2012年2月アーカイブ

リニューアルオープン!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

いやぁ~早朝の地震警報は久しぶりにドキッとしました。

何事も無くてよかったですね・・・

今日は生憎の雪模様。

残念ながら、本日のジョギングとチャリ通はお休みです。

いよいよ明日からは3月。

我が家でも簡単ではありますが、お内裏様とお雛様を飾りました。

20120229-1000.jpg


この人形はカミさんの祖母から受け継がれています。


いつかウチの娘がお嫁に嫁いで女の子が生まれたら

飾ってくれる日がきてくれればいいなぁと考える今日この頃です。


さて、2月25日(土)に三浦屋時代から引き続きお取引させていただいております、

足立区にある酒屋が引っ越しされてリニューアルオープンしました。

今までの場所はお世辞にも電車で行ける場所ではありませんでしたが、

舎人ライナーで行ける場所に引っ越されたのです。


で・・・西巣鴨在住の社長とアタクシは地元のローカル電車、

「都電荒川線」に乗って舎人ライナーの熊野前駅まで向かうことに。

20120229-1.JPG



そこから江北駅まで乗り歩くこと約10分。

見えてきましたよ!

 

 「KAKINUMA」です。

20120229-3.JPG



入り口には十四代や磯自慢の蔵元からお花が飾られていました。

20120229-11.JPG

綺麗な店内には樽一のお花も飾られてました。

20120229-9.JPG

最近の日本酒はとにかく生酒が多いので店内の冷蔵庫もご覧の通り。

20120229-5.JPG

我が浦霞もたくさんディスプレイされています。

20120229-6.JPG

久しぶりにかき沼酒店の社長さんにもお会いすることができました。

20120229-8.JPG

「佐藤さん元気かい?昔お父さんによくいじめられてねぇ~」と

こちらも久しぶりの再会に茶目っ気たっぷりに話が盛り上がりました。


それからご子息の専務さんに店内を案内していただきました。

こちらは一般客がまず入れない裏の倉庫です。

20120229-13.JPG

こちらの並びにも大きなショーケースの冷蔵庫と

大型プレハブ冷蔵庫が完備されています。
(写真は控えさせていただきます。)



見てください! ↓ ↓ ↓


20120229-14.JPG

これ全部、田酒特別純米の山です。

なんせ、かき沼さんは田酒を東京に広めた第一人者。

詳しくは「てんちょうの冷蔵庫」でどうぞ・・・

さらに2階も案内していただきました。

20120229-12.JPG

こんだけ広けりゃお酒のイベントも出来ちゃいますね。

最後は柿沼社長と記念撮影。

20120229-15.jpg

帰りはわざわざ社長さんが王子駅まで送ってくださいました。

車中、かき沼酒店のエピソードを色々とお話ししてくださり、

以前の場所が不便なため、来店したお客様がお酒を購入してくださると、
 
うれしさのあまり赤羽駅まで車で送って儲けが出ないこともよくあったそうです。

それほど今のように地酒が普及しなかった頃は大変だったようです。

社長さんにお会いして感じたことは心底お客様を大切にする気持ち。

その気持ちは出会った15年前も今もなんら変わりはありませんでした。

先代の佐藤社長もそうでしたが、地酒の今日があるのは

こういう方々あっての賜であります。

しっかりとこの気持ちを胸に受け止めて今後も変わらぬ情熱で

日本酒を広めていきたいと再認識ができました。

ちょっと遅い新年会。

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

今朝も寒かったですね(>_<)そんな寒い日の朝ご飯は

 

2012028.jpg

 

キーマカレー(^_^)v豚の細切れをミキサーでみじん切りにして

 

タマネギ、人参もミキサーへ。後はフライパンに

 

みじん切りした豚肉、野菜を入れカレーのルーを

 

半分乗せて、お水は少々。蓋をして待つこと15分で完成(*^_^*)

 

いやぁ~朝から元気モリモリです。

 

 

さてさて、昨日の澤谷ブログの続きをやります。

 

2012028 023.jpg 

 

大塚駅に集合した一行は店長宅に向かいます。

 

すると通り道に公園が・・・子供達にかこ付けて

 

「しょーがねーなぁ~」と言いながら子供ほったらかしで

 

夢中で遊ぶチーム樽一。

 

妻から電話が入り、仕方なく「今、帰りま~す(T_T)」

 

2012028 002.jpg 

 

ようやく集合して乾杯です。

 

2012028 003.jpg 

 

今回は鉄板焼きに

 

2012028 007.jpg

 

味噌仕立ての牡蠣鍋。お味噌は佐藤家母の手作り味噌。

 

2012028 001.jpg

 

前回の澤谷ブログの「炙り〆アジ」

 

2012028 018.jpg

 

澤谷宅からマイバーナーを持ち込み炙っておりましたw( ̄o ̄)w オオー!

 

後ろにちらっと見えるのは常連さんから頂いた澤ノ井の「春の雪」

 

2012028 019.jpg

 

こちらも常連さまから頂いた萬寿鏡「甕覗(かめのぞき)」

 

2012028 020.jpg

 

「こんなに呑めるかな~」なんて心配をよそに直ぐに空っぽ(^^;)

 

皆さん、ごちそうさまですm(_ _)m

 

2012028 008.jpg

 

宴もたけなわになり澤谷のアルゼンチンバックブリーカー炸裂!

 

2012028 005.jpg 

 

 三浦家恒例二女の柔道タイム。

 

2012028 006.jpg 

 

 やっぱりコテンパンです(>_<)

2012028 015.jpg

 

何故かバランスボールでサッカーやドッチボール(^^;)

 

2012028 016.jpg 

 

20年ぶりに突き指しましたから~Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

2012028 012.jpg 

 

家族を交えて、そんなこんなの楽しい一時。

 

チーム樽一は無事新年会?を終え元気一杯

 

皆さまのご来店をお待ちしておりますから~(^^)/

一品持ち寄り。

こんちわ~~~っすヽ(  ´  ∇  `  )ノ澤谷です!

いきなりですが、ようやく髪の毛をバッサリ切れまして

念願かなって、サッパリいたしました。

が、今まで長かった分・・・

頭が寒い(ノ゚ο゚)ノ

(慣れるまでは、帽子かぶっとこっと。)

 

さて、今日は店長の自宅で「樽一新年会」を開催する日です。

参加者は料理を一品持ち寄ることになりました。

(何つくろっかな~~~~)と前日から悩んでおりましたが

誰も魚介系の持ち寄りがないようなので

簡単で旨い「炙り〆鯵」を作ることにしました。

 

さぁ~~そうと決まれば買い物・買い物っと!

20120225 014.jpg

自宅近くの業務スーパーに入っているお魚屋さんが

かなり新鮮でそこそこ安いので、よく利用しています。

 

20120225 015.jpg

お目当ての「鯵」ちゃんがいましたよ~~ヾ(〃^∇^)ノ

三匹購入。今日は時間が無いから3枚におろしてもらいます。

よし!家に帰るぞ~~ε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛

(急がないと時間が足りなくなる!)

 

到着したらすぐに作業開始!

まずは、残った骨を抜き取ります。

20120225 016.jpg 20120225 017.jpg

次は塩で締めます。

20120225 018.jpg

表も裏もまんべんなく「塩」をふります。(このまましばらく冷蔵庫に)

 

適度に時間がたったら次は酢じめします。

20120225 019.jpg

塩は洗い流して、タップリのお酢に漬け込みます。(またもや冷蔵庫へ)

 

「さあ、今度は宴会前の腹ごしらえだ~~急げ~~~!」

と、やって来ましたのは生田駅前の「味良」(みよし)さん。

かなり久しぶりに来ました。

えっ!?これから宴会なのに飯食うのかって??

・・・だって飲む前にお腹を膨らませておかないと、

ベロンベロンになっちゃうから・・・(^_^;)

20120225 020.jpg

定番のチャーハン。・・・つづいて「上海めん」(コレが好物!)

20120225 022.jpg

さっそく「いただきま~~すヽ(^◇^*)/ 」

20120225 023.jpg

香ばしく焼き目を付けた麺に、あっつあつの鶏ガラダシの餡がからんで

うま~~~いヾ(@^▽^@)ノ 

・・・そんでもって、お供はもちろんコレ!!

20120225 021.jpg

グビッグビッと喉に流し込めば「幸せだぁ~~~O(≧▽≦)O」

・・・っとゆっくりするのもつかの間・・・・

荷物をまとめていざ店長の家へ!

その時の様子は・・・きっと社長か店長がブログに書いてくれるはず・・・

(僕は写真を撮らなかったから・・・(汗))

 

因みに「炙り〆鯵」完成品はこちら!!

20120225 026.jpg

鯵をお酢から出して、皮をはいで切って盛りつけたら

バーナーで表面を炙ってから、レモンを搾って

小葱と胡麻を振りかけて、お醤油を回しかけたら

はい!完成!!(●⌒∇⌒●)

評判は上々でした!(よかった~~~)

 

今回はなんにも無くさずにお家にかえれました。(めでたし、めでたし)

 

 

 

たまにはこんな変り鍋

こんにちは~金岡です(*^_^*)

 

寒いときは鍋に限りますね。

樽一でも 「鯨のハリハリ鍋」をはじめ、

「かき鍋」 「あんこう鍋」 「ねぎま鍋」といろいろご用意しております。

 

こないだの日曜日は

ウチの妹と一緒に「イトーヨーカドー」へ買い出し?に。

 

寒いから、なんか鍋にしたいね~。

なんて、話しながら店内を物色。

人の多さに戸惑いつつも、うろうろしていたら、

鮮魚コーナーで1000円の真鯛を発見!

 

これで、鯛鍋 にしよう!

と、話がまとまったのでした。

 

で、早速?3枚におろしてもらって帰りましょ-。

まずは、鯛のあらに塩を振って余分な水分を抜きまーす。

20120225 012.jpg

 

5分くらいたったら、流水で良く洗ってグリルでこんがり焼きましょう。

そしましたら、土鍋に移して昆布とお水を入れて、お出汁をとります。

20120225 005.jpg

 

これで、いいお出汁が出るのです。

あとは、鯛の身半分使って鯛真丈を作りまーす。

 

鯛の身は、細かく叩いて

20120225 010.jpg

 

すり鉢に移します。

粘りが出るまですり、すりしたら

20120225 009.jpg

 

水切りしたお豆腐半丁

20120225 008.jpg

すりすり

ここに調味料、塩・すこーしの醤油・片栗粉・卵なんてのも

入れてみましょう。さらに、すりすり

 

20120225 007.jpg

 

あとは、お鍋で煮るだけですね~。

 

今回は、お野菜もタップリ!

にんじん、大根はピーラーで薄く削って

あとは、ほうれんそう

20120225 004.jpg

おまけのあさりも入れましょう。

 

20120225 003.jpg

 

ビールで乾杯!

後ろでこっそりパンダが・・・・・

 

20120225 002.jpg

 

お鍋もそろそろいい感じ~

 

今回は、ナンプラーに香菜タップリの

エスニックダレでいただきます。

20120225 001.jpg

 

これが、サッパリしてるから、いくらでもいけちゃいますです。

 

ここで、このエスニックダレの作り方を簡単に。

まずは、お酢に少し多いかな?位のお砂糖を加えてまぜまぜ。

ここに、ナンプラーをたらり。

(ナンプラーは物によって塩加減が全然違うので、少しずつ加えてください。)

ねぎ、しょうが、にんにく、香菜のみじん切りをたーーーーーーーっぷり

入れて、できあがりですよ。

魚介だけじゃなく、お肉もあいます。

 

このお鍋の〆は春雨!タップリ入れて、

お鍋のスープの旨味をのこさずいただいちゃいましょ。

 

はぁ~お腹いっぱい!

「てんちょうの冷蔵庫」更新しました!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


本日は春のように暖かいですね・・・

気持ちよくジョギングをしてからチャリで新宿に向かいました♪


昨日は今日と打って変わって生憎の雨。

じつは昨日、社長と二人で国際展示場で開催されています

厨房設備機器展」に行ってたからなのでしょうか?

20120224-1.JPG

これから出店するにあたり、最新設備を見ておこうと

各ブースで色々なメーカーさんにお話を伺いました。

20120224-2.JPG

こちらは日本酒を劣化させずに自動でショット売りする機械。

20120224-3.JPG

浦霞があったので試飲してみることに・・・

20120224-4.JPG

さすが最新機材!マイナス5℃~プラス5℃まで温度管理が出来るそうです。


こちらは長野のオーベルジュ「トロイメライ」のオーナーで我々のアニキ分

西野さんが発明したワインサーバーも展示してありました。

20120224-5.JPG

ワインが空気に触れることなく提供できるスグレモノです。

買い物と一緒でやはり目的を持って見ると見方もだいぶ変わりますね。



さてさて、本日「てんちょうの冷蔵庫」を更新しました。

早瀬浦.JPG

今回は福井県の漁師酒「早瀬浦」です。

こちらの蔵元とも昨年6月に行われた北関東、東北復興イベントで

お会いすることができました。

チャリティ試飲会 019.jpg

いつかは樽一で扱いたかった銘柄のひとつでありました。

雑誌でしか見たことのない蔵元にお会いした印象は

とても気さくで情熱家の12代目でした。

海の近くで醸す酒は魚料理に合わないわけがありません!

いつか樽一会で皆様にお会いできる日がくればイイですね・・・

久須美酒造訪問~番外編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

すこ~しずつ春の風が吹き始めましたね(*^_^*)

 

 

 新潟の久須美酒造訪問ブログもこれが第三弾!

 

念願の久須美酒造訪問で店長もテンション上がりまくっております。

 

今回はしんちゃんがレポート致しますから~(^^)/

 

蔵見学と利き酒をしっかりと済ませた我々は久須美さんの

 

ご案内で長岡駅へと向かいました。地元の居酒屋で一杯のつもりで

 

おりましたが、到着した先はホテルニューオータニの「胡蝶」さん

 

ジーパンにスニーカーの我々は冷や汗タラリ(^^;)

 

2012023 001.jpg

 

乾杯からいきなり「亀の翁」の登場 才才-!!w(゚o゚*)w

 

お淑やかな香りと落ち着いた味わいはさすがです。

 

2012023 003.jpg 

 

山菜を煮た「煮菜」は優しい味わい。「ギンバソウ」の

 

歯ごたえとさっぱりとした味わいにいきなりやられました(>_<)

 

2012023 004.jpg 

 

手前は「モロコ」の南蛮風、奥は「えご海苔の酢味噌和え」で

 

透明感のあるえご海苔と酢味噌がナイスな組み合わせ。

 

2012023 005.jpg 

 

新潟名物「菊鮭寿し」の登場。初めて食べたのですが

 

菊の彩りと銀鮭の旨みに脱帽。

 

2012023 006.jpg

 

ブリの粕汁で体を温めて、

 

2012023 007.jpg

 

蕗のとうの天ぷら、小鉢はズイキ、右の手前は

 

蛸とあずきを合わせた物。まさか蛸とあずきが

 

こんなに相性が良いなんてびっくりですw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

2012023 008.jpg

 

メインは和牛のステーキ。

 

全てのお料理と「亀の翁」や「清泉」のお燗がピッタリ。

 

しっかりと麹を造るとお酒が出しゃばる事無くこんなにも

 

料理を引き立てる事を身を持って体感しました(*^_^*)

 

何よりずーっと熱~く語りかける久須美専務のお酒に対する

 

情熱がビンビンに伝わり、この想いをお客様に伝えるのが我々の

 

使命だと再認識しました。

 

地元の食材にこだわった料理長の心意気にも感謝ですm(_ _)m

 

2012023 011.jpg 

 最後は大沢料理長を囲んで記念撮影。

 

料理長、久須美さん本当にお世話になりましたm(_ _)m

 

こうして中身の濃い蔵元見学を終え最終新幹線で

 

一路東京へ向かったのでした!≡≡≡ヘ(*--)ノ

けーくされ??

こんちは~~~~っす(* ̄∇ ̄*)澤谷っす!!

最近、空気の乾燥がひどくないですか?

顔や手も(鼻の中も)乾燥してがびがび(┯_┯)

生来、クリームやリップが嫌いな僕は(ヌルヌルが嫌)

ガビガビのままで~~す(笑)

皆さんはちゃんとケアしてくださいね!(してますよね普通)

 

さて題名でもある「けーくされ」・・・

嫁さんが「晩御飯に作る!」と教えてくれたんですが・・・

 

とっても無知な僕は、最初に頭にひらがなで浮かんでしまい、

続いて、「けー腐れ」と脳みそが勝手に漢字変換。

「なんだそれは???食い物なのか????( ̄Д ̄;;」

と・・・嫁さんに聞いてみると

 

『正確には「ケークサレ」。フランスの塩ケーキとも

いうべきご飯にもおやつにもなる一品で

最近、砂糖を使わないのでヘルシー志向の女性に

人気があるんだよ~~・・・って言うか

(怒)食べ物です!!バキッ!!(  ̄ー ̄)=○() ̄O ̄)アウッ』

 

疑ってすいませんでしたm(_ _;)m

そんなこんなありつつ、調理がはじまりました!

まずは中に入れる具材を切ります。

20120221 008.jpg

コーン・ハム・アスパラ・たまねぎ。

これらを、バターで野菜が少ししんなりするまで炒めます。

続いては「生地」の用意。

20120221 009.jpg

まずは全卵をハンドミキサーで攪拌。

よ~~~~く混ぜます。そんで「塩」投入!

それから小麦粉(今回はホットケーキミックスですが)を

三回くらいに分けて混ぜます。

20120221 010.jpg

粉っぽさがなくなる様に混ぜたら、先ほどの

炒めた具材を投入して混ぜ合わせます。次は・・・あれ?

・・・ガ~~~~~ン( ̄□||||!!

まさかの携帯電池切れ。カメラモード完全に機能停止(泣)

この後は、オーブンを180℃で余熱。

形に合わせた生地を流し込んで

30分位焼き上げます。

あっ!充電してたら携帯やや復活!(写真、写真~と)

完成品がこちら!!!

20120221 011.jpg

おいしそうに焼けました!!

焼く前の倍以上に膨らんでますね~~~

気になるお味は・・・

コーンポタージュスープ味パンみたいな感じ。

素朴な味で、ふんわりしっとりした食感。

「おいし~~~!!d(⌒o⌒)b」

これなら、確かにご飯にもなりますね!

 

この日は、午前中からジムにトレーニングに行っていたので

腹ペコ&たんぱく質欲しいモード。

①冷凍のラム肉と野菜で簡易ジンギスカン

②冷凍カルビ焼肉と空心菜炒め

③若鶏串と鳥皮串

・・・と肉だらけ( ̄∇ ̄*)ゞ

(電池の関係で写真は無いのですが・・・)

これにケークサレと酒多数。

列島警察24時を見ながら、澤谷家の夜は更けていきました。

 

わ~の けいたいのでんち きれでまったじゃ どんだんず~~

(津軽弁で私の携帯の電池が切れてしまいました。なんなんだよ~の意)

 

 

 

 

おやさいはっけん!!

こんにちは~金岡です(*^_^*)

毎日サムイ日が続いて降りますが、少し急ぐと

汗ばむように・・・・・

少しずつ、春が近づいている証拠でしょうか。

 

さて、先日の朝、出勤前に近所の「コーナン」で漬け物樽を購入し

さーお店に行こうかな。と、てくてく駅までの道を歩いていたところ・・・

 

「なんだろう。このお店?」

 

「プティマルシェ TMキッチン」とな。

20120221 007.jpg

 

入ってみ~よぉっとぉ。

中に入ると、おいしそうなお野菜ちゃん達が並んでおります!!

 

う~ん。

ど れ に し よ う 。

 

で、迷ったあげく、いんげん・にんにく・サラダ玉葱・クレソン・肉厚椎茸

などなど購入。

 

はぁぁ~。

水牛のモッツアレラが!

プロシュートが!!

産みたてたまごが!!!

まだまだ欲しい物がたくさんありますが・・・・。

 

さて、仕事に行かなくては!!

 

と、いうわけで今回は

おやさいタップリごはん。となりました。

 

まずは、こないだ作ったゆで豚をプラスして

20120221 006.jpg

「黒酢酢豚」です。

 

サラダ玉葱は大きめにカット。

爪楊枝を刺して、バラバラにならないように素揚げ。

サラダ玉葱だから、さっとね。

インゲンも素揚げします。

 

ゆで豚と、戻した高野豆腐には衣を付けてカリッと揚げましょう。

黒酢の甘酢あんかけとさっとからめて

 

できあがり~

20120221 005.jpg

玉葱とインゲンはからめずに、お肉の上にのっけて

そこに甘酢あんかけをたら~り。

ん?お肉が見えないって?

ちゃぁんと、下にありますよ。

 

それから、それから

20120221 003.jpg

 

人参マリネ。 人参は細切りにしてから10秒茹でてマリネに。

         人参がシャキッと。今の時期の人参は甘くておいしいのです。

手前は、小松菜の胡麻油和え。

         茹でた小松菜を醤油・鰹節・いりごまで和えて

         最後に韓国産の胡麻油をたら~り。

         韓国産の胡麻油は香りがとってもこおばしいのです。

奥のは、舞茸のポタージュ。

         舞茸だけをオリーブオイルと塩で軽く炒めた後

         お出汁で煮て、ミキサーにかけた後 豆乳でポタージュに。

         舞茸からも良いお出汁がでて、なんとも優しい味わいです。

         アクセントに黒胡椒をガリッとね。

 

これにはやっぱり、雑穀ご飯が合うかしら。

20120221 002.jpg

はい。ふっくら炊けましたよ~。

 

黒酢酢豚のがつんとした味わい。

人参のシャッキリ感と、小松菜の甘み。

とろりとした舞茸のポタージュと合いそうでしょ?

 

さ、急いで詰めて持って行かなきゃ!

と、ふと思い出したるは、あの肉厚椎茸!

バターでソテーしてポタージュにのっけたらおいしそー。

てなわけで、のっけてみました。

20120221 001.jpg

 

ね?おいしそうでしょ?

念願の酒蔵訪問~久須美酒造続編~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


昨日行われた親子サッカー大会。

昨年同様、体育会系夫婦はがんばりました。

カミさんも気合い充分!

20120220-1.JPG

キーパーも昨年より断然に上達し、ゴールを死守しておりました。


20120220-2.JPG

20120220-3.JPG

娘のため?チームのため?いやいや体育会系の意地でございます。

おかげで本日は夫婦揃って筋肉痛。

さらに昨日の懇親会で二日酔い・・・

体の痛みを夫婦で愚痴りながらも日課のジョギングは決行しました。



さて、前回の続きを始めましょう・・・

麹をいただいた我々は今度は発酵中の醪を見せていただくことに。

kushumi-29.JPG

ここで杜氏にお会いすることが出来ました。

kushumi-31.JPG

新潟の名工、星杜氏です。

こちらは30日経過した亀ノ翁の醪です。

kushumi-32.JPG

贅沢にも利き酒させていただくことが出来ました。

kushumi-35.JPG

お味は?

マジ美味かったです!

こちらは樽一でも大人気でした清泉純吟越淡麗の醪です。

kushumi-33.JPG

戸塚先生が品質チェックします。

kushumi-34.JPG

こちらは秋口に出荷予定とのこと。

丁寧に熟成されるのが楽しみですね~

こちらはこれから発酵する醪です。

kushumi-36.JPG

社長も実際触れてみることに・・・

kushumi-37.JPG

それから久須美酒造の新兵器、洗米機です。

kushumi-38.JPG

こちらも戸塚先生の提案で導入しました。

洗米は素手で洗うのがイチバン良いとされてましたが、

この機械で洗うとさらに良質に仕上がるそうです。

こちらは蒸し米所です。

全商品がこちらの釜湯で蒸されます。

kushumi-39.JPG

ちなみに次の日が甑倒しでして明日で蒸す行程はおしまい。

手前の小さい釜湯が大吟醸用でしてこちらが大吟醸用の甑です。

kushumi-41.JPG

さすがにこれを作る職人さんはもういないらしく、

巻いてある竹縄も震災時に切れてしまい、

新潟の酒蔵、千代の光に紹介していただいた職人さんに

巻いてもらいましたが、その職人さんもすぐにお亡くなりになられました。

ですから、この甑は壊れたら二度と修復出来ないそうです。


こちらがお酒を搾る槽(ふね)です。

kushumi-42.JPG

現役の槽も珍しいのですが、佐瀬式はさらに珍しいとか・・・

kushumi-43.JPG

そして完成したお酒を利き酒させていただきました。

kushumi-46.JPG

酒蔵で本当の利き酒の仕方を教わりました。

kushumi-51.JPG

戸塚先生はこうも言われました。

「酒の香りを出すのは酵母ではなく、麹なのだ」と・・・

大変だけど手間と時間を惜しまない麹造りが、

良質の酒を生むのだとつくづく実感できました。

そして口に入る酒も食品も綺麗で環境の良い場所で

作ることの大切さを学びました。


いつも以上の貴重な酒蔵訪問は今後アタクシの知識も勿論ですが

作り手の心意気を大切にしながら、これからもお客様に伝えていきたいと思います。

樽一ホームページでも「てんちょうの冷蔵庫」で清泉を語っておりますので、

よろしければご覧ください。

tencho012.jpg

おしまい・・・





浦霞「辛口しぼりたて」入荷します!

皆さん、こんにちは~しんちゃんです(^^)/

 

まだまだ、寒い日が続いております。寒さ厳しい

 

宮城県塩竃から「浦霞 辛口しぼりたて」が

 

到着致しました。あの震災から見事に立ち上がり、

 

昨年の秋からようやく塩竃の本社蔵が稼働を始めました。

 

20110204 010.jpg

 

そして、この時期に醸されるのが樽一専用の

 

しぼりたてなのです(*^_^*) 本醸造ならではの

 

軽快な口当たりと原酒のアルコールがきっちりと

 

後口を引き締めてくれます。 佐浦社長いつも

 

ありがとうございますm(_ _)m

 

 そして、今月の新メニューはこちら。

 

20120218 003.jpg

 

「いかの鉄砲焼き」(^_^)v 丸々一匹のスルメイカに

 

下足と仙台味噌、ネギを詰め込み焼き上げます。

 

20120218 006.jpg

 

優しい仙台味噌の風味と下足が最高のコンビです。

 

続いてお待たせしました。「竹の子島田のり炒め」の登場。

 

20110301 011.jpg

 

今ではすっかり、樽一の看板メニューとなった商品。

 

香ばしい島田海苔の風味と竹の子の食感は絶妙です(*^_^*)

 

そして、皆さんのリクエストにお答えして

 

20120218 002.jpg

 

「ねぎま鍋」の復活。熱を加えるほどに甘みが増す

 

下仁田ねぎと寒い時期ほど脂の乗るカジキ鮪の

 

シンプル鍋。二つの食材以外はなにもいりません。

 

このお鍋も期間限定ですのでお早めにどうぞ!

 

いずれも、来週2月20日(月)からスタートします。

 

みなさま、どうぞお楽しみに~(^^)/

 

こんちわ~~~っす(*´∇`*)澤谷です!!

昨日は寒かったですね~~(^_^;)

住まいの町ではうっすら雪が降っていました。

皆さんも風邪を引かないように気を付けてくださいね!!

 

先日のバレンタインですが、恒例となった

我が家のチョコレート贈呈式。

洋物の甘いお菓子は割と苦手な僕・・・

でも、今回のチョコはスゴイの出ちゃいましたから

ブログに載せちゃいます!

20120217 001.jpg

なんか花嫁のブーケみたい・・・と思ったら!

「GIOTTO」ジョトォのブーケチョコレートって書いてました。

・・・にしてもでかい(^_^;)

 

20120217 002.jpg

あと、今年はバイトの女子からもバレンタインに

「クッキー」をいただきました♪

(因みにお店の男子"全員"もらってますからもちろん義理

いくつになっても女子から贈り物をいただくと

とっても嬉しいもんですね!!o(*^▽^*)o~♪

 

じゃあさっそく「いただきま~~す(~~▽~~*ヘ))))... 」

まずはブーケチョコから!

このチョコは上にメレンゲのお菓子が乗っていて

それぞれ味が違います。(オレンジやピーチなど)

チョコのスティックがささっていて

それにハートのチョコやメレンゲのお菓子がくっついてます。

 

で、食べ進めると・・・

20120217 003.jpg

何やら下にもチョコの塊が~~~!!

「ボリボリ・・・むぐむぐ・・・( ̄~; ̄)・・・ムシャムシャ」

さらに食べ進めるとこんな感じ~~(^o^)

20120217 004.jpg

中はコーンフレークとマシュマロのチョコ!!

超×2ボリュ~ミ~♪ (今日ご飯いらないかも・・・)

 

ところでこのチョコ、ベルギーのチョコだそうで

甘さ控えめでコクがあり、香りの良いチョコレートでした。

おかげでとても食べやすく。おいしく頂けました(^o^)

 

あと、もう一つ・・・チョコの合間に頂いたクッキーを!

20120217 005.jpg

全部英語で書いてあるから・・・なんやらわかりませんが(^_^;)

添加物なしのバニラ味の動物クッキーの様です(・・・多分)

「僕が子供の頃に食べていたのと全然ちがうな~~」

なんて思いつつ口にいれると、うっすら香るバニラの香りと

程良いサクサクの食感。無添加ならではの優しい味で

こちらも、とても「おいし~~~い♪」

感謝感謝で夜もふける、深夜のバレンタインでした。

 

因みに冒頭に書いた通り、あまり洋菓子が得意でないため

毎年、いただいたチョコを余らせてしまっていたのですが(^_^;)

今年は「完食!!!」( ̄▽ ̄)=3 プハァー

おいしかったで~~す♪

 

おかえし なんがしね~ば まいね~な。 めいわぐだものな。

(津軽弁で おかえしをなにかしないといけませんね。もうしわけないですから。の意)

 

 

 

初!キムチ!

こんにちは~金岡です(*^_^*)

いきなりですが、先日の連休で初挑戦してみました!

 

キムチ!!

 

私の実家は、焼き肉屋さんなので

いつも、母が大量に仕込んでおります。

それを毎回送ってもらっているのですが

いいかげん、自分で漬けてみようかなと思ったわけです。

 

なんで、急にこんな事を思い立ったかというと

急にキムチが食べたくなっちゃたのですね。

でも、買うと高い!!

しかも、あんまりおいしくない・・・・・・(おいしいのもあるとはおもいますが)

 

で、初挑戦してみたわけです。

 

まずは、母に電話です。

キムチ薬念(ヤンニョン)・・・・キムチ漬けの素のことです。

の配合から、作り方の手順に至るまで

事細かに聞いていきます。

 

そしましたら白菜の塩漬けから。

白菜は1株を4等分にカットして

20120216 015.jpg

 

まんべんなく塩をふりかけていきます。

もちろん葉っぱの間にもきちんと振りかけますよ。

 

これを、おっきなタッパに入れて

重しをして一晩

20120216 014.jpg

白菜の水分を出していきます。

 

一晩たったら、今度は塩抜き。

水(できれば流水)にさらして、1~2時間。

白菜を、ちっと食べてみて

少し、塩味が残るくらいまで塩抜きします。

ここでちゃんと塩抜きしないと

しょっぱいキムチになっちゃいますからね。

 

お次は、白菜の水分をぎゅーっとぎゅーっと搾ります。

この段階で余分な水分が残っていると

水っぽくなっちゃいますので

搾った白菜をまたタッパに入れて、重しをして水分を出しましょう。

 

で、この間にキムチ薬念の材料の買い出しです。

今回はウチから近い上野でお買い物!

 

東上野のコリアンタウンの一角にある

「コーナンフーズ」さんへ!

20120216 012.jpg

ウチの実家もここから

韓国産の唐辛子やアミの塩辛などなど購入しております。

 

私もここで

韓国産唐辛子 粗挽き・細挽き

アミの塩辛

イワシエキス(韓国の魚醤)  を購入しました。

(もちろん、新大久保などにもあります!と、思います。) 

 

いそいそと帰ろうかと思ったところ・・・

 

あ!!! ああああ!!!!!

 

隣のお肉屋さんで、ある物を発見!

20120216 013.jpg

 

なんと、生のハチノス(牛の第2胃袋) があるじゃーあーりませんか!

これは、買わないわけにはいきません!

思わず、1Kg こーにゅー!

 (こっちは、また後日!)

ちなみに、ここのお肉屋さん、

生のモツ類や、

皮付きの豚バラ肉、国産の生の牛テールなども扱っております。

後ろ髪引かれながらも今回はあきらめて。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

ずっしり重くなった荷物をかかえながら、さっさと帰りましょう。

 

さ、ようやくキムチ薬念作りです。

今回の材料はこちら

 

・韓国産唐辛子 粗挽き・細挽き

・りんご

・長葱

・にら

・アミの塩辛

・イワシエキス

・塩・砂糖

・イカの塩辛

・にんにく

・生姜

 

りんごは、適当な大きさに切って、イカの塩辛とにんにく、生姜

イワシエキスと共にミキサーにかけていきます。

20120216 011.jpg

 

イワシエキスは

20120216 010.jpg 

こちら!

ボトルのパッケージにもキムチの写真が!

色も、ニオイも魚醤ですね!

 これを、まぜてピューレ状にしまーす。

 

長葱は斜め薄切り

ニラは5㎝くらいの長さにカット

混ぜ合わせていきますよ。

20120216 009.jpg 

 

ここに、粗挽きと細挽きの唐辛子、塩・砂糖・アミの塩辛を入れて

20120216 007.jpg 

 

よーく混ぜ合わせます。

20120216 006.jpg 

 

まぜあわさったら、味見して

母のキムチを思い出しながら・・・・

ちと甘いですが、こんなもんでいいでしょう。

電話で、すこし甘めだけどそれでいいからね~と言ってました。

 

これを、水分をしっかり抜いた白菜漬けに

塗り込んでいきます。

20120216 003.jpg

白菜の葉っぱ1枚1枚によーくよーくすり込みます。

最後にしっかり揉み込んでくるっと丸めてタッパの中へ。

 

全部漬けたら

20120216 002.jpg

 

乾燥しないようにラップで表面をおおって

熟成ターイム!普通は2~3日寝かせます。

今の時期はさむーいので、そとでオッケー!

 

でも、待ちきれないので

1日熟成でちょいと食べちゃいます。

20120216 001.jpg

 

漬けたばっかりのときは、まだ薬念の味がバラバラな感じでしたが

1日たつと、全体がまとまった感じに。

まだまだ母のキムチの足下には及びませんが

なかなかおいしくできましたヾ(*ΦωΦ)ノ ウマウマ!

それもこれも、母秘伝?のキムチ薬念の配合のお陰です。

 

浅漬けだと、まだ白菜の甘味が感じられて

フレッシュな味わいです。

熟成したキムチも大好きなので、楽しみ~。

 

熟成するまで残ってるかな・・・。

 (実のところ、もうあんまり残っていません。)

 

このキムチ薬念で、生牡蠣を漬けたり

大根漬けたりもできるそうなので今度、挑戦してみたいと思います。

 

今週末にもまた漬けるかな。

念願の酒蔵訪問~久須美酒造編~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


2月の連休も無事終わり

連休中は案の定、子供達のサッカーにお付き合い。

日曜日は次女の今年度最後の公式戦。

t02200391_0240042711791096877.jpg

2試合とも負けてしまいましたが、最後まで諦めずに

サッカーを楽しみました。



さて、念願だった「夏子の酒」で有名な新潟の久須美酒造

蔵見学することが出来ました。

思い起こせば12年前の炎天下に家族でお邪魔しました。

しかし当時はテレビドラマ放映の人気で、残念ながら蔵の目の前で断念。

樽一の大常連でもあり、久須美酒造の顧問指導者の戸塚先生とご一緒に

蔵見学が実現したのです!

漫画「夏子の酒」はアタクシのお酒の教科書でもあり、

2年前にテレビドラマのDVDBOXも購入し繰り返し何度も見ました。

20120215-1.JPG

そして久須美酒造訪問が決まった際にもう1度見ちゃいました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

長岡駅まで久須美専務にお迎えに来ていただき、念願の久須美酒造到着!

kushumi-02.JPG


辺り一面は銀世界。

ありましたよ!立て札が・・・

kushumi-03.JPG

kushumi-04.JPG

まずは保管倉庫から見せていただくことに・・・

この蔵の代表銘柄「亀ノ翁」も1本1本栓をしてからでも

異物が入らないようにとラップで厳重にしております。

kushumi-09.JPG


中ではおばさま、いやいやお姉さま達が手作業でラベル貼りをしています。

kushumi-06.JPG

1本1本、不純物は混入していないかチェックするので

今まで1本も不純物混入がありません。

kushumi-07.JPG

ラベルも下から1.4㎝の位置を計って張っていきます。

この位置だとラベルが綺麗に見えるそうです。w( ̄o ̄)w オオー!



こちらが自家精米所です。

kushumi-12.JPG

亀の尾はここで3昼夜かけて40%(米の60%を削る)まで精米します。

専務曰く、外注の方が価格は抑えられるのですが自家製の方が手間は

かかりますがその時の米に合わせた製法ができるのだそうです。

こちらは母屋です。

kushumi-14.JPG

今年は積雪量が半端ではなく、裏山の雪かきをしていました。

kushumi-13.JPG

順風満帆だった久須美酒造に事件が襲います。2004年7月に末曾有の水害、

3ヶ月後の10月に祖母がお亡くなりになり葬儀の翌日に新潟県中越地震が発生し、

崩壊した蔵を修復し、ようやく立ち直り始めた2007年7月に中越沖地震が発生。

その時にこの裏山の杉1000本は崩れて蔵を襲ったそうです。

崩れた土砂を運び出すのに3000台のトラックが2年の歳月を費やしたそうです。


それから蔵の事務所に案内していただきました。

kushumi-16.JPG

正面の額にはなんと、樽一の先代社長の写真が飾ってありました。

先代の頃からお互い2代に渡ってお付き合いをさせていただいてる重みを感じました。

さて、いよいよ蔵見学です。

kushumi-19.JPG

こちらは酒母室。

戸塚先生の教えをここでもきちんと守っています。

kushumi-22.JPG


こちらは麹室。

kushumi-20.JPG

奥の部屋には大吟醸の麹室です。

kushumi-21.JPG

「1麹2酛3造り」と戸塚先生も口癖のように、

麹がイチバン大切なのです。

こちらの出麹の保管場所も室温を一定に保つため戸塚先生の提案でつくりました。

kushumi-28.JPG

実際に麹を触れることができました。

kushumi-27.JPG

kushumi-24.JPG


途中ですが力作で長編になるため次回でご勘弁を・・・(ToT)ゞ スンマセン


つづく・・・

四谷三丁目の名店~やまちゃん編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

連休も一瞬で終了。今週も張り切って行きますよ(*^_^*)

 

 

 さてさて、先日四谷三丁目にある「やまちゃん」に行って

 

参りました。半年先まで予約が取れないこのお店。

 

しかも6月で閉店してしまうとの事。お客様から一席だけ空きが

 

出たと聞き張り切って出かけて来ました。

 

20120214 021.jpg

 

完全貸し切りで会費は5800円ポッキリ。

20120214 019.jpg

20120214 018.jpg

 

ずらりと並んだ本日の日本酒リスト。

 

このお酒が一升瓶ごと回って来るしくみです。

 

20120214 020.jpg

 

まずは氷魚の釜揚げ。シンプルで旨い。

 

20120214 017.jpg

 

いか下足の味噌煮。日本酒が進みます。

 

20120214 016.jpg

 

庭のうぐいす。福岡県のお酒。軽く軽快な口当たり。

 

20120214 015.jpg

 

金目とヤリイカのお刺身。ひと皿に二人分。

 

20120214 014.jpg

 

ワカサギの天ぷら。塩加減が丁度良い感じ。

 

20120214 013.jpg 

 長野県上田のお酒。美山錦をふんだんに使った

 

どこか懐かしい味わい。

20120214 010.jpg 

 写真取り忘れましたが、六㌔版の巨大鰆の

 

焼き物の後、立派な太刀魚の塩焼き。ほのかに

 

炭の香りが立ち、さすがやまちゃんさりげなく良い仕事してます。

 

20120214 009.jpg 

 

イカと下足の煮物。すでに相当な数の日本酒が

 

回り続けてます。

 

20120214 007.jpg

 

20120214 006.jpg 

 

凄いのはお店の人は山ちゃん一人なので

 

お酒も料理も全てお客さんが運んで来ます。

 

まるで山ちゃんのお家に遊びに行ってみんなで

 

パーティーしてるみたい。

 

20120214 005.jpg 

 

 メインは鱈の白子と牡蠣のお鍋。

 

20120214 002.jpg 

 

土鍋で炊いたご飯が旨いのなんの。

 

20120214 003.jpg 

 

ご飯と玉子はお代わり自由。

 

20120214 001.jpg 

 

調子に乗って雑炊までやり、完全に降参ですm(_ _)m

 

お料理はしっかりとした素材の旨みを引き出すシンプルな物で勝負。

 

20120214 004.jpg 

 

脱帽なのはこのお店を作った山ちゃんのお人柄。

 

心ゆくまでお客様に楽しんで頂こうという彼の心意気は

 

すべてのお客様に伝わっています(*^_^*)

 

もう、予約が取れないので行くことは出来ませんが

 

2年後にイタリアから戻って来たら復活するかも知れませんね。

 

予約が取れない理由が良く分かりましたm(_ _)m

 

やまちゃん、ありがとう!(*^_^*)

 

休日の過ごし方 

こんちわ~~~っすo(*^▽^*)o~♪ 澤谷です!!

いきなりですが、皆さん体調はいかがですか?

家では嫁さんが、結構ひどい風邪にかかってしまい

グロッキー状態。皆さんも気をつけて下さい!!

 

そんな状態の嫁さんに「美味しいパンが食べたい」

と言われ、向かった先がここです。

20120213 003.jpg

新百合ヶ丘にある「ブーランジェリーメゾンユキ」さん!

嫁さんによると、TVチャンピオンで何度も優勝している

凄腕パン屋さんのようです!

中に入ってみると・・・

20120213 004.jpg

清潔で明るい店内には、美味しそうなパンがいっぱいヾ(@^▽^@)ノ

20120213 002.jpg 20120213 001.jpg

自家製酵母で極力添加物を入れないで作るのが

このお店のこだわりだそうで、モチモチの食パンや

ルーから自家製のカレーパンが看板商品です。

 

僕もカレーパンを購入!!嫁さんと苺コロネやモンブランデニッシュ

その他色々購入して車に乗車!

「帰ってゆっくりたべ・・・・・・・それにしてもいいにほひ♪」

我慢出来ずにカレーパンだけ車で食べちゃいました(^_^)v

聞いたら、レジで「揚げたてがありますから!」って変えてくれたんだって!

そりゃ~~「美味い!!」わけだ~~~w( ̄▽ ̄;)w

 

お家でおやつ代わりに、菓子パンやロールケーキ(コレがまた美味い!)

を食べてのんびりすること数時間・・・

今日は特別な約束がある日なんです。それは・・・

foundation_web_4.jpg

僕の妹が(4つ下です)学生の頃からバンド活動をしており、

そのライブを「初めて見に行く日」だったんです。

いろいろバンドを渡って今は「SLEEP」というバンドで活動をしています。

20120213 008.jpg

場所は新宿歌舞伎町2町目にある「ナインスパイス」

おおとりだって聞いていたので、出演時間に合わせて

会場に入りました。

学生時代、僕の弾いていたエレキギターに興味をもって

ついには高田馬場の「ESP」へ入学。バンド活動に専念していきます。

でもそれ以降、ギターの音は聴いていないので・・・

実に13~4年振りに妹の音を聞くことになります。

なんか恥ずかしい様な落ち着かないような・・・

 

いよいよステージが始まりました!!

20120213 007.jpg

(一番右端の下向いてるのが妹です(^_^;))

親ばかならぬ「兄ばか」で妹に視線は釘付け・・・

コピーバンドとは違い、オリジナルの楽曲なので

まさに「自分の音」なわけです。今の自分を表す「音」

 

・・・「いい音出すようになったなぁ」真剣に感動。

なんか、曲をきいていたら色んな今までの事を思い出したり

親父にみせたかったなぁとか考えてたら・・・

思わず・・・落涙(T_T)

発表会みて泣く親の気持ちが分かりました(^^;)

 

「音楽」も「料理」も自己表現。

今の自分を表してると僕は思っています。

何時の日か、僕も自分の足で立って

自分を表現できるようになりたい!!

 

決意も新たに帰路につく僕たちでした。

 

いい曲 聞いだっきゃ わったじゃわめいだ。

(津軽弁でいい曲をきいたらすごく鳥肌がたちましたの意)

 

 

もうすぐバレンタイン!

こんにちは~金岡です(*^_^*)

もうすぐバレンタインデーですね~♪

 

女の子にとっての一大イベント!!

だったはずですが・・・・

最近では逆チョコやらなにやら

男性から女性へ。なんてのもあるそうですね。

 

はてさて、私も、女の子?の端くれとして

毎年手作りしております。

 

去年はガトーショコラをつくりましたが

今年はどうしましょう。

 

濃厚なチョコレートガナッシュをはさんだ

しっとりチョコレートケーキもいいし・・・・

 

ふんわりチョコクリームたっぷりの

チョコシフォンケーキも捨てがたいですね~。

 

悩みどころです~。

そんなわけで、コーヒー飲みながら

チョコ食べ食べ考え中。

20120210.jpg

 

ふぅぅぅ~。

コーヒーとチョコレートの組み合わせは幸せですね~。

もちろん、ダークラムやウィスキーブランデーとの相性もバッチリ!

 

なぁんてボケぼけしていたら

ふと日本酒との相性なんてノを考えてみたりして

樽一にあるラインナップだと~

 

やっぱり少し濃厚な香りと味わいのあるものがよいかしら。

たとえば・・・・・

20120210 001.jpg

 

 

長珍 純米吟醸50無濾過生詰め 18BY

天狗舞 山廃純米吟醸 13BY 

 

などの熟成酒などがオススメでございます。

 

チョコレートの濃厚なカカオの香りと

濃厚でクリーミーな舌触りに

熟成酒の香りがよくあいますね。

 

ゆっくりまったり味わいたい組み合わせです。

 

そもそもバレンタインデーにチョコレートを送るようになったキッカケは

そのむかし、イギリスの「キャドバリー」という

チョコレート会社が始めたものだとか。

てっきり日本初の習慣なのかと思っておりました。

 

最近は甘いだけでなく

いろいろな有名ショコラティエや産地限定のチョコレートまで

価格も味わいも様々な物が販売されてますよね。

カカオの健康効果にも注目が集まっております。

 

一体、世の中の男性はどんなタイプの物を

喜んでくれるのでしょうかね。

なかなか答えも見つかりそうにないので

お酒でも飲んで考えましょう。

 

みなさんステキなバレンタインを!!

 

 

チーム樽一

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


最近ウチのカミさんが忙しいので

今週の筋トレは1回しか見てもらえず。

本日も夫婦でジョギングしてから意を決して

自宅のトレーニング室で一人筋トレをしました。

鬼?トレーナーがいると激励されがんばれるのに

やはり一人は「もうそろそろいいんじゃないか?」と

ついつい弱音を吐いてしまいます。

しかし自分に厳しく、無理しない程度に自分を追い込み

充実した筋トレができました!

おかげで腹筋と背筋が筋肉痛の今日この頃です・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ




さて、先日恒例のウェブ会議が行われ、次回の新樽一物語が出来上がりました。

今回のお題は「トイレ編」です。

前回の「お掃除編」も大変好評をいただきました。

掃除編.jpg

こちらの模様は樽一うぇぶ本店サイトでご覧になれます。

更新日が決まりましたら、お知らせしますのでお楽しみに・・・



そしてこれから立ち上げる樽一新店舗に対してチーム樽一は

スタッフを増員し日々準備に取りかかっております。

このメンバーで同じお店で仕事するのも残りわずか・・・


なんで、皆様に樽一スタッフを一人ずつご紹介してみたいと思います。

でも、ただ写真でスタッフを紹介しても面白味がないので、上記イラストのように

イラストデザイナーのメイさん直筆の似顔絵で紹介いたしますね♪


まずは皆様ご存じ、樽一の至る所で登場しております

店主しんちゃんこと佐藤慎太郎とアタクシ店長の三浦康之でございます。

NEWしんちゃん 005.jpg

小学校の同級生でもあり、お互いの親が飲食業を営んでおりましたが、

まさか同じ職場で仕事をするとは当時夢にも思っていませんでした。

人生の名パートナーとしてこれからも二人で樽一を盛り上げていきたいと思います。


つづいて料理長の塙又光です。


itatyo.jpg

板長の作り出す料理にはいつも優しさがあります。

同じ先付けは二度出てこない創造性豊かな料理は

常に勉強している努力の賜であります。



そして主任のトン・ミンです。


syuninn.jpg

ビルマ人の彼は日本人以上に魚をさばくのが早くて

いつもお客様が驚く刺身の盛り合わせは見事です。

鯨の仕込みも彼の担当です。



つづいて昨年入社した料理人、佐藤弘充です。

sato.jpg

日本大学芸術学部卒業の異色の料理人。

板前歴11年のベテラン板前さんは

子供思いのやさしいお父さんでもあります。

いつも休憩時間に利き酒をしてお酒の勉強も人一倍がんばっています。



樽一の最年少、石田正徳です。

isida.jpg

じつはアタクシの実家、大塚三浦屋から転職しました。

日本で最大の難関、東京都ふぐ調理師免許も取得しています。

東京農業大学卒業後、調理師専門学校に通い三浦屋に入社しました。

彼の夢は居酒屋で独立する事。

そのために樽一に来た訳であります。


続いてホールスタッフの紹介です。

入社2年目の澤谷春樹です。

sawaya.jpg

昨年まで調理場で揚げ場を担当していました。

青森出身の澤谷はメガネスーパーの店長を勤め上げ、

念願の飲食業に転職してきました。

料理を作ることが大好きな彼は持ち前のガッツで

今度はホールの勉強中です。



最後に樽一の紅一点、金岡由美です。

kaneoka.jpg

食べる事とお酒が大好きな彼女は様々な飲食店を渡り歩き、

自分のスキルアップを目指し、入社しました。

人一倍努力家で昨年は調理師免許と利き酒師を両方取得しました。

金岡の目標は樽一初の女性店長です。



総勢8名の樽一スタッフをこれからもどうぞよろしくお願いいたします!

よ(^0^)ろ(^◇^)し(^▽^)く(^ο^)ね(^ー^)



またまた、行ってしまいました(^_^;)

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

昨日、父の実家である宮城県東松島より大きな苺が

 

送られて来ました。

 

20120208 007.jpg

 

石巻産「紅ほっぺ」ネーミングはともかくとして

 

あまりの大きさにビックリw(゚o゚)w オオー!

 

20120208 006.jpg

 

子供の拳くらいはある立派な苺。大きいだけに二つ

 

食べたら大満足(*^_^*)石巻は震災で最も被害を受けた

 

ところでもあります。そこからこれだけ見事な物が送られてくると

 

何だかコチラが元気づけられました。

 

 

 

 昨夜もお腹を空かせての帰宅途中、もちろんいつもの

 

立ち食い蕎麦屋さんは閉店してます。

 

20120208 005.jpg

 

空いてたら間違い無く入ってしまいますが・・・(^_^;) 

 

仕方ないのでメニューの自動販売機の前で翌朝何を食べるか熟考。

 

温かいそばも捨て難いし、冷たい麺も食べたいし(>_<)

 

朝、目覚めたら元気よくお蕎麦屋さんへダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ

 

20120208 004.jpg

 

まずは、ちくわの天ぷらを注文。そしてお願いしたのは

 

鴨南蛮の特盛り。注文が入ると練り上げてあるそば粉の塊を

 

秤の上に乗せ分量が決まるとそのまま製麺機にへ投入。

 

すぐに麺がにゅるにゅる~と出てお湯がタップリと張ってある

 

下の寸胴へ落ちる仕組み。

 

20120208 003.jpg 

 

ご覧のような見事な盛り。ツヤツヤの麺が眩しい(>_<)

 

20120208 002.jpg

 

特盛りにすると鴨の入った付け汁も丼で登場w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

付け汁を気にすることなくモリモリ食べて大満足!

 

20120208 001.jpg

 

はじめて生ゆずおろしも入れてみたら何とも言えない

 

爽やかな風味が広がりついつい付け汁も飲み過ぎちゃいます(>_<)

 

いやぁ~幸せ~(*^_^*)

 

今日も朝からしっかりと充電完了(^_^)v 張り切って皆さまの

 

ご来店をお待ちしておりますから~(^^)/

食べ歩き IN 登戸~生田

こんちわ~~~っす ヾ(=^▽^=)ノ 澤谷です!

先月、いきつけのBARで飲んでいるときに、

「寒くなったから鍋食べにいきたいね~!」

なんて話しが盛上がりまして・・・

友達と僕の3人で行くことにしました。

 

さあ!本日ついに決行の日!!ってことで

そんな「食べ歩き」の様子を今回はお届けします。

やって来ましたのは、小田急向ヶ丘遊園駅にある「九一」さん。

20120207 003.jpg

「もつ鍋が食べたい!!」ってことでこのお店に。

ここのもつ鍋がなかなかおいし~~い!♪( ̄▽+ ̄*)

20120207 004.jpg 20120207 008.jpg

もつ鍋は醤油味や、味噌味など何種類かのスープが

選べるようになっています。「今日は醤油でGO!!」

右の写真は「地鶏の叩き」です。地鶏らしいコリコリとした

食感とかむほどに味が出る肉はなかなかの一品!

レモンを軽く搾って、ニンニクと生姜でサッパリといただきます。

 

ビールで乾杯したところで、お鍋が煮えるまでの間に

本日のメンバー紹介!

20120207 005.jpg

左が「ゆたか」君 右が「こはら」君

ゆたか君は僕と同郷だってことがキッカケで仲良しになりました。

大手の広告代理店に勤める一児のパパ o(^▽^)o

(僕より6歳も下ですが・・・)

こはら君は銀座の名店「なまはげ」のホールスタッフ!

同じ飲食業ということで意気投合!こよなくお酒を愛する

僕の日本酒の先生の内の一人です!

(彼はなんと大学生!!)

二人とも、こんな破天荒な僕とお友達でいてくれる

とても心の優しい人たちです (〃⌒ー⌒〃)ゞ

 

さてお鍋が出来ましたよ!!

20120207 006.jpg 20120207 007.jpg 

キャベツがしんなり、モツがとろとろ~~d(⌒o⌒)b

「うまい~~~~~~(^o^)」 三人でお酒もそこそこ

一気に平らげお腹も少しふくれたところで、「お勘定~~♪」

今日は行きたい所がいっぱい!さあ次なる目的地へいざ!!

 

次に来たのは、遊園駅から一駅登った、「登戸」駅

この駅前に、地元では有名という「鐵の家」(てつのや)さん。

20120207 017.jpg

(外観を取り忘れました・・・あしからず)

日曜の夜なのにカウンター以外満席!(60席くらいあるのに(^_^;))

三人でカウンターに陣取ると目の前が炭焼き場!!

熟練の料理人の手仕事にみとれていると・・・

「メニューのご説明をさせていただきます~!」

と着物姿の店員さんが!

20120207 009.jpg

最初は白いメニューだったのに、赤い筆ペンで

オススメを書き込みしながら説明してくれます。(茄子の絵とか花丸とか)

わかりやすく丁寧で、思わず感心・感動~~ ( ̄∇ ̄*)

と、「先付で~~す」 出てきたのが・・・

20120207 010.jpg

酒粕と豆乳のスープです。酒粕はそれほど強くなく

豚肉の甘味とあいまって、とてもおいし~~い一品

早速お酒と料理を注文!!

20120207 012.jpg 20120207 002.jpg

20120207 013.jpg 20120207 014.jpg

上から炙り〆鯖・お店の看板メニューの黄身つくね・

海老芋の唐揚げ・絵を描いてくれた赤茄子の炙り焼

どれもとてもおいしく、「お酒とまんな~~~い!」

 

お酒は純米酒しか置かないのがお店のこだわりのようです。

メニューは全て純米酒、かつ三分の二がお燗酒用。

それなら・・・とお燗酒を注文すると

20120207 016.jpg  

こんな感じで、お燗専用の「錫」で出来た酒器でだしてくれました。

すずは熱伝導が高くお酒の味が丸くなるんだとか。

20120207 018.jpg 20120207 019.jpg

続いて「一夜干しさんま」と、1日限定30本お一人様1本限りの「豚の漬け串焼き」

「いや~~~炭火焼はうまいなあ~~」

あれこれと、お酒も会話もすすみまして、とても満足な時間を

過ごすことが出来ました!

う~~ん。近くにこんないい店があったとは・・・

昔、前職の先生に「受けたサービス以上のサービスは

人にはしてあげられないものよ。だから色んなお店に行って

色んなサービスを受けなさい。それがプロへの近道よ。」

っていわれたのを思い出し、「もっと見聞をひろげなくちゃ!!」

と決意も新たに、おのれの未熟さを反省しました。

 

因みにこの後、携帯の電池が切れ写真が撮れませんでしたが

見聞を広げるべく→遊園のショットバー→〆の牛骨ラーメンと

梯子し(ただ飲みたいだけじゃね~~のか?)

大満足で帰路につく一同でした~~(〃⌒ー⌒〃)ゞ

 

あ~~たげだば はらつえがった~~~ !!

(津軽弁であ~とってもおなかがいっぱいだった~の意)

 

まるどりちゃん

こんにちは~金岡です(*^_^*)

毎日サムイですね~。

今年はこの寒波のせいで、お野菜が高い!!

早く、暖かくなって欲しい限りです!!!

 

さて、最近煮込み物にはまっておりますが・・・・

 

ふとおもいたって、最近お気に入りのお肉屋さん。

小田急ハルク地下の「ニュークイック」へ。

 

お目当ては・・・・

 

コレ!

20120206 006.jpg

 

「まるどり」で~す。

つまり、若鶏1羽!これで、1300円位です。

 

コレで何を作るのかというと・・・・

 

クリスマスばりにローストチキン!

 

ではなく、まるどりスープを作りたいと思います!!

 

まずは、鶏に塩を振って1時間放置

お腹の中にも塩を振ります。

20120206 005.jpg

 

お食事中の方、しつれいしまーす!

 

その間に一緒に煮込む材料の準備です!

20120206 004.jpg

 

今回は、

昆布・干しエビ・煮干し・干し椎茸・しょうが・にんにく・長葱・人参

と、旨味が出る食材のオンパレード!

ここに先ほどのまるどりの水分をよーく拭き取った物をいれて

20120206 003.jpg

 

お水を鶏がかぶるくらいにタップリと。

まずは、強火にかけましょう。

 

どんどん灰汁が出てきます!

20120206 002.jpg

 

この灰汁をよーくよーくすくって、

すっかりすくって、出てくる脂もすくい取りましょう。

 

火を弱めたら40~50分。

コトコトじっくり煮込んでいきましょう。

その間もあく取りは忘れずにね!

 

だんだんお鍋からはよいにおいが~

20120206 001.jpg

 

一口すくって飲んでみると・・・

 

ふわゎゎゎ~

「おいしすぎて、腰砕けそう!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?」

 

もうそろそろよい加減ではないでしょうか。

火を止めたらば完成でございます。

 

スープは濾して、梅干しを一粒入れときましょう。

防腐剤の代わりになってくれます。

 

鶏肉もやわらか~く煮えております。

な・の・に・・・・・

あれれ~写真がありません~。

あまりにもおいしくて(・・。)ゞ テヘ

ついつい食べるのに夢中になっちまいました。

 

こんなに美味しいのが、2時間弱で出来てしまうのです。

しかも、栄養タップリで、かんたん。

スープも取れて、やわらか茹で鶏も出来て!

 

あく取りだけしっかりすればよいのです。

作らないわけにはいきません。

 

残ったスープは、味付けしなくても充分おいしいのです。

白いご飯にかけてスープかけご飯とかも

サイコーにおいしいです。

栄養もタップリ出ているこのスープ。

体調崩している、あの人に差し入れしてあげましょうね。

 

今度はちゃんと写真撮ります。

はい。すいませんヾ(^-^;)

 

きがつきゃ、既に深夜2時過ぎ・・・・・

ま、いつもの事ですが、

こんな深夜りょうりライフを楽しんでいる今日この頃でした。

 

メルマガいきまっせ~(予告編)

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。


昨日は節分。

皆様は豆まきしましたか?

それとも恵方巻きを食べましたか?

恵方呑みなんてのもあるそうですよ。

396693_180628902041460_100002830555198_257904_749328046_n.jpg
(利守さん写真お借りします・・・( ̄▽ ̄)ゞ)



今年の恵方である北北西を向いて日本酒を一杯。

大好きな日本酒を飲んで福がくれば幸せですね♪


そして本日2月4日は立春の日です。

節分で邪気を払った翌日に新たな気持ちで春を迎えるには

こんなお酒はいかがでしょうか?

澤乃井立春しぼり.JPG

澤乃井立春朝しぼり」です。



このお酒は立春の今朝しぼったお酒を御岳山の武蔵御嵩神社で

「無病息災」「商売繁盛」等ご祈祷を受けたメデタイ祝い酒です。

rishun2.jpg

本日NHKの朝番組でこの模様が放送され、

問い合わせが殺到しているとのことでした。


「いち早く樽一に届けたい!」と酒屋の社長自ら先ほど届けてくれたのです。

こちらのお酒はボトル売りは勿論のこと、ショット売りも行いますので皆さんで福を呼びましょう!


さて、月曜日から始まる新メニューを紹介いたします。


まず1品目は百合根と海老のかき揚げです。

百合根と海老の天ぷら.JPG

中はというとこんな感じ・・・

百合根と海老の天ぷら中身.JPG

ホクホクの百合根とムチムチの小海老のハーモニー。

サクサクッとお塩でどうぞ・・・


2品目は数の子のべっこう漬けです。

数の子のべっこう漬け.JPG

数の子の歯ごたえが気持ちいいですね・・・

日本酒がススムこと間違いなしです。


そしてこちらは只今大好評の珍味!

海鼠(なまこ)とこのわたの友和えです。

海鼠とこのわた友和え.JPG

このわたの名産地は海鼠だって美味いに決まっていますよね。

だったら合わせても良かろうかと誕生した珍味です。

海鼠の柔らかな食感を磯の香り感じるこのわたでコーティング。

お燗でチビチビなんていいですね~♪

1年でもっとも寒いこの季節、お鍋はこちらでしょう。

あんこう鍋.jpg


あんこう鍋です!

今が旬なあんこう鍋は今月いっぱいで終了します。

まだ食べていない方はぜひともお召し上がりください。

人形町の名店~YAMATO編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

いやいや今日も寒いですね(^_^;)そんな寒い朝には

 

20120203 010.jpg

 

 ベーコンとキャベツとピーマンのクリームチーズ

 

炒め丼で~すO(≧▽≦)O ワーイ♪

 

もちろん、いつもの温泉玉子も忘れません。

 

寒さに負けずに朝ご飯モリモリです(^^)/

 

 

 さてさて、先日炙り焼きのお店がどうしても見たくて

 

人形町のYAMATOに行って参りました。

 

20120203 001.jpg

 

看板光っちゃってごめんなさい(^_^;) 

 

こちらのお店いつも予約で一杯で月曜日の7時までと言う

 

約束でようやく入ることが出来ました。

 

20120203 004.jpg 

 

店内は大きな囲炉裏があり、囲炉裏を取り囲むように

 

椅子がならびます。一つの囲炉裏に10人。これが二つで

 

20人しか客席はありません。これで予約が取れない理由が

 

分かりました(>_<) 早速張り切って注文です。

 

20120203 008.jpg

 

20120203 009.jpg

 

焼き物が出るまでお刺身とちいさな大根を摘んで待ちます。

 

手前の自家製とうばん味噌が旨いのなんの。

 

20120203 012.jpg

 

地鶏を岩塩の上に乗せて焼きます。なるほど煙が出ません。

 

20120203 005.jpg

 

合鴨の朴葉味噌焼きに

 

20120203 013.jpg

 

かきの朴葉味噌焼き

 

20120203 015.jpg

 

身がぷりぷりで焦げた味噌との相性抜群!

 

20120203 014.jpg

 

調子に乗って鮭の燻製も炙ります。

 

20120203 016.jpg

 

たらこはキレイに焼けて出てきました。

 

ここの特長は店員さんがきっちりコンロの炭の管理を

 

してくれること。目の前で何度も焼き物を返してくれ

 

一番美味しい状態で食べる事が出来ます。

 

目の行き届く範囲に限界があるので20席なんだと

 

分かりました。 お酒は店名に因んだ刈穂の「やまとしずく」。

 

素朴な味わいがこちらの焼き物にピッタリでした。

 

あっという間に時間切れ。お会計はやや高いけど

 

気持ちの満足感はしっかりありました。行かれる際は

 

早めのご予約をm(_ _)m

休日ご飯 by澤谷家

こんちわ~~~っす澤谷です。(^_^)

皆さん、体調など崩してはいませんか?

僕は風邪から回復したとはいえ、病み上がりなので

あまりむりせずゆ~~っくりしてました。

 

「元気になるためにはまずは食から!!」

ってなわけで、スタミナ+あったまりメニューで

チゲ鍋つくってみました!!

そんな様子をレポートしま~~す( ̄ー+ ̄)

 

まずは、お野菜から~~♪

20120202 003.jpg

冬が旬の白菜を削ぎ切りに。甘くておいし~~(^▽^)/

た~~っぷり使いましょう!

 

お次はしめじ~♪適当にちぎって

20120202 004.jpg

 

にらもたっぷり入れましょう!!適当にザクザク・・・

20120202 006.jpg

 

ねぎは斜め切りっ!こころもち長めに切ります。

20120202 005.jpg

 

豚肉にお豆腐、切った野菜をおなべにいれてっと・・・

お鍋の原型完成!!! ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

こんなんでましたけど~~~♪

20120202 007.jpg

 

さて、お次はお鍋の「地」 スープですね。

今回は時短+楽チンってことで

レトルトのスープをアレンジすることに。

20120202 009.jpg

ちょい足し調味料は

お酒にキビ砂糖、スライスにんにくタップリめ

そ・し・て 「コイツ」の登場だああああっ!!

横浜中華街にある萬珍楼で販売している

その名も「シャンラーツィー」

まあ、食べるラー油みたいなものですが一番の特徴は

とにかくとても 「辛い!!」 w( ̄△ ̄;)w

でも・・・すごい「ウマイ!!」一度使うと虜になります。)

ですから、使い方には注意が必要。

今日は二さじくらいにしとこっと・・・

 

スープを張って温めること10分・・・

20120202 010.jpg

チゲ鍋の完成で~~す!!(お腹ペコペコ~!)

「いっただっきま~~~す!!」

さっそく、うちの嫁と二人でちょいちょいつまんで

そいでもってお酒のみのみ・・・ (*~ρ~)ゞプハー

20120202 011.jpg

今日は嫁さんの好きな白ワインで晩酌。

僕はワインは守備範囲外なので詳しくは解りませんが

さっぱりめの辛口で、チゲにはピッタリ!!

お酒もお箸もすすむ!すすむ!! ヾ(〃^∇^)ノ

 

あっ」というまにお鍋が空っぽ・・・ ヾ(-д-;)

さあ~次なるは「しめ」のお供。コレコレ♪

ちゃんぽん麺!!

20120202 012.jpg

う~~ん、今日は一玉にしとこっと・・・ (-。-;)

(お腹がけっこうふくれました)

長葱の青いところを細く切って、生卵用意!

麺を温めたら卵とねぎを「発射!!!」

20120202.jpg

「おおおおお!!」おいしそーにできました ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

ん~~~スープが旨い!野菜の甘味とお肉の出汁が合さって

そこにきび砂糖のコク、シャンラーツィーの辛味があとをひきます。

卵のマイルド加減もGOOD!!大満足!!

 

しめのメーランも、しっかりいただいて・・・

お腹がいっぱいのはずなのに~~~~ (゚ー゚*?)

20120202 013.jpg 20120202 001.jpg

 

東京は町田市にある和菓子屋さん「中野屋」さんで

買い物ついでによくお土産買って帰るんですが

今日も思わず買ってしまい (*´∇`*)

しかも、お腹いっぱいなのに・・・たべたくなっちゃう。(いわゆる別腹ですか)

「でも、おいし~~~~\(*^▽^*)ノ」×2人

 

こうして夜も更け、ちょっとたべすぎな?

しっかり元気チャージした日曜の晩ご飯でした~!!

 

わ~がつくった鍋、うだでぐめがったぁ~~~!!

(津軽弁で僕の作ったお鍋がとてもおいしかったの意)

 

 

手作りがんもふたたび

こんにちは~金岡です(*^_^*)

寒い日が続きますが、みなさまお元気ですか?

私は、若干鼻づまり気味・・・・

ちゃんと、体温めなきゃね~。

なので、背中にもお腹にもホッカイロ貼りまくりです!

 

さて、先日の日曜日は

久しぶりの美容室!

ばっさり切って参りましたよ。

 

その後は大混雑の歌川国芳展を見に行きまして・・・・・

また今度,朝一番の時間に来てゆっくり見ようと誓った後、

 

お家でごはんづくりでーす!

今回は、以前「おでん」の時につくった

「がんも!」でーす。

 

こないだは、仕込んだ量が少なかったので

思う存分食べられなかったのね~。

(おでんは半分くらいダーリンにお裾分けしたし。)

 

というわけで、今回はたっぷりめに

木綿豆腐2丁使って作りまーす。

 

豆腐はよーくよーく水切りをして

すり鉢に入れてつぶしますよ。

20120201 009.jpg

 

ここに、塩・砂糖・片栗粉をそれぞれよくすり混ぜながら

加えていきまーす。

 

ここに卵2個を1コ分ずつ入れてすりまぜて

20120201 008.jpg

 

今回は、おでんの具材と言うよりは

がんもがメイン!

なので、具だくさんでいきましょう!

20120201 007.jpg

とはいえ、だいたいウチにある物をきざんで入れてみました。

椎茸・ひじき・ごぼう・にんじん・生姜

 

とっても具だくさん!

20120201 006.jpg

よく混ぜてから

一口大に丸めて

20120201 005.jpg

油で揚げましょう。

こんがりしたら揚げ上がり!

20120201 004.jpg

油を切って・・・・・

 

油を出したついでに冷蔵庫に眠っていた大根も揚げましょう。

大根は大きめの乱切り

20120201 003.jpg

 

これもこんがり揚げて

揚がったら、熱湯をかけて油抜きをして

20120201 002.jpg

 

あとは、鰹と昆布のお出汁を醤油と味醂で味付けして

大根にお出汁が染みこむようにコトコト煮ましょう。

 

で、できあがり。

ホントは一度冷ました方があじは染みこむのですが

今回はお腹がぺこぺこなので食べちゃいまーす。

20120201 001.jpg

 

生姜が、シャキッときいててよい香りです~。 

残ったがんもは冷凍しておけばまたいつでも使えるしね。

買ってくるより、だんぜんおいしいし!!

思ったより簡単にできるんだな。と言うのが作ってみた感想でした。

 

うふふふふ!

次回はアレ!つくりますよ!

今日ちゃーんと、材料買ってきたしね~

ウェブページ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。