃあ女は?・・・・・洋刀はやっぱ洋モノ?金髪?」

石「はい。洋刀は、金髪、ですよ。」

佐「うん。・・・でも板長の洋刀は?あれは龍が彫ってあるから・・・アジアっぽい?アジアっぽい、の妖艶な感じ?」

gyuu.jpg

 

石「春麗みたいな感じですか。」

 

 

石「薄刃はどうですか?」

「あ、薄刃は好き。」

udubs.jpg石「薄刃は男ですか女ですか?」

佐「薄刃は、微妙だなー。・・・女かな。」

石「やっぱ女ですかね。でもけっこう平べったいですよね。」

佐「・・・うん、まあ平べったいよね。」

石「スリムなんだけど、平目顔な女ですよね。」

佐「あー。平目顔って、片桐はいりしか思いつかないわ。」

石「あー、片桐はいり・・・。そうなんですけど・・・」

 

佐「もうちょっと美人な感じで?」

石「そう、もうちょっと美人で・・・。そんな、やっぱしょうゆ顔だと思うんですよ。」

佐「??・・・薄刃、大人っぽいよね。」

石「薄刃は理解力があるじゃないですか。あいつ。」

佐「ああ。あるある。包容力もあるよね。」

石「ありますあります。」

石「お姉さんですね。余裕がある感じがあります。」

 

・・・以下作成中

 

連休は♪

こんにちは。金岡です(*^_^*)

毎日、梅雨が明けたのかと思うくらい暑いですね。

猛暑日がでた地域もあるとか・・・・・。

これからの、暑い日々が思いやられます(^_^;)

 

さて、ひさしぶりの?連休。

じつは、ちょっと前から考えていたことがありました。

 

「ベランダの改装がしたい!!!」

 

ってー、つくったばっかじゃない?

はい。そうです。

でもね、インテリア雑誌なんかを見てると

どーしても、白くしたくなっちゃったのです。

 

しかも、どうやら連休中はいい天気らしい・・・。

 

で、決行致しました!

 

まずは、散らかり放題のハーブやらを片付け

簡単に掃除。

白いペンキをぬりぬり。

20120717 (14).jpg

 

半分塗ったら、乾かしてもう半分。

乾かしている間に空き缶を使って植木鉢を作りましょう。

 

これはもともと中国茶が入っていた缶です。これに軽くヤスリをかけて

20120717 (13).jpg

底にキリで適当に穴を開け

20120717 (12).jpg 

取っ手をつけるため、両脇にも穴を開けときます。

20120717 (11).jpg 

ベランダと同じ白い塗料でペイントしていきます。

20120717 (10).jpg

お茶缶と一緒にトマトの水煮缶もペイント

ある程度乾いたらスタンプなどで装飾~

お外で乾燥させましょう~。

 

こーんな感じに仕上げてみました。

20120717 (9).jpg

なかなかかわいいな♪

 

中には、ミントを挿し木で植えました。

20120717.jpg

上手く根付くといいのですが。

 

そしてこっちは、パクチー。

20120717 (1).jpg

へんな帽子見たいのがかぶせてありますが

これは、アブラムシよけ!!

こないだ、苗から育てたパクチーがアブラムシの餌食になってしまったので

今回は、寄りつかないように不織布をかぶせてみました。

 

なんだかんだと、ほぼ1日かかって完成。

20120717 (2).jpg

 ムラだらけの塗装具合が逆にいい感じに古びて見えませんか(^_^;)?

20120717 (4).jpg 20120717 (3).jpg

 

あとは、ここで至福の一杯♪ 生のパイナップルとフレッシュミントを使って

20120717 (7).jpg 20120717 (5).jpg

パイナップルミントシャワー♪(勝手に命名。)

ラムベースの簡単カクテル♪です。

上に乗っかってるのはミントの花なんですよ。

は~。それにしても暑い連休でした(;´Д`A ```

 

さ、ここで私のブログを最後まで読んでいただいた方だけに

ちょこっと、すんごい?予告!です。

 

明日から「浦霞 夏祭り!」開催します!! 

 

ななななんとー、

こっそりかくして置いた

「生禅」やら

浦霞生禅イメージ.jpg

 

「あらばしり白馬」 やら

20111219-1.JPG

 

「辛口本醸造しぼりたて生酒」やら

20110204 010.jpg

 

もちろん 「生一本 しぼりたて生酒」もご用意します。

20120618001 (1).jpg

 

いずれも、樽一限定のお酒ばかり!

しかも、数が!!!!

わずかしかありません!!!!

無くなり次第終了しちゃいますので、おはやめにどうぞ~。

 

うひひ♪

こんかいは、ほんとーーーに最後の在庫ですからね~。

これを逃したら、また年末まで味わうことは出来ませんのです。

それでは、最後まで読んでいただくとたまにはいいことがある

金岡のブログでした~。

第69回樽一会の全貌

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

先日の月曜日の樽一会の模様をお送りしたいと思います。


今回は新たな樽一Tシャツをスタッフ一同身にまとい、

念入りな打ち合わせ。

20120709樽一会 010.JPG

樽一会事務局長の狩野先生もご自慢の逸品に下準備。

20120709樽一会 004.JPG

樽一ホームページのプロデューサー武内氏も準備のお手伝い。

20120709樽一会 002.JPG

さぁ~お客様が続々やってきましたよ!

20120709樽一会 012.JPG

そして開宴!まずは樽一会新会長に就任した小泉武夫先生のご挨拶。

20120709樽一会 021.JPG

初参加の福島は会津娘の高橋さんからご紹介。

20120709樽一会 026.JPG

続いてこちらも初参加、長野の豊賀の高沢夫妻です。

20120709樽一会 041.JPG

そして久しぶりの参加は静岡の開運、土井さん。

20120709樽一会 033.JPG

学生時代殆どお会いできなかった小泉先生に蔵に入ってからの方が

よくお会いする機会が増えたそうです。そして新婚の奥様との

初デートは樽一だったことを披露。会場を盛り上げて下さりました。

最後は我らが浦霞の佐浦社長。

20120709樽一会 051.JPG

7月の会は同月に亡くなった佐浦会長と樽一初代社長の

お話をして下さり、必ず黙祷を捧げて下さります。

そして乾杯の発声は林家木久扇師匠です。

20120709樽一会 053.JPG

それでは会場の模様とお料理をお楽しみ下さい。

20120709樽一会 056.JPG
20120709樽一会 060.JPG
20120709樽一会 057.JPG
20120709樽一会 059.JPG
20120709樽一会 068.JPG
20120709樽一会 073.JPG
20120709樽一会 067.JPG
20120709樽一会 075.JPG
20120709樽一会 071.JPG
20120709樽一会 062.JPG
20120709樽一会 081.JPG
20120709樽一会 078.JPG
20120709樽一会 066.JPG

今回のベストショットはやはりこれでキマリでしょう!

20120709樽一会 079.JPG

「浦霞あっての樽一、樽一あっての浦霞。」

スタッフもよくがんばってくれました!ありがとう~

20120709樽一会 082.JPG

次回は記念すべき第70回は11月に開催しますから~

嬉しい門出 ヾ(@^▽^@)ノ

皆さん、こんにちは~しんちゃんです(^^)/

 

週に一度の貴重なブログ当番の日がやって来ました(o^∇^o)ノ

 

樽一ブログも六人体制になりそれぞれの個性を出して

 

賑やかなブログになれば嬉しい限りですから~(^^)/

 

最近、しんちゃんの朝ご飯のレポートがご無沙汰しております。

 

なぜなら、ダイエット前は

 

w.jpg

 

こ~んなことや

 

20101116 008.jpg

 

あ~んなこと

 

肉.jpg

 

そ~んなことまでしおてりました(>_<) が

 

今はすっかり大人になって本日の朝食はこちら

 

20120713 002.jpg 

 

オレンジ1個です。昔の様に朝ご飯をがっつり食べると

 

樽一のパワー賄いが食べられなくなってしまうのです(^^;)

 

お店に出勤してから3時の賄いまでのお腹が鳴る空腹な

 

時間がまた楽しいのです。今日は調理場から何やらカレーの良い香り・・・

 

「あ~お腹空いたな~(*´ο`*)=3 」 

 

 

 さてさて、今日の本題です!

 

先日、樽一の常連さまがある会社の女性社長さんを連れて

 

飲みにいらして下さいました。そして、たまたまその日に出勤して

 

いた樽一のアルバイトスタッフの接客態度を見てその場でスカウト。

 

実はそのアルバイトスタッフは人見知りで、会話をする時や

 

挨拶をするときでさえ人の目を見ることが出来ませんでした。

 

「まずは人の目を見て話すことから始めよう」とアドバイスしました。

 

就職活動でかなりの会社の面接を受けていましたがなかなか

 

決まらず、樽一のアルバイトさえも何度も辞めると言っておりました。

 

そんな彼女がある日を境に仕事に取り組む姿勢が変わったのです。

 

一緒に働く仲間の仕事ぶりをみてスイッチが入ったそうです。

 

それからの彼女は最高の笑顔でお客さまにもスタッフにも接し

 

自分の行きたかったアパレル会社の社長さんの目にとまったのでした。

 

腐ることなくコツコツと自分の目の前にある仕事に取り組んだ

 

彼女自身の努力が身を結びました。樽一店主としてこんなに嬉しい事は

 

ありません。もちろん、社会に出るともっと大変な事は沢山ありますが

 

彼女の持ち前のパワーとガッツで乗り越えて行って欲しいのです。

 

20120713 001.jpg

 

7月9日の樽一会で樽一を卒業。

 

大坪さん本当におめでとう!そしてこれからも応援してますから(^^)/  

このところの僕

こんちわ~~~~~っす(*^_^*)澤谷ッス!!

なにやら「さわやん」とか

「はるきん」とか(金麦のCMじゃないんだから・・・)

おもしろいバトンがまわってきましたが(笑)

 

ズバリ! 僕はどこに行っても「ハルちゃん」

で通っています!

 

ですから、呼び方を選ぶなら・・・

「ハルちゃん」でしょう(笑)

(しかし、自分でこう呼んでくれってのもなんか変ですが・・・)

 

まぁ、そこはご愛敬!

 

さて、最近SoftBankの内川選手に似てるねと

僕のおしゃくれになっている「アゴ」に

注目の集まる今日この頃、

(拳にアゴを乗せるパフォーマンスも練習中)

皆さまいかがお過ごしですか?

 

先日のブログにも書きました「トウモロコシ」が

収穫サインである「髭が茶色くなる」を迎えましたので

刈り取り、食べてみました(*^_^*)

20120712 (1).jpg

とりあえず「塩ゆで」に・・・

 

トウモロコシは刈り取ったときから

「糖度」がどんどん下がって行くため

刈り取り直後が「最も」甘くておいしいんです!!

 

5~6分煮たでしょうか

20120712.jpg

キレイな「黄色」になりました(^^)/

受粉がうまくいかなかったので

身入りが少し悪いのですが

初めてにしては立派に出来たと思います!

 

味は・・・「めちゃめちゃ甘いぃぃぃぃいいいい!」さらに、

「うぅぅぅぅぅぅまぁぁぁぁぁいぃぃぃぃぃぃぞぉぉぉぉぉぉぉおおお!!!」

(味王風です・・・)

ビックリ!自分で作ったかと思うと

さらに美味く感じるところももちろんありますが・・・

 

いつもは、塩ゆですると味が薄くなるイメージなんですが

一粒一粒の味の濃いこと濃いこと!

 

あ、濃いと言えば・・・

隠し酒のコチラも「濃いぃ~~~!」一品(笑)

201207122.jpg

石川県発「宗玄」です!!

口に含むと感じるミネラル感タップリの味わいは

濃い味の旨口。

こんな、雨と天気が交互に続く

すっきりしない日には

どかぁ~~~んと、こんなお酒飲んでみませんか?

 

じ・つ・は

日本酒を勉強し始めのころ

「味」の複雑さが理解できなくて

何を飲んでも「甘い」「辛い」位しか

わかりませんでした。

 

それから約1年・・・

いろいろなお酒を試飲していく中で

僕的に複雑味と強い個性とは

どんな「味」なのかを教えてくれた

(と、いうよりやっと分かる様になったって事でしょうか・・・)

思い出のあるお酒です。

 

ぜひ皆さんも、ご来店の際には飲んでみてくださいね!

あてには・・・

各種揚げ物や塩辛・イカわた醤油漬けなどがおすすめです!

今日もすっきりしない天気ですが・・・

スタッフ一同、お待ち申し上げておりまぁ~す☆

 

 

 

 こんにちはこんばんは。駅の売店に並ぶスポーツ新聞の一面の見出し以外、メディアからの情報を受信しないため、社会から白い目で見られているのでは、と日々おびえながら暮らしている34歳、会社員、山本昌です。
(↑このような生活をしていると、世の中のニュースの1割が巨人、1割が阪神、1割が中日、1割がAKB総選挙、0,5割が万馬券、0,1割が宇宙人、0,01割がネッシー、0,001割がツチノコ、で構成されていると思い込んでしまいますが、実際はもっと色々あるみたいですよ・・・離脱とか結成とか解散とか?)

 先週のブログ開幕戦は、いち大人として恥をかかぬよう、かなり自主規制したかいあってか、いまだ削除されぬまま残っております。ひとえに、理解ある上司のおかげであります。が、どうも文章を書いていると私の中の不穏な何者かがふつふつと余計な闘志をかきたてられ、非常識の限界に挑んでみたくなるようです。
 そんなわけで、みんなの弟'まさのりん'が昨日のブログで残してくれたさわやかな空気を、一瞬にして光化学スモッグで埋め尽くすべく、今日もがんばります。

 

 

 

 ・・・すいません。「光化学スモッグと私」を掘り下げていきたい欲求と戦っていました。なんとか戻って参りました。チーム樽一の突き刺すような目線に、遠巻きに囲まれておりますので、そろそろ店のことに触れる姿勢を見せておくことにします。

  先週自分が書いたものを、吐き気をこらえつつ読み返したところ、オーダーが通ったときに「これは男らしい」と思わず唸ってしまうメニューについて書く、などとふざけたことを言っているので、それをやってみることにします。

 前置きとして、我々調理場に日々オーダーを通してくれるかわいいマシンを紹介します。

PA0_0012.JPG

正式名称は、POS受信システム?でしたか。

P=パチョレック O=オマリー S=ストイチコフ

システム。略してPOSです。

このかわいいマシンが、呻き声をあげながら次々にオーダーを吐き出します。

PA0_0010.JPG

  ストイチコフが呻きながら吐き出す伝票に、我々調理場は一喜一憂、きゃっきゃするのが仕事なわけですが、やはり男らしいオーダーが通ると盛上がるわけです。

 まず基本的なのはこのへんでしょうか。

 

PA0_0007.JPG左端の「TP」は トッピング。

一緒に盛りつけてくれ、というパチョレックからのメッセージです。

塩辛で白飯食うから、のっけちゃてくれ、ってことですね。男です。

ですが、私的にさらに興奮するのは、これです。↓

 

PA0_0004.JPG 

 白飯食うのに身はいらねえ。ワタだけぶっかけて食う。ってことです。

あと、ちょっと上品なのが、これ。

PA0_0003.JPG

じゃこご飯、ですね。

これをちょっとガテン系にするとこれでしょうか。

PA0_0002.JPG

                              肉みそごはんです。

 これまで書いたものは、少なくとも私は見たことがないオーダーですが、これはたまにあります。

PA0_0009.JPG

 

 

 

 

通称「ばくだんライス」ですね。

「ばくだんとごはんを一緒に出してください」というホールの人のメモを、オマリーが伝えてくれています。

 

だいぶ精魂尽き果ててきたので、次で最後にします。(琴線に触れる外人助っ人をひもとくのに、費やした時間が大きかった・・・)

 

最後はコチラです。

PA0_0001.JPG

手巻きライス。

かなりおしゃれです。どちらかというとオネエ系です。

一つ注意点は、伝票がこれまでと逆になるという点でしょうか。

  PA0_0006.JPG

ごはんが上ですから~。

 

 

 

 

   長々と失礼しました。

 このような内容のものを仕事中に同僚や上司の目線の中やってのける精神力を評価していただければ幸いです。

 明日は、ちょっぴりおちゃめでセクシーな樽一の主人公、はるきん(さわやん?どっちがいいですか?)が、心のこもったブログをお送りしますので、今日はホームページリニューアル中ということで、ご勘弁を。

 樽一の連勝ストッパー、しんちゃんじゃないほうの佐藤でした。

 

 

どうもこんちは「みんなの弟」石田です。

 

昨日は第69回樽一会ということで、今回も沢山の方にご来店いただきました!

刺し盛用の鮮魚が時間になっても届かないというハプニングもありましたが

なんとか無事に終えられたかと思います。

昨日の会の詳しい様子は後日このブログで紹介されると思いますのでお楽しみに!!

 

さぁわたくし石田は今刺し場を担当していますので

今日は樽一に届く鮮魚のお話しをしましょう!

 

只今樽一では、

和歌山・御坊

鹿児島・阿久根

長崎・五島

の三カ所の漁場から産地直送で鮮魚を仕入れています。

ちなみに今日は和歌山からでこんな感じ

 

20120710 (3).JPG 

発泡スチロールのフタを開けるときには毎回

どんな魚が入っているか、福袋を開ける時のようなワクワク感があるのです!

 

20120710 (2).JPG 

あじ、真鯛、イナダ、太刀魚、いさき等々

今日もどの魚も目が澄んで身もピンピンにはっていますよ☆

(ちなみに今日の石田のイチオシはあじ!

かなりいいです!!

歯ごたえ感じて!!!

旨味感じて!!!!

今日樽一にお見えになる方はぜひ!!)

 もちろんあじだけじゃなく他の魚もオススメなんですけどね。

真鯛も身がバリバリにはってるし、太刀魚は焼霜で香ばしい香りだし、

うまづらは肝ポン酢で濃厚かつさっぱり、

トビウオなめろうでねっとりした食感味わってもらいたいし、

いさきは旬でシャッキリプリプリだし、、、、、

 

 

うーんおすすめしたいのはまだまだあるけど書ききれないので

このへんで。

とにかく毎日よい素材をよりおいしく味わってもらうために

わたしも取り組んでますんで

樽一にお越しの際にはぜひお刺し身を!!

もしもどれにしようか迷ったときはホールスタッフに

「石田のオススメ教えて!!」

って聞いてもらえば石田も喜んで惜しみなく

一番うまいと思うの教えちゃいますけん~

 

ではまた来週!! 

 

あっついからか?

こんにちは。金岡です(^_^)

毎日、ジメジメ暑いですね~。

梅雨ですから仕方がないんですけどね~

 

ま、こんなあっつい日曜日は

おっされ~に

グレープフルーツとベランダで摘んできたミントを使って

20120709 (1).jpg 20120709.jpg

こんな素敵なカクテル?でも呑みながら作りますかね?

 

あ・れ・を!

 

あれって、なんじゃい!

 

モツ煮でーす♪

 

なんでモツ煮かって?

 

えーそれはですね、モツ焼流行の昨今

モツ煮は数あれど、なっかなかおいしーモツ煮にお目にかかれない!

 

というのも実家の父が作るモツ煮がおいしすぎるのです。

 

でもね、モツ煮は実家でもレギュラーメニューではなく

私たち兄弟が食べたいよーーーーー!と言って作ってくれるモノなのです。

 

なので、自分で作ってみることにしました。

まずは、新鮮な生モツを手に入れなければなりません。

 

生!が重要なのです。

以前に、何度かどーしても食べたくて

茹でモツで作ったことがあるのですが、ボソボソでおいしくない!!

 

というわけで、上野まで仕入れに!

東上野コリアタウンにある「上野肉店」さんへ

一口に「モツ」といってもたくさんの種類があります。

父にリサーチしたところ、ウチでは「大腸」を使っているとな。

で、生の大腸 1.2Kg をお買い上げ~。

さっそく、お家に帰って調理開始です!

 

注意 ここから先はあまり美しくない画像が添付されます。

    ご気分の悪い方、生のモツはちょっと見たくないな・・・

    と、おっしゃる方はお気をつけ下さいましね(笑)

 

まずは、最初のポイント!

20120709 (24).jpg

モツの下処理です。

コレをしっかりしないと、臭いモツ煮になっちゃいますからね。

まず、買ってきたモツの脂を取り除きます。

20120709 (23).jpg

脂は適度に残っていた方がおいしいですが、

ありすぎると脂っこくて・・・

今回のはあんまり脂が残ってなかったので

気になるところだけ調理ばさみで切り取っていきます。

 

そうしたら、コレをボウルに取り、

小麦粉と塩で洗います。

20120709 (16).jpg

 

モツに、小麦粉適量と塩、水をすこーし入れてよくもみ洗いします。

20120709 (21).jpg 20120709 (20).jpg

 

臭みを残さないようにしーーーーーーーっかりもみ洗いをしたら

流水でよく洗い流します、

水が濁らなくなるまでよーくよーく洗い流したら

一口大にカットして鍋に入れ

20120709 (19).jpg

 

タップリの酒と水で煮ていきます。

20120709 (18).jpg

 

火にかけるとたーくさんの灰汁が出てきますので

コレを丁寧に取り除いていきます。

20120709 (17).jpg 20120709 (15).jpg

この灰汁取りも大きなポイントです。

コレも臭みの素なのでしっかりしっかり取り除きます。

 

そおして、いい加減灰汁が出なくなったら

 

ちょっと、味見

このままだと、茹でモツですね~

20120709 (12).jpg

うん、臭みもなくおいしー。

 

さて、味付けをしていきます。

20120709 (13).jpg 20120709 (14).jpg

にんにくをたっぷり4かけ分すりおろしと、

20120709 (11).jpg

味噌で味をつけて(最初は薄めに味付けします。)

 

あとは、ひたすら煮込む!

途中で生姜、大根、豆腐、こんにゃくなども入れて2時間ぐらい煮込みます。

黒胡椒もタップリと。

20120709 (7).jpg 20120709 (5).jpg

 

で、煮汁がとろりとなってきたら

味を見て薄いようなら味噌を足して、香り付けの醤油を少し。

味を調えてできあがりで~す。

 

きざみネギをタップリのせていただきまーす。

20120709 (2).jpg

 

やっぱり、これにはビールだよね!

と、いいながらタップリビールも呑んじゃった日曜日でした。

 

と、本日7月9日(月)は、第69回 樽一会

のため、貸し切りの営業となります。

通常の営業は行いませんのでご了承くださいませm(_ _)m

 

第69回樽一会のお知らせ

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

いやぁ~樽一瓦版も新たに石田と佐藤が加入し、

1週間ぶりのブログです。

6人でお送りする樽一瓦版はいかがでしょうか?

楽しんでもらっていますか?

さてアタクシごとをまずひとつ。

ウチの小学校6年生の長女がとうとう携帯デビューをしました。

20120706 003.JPG

このご時世、どこのお子さんもお持ちでしょうが、

ウチの場合必要がないと夫婦で判断していましたが、

いよいよ購入しました。受験生の長女はこの時期になると

塾での帰りも遅くて21時を過ぎることもしばしば・・・

持っているお友達から「携帯電話で親とどんな約束事をしているのか?」

色々と参考にさせてもらい、ウチならではの約束事を作りました。

これでウチの社長夫婦にも長女のメル友になってもらい、

沢山の大人達で年頃を向かえる娘の成長を見守っていきたいと思います。

さて、来週の月曜日は年に3回開催されます樽一会です。

_DSC1872.JPG
(第68回樽一会より)

今回で69回目を迎えることができました。

今回の参加蔵は我らが浦霞と静岡の開運、

初参加は福島の会津娘、長野の豊賀です。

そして樽一会会長に小泉武夫先生の就任式がございます。

20110721 001.jpgのサムネール画像のサムネール画像

なのでこの日は貸し切り。どうか御了承下さいませ。

話変わって、以前ご紹介した四季火土さんでの酒器が出来上がったと

連絡を受けて世田谷砧に我々は行ってきました。

20120706 025.JPG

陶芸家の矢野さんに合う前に、まずは展示してある作品を拝見。

20120706 026.JPG

やっぱりいいですね~♪ ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

そして奥へ潜入。矢野さんと久しぶりの再会。

20120706 027.JPG

出来上がった盃を見せて頂くことに・・・

20120706 028.JPG

今回は新色をかなり取り入れたので今までとは斬新!

それから片口ちょこもご覧の通り。

20120706 030.JPG

その中からセレクトしてこちらに決めました!

20120706 031.JPG

樽一のためだけに焼いてもらった美しい酒器は

ここに写っているのはほんの一部に過ぎません。

そこでお知らせ。

来週の7月9日(月)の第69回樽一会で四季火土の酒器を

半額セールで販売しちゃいます!

20100724 003.jpgのサムネール画像のサムネール画像

それと新樽一Tシャツも販売中!

535023_415693215141058_1480103261_n.jpg
283731_415693965140983_657671603_n.jpg

この機会にぜひともいかがでしょうか?

いざ、お墓参り~巣鴨~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

樽一ブログも6人体制となり一週間に一度の出番です(^_^;)

 

4月末から始めた店長の奥様の「チェンジモアビューティー」での

 

ダイエット。こちらのブログでも公言しておりましたが、ついに先日

 

全20回のプログラムが終了しました。結果は70キロが

 

20120706 003.jpg

 

マイナス5.3キロの64.7キロへ。

 

20120706 004.jpg

 

21%以上あった体脂肪率がマイナス6%の15.1%。

 

内蔵脂肪も10%から7%へと減りました。

 

20120706 002.jpg

 

2ヶ月半でウエストは86㎝から76㎝へ。

 

お陰で今までのズボンは全て捨てました(^_^;)

 

もちろん、飲んだり食べたりは止められないので

 

リバウンドしないようジョギング、筋トレは続けて行きますから~

 

三浦好美トレーナー本当にありがとうございますm(_ _)m

 

 

 さてさて、明日は七夕ですね。私にとって七夕は

 

樽一先代社長 佐藤孝が突然亡くなった忘れられない日

 

なのです。あれは今から9年前の7月7日。いつも通り

 

早朝元気に二人で築地に買い出しに行き、荷物を

 

トラックに積み込み私はお店へ、父は自宅へと向かいました。

 

それが最後の別れになるなんて思いもしませんでしたが

 

なぜか別れ際に私が父へ「大丈夫!これからの樽一は何とかするから」と

 

言ったのが最後の会話でした(T_T) 当時の樽一は2001年の

 

歌舞伎町の火災の後急激に客足が落ち込みどん底の経営。

 

長年樽一を続けて来た樽一創業者でさえどうする事も出来

 

なかったのです。 先代はそのまま家に帰り、いつもの蕎麦屋で

 

ビールと蕎麦をすすり、いつもの様に昼寝をしてそのまま急死。

 

何の引き継ぎもすることなく、呆然と父の書斎に座っていた

 

事は忘れることが出来ません。

 

20120706 006.jpg

 

先代のお墓は巣鴨にあるので走ってでも行けます。

 

もちろん、節目節目でお墓参りをするのですが

 

もう一人必ず我々が行く前に先代へ墓参りをしている人が

 

いるのです。その人の名は三浦康之。樽一の店長です。

 

我が社に入社する前から何かある度に必ず先代へ報告に

 

来るのです。彼は間違い無く先代が樽一へと引き寄せたんだと

 

確信しています。

 

 私も今日改めて先代に「これからも樽一の志は貫き通す」と

 

誓って来ました。もっともっと語りたい事が沢山ありますが

 

続きはまた、ゆっくりとお話ししますから~(^^)/ 続く

日曜農夫☆

ちわ~~~っす!!澤谷です!!(^^)/

1日1日、暑くなってくるこの頃。

早く、梅雨のジメジメから抜け出したい!!と

切に願う今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?(笑)

 

さて、ず~~~~っと前のブログにて

お庭に野菜を植えたお話しをしましたが

(覚えてる方・・・いらっしゃいますかね!?)

 

念のため、植えた当時の写真も載せてっと・・・

201207051.jpg

 

それが今こんなになりました☆

201207052 (2).jpg

手前は「トウモロコシ」・右側が「胡瓜」です。

トウモロコシの影が「ミニトマト」です!

 

コレは胡瓜の赤ちゃん♪

20120705 (2).jpg

コレが・・・

 

201207052 (1).jpg

こんなになるんですよ(^_^)v

 

お次は樽一でも大好評の「水なす」です☆

20120705.jpg

収穫はもう少し先ですかね~(>_<)

 

「プチトマト」もこんなに鈴なりになりました!(^o^)

20120705 (1).jpg

 

トウモロコシも・・・

201207052.jpg

もうすぐ収穫ですね☆

 

自分で調べて、手をかけ暇をかけ

出来上がった野菜を食べるのも楽しみなんですが

通りがかりの方々に「大きくなったね」とか

「育っていくのが楽しみでね!」とか

「いつも見てるんだよ!」なんて

声を掛けていただくと、

なんだか褒められてるみたいで

うれしい気分になります(^_^)v

 

みんなに見られていると思うと

枯れたりさせられないですからね(汗)

 

やってみると、以外にはまってしまい

しばらく、続けることになりそうです(笑)

 

お金もかからず、体も使って最後に食費の浮く

とても「エコ」な「日曜農夫」皆さんもいかがですか!?

なぁ~~~んてね☆

 

それではまた!!

 全国の樽一ファンの皆さん、通りすがりの皆さん、はじめまして。
 隣の信号が赤に変わるタイミングを横目で見ながら、これから渡る信号を、「青に~、なれ!」と叫んで青に変え、長男に尊敬の眼差しで見上げられて悦に入っている34歳、佐藤弘充と申します。 
 さて、自己紹介です・・・。自分の書いたものを数ヶ月後に読むと吐き気がする私としましては、このような大層な場所に足跡を残すのは、大変な心労をともなう作業です。よって、皆さまの記憶になるべく留まらないような、極めて内容の希薄なものを書いていくつもりでおりますので、どうか、週に一度、我慢してお付き合いくださいますよう、お願いいたします。
 
 それでは、自己紹介、行きます。                                  

 最近の座右の銘は、「まじめにふまじめ」。(怪傑ゾロリより)

2012 07 04_0001.JPG

 

尊敬する有名人は、ルイコスタ、森山良子、山本昌、です。

 

thCA273OZ1.jpg

thCA6JD8JG.jpg thCADCWOMA.jpg

お気に入りの樽一メニューは「いかわた醤油漬け」。

好きな鍋のサイズは36cm両手鍋、
好きな照明はペンライトです。

M_d3a3a87ca4eb6cd1dd21f932d19605c1.jpg 
 

 

 小学生の時など、ニコニコマンと呼ばれるほど周りの人々から親しまれていた私が、「友達ってどうやって作るんだっけ?こんなに大変な作業だったか?・・・・・もう、いいか。」と気づいてしまったのは高3の頃でした。それ以来、奥底に眠っていたダークサイドばかりが豊かに育ってしまい、このようなブログを書いている次第であります。

 そんな私が家庭を持ち、かろうじて社会の一端に加わることができているのも、全ては、以前に勤めさせて頂いた「吉祥寺車屋」「清河園蜻蛉亭」様のおかげです。

 自己紹介、終わります。これが私という人間のほぼ全てだと思ってください。

 もし次回があるならば、オーダーが入ってきた時に「これは男らしい」とうなってしまう樽一メニューについて書くしかないか、と今は思っています。

 

 

 P.S (ってアイドルみたいだ・・・↑)

 さる高名な方に、週末は頭のネジを外して過ごすよう言われて開眼した私ですが、外したネジの戻し方がわかりません。どうしたらいいでしょうか?

 

   

 



 

はじめまして石田ですー

こんにちは。初めまして。

石田政徳と申します。

 isida.jpg

これまで社長、店長、金岡さん、澤谷さんの4人でお送りしてきました樽一瓦版ですが、

今月から調理場スタッフである私石田と佐藤さんも参加することになりました!

つたない文章力ですがこれからどうぞお付き合いよろしくお願いします。

 

第一回目ですので今回は自己紹介をさせてもらいます!

おまえの素性に興味ねーよ!!って方もそこはどうかぐっとこらえて。。

 

以前にも当ブログにて軽く紹介してもらったことがありますが、

福岡市博多区出身28歳独身健康男児でございます。樽一最年少みんなの弟です。

 

高校卒業後、大学進学のため上京。学生時代のアルバイトの経験から飲食店、居酒屋に興味を持ち調理師専門学校に進みます。

 

就職先を探して学校に届く求人票の中から自分が興味をひかれる一店を見つけ、そこへの就職を決意。

「大塚 三浦屋」

ご存じの方も多いでしょうが樽一の三浦店長の実家です。

(ですからわたしは樽一に入社する何年も前から店長のことと樽一のことは知っていたわけです。

当時はまさか自分が樽一に勤めることになるとはまったくもって思いませんでしたが)

 

三浦屋に3年半勤めてその間に、自分の当面の目標であった

東京都ふぐ調理師免許も取得でき充実した日々でした。

しかし居酒屋で働いてみたいという思いも持ち始め、

三浦屋の店長や先輩にも相談したところ、「樽一が若い板前を探しているから移ってみないか?」

という話しをいただき、迷いもありましたが樽一で働くことにしました。

 

 (あー。。はじめてのブログ疲れてきた。。。もうちょっとだ)

 

そんなこんなで樽一に移ってきて1年弱という短期間で

焼き場、揚げ場、センター、刺し場とめまぐるしく様々なポジションを経験させてもらい

みんなからもいじられ可愛がってもらい楽しく働いてます!!

 

これからこの瓦版で調理場スタッフならではの裏話、オススメ情報なんかを

発信していきたいとおもいますのでよろしくお願いします!!!

 

 

20120703.JPG 

 

まったり日曜日♪

こんにちは。金岡です(^_^)

お天気の良かった先週から一変。

昨日からの生憎の雨。。。。

梅雨空が戻って来たようですね。

 

ウチの梅干しはカビもでずに順調でございます。

このまま梅雨明けまで乗り切れるといいのですが。

 

先日漬けた紅生姜もこーーーんなキレイな色に染まりました。

20120702 (3).jpg

ほんと、天然の色で鮮やかな赤色に染まるのはビックリです。

 

このキレイな色を生かしてサラダのトッピングに散らしてみました。

20120702 (2).jpg

サラダに使っているレタスはうちで育ったレタスミックス。

更にその上のトッピングも、うちで育ったジャワ唐辛子をきざんでみました。

しらすの白にピンクと緑が映えますね~。

 

こんなんで一杯呑み始めちゃったわけでもう一品

雨が降り出さないうちに!!と、午前中から自転車をすっ飛ばして

スーパーオオゼキへ!

一体何人分の買い物なんだ?と買い込んだ中から

20120702.jpg 

 

鮪の中落ちとアボカドを使って。

2年前に漬けたニンニクの醤油漬けがようやくよい感じに漬かったので

コレもプラス。

20120702 (12).jpg

アボカドと鮪のサラダです~。

ニンニクの醤油漬けがいいアクセントになって

酒がすすみますな~(^o^)

 

さて、青梅のお値段がだーいぶお安くなってきましたね。

コレを使ってこれからの暑い季節にピッタリな

シロップと青梅酢を作りたいと思います。

 

青梅は梅干しの時と同様によく洗いましょう。

ヘタも取ります。

20120702 (11).jpg

コレをよくふいて保存瓶に入れまーす。

一つは氷砂糖と交互にいれてっと。

20120702 (9).jpg

も一つには氷砂糖少々でお酢をタップリ。

このまま熟成させます。

1ヶ月くらいすると、梅ドリンクの素と梅シロップが出来上がります。

あっつい季節には炭酸割りでいただくと、さいこーにオイシー!

そして、梅のクエン酸効果で疲労回復にモッテコイですね。

 

今日はも一つ作っちゃいましょう。

20120702 (8).jpg

これは梅ではなく、生の杏です。

あんまり見かけないですよね。

こないだ八百屋さんで発見して思わず購入しちゃいました。

 

これも梅と同様に洗ってから水気をふいて保存瓶へ

氷砂糖を加えて、ブランデーを注ぎまーす。

20120702 (6).jpg 20120702 (5).jpg

これは、1年くらい熟成させた方がおいしくなるそうなので

気長に熟成させてみたいと思います。

 

あーーーー、早く梅雨明けしないかな~。

ウェブページ

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。