2011年10月アーカイブ

いざ、塩釜へ~その3~

みなさん、こんにちは~しんちゃんです!

 

昨日はチーム樽一が楽しみにしていたBBQ大会!

 

いやぁ~今年もやっちまいましたよ(^_^;)雨男(>_<)

 

俺の携帯どこ行っちゃったんだろう・・・・

 

詳しくは、後日金岡のブログをご覧あれ<(_ _)>

 

 

 さて、気を取りなおして塩釜ツアーの続きです。

 

店長と2日掛かりで報告しているのにまだ初日が終わったとこ(^_^;)

 

20111027 120.jpg

 

二人とも一瞬で朝を迎えドキドキしながらカーテンを

 

開けるとギリギリ曇り空ε=( ̄。 ̄;)フゥ

 

さぁ、向かうは塩釜魚市場。気合いを入れて乗り込んだのに

 

20111027 122.jpg

 

まだ、七時前だというのに中はがら~ん・・・(^_^;)

 

20111027 124.jpg

 

居るのはお店の人ばかり。これも震災の影響でしょうか?

 

20111027 125.jpg

 

やはり、三陸の牡蠣は一つも見あたらずこちらは北海道産。

 

20111027 129.jpg

 

殻の割には身の入りも良く鮮度もバッチリ。

 

20111027 133.jpg

 

ホッキ貝も剥いて貰い頂きます。

 

20111027 134.jpg

 

むちっとした歯ごたえと貝の甘さにやられます。

 

市場を2周位回りましたが、特に目新しいものは発見出来ず(>_<)

 

20111027 135.jpg

 

諦めて、朝ご飯の場所探し。いきなり目に付いたのは

 

「食堂 みうら」。なぜ、みうら?もちろん、入りましたよ。

20111027 136.jpg

 

お刺身盛りを頼んだら海鮮丼の上だけ出してくれました。

 

ちと、寒いので熱燗を頼んだら地酒があると冷蔵庫の

 

奥から取り出したのは「純米生酒浦霞」。とりあえず

 

そのまま1本頂きました(^_^;)さすがに鮪の中落ちは美味。

 

それにしても朝から二人で4合はちときつい(>_<)

 

帆立フライを2ヶずつと豚汁を平らげ浦霞へ向かいますダッシュ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

 

20111027 142.jpg

20111027 139.jpg

 

佐浦社長さんに昨日のお礼を伝えヘルメットをかぶり蔵の中へo(^^o)(o^^)oワクワク

 

20111027 143.jpg

20111027 144.jpg

 

前回畳を張り替えていた母屋もすっかり元通り。

 

20111027 147.jpg

 

20111027 151.jpg

 

二階に酒母室があるメインの蔵はまだ修復中。

 

20111027 155.jpg

 

本社蔵を任されている鈴木杜氏にもお会い出来

 

復興に向けた熱いお話しを直接伺うことが出来ました。

 

20111027 160.jpg

 

お米が蒸し上がる甘い香りが辺り一面漂いますo(^^o)(o^^)oワクワク

 

20111027 165.jpg 

 

麹室にも津波は押し寄せたので万全を期して全ての板を

 

張り替え新品同様。過去にも三回浸水を経験しそのたびに

 

修繕を繰り返してきたそうです(>_<)

 

20111027 170.jpg 

 

耐震補強をしてあり比較的被害が少ない大正蔵へ。

 

20111027 172.jpg

 

う~ん、醪の芳しい香りが堪りません。コチラにある

 

全てのタンクをジャケット式のステンレスタンクへ変えたそうですオオーw(*゚o゚*)w

 

20111027 175.jpg 

 

20111027 178.jpg 

 

力強く発酵を続ける醪たちを見ているととても勇気づけられます。

 

間もなく今年の新酒が搾られますから待っててくださいね。

 

20111027 181.jpg 

 

そして蔵の外へ。

 

20111027 184.jpg 

 

津波はこの高さまでやって来ました(>_<)

 

20111027 187.jpg 

 

見学中にすれ違う蔵人さん達や佐浦社長から復興へと向ける

 

並々ならぬ意気込みを感じました。そして、更にこの「浦霞」を

 

東京の方々に提供していく熱い想いを胸に蔵を後にしました。

 

浦霞のみなさま本当にありがとうございます!

 

なが~いブログとなりましたが、まだ午前中が終了したところ(T_T)

 

店長~すんませんが、あとはお願いしますから~(^^)/ 

これも御利益?

こんにちは~金岡です(*^_^*)

いや~今日はホントにいいお天気!!秋晴れで気持がいいですね。

これが、明日までもってくれるといいのですが・・・・

今日一日は天気予報とにらめっこ(≧ヘ≦) ムゥです

(どうなる事やら・・・・・)

 

さて、毎月1日・15日・28日は深川のお不動様のご縁日

せっかくなので、お護摩修行も見学させていただき

ちょっと霊験あらたかな気持になったところで、

お隣の富岡八幡宮様へもお参りに。

こちらも同じくご縁日。

青空市フリーマーケットも開催されていました。

まだ早い時間だったので

あまりお店を広げているところも少なかったのですが

とある骨董屋さん←・・・・・・(・ω・。) ジーッ

 

「あ!鉄瓶が売ってる・・・・・。」

 

欲しかったんだよなぁ~鉄瓶。

こないだデパートでチラ見したところ

 

ななななんとぉ、

 

さーんまーんえーーーーーーーん!!!!

 

思わず...( = =) トオイメ

 

確かにね。けっこうおっきいでしたよ。

ちゃんと、南部鉄器だし。

でもさ、さすがに3万円は・・・・。

チビシーーーーー(/ヘ ̄、)グスン

 

泣く泣く諦めてたとこでした。

そ・れ・が、

フラフラと値段をみてみると

 

「7千円!」の値札がぺたり。

 

お!7千円。

買えない金額じゃない。

でも、7千円。

ちと迷いますな・・・・。

 

どおしよっかな~。

て、考えてたら

骨董屋さんのおじさんがふらりと戻って来て一言

 

「お姉さん、口開けのお客さんだからまけてやるよぉ。」

 

「!!!!((o(б_б;)o))ドキドキ」

 

「骨董の世界では口開けのお客さんは大事にするんだ。」

「5千円にするよ。」

 

「ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪  ずっと鉄瓶欲しかったので、コレ買います!!!」

 

「お、気持がいいねぇ~。ありがとよ~。」

 

てなわけで、お買い上げ~。

「じゃーーーーーん。」

20111029 005.jpg

 

なんでも、そのおじさんによると

まっかに錆びていたのを

よーくよーく洗って錆を落として

中は茶殻とお酢で下処理をしてあるので

一度お湯を沸かして捨てれば、すぐ使える状態になっているとか。

20111029 001.jpg

 

ヘタなとこで買うと何もしてないから

使い始めるまでが大変なのだそう。

もっとダメなのは、錆びないように油をぬっちゃうんだそうです!

これじゃ、油の浮いたお茶を飲むハメに・・・・ (Θ_Θ;)

 

オマケに、最近の新品は

外見は鉄瓶でも、中は錆びないようにホーロー加工してあったりして

鉄瓶の意味がないようなモノがあるとか。

 

鉄瓶で沸かしたお湯は

とってもまろやかな味になり

鉄分も取り入れられるから、とっても良いそうです。

 

こういうモノは、きちんと使えばずーーーっと使える道具ですね。

錆びないように大事に使いましょう。

 

なんて鉄瓶ぶら下げてかえろかな。と歩いていると

 

「あ、まな板が売ってる。」

 

そいえば、ウチのまな板古いんだよな。

おまけに、真ん中がへこんじゃって

葱を切ると、下が切れてないのよね~。

 

またもや、ふらふらふら~と

お店の前へ

 

なんでも、材木屋さんがは材を使ってまな板にしている物だとか。

ちゃんと、厚さもありますよ。

しかーーーーーも、安い!

 

大・中・小。

悩みますね-。

せっかくだから大きいのにしちゃおっかな~?

(外だと大きさの感覚がわからなくなります。)

 

でもー大きすぎても使いずらいかな~。

そいえばウチは、一人暮らしのキッチンだった!

 

んなわけで、中に決定! ちなみに中は500円!

驚きの安さ!

普通のプラスチックのまな板だって

2千円くらいはしますよね~。

 

厚さのある物を選んでもらっておっかいあげ~

20111029 004.jpg

 

中にしてよかった~(´▽`) ホッ

持ち帰ってみると、中でもナカナカの大きさ。

古いまな板と比べてみると

20111029 003.jpg

 

けっこうちがいますね~。

これで、もう葱がつながってることもないでしょう。

あとは、腕次第か?

ちなみに材質はカナダ桧だそうです。

お店の方が言うには

家庭で使うには充分。

良い材質のまな板は、板前さんが使う

立派な包丁のためなんだそうです。

 

それにしても、久しぶりに良いお買い物をしました。

これも御利益の一つかしらん?

 

ま、これで私の料理の腕も、も少し上達してくれるといいのですが・・・。

 

さて、10月も残すところあと僅か。

今年も酉の市の季節。

もちろん、樽一の近く

「花園神社」を始め、各地で開催されますね。

もちろん、深川でも!

今年は三の酉まである年まわり。

 

なんでも、三の酉まである年は火事が多いとか。

今年は、あんまり火事が起きませんように。

熊手のお守りいただきにご参拝にいこうかな。(もちろん、熱燗付?)

 

いざ、塩釜~その2~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

ただいまで~す。

無事、塩釜から戻りました。

先日の社長のブログから始まりました

塩釜の模様を引き続きお送りしたいと思います。

 

阿部勘酒造さんを後にした我々二人はお目当ての酒屋に

向かおうとしたのですが、阿部勘酒造の専務さんにお尋ねしたところ

生憎その酒屋の場所は塩釜で、もっとも浸水被害が大きく、

現在でも休業中とのことでした。

震災の被害はいまだに大きな爪あとを残しているのですね。

 

夕方の予定は佐浦酒造への訪問です。

蔵に訪れるのは実に5ヶ月ぶり。

このたびも皆様からお預かりした浦霞ノーラベルと樽一Tシャツの

義捐金をしかと佐浦社長にお渡ししました。

(スミマセン・・・写真を撮り忘れました。)

 

そして、佐浦社長と我々は塩釜料理で有名な翠松亭さんに向かいました。

翠松亭1.JPG

ご覧の通り、蔵を出たら雨・・・

雨男社長はまたもや、やっちまいました。(汗)

佐浦社長も噂の雨男っぷりにはびっくりの様子。

 

まずは久しぶりの再開に先付け2種をアテにエビスビールで乾杯。

翠松亭2.JPG

翠松亭3.JPG

地酒メニューもやはり浦霞。

ですよね・・・

翠松亭5.JPG

三陸名物、ほやの塩辛とぼとる浦霞。

翠松亭4.JPG

刺身は塩釜自慢の生まぐろ。

ほほのお刺身に生白子と炙りは東京では食べれない逸品です。

翠松亭6.JPG

宮城名産、穴子はみそ焼きで・・・

翠松亭7.JPG

鯨の竜田揚げにたたみいわしで浦霞のお酒は加速します。

翠松亭8.JPG

DSC00396.JPG

初めて佐浦社長と盃を交わしながら、樽一の歴史を

ゆっくり語ることができました。

 

平成14年7月に先代佐浦会長がお亡くなりになり、

その年の11月、樽一会は佐浦会長を偲ぶ会が行われ

翌年7月には今度は先代樽一社長がお亡くなりになりました。

当時のお二人の社長のお話や

佐浦、佐藤両社長も知らない昭和時代の樽一ばなし。

看板商品「金ラベル」と共にあった幻の「銀ラベル」エピソード。

とてもためになるお話しをありがとうございます。

 

そしてこれからの樽一ビジョンを真剣に佐浦社長は聞き入ってくださいました。

 

浦霞あっての樽一。

 

佐浦社長、長々とお付き合い頂きありがとうございました。

塩竃in2011年10月 109.jpg 

 

 佐浦社長と別れた我々はこちらで2次会。

塩竃in2011年10月 115.jpg

塩竃in2011年10月 114.jpg

塩竃in2011年10月 112.jpg

塩竃in2011年10月 111.jpg

話しは尽きず宿に戻ってからは3次会。

塩竃in2011年10月 119.jpg

長かった塩竃の1日目はこれにて終了でした~

 

2日目も早朝からハリキッテ活動しましたがここで時間切れ。

その模様は次回社長のブログでお楽しみくださいね♪

いざ、塩釜へ~その1~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

最近ようやく涼しくなって来ましたね。

 

 

 あの震災から7ヶ月が経ちました。

 

我らが「浦霞」の佐浦社長さんへ会うために地元塩釜へ

 

旅立ったのでした~ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 

まずは、いつもの通りに新幹線の車内用に

 

ちゃちゃっと作ったおつまみとビールで乾杯。

 

この先、かなりの写真数が予想されるため撮ってませんけど(^_^;)

 

 あっと言う間に仙台到着!向かうは「塩釜」です!

 

20111027 009.jpg

 

先ずは、浦霞のご近所の「阿部勘酒造」へ。

 

20111027 012.jpg

 

専務の阿部昌弘さんがお忙しい中お出迎え。

 

数年前に道路の拡張工事の為、セットバックした蔵元は

 

3階立ての近代的な造り。何でも先代の70歳をこえる

 

ベテラン杜氏さんが蔵の設計を請負い、今の蔵が完成。

 

完璧な耐震工事のお陰で3月の震災でも蔵は無傷だったそうです。

 

20111027 013.jpg 

 ベテラン杜氏さんの引退後、40代の杜氏へと

 

受け継がれます。わずか7人の蔵人さんで全てを賄います。

 

20111027 018.jpg 

 

全てのお米を限定吸水しており浸漬だけで2時間半は

 

かかるそうです(>_<)手間を惜しまない姿勢がお酒に

 

現れています。

 

20111027 019.jpg 

 

こちらは麹室。小窓が付いていて見学者が

 

中に入らなくても覗く事が出来ますw( ̄o ̄)w オオー!

 

20111027 022.jpg 

 

こちらは枯らし場。室から出た麹を乾燥させます。

 

 

 

早速いただきます。

 

20111027 025.jpg 

 

んま~。香ばしく焼いた栗の様な味わい(*^-^)ニコ

 

20111027 037.jpg 

 

瓶詰めされたお酒はひろ~い冷蔵庫で保管されます。

 

20111027 040.jpg

 

蒸し上がったお米はエアーシューターで下の階の

 

もろみタンクへと送られます。

 

20111027 043.jpg 

 

こちらは蔵人さん達のお部屋。以前はタコ部屋でしたが

 

前杜氏さんがこれからの時代は個室が必要と

 

設計されたそうです。若手が辞めない環境造りも大事です。

 

20111027 049.jpg

 

一階のもろみタンク。耳を澄ますとぷつぷつと

 

お酒が発酵している音が聴こえてきますo(^o^)o ワクワク

 

20111027 050.jpg

 

20111027 065.jpg

 

阿部さんが発酵途中のもろみを掬ってくれました(^o^)

 

20111027 069.jpg

 

蔵見学の一番嬉しい瞬間です\(^▽^)/

 

まだ、つぶつぶのお米が残りなんともフレッシュな味わい。

 

20111027 078.jpg

 

こちらは粕取り焼酎をオーク樽で寝かせております。

 

「勝畫楼」とは塩釜神社の並びにあった料亭の名前。

 

こちらで浦霞、佐浦社長のご両親も挙式を挙げたとか。

 

20111027 080.jpg

 

ラベルは全て手で貼ります。一つ一つの行程が

 

とても丁寧に行われてます。一番感じたのは蔵の清潔さ。

 

全てが磨き込まれ、床にはお米一粒落ちていません。

 

こうして実際に見学させて頂くと、蔵の姿勢がヒシヒシと

 

伝わって来ました。そして、阿部さんの素直なお人柄。

 

堅実にお酒造りに挑まれている様子が見えてきます。

 

20111027 082.jpg

 

ショップで地元限定の「於茂多加」を買い樽一へ送りました。

 

20111027 086.jpg

 

来年三月の樽一会へのご招待を約束して阿部さんと

 

記念撮影。お付き合いありがとうございますm(_ _)m

 

この後、浦霞の佐浦社長に会いに行くのですが

 

かな~り長いブログになってしまうのでここらでオシマイ。

 

きっと続きは店長が上手いことやってくれますから~(^^)/

ブラウニー

こんにちは~金岡です(*^_^*)

もうすぐ11月だというのに昼間は暖かいですね~。

でも、夜は随分と気温が下がるようになりました。

 

さて、オーブンを買ってからというもの

なんだかんだお菓子焼いたりしちゃっております。

 

こんかいはー、

「ブラウニー」でーす

 

こないだからの流れだと

「ガトーショコラ」なんじゃ・・・・

と、いわれそうですが、

諸事情あってブラウニーです。

 

問題のバターは?

v( ̄ー ̄)v

じゃーーーーーん!

20111026 014.jpg

ちゃあぁんと手に入れましたよ。

しかも、今回は

「よつ葉の発酵バター」です。

もちろん、食塩不使用。

 

これを、グラニュー糖と一緒に混ぜ合わせていきます。

20111026 011.jpg

 

クルミはから焼きにして香ばしく

20111026 013.jpg

 

チョコレートは刻んでおきます

20111026 012.jpg

 

グラニュー糖とバターをよーくよーく混ぜ合わせて

白っぽく少し空気を含んでふんわりしてきたら

20111026 010.jpg

 

溶き卵をすこーしずつくわえて、その都度よーくよーく

混ぜますよ。

20111026 009.jpg

 

ここに、とろりと溶かしたチョコレートを

3回にわけて加えます。

風味付けにラム酒も少し入れましょう。

20111026 006.jpg

 

このラム酒香りが良くてホントにおいしいんです。

20111026 005.jpg

(ホントは呑むよう)

 

それから~

ふるった薄力粉

20111026 004.jpg

 

粉っぽさがなくなるまで混ぜまーす。

ここに、粗めに刻んだクルミを入れて

20111026 003.jpg

 

型に流して、160度のオーブンで45分間焼いて

20111026 002.jpg

 

チーーン!

やっきあっがり~

20111026 001.jpg

 

冷めるまで、このままこのまま。

冷めたらカットして出来上がり。

 

このレシピで作ったのは初めて。

うえはサクサク。中はしっとりな焼き上がり。

けっこう甘さも強いけど、とってもおいしくできました(^_^)

でも、私の好みとしては、もうチョットチョコレートが濃厚な方が好き!

今度は、改良してみよぉっと!!!

 

たっぷりできたブラウニー。

今回は、社長と店長が出張でいない中、

お店で頑張っているみんなに差し入れしましょう。

もちろん、甘い物好きのダーリンにも持って行かなきゃね。

おいしい牛乳と一緒にプレゼントだ! 

「てんちょうの冷蔵庫」更新しました!

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

秋深まる今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こうも涼しくなると、いえ寒くなると

帰りのチャリ、短パンでは厳しいです。

 

先日、三浦屋時代にアルバイトしていた3人が

樽一に来店してくれました。

20111121 002.jpg

左上の岩見は大学1年時、3ヶ月の短期間バイトが

条件だったのにも係わらず4年の卒業まで続けてくれました。

右上の佐久間はやはり大学1年時から何度も挫折しながらも

パートリーダーとして、三浦屋を盛り上げてくれました。

左下の四方はそんな二人に憧れ、大学1年から4年間がんばってくれて

昨年三浦屋を卒業しました。

 

今回は四方が婚約者の転勤で九州に行ってしまうので

送別会を樽一でやってくれました。

3人が着ていた三浦屋のオレンジユニホームにちなんで

新色の樽一Tシャツに皆のメッセージを書いて渡しました。

また、皆が樽一に集まって呑める日を心待ちにしています。

 

 

いよいよ「てんちょうの冷蔵庫」更新です。

 

早いもので、2009年8月25日から始まり今回で30回

を迎える事ができました。

これもひとえに飽きずに読んでいただいている

皆さまのお陰でございます。

今回は福島の会津娘です。

会津娘 006.jpg

この酒を扱い始めた途端に会津娘の酒蔵と樽一の距離が一気に身近になりました。

ご縁とは本当に不思議ですね。

そのような内容を書かせていただきました。

 

ぜひ、ご覧下さい・・・

 

酒ネタにもうひとつ。

 

樽一の地酒は浦霞ラインナップと諸国レギュラー地酒、

それにメニューには出ていない「てんちょうの冷蔵庫」に

置かれた隠れメニュー。 

そして日替りメニューの裏に、

「地酒おすすめメニュー」があります。

osake.jpg 

 だいだい週に2度ほどは必ず変更します。

多いときは週4~5回も変わる事もザラではございません。

少しでも皆さまに聞いたことのないようなお酒や

飲んだことのないお酒をご紹介したく、実際に我々が利き酒をして

コメントを書き綴っています。

 

最初の頃はアタクシが一人で書いていましたが、

今では社長と金岡の3人で交代しながら綴っている訳であるのです。

  

我々のきき酒グラスにもこだわっています。

 お酒の顧問、戸塚先生考案の杜康の玻璃(とこうのはり) 。

reisyuhai_pro10.jpg

唇に付く部分は薄く、広がっているため香りが籠もることなく、

お酒の良いところが最大限に引き出されます。

 金岡 001.jpg

今回は社長の番です。

きき酒するお酒は4種類。

6種類総取っ替えですと、さすがに酔います。

     (@ ´ 。 ` @) 

金岡 005.jpg

再度、銘柄や裏のラベルもチェック。

金岡 006.jpg

きき酒しながら、わずか3行に思いをたっぷりと綴ります。

金岡 012.jpg

他の二人もコメントのキッカケになるように

感じたことを発言します。

金岡 010.jpg

こうして地酒おすすめメニューが完成するのです。

 

この大切な作業をしているときに、取引先が来ると宴会しているかの様な

光景に見えるのらしいのです。

皆さんも、ご来店の際はぜひともお読みくださいね。

鯨の品見会~晴海~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

昨日は晴海のホテルマリナーズコートで

 

鯨の品見会が行われました。

 

20111024 004.jpg

 

鯨業界の関係者が集まるこの会。今回から鯨の

 

販売方法が入札式となるようで見る目も真剣です。

 

20111024 014.jpg

 

例えば、赤肉だけでもズラ~っとこれだけの種類が

 

有りお値段、お味の方もピンきりなのです(^_^;)

 

20111024 020.jpg

 

こちらは、樽一がスタンダードにお刺身で出して

 

いる特選赤肉。サシの入り方はほとんど尾の身です。

 

上の胸肉と比べるとまるで品物が違うでしょ(^_^;)

 

20111024 019.jpg

 

こちらは鯨寿しに使うニタリ鯨の鹿の子。

 

かなりの歯ごたえがあるのでなるべく薄~く切り分けます。

 

20111024 015.jpg

 

コチラは畝須(うねす)。鯨のお腹のバラ肉の部分。

 

ここが鯨ベーコンとなるのです(^_^)v

 

20111024 018.jpg

 

樽一でも一番人気の高い鯨の舌(さえずり)。

 

20111024 017.jpg

 

鍋やお刺身にも使う本皮。

 

20111024 016.jpg

 

百尋(ひゃくひろ)は鯨の小腸。樽一ではぜーんぶ

 

ひっくり返して中をキレイに掃除するのです(*^_^*)

 

この掃除をきちんとしないと臭みが取れませんから~(>_<)

 

20111024 009.jpg

 

今回は居酒屋メニューとして

 

20111024 010.jpg

 

鯨カツに竜田揚げ。

 

20111024 013.jpg

 

鯨のユッケも登場。

 

20111024 006.jpg

 

珍味としては喉珍子に

 

20111024 008.jpg

 

鯨のおさ根は歯茎の部分。

 

お味の方は・・・どれも珍味ですから~(^_^;)

 

20111024 022.jpg

 

鯨のレトルトカレーや

 

20111024 023.jpg

 

ソーセージも発見。鯨肉13%は微妙ですけど。

 

 

 毎回の事ですがこの品見会、赤肉を食べ比べられる

 

訳では無いし、コレを見て注文しても同じ肉が来る保証は

 

全くありません(>_<)もちろん、返品も不可ですから

 

後は運次第なんです(* ̄□ ̄*;

 

 

今回から水産庁のお達しで入札方式の販売となり

 

販売価格も不確定。さてさて、どんな事になりますやら・・・ 

スモーク!!

こんにちは~金岡です(*^_^*)

今日は予報通りの雨模様。

降ったり止んだりしているようで、まさに

「秋時雨」 という感じでしょうか?

 

さて、先日 途中経過の紹介をしました

「ベーコン」

ですが、やりましたー。スモーーーーク。○○。

朝から、モクモクやっちゃいましたよ。

 

では、もっかい、仕込から

20111022 002.jpg

豚バラブロックに塩・蜂蜜・黒胡椒をすり込んで

今回は、風味付けにおろし生姜もスリスリ。

 

ラップに包んで3日間冷蔵庫で熟成させまーす。

20111022 001.jpg

 

熟成させるとこーーんな感じに。

 

20111022 010.jpg 

 じゃっかん、赤みが濃くなった感じでしょうか?

これを、スモークしていきますよ。

 

まずは、使い古しの鍋にアルミホイルを敷き詰めてっと

スモーク材は、ジャスミン茶の葉っぱ・グラニュー糖・ローリエです

20111022 013.jpg

 

そして、網をセットするのですが、

網の足が短いので、アルミホイルで継ぎ足しを作ります。

20111022 012.jpg

 

これを、アミアミに挟み込んでセット

20111022 011.jpg

 

お肉ものせて、

20111022 009.jpg

 

カセットコンロごとベランダへ移動!

20111022 008.jpg

 

お待ちかねのスモーク開始ですよー。

レシピによると、弱火に掛ける。

 

弱火弱火・・・

 

5分経過 ・・・・・・・・。

 

?  煙まだかなぁ~

 

10分経過  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

???   あれ?けむりは?出てこないの?

 

火、弱いんじゃない?

 

てことで、中火に変更!

外だから、風も関係あるのでしょうか。

 

今度は、ちゃーんとモクモクしてきました。

 

スモークモクモク15分経過

 

じゃーーーん

20111022 007.jpg 

 

 うーーーん、すこーし色が薄いかなぁ?

もう5分スモークモクモクしましょっか。

 

5分経過。

20111022 006.jpg 

 

ま、こんな感じですかね?

切れっ端を試食でーす。

20111022 005.jpg 

 

うらっかわは、こんな感じ

20111022 004.jpg 

 

なかなか、良い感じじゃぁあ~りませんか?

 

あじは?味は?

 

うん。肉汁じゅーしーφ(≧∀≦ )

 

生姜の風味が効いていて、これもまたよしですよ。

 

このベーコン使ってキッシュとかカルボナーラとかつくろっかなと

思ってたんですが、これはシンプルにあじわいたい!

 

って、考えながらも試食にもういちまーいφ(≧∀≦ ) オイチー

さらに、もういちまーい φ(≧∀≦ ) オイチー

 

 今が旬のきのこと合わせて、パスタなんていーかもぉ(○゚ε^○)v ィェィ♪

もちろん、少し厚めにカットしてフライパンでカリッと焼いても o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o 

こんどは、ハーブを使って作ってみるのもいいなぁ。 

デジカメの進歩

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

今週末は雨だそうで、チャリ通勤のアタクシは

 

帰りの雨は何とか逃れたいと思う今日この頃です。

 

 

さて、話は変わりまして樽一メニューは

 

アタクシが独学で覚えて製作しました。

 

その中でも大切なのは商品撮影。

 

フツーのデジカメで撮影していました。

デジカメ1 (1).JPGのサムネール画像

 

でも、今のデジカメはとってもスグレモノで

 

簡単な知識があれば、キチンとした被写体が綺麗に撮影できるのです。

 

それなのに無闇にストロボをたいたり、何でもかんでもオート機能を

 

使ってみたりと、もったいない写真が多いわけであります。

 

 

そして、人間の欲とは恐ろしい・・・

 

デジカメでシャッターを押す回数が増えるに従い、

 

「もっといい画が撮りた~い」なんて欲張りになっちゃいますよね。

 

そこで、高性能カメラ。

 

そう!一眼レフです。

 

 

現在、カメラ業界で勃発しているミラーレフ一眼戦争。

 

今までの一眼レフに装備されているミラーやファインダーを

 

取り除くことによってとても軽量でコンパクトになり、

 

さらにコストも下がるのでとてもお得なカメラなのです。

 

そんな訳で念願が叶い、ようやく購入しましちゃいました。

デジカメ1 (2).JPG

ソニー NEX-C3です!

 

ソニーのミラーレス一眼のイチオシはNEX-5Nなのですが、

 

C3は、ほぼ性能変わらずにお値段が良心的。

 

早速撮影してみると・・・

デジカメ旧.jpg

ねっ!

 

上の写真とじぇんじぇん違うでしょ♪

 

そこで撮影の練習で~す!

 

今回のモデルは過去に活性にごり酒を開ける最中に

 

何度が手痛い目にあっている金岡の連続写真に挑戦してみました。

 

 

ご覧ください・・・

 

 

金岡 020.jpg

金岡 021.jpg

金岡 023.jpg

金岡 024.jpg

金岡 027.jpg

金岡 028.jpg

金岡 030.jpg

金岡 032.jpg

 

いかがでしたか? ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 

文字を書かなくても、金岡の緊張感が伝わってきたでしょうか?(笑)

 

さすが一眼レフ、シャッタースピードがまったく違います。

 

これからの樽一の料理や色々な出来事をこのカメラでお送りできるよう

 

今日もカメラ片手に店内至る所でシャッターチャンスを

 

伺う日々が続くのでした~ 

幸せな休日~六浦編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

最近、朝晩の気温が急に下がり夜中に毛布を

 

全て剥いでしまう私は寒さで目が覚める毎日です(>_<)さむ~

 

 

 先日、三年前に100㌔ウォークを共に歩いたご夫妻宅に

 

お邪魔して参りましたm(_ _)m実は昨年もお世話になり

 

帰りの電車で気づいたら羽田空港に着いておりました(^_^;)

 

 

 今年こそちゃんと帰ると心に決めて訪問 o(^O^*=*^O^)o ワクワク

 

何を隠そうコチラのご主人は「クック&ダイン」という

 

全国の食材や調理器具をネットで販売されている

 

社長さんなのです!もちろん、ご自身でも調理をされ

 

商品は全てお墨付きの自信作ばかり(^_^)v

 

20111020 001.jpg

 

早速、シャンパンとクルミとキャベツのサラダの

 

先制パンチが炸裂です(^_^;)

 

20111020 003.jpg

 

そこへ間髪いれずに揚げ物登場!

 

20111020 005.jpg

 

前日に北海道から届いた「インカの目覚め」を

 

奥様がコロッケに。

 

20111020 004.jpg

 

大粒のオリーブをくり抜いて中に牛肉を詰めたものに

 

20111020 006.jpg

 

日本最初のトマトケチャップを復刻させたヨコハマの

 

清水屋ケチャップにつけて頂きます。

 

トマトの濃厚な旨みと甘み、酸味が素晴らしく

 

このままでも十分に堪能出来るスグレモノ。

 

20111020 008.jpg 

 

余りの美味しさにモリモリ食べて過ぎすでに

 

お腹が一杯になりかかった所で佐島の釜揚げ

 

シラスが登場。これでまた復活 \( ̄^ ̄)/

 

ここで湘南の日本酒、熊澤酒造のその名も「湘南」。

 

20111020 014.jpg

 

枡付きのグラスの下に更に皿がに付き、なみなみ

 

ついでもらいもはや完全に居酒屋状態。

 

20111020 015.jpg

 

いつの間にやら高級魚になってしまったえぼ鯛の塩焼き。

 

20111020 010.jpg  

 

普段売られているのは開きがほとんどですが

 

本日は丸焼きです。

 

20111020 011.jpg 

 

続いてイトヨリ鯛の塩焼きも出て参りました。

 

どちらも鮮度が良く身もふっくらで美味しい。

 

20111020 016.jpg

 

チェーサーの琥珀エビスで休憩です。

 

20111020 012.jpg 

 

先ほどの佐島のイトヨリ鯛やえぼ鯛のお刺身は鮮度抜群。

 

鯵にメジマグロ、青森の烏賊にそろそろダウン寸前(^_^;)

 

20111020 017.jpg 

 

ダッチオーブンで焼く鮪のカマ焼き。

 

20111020 018.jpg

 

忘れてはならないのはご主人さまはダッチオーブンの

 

達人なのです。コレを使えば中はふっくら外はバリっと。

 

家庭でも気軽にこんな大胆な料理も楽しめるのですヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

 

そろそろ意識が遠くなってきたところへ

 

なにやら香ばしい肉の焼ける香りが・・・

 

20111020 023.jpg

 

甲州ワインビーフのもも肉が焼かれております。

 

20111020 021.jpg 

 

 あまりの良い香りに愛犬ゴン太君も吸い寄せられます。

 

20111020 025.jpg 

 

すこ~し寝かせて切ると

 

20111020 026.jpg

 

うお~うまそ~O(≧▽≦)O

 

ワインに使うブドウのかすを食べている牛の赤身は

 

肉本来の旨みがぎっしり。ほんとに旨いのは赤身なんだ~

 

と実感。完全にダウンしたところで

 

20111020 028.jpg

 

レバ刺しならぬ、鮪の血合いのゴマ油掛け。

 

参りましたm(_ _)m

 

20111020 029.jpg

 

南部の鉄瓶で入れてくださったほうじ茶で

 

20111020 030.jpg

 

なんとか意識を取り戻し8時間に渡る熱戦が

 

終了しましたm(_ _)m

 

お陰で今年は真っ直ぐ無事に帰ることが出来ましたとさ。

久しぶりの料理三昧

こんにちは~金岡です(*^_^*)

気がつけば10月も、もう3分の2が過ぎてしまいましたね~。

お祭りだの何だのと、いろいろイベントごとがあったせいか

いつもより早く感じます。

(いつもも充分あっという間なのですが・・・・・。)

そして、今日・明日と

日本橋本町 宝田恵比寿神社では

「べったら市」が開催されますね~

けっこう寒い時期の風物詩かと思いきや、

今年はなんだか暖かい。だって、昼間はまだ半袖でいけます。

なんて調子に乗ってると風邪ひくんだな。コレが。

皆さまも、体調崩されないようにお気をつけ下さい。

 

さて、先ほども書きましたように

ここ最近の週末は毎週の様にいろいろありまして

お祭り明けは、ウチで焼き肉食べちゃったりして・・・・

20111019 003.jpg

 

もちろん、ビールも呑んじゃったりして・・・・

20111019 001.jpg

 

ホルモンも焼いちゃったりして

20111019 002.jpg

 

ちゃあんと、ナムルとキムチで野菜も食べたりして

20111019 004.jpg

 

だーーーってーーーーー、

私が食べたいっていった訳じゃなく、

父が

「たまには、肉でも焼いて食べるか?」

なぁ~んて言うから~。

食べないわけにはいかないでしょ?

(その日の夜、東京に帰る私にこっそり焼きそばの

お土産を作ってくれたのは、ナイショです。)

(そして、それを帰ってからきちんと食べちゃったことも、ナイショです・・・・)

 

誰にナイショなんだろう・・・・・

 

どう考えても、たべすぎじゃない?

\(*´▽`*)/

ヽ(● ´ ー ` ●)/

ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪

なんだか、最近顔がでかくなったような・・・・・気が・・・・・しないでもない・・・・・。

 

だからというわけではありませんが

こないだの日曜日は

お料理・・・・・の下ごしらえ三昧です!

 

出汁とったり 

20111019 011.jpg 

 めんつゆつくったり

20111019 010.jpg 

(あれ?ただの真っ黒じゃない?)

 

鶏胸肉をくず野菜と一緒に蒸し煮してみたり

20111019 009.jpg 

 この調理方法を蒸し煮とは言わないかな?

 

こんどは、しっとりベーコンにするために

塩豚仕込んでみたり

20111019 014.jpg 

 

今回は、しっとりした口当たりにしたかったので

塩・黒胡椒に蜂蜜と、香り付けの生姜もプラス!

20111019 013.jpg

 

ラップに包んで、冷蔵庫で3日間くらい熟成

20111019 012.jpg

スモークは明日だ!!!

 

スーパーの魚コーナーで

安かったメバチマグロのあらを使ってスープを作ってみたり。

20111019 008.jpg

(板長に作り方教わったのよん! )

かんたんで、おいしいのね。

20111019 007.jpg

霜降りもせずに、水に入れて煮込んでいくだけ。

(今回は、ウチに長葱と生姜があったから、入れてみたわ。)

 

沸騰して灰汁が上がってきたら

キレイにとるだけ。

20111019 006.jpg

さっきまで、真っ赤だったのが

あら、不思議!いつの間にか透き通ってますよ。

このあとは、濾してから 

大根・お豆腐・長葱・針生姜 タップリ入れていただきましょ。

とっても、体が温まるから、風邪っぴきのダーリンにも差し入れしましょかね。

おかずは何にしよっかな~?

 

けっきょく、ごはんのことしか頭にないのか?ってくらいな日曜日。

(一応、ヘルシーごはんの下ごしらえ・・・・のつもり)

これを使って、何をつくろっかな。

とりあえず、明日は、朝一スモークだ!

 

ところで、皆さまご存じでした?

バターが売ってないのよーーーー!

スーパー2件も行ったのに!

どーしてー?

これじゃー、ガトーショコラが作れないじゃなーーーーい。

親バカな日曜日と久しぶり四季火土へ・・・

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

アタクシごとではありますが、

小学2年生の二女は柔道を習ってます。

小学校入学と同時に始めました。

 

柔道の帯に白と黒があるのは皆さんご存じでしょうが、

小学生は黒帯になるのはほぼ不可能なので、

白→水色→オレンジ→黄色→緑→紫→茶色→黒と

帯の色が昇段試験で変わるのです。

昇段試験は道場によって様々ですが、

当時通っていた道場は緑までは白帯を付けさせる方針。 

1年生の秋からは大会にも出場するようになりました。

成績はというと1回戦で当たった大きな女の子に

技ありをとられ負け。

そのまま優勝したその女の子は同じ1年生だったのも本人はショックだったようです。

 

二女はもっと強くなりたいと今年の春に道場を移りました。

その道場はもちろん、女の子は誰もおらず、下級生もいません。

道場を移籍早々、春の大会が始まりました。

対戦相手は待たしても同じあの女の子。

彼女の帯の色は黄色になっていました。

二女の道場は昇段試験が12月なので、白帯のままです。

結果は惜しくも判定負け。

またしても1回戦で同じ相手に負けてしまいました。

それから本格的に新しい道場でとても厳しい先生の元で指導を受け、

体の小さな二女は上級生の男の子に軽く投げ飛ばされては

何度も這い上がり、キツイ稽古にも耐えて半年が過ぎました。

 

そして秋、ついにこの日がやってきました。

20111018 001.jpg

今大会も二女は緊張気味。

20111018 002.jpg

今回の1回戦の相手はなんと、黄色帯の男の子。

結果は・・・・

文句なしの判定勝ちで初の1回戦を突破できました。

よかった~

努力の成果がきちんと実を結びました。

 

続いて2回戦の相手はなんと、過去2度も負けたあの女の子。

本人はよっぽど悔しかったようで、もう一度対戦したかったようです。

気合い十分で挑みました。

20111018 005.jpg

そして開始20秒、背負い投げで見事な文句なしの1本勝ち!

我々夫婦は目頭ウルウルです。

その後の準決勝と3位決定戦は僅差の判定負け。

負けることによって悔しい思いもしましたが、

1回戦負けの二女は4位という輝かしい成績を残せました。

20111018 006.jpg

今度の昇段試験では帯の色が何色になるのか

楽しみな親バカの1日でした。

 

さて、昨日は1年ぶりに食器を求めて四季火土に行ってきました。

20111018 007.jpg

震災でかなり器が割れてしまったみたいです。

「毎日毎日ヒマだから作ってばかりいたよ。」と

置ききれないほどの土を使い、陶芸家矢野さん

の作品は少しずつ蘇りました。

20111018 008.jpg

今回は酒器だけでなく、食器も欲しかったので

板長にも同行してもらいました。

 

こちらの2階のほとんどが震災で割れてしまったそうです。

20111018 011.jpg

この光景はまさに大人のおもちゃ箱。

時間が足りません。

20111018 009.jpg

 矢野さんに相当オマケしてもらいました。

新たな食器が樽一に加わり、パワーアップした料理が

これから楽しみです。

松茸しゃぶしゃぶ完成!

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

10月も折り返し、間もなく11月を迎えます。ほんとに早い..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 

 

 

 さて、大好評の松茸シリーズも最終章!

 

「松茸しゃぶしゃぶ」の完成です w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

20111017 006.jpg

 

松茸のスライスとその日の朝どれの白身魚を

 

贅沢にしゃぶしゃぶに(*^_^*)

 

20111017 010.jpg

 

まずは、松茸をお箸でつまみかる~くしゃぶしゃぶ。

 

20111017 027.jpg

 

ポン酢に付けていただきま~すo(^O^*=*^O^)o ワクワク

 

お湯にくぐらせると松茸の香りが更に増し、もの凄い

 

インパクトがお口に広がります( ̄O ̄;) ウォッ!

 

更に白身魚もしゃぶしゃぶに

 

20111017 009.jpg

 

すこ~し身が縮んだところにポン酢を付けてっと

 

20111017 015.jpg

 

白身の上品な味わいにポン酢か絡みこれも旨い!

 

 

続いてまたまた、板長の最新作。

 

20111017 022.jpg

 

「フォワグラの西京味噌漬け」

 

フォアグラを丁寧に西京味噌に漬け込み

 

しっかりお味噌の味がフォワグラに染み渡った

 

ところでソテーにします。

 

旨みのかたまりの様なフォアグラに西京味噌が

 

深~い奥行きを与えあまりの美味しさに黙り込みます( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ

 

そして、ダメ押しは「四方竹の島田海苔炒め」

 

20111017 003.jpg 

 

この時期だけ出回る高知の竹の子がようやく入荷!

 

同じく高知の四万十川で採れる川海苔と炒めると

 

それはそれはベストなカップルなのです(*゚.゚(゚.゚*)ピトッ♪

 

 「松茸しゃぶしゃぶ」と「フォアグラの西京漬け」は明日火曜から

 

「四方竹と島田海苔炒め」は本日もご用意しております。

 

 チーム樽一益々張り切って皆さんのご来店をお待ちしておりますから~ 

秋祭りの続き・・・

こんにちは~金岡です(*^_^*)

 

今日はなんだか、蒸し暑いですね~

じめじめして、まるで梅雨の時期のようです。

 

さて、今日は前回の続き!!

そう!秋祭りのつづきですよ。

 

で、事件てなんだよ!

まま、それは今から・・・・

 

無事に赤坂のお祭りも終わり、

一気に佐原のお祭りモードへ突入!

のハズでした。

金曜日までは。

 

もちょっと詳しく書きますと

佐原のお祭りは金曜日から日曜日まで

3日間、午前10:00~午後10:00迄 ほぼ半日かけて

町中を練り歩きます。

 

わたしは、金曜日・土曜日はお仕事なので

日曜日に全力で、いっちゃるぞぉーーーー!

と思ってました。。。。。

金曜日の夜までは。。。。。

 

ところがー、金曜日の夜に母からのメール

 

「人形の頭が壊れて、ウチの町内は中止」

 

???????

 

なんですとぉぉぉぉぉぉ

 

━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━

 

詳しく聞いてみると、電線にひっかかって落下したらしいのです。

ま、起きてしまったことは仕方がないのです。

私よりも、地元で頑張っているみんなの方がつらいのです。

今回は、3月に起きた震災の影響で、

佐原のお祭りのメインストリート? である、小野川沿いの

護岸が崩壊。工事はお祭りのために

とりあえずの応急処置が行われた状態でした。

 

そのため、川岸地域の3町内は

山車の引き回しに参加しない町内がほとんどでした。

我が町内もギリギリまで参加しないのではないか?

と、言われてたなかでの参加決定!

 

でも、実際事件が起こってみると

なんだか、引き回しは止めた方がいい。

と、言われているような感じがします。

 

そんなわけで、今年のお祭りは見学でーす。

でも、ちょっと事情がありましで、お祭りのっかこうでぶらぶらしました。

 

あんまりキレイに撮れてませんが、

いくつか山車をご紹介します。

 

まずは、「大楠公」

20111015 005.jpg

この時は、人形が立った状態でしたので

とっても迫力があります。

大楠公とは、室町時代の武将 「楠 正成」です。

 

そして、こちらは、一緒に躍りをさせて頂いた

「源 義経」

20111012 002.jpg

 

で、こちらは「浦島太郎」

20111012 003.jpg

佐原でも、1・2を争う山車の大きな町内です。

 

そして、こちらはお隣の町内

「小楠公」

20111012 001.jpg

小楠公とは、先ほどご紹介した楠 正成の息子

楠 正行(まさつら)です。 

これは、もう最後の最後。

山車蔵に入ってしまうところです。

お囃子も、参加してるみんなも一番の盛り上がりどころです。

だって、もう終わっちゃうんですから。

また、明日からこの日の為に1年間頑張るんです。

 

他町内の皆さん、少し引き回しさせて頂いたり、躍らせて頂いたり

本当にありがとうございました。

 

来年は無事出来ることを祈って。

私もまた、頑張りましょう。

三陸料理をこよなく愛する皆さまへ

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

10月も気づけばもう中盤。

あっちゅう間に時は過ぎますね。

このままだと一瞬で忘年会シーズンがやって参ります。

今年も樽一は12月のみ、日曜祝日も営業します。

12月の平日はかなり混み合いますが、日曜日と祝日は

大変ガラ空きなので、ゆったりと呑みたい方にはお奨めですよ!

 

さて、東関東大震災より半年以上経過して

震災地は再び厳しい冬がやってきます。

 

時間の経過と共に東京は平和を取り戻し、

あの大震災が昔のように感じている様子です。

 

しかし震災の爪痕は大変深く、三陸の食材は復興の兆しが

見えてきません。

 

最近は当店でも「生牡蠣ないの?」とか

「いつになったら笹蒲鉾復活するの?」とか

沢山のご意見を頂戴します。

 

夏までは「三陸食材は仕方がないよね」とのご意見が

多かったのですが、月日と共にご意見が分かれてきました。

 

三陸食材をメインにしてきた当店も何とか出来ないものかと

四苦八苦しておりますが、なかなかの難題であります。

 

三陸の代表食材のほやは青森や北海道の赤ほやで代用したり、

牡蠣は夏の間は岩がきでしたのでなんとかなりました。

 

しかし、5月に社長と訪れた石巻の大橋蒲鉾店はご自宅こそ

無事でしたが、工場のある石巻漁港付近は

工場ごと津波で流されて壊滅状態。

宮城出張 156.jpg

未だに大橋夫妻の娘さんは行方不明です。

当店の笹蒲鉾のウリは生の蒲鉾をお客様自らが焼く醍醐味です。

樽一写真2 026.jpg

復興した他の蒲鉾店から笹蒲鉾を取り寄せては

試食を繰り返してはみたものの、あの味の再現は不可能です。

そこで現在、新しい機械を購入し板長が試行錯誤で

出来るだけ近い味を目指して自家製の生蒲鉾に

挑戦しております。

 

商品になるまでお時間は掛かるかも知れませんが、

皆さまの温かなご理解のもと、もうしばらくお待ちください。

 

そして三陸といえばやはり牡蠣です。

樽一写真2 018.jpg

本来なら10月に解禁になる生牡蠣は何処にも無い状態。

他の産地で色々とあたってはいますが、身が痩せすぎていたり、

通常の3倍以上の価格だったりとても当店でお出しできる

レベルのお話しではない現状です。

そこで北陸の業者と交渉中でして、11月になれば何とか出荷できる

メドが立ちそうではあります。

 

皆さまもニュース等でご存じかも知れませんが、

広島牡蠣も高騰な値段になり始めております。

広島牡蠣は三陸牡蠣に比べ身が大きいのですが、

東京まで来る牡蠣は生食では食べれなく、加熱用の剥き牡蠣が主流です。

当店人気の牡蠣の燻製や牡蠣フライは今のところ問題なく

ご提供はできますが、これからどうなるか予断を許さない状況が続きそうです。

 

ここにきて輸入した韓国や中国牡蠣が巷では出回っておりますが

味のレベルが低い現状でとても当店としましてはご提供は難しい食材です。

 

そして当店で重要なのは地酒浦霞です。

皆さまのお陰を持ちまして、1000本近くあった浦霞ノーラベルも完売し、

蔵も少しずつ復興していよいよ10月から今年の造りが始まりました。

  宮城出張 025.jpg

※5月訪問時の蔵の様子

 

 

10月24日に再び社長と共に宮城に行って来ます。

佐浦酒造に訪問し、現状をこの目で見てこようと思います。

そして何とか三陸料理復活の足がかりになるよう全力を尽してきますので、

ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお時間をください。

 

その模様は樽一瓦版で宮城訪問の様子を報告いたします。

新人紹介!~佐藤編~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

今日はチーム樽一の新メンバーの紹介です!

 

~佐藤編~と書いてありますが、今更、私の事では

 

有りませんので悪しからずm(_ _)m

 

 

 

 今年6月インターネットの求人サイトに載せた募集の

 

記事に共感してくれた彼は5枚に渡る熱~い

 

履歴書を樽一に送ってくれました。

 

20111013.jpg

 

会席割烹で有名な「車屋」さんで10年修行を積み

 

「煮方」「刺し場」まで任されるようになりました。がむしゃらに

 

調理技術を磨いてきた彼は「料理の質というのは

 

お客さんの求めるものの一部に過ぎず、接客や

 

経営等、調理以外の部分が大きいのではないか」と

 

考え樽一へ転職を希望して来たのです。

 

20111013 001.jpg

 

樽一は「割烹」ではなく、何でも取り入れる事の出来る居酒屋。

 

ゼロからやるつもりで敢えてここへ飛び込んで来ました。

 

20111013 002.jpg

 

彼の作る料理は技術はもちろん、食べる方への

 

やさし~い気持ちが伝わってくるのです。

 

20111013 004.jpg

 

こちらは、佐藤の作った本日の先付け。

 

「長芋の寄せ」丁寧に仕事をされた一品です。

 

本日ご来店のお客様は食べられるかも知れませんよん(^_^)v

 

 

興味があるのは料理だけではなく空いた時間は

 

こっそり日本酒の味見もしちゃいます(^_^;)

 

20111007.jpg

 

最初からの希望で是非ホールも出たいとのこと。

 

20111013 006.jpg 

 

樽一Tーシャツを着てホールに出陣することもあります。

 

33歳、二人の子供の父でもある彼が将来、お父さんは

 

「日本一の居酒屋の板長なんだぞ~」と胸を張って言える

 

日が来るよう頑張って欲しいものです。樽一で佐藤を見かけたら

 

皆さん、気軽に声を掛けてやってくださいね(^^)/

 

 またまた、やる気満々のメンバーを迎えたチーム樽一は

 

更に来年の出店に向け加速していきますので

 

どうぞ皆さん応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

こんにちは~金岡です(*^_^*)

風も段々秋らしく・・・・・・・

なぁんて思ったら、昨日、今日は25℃越え!!

気温の変化が激しくて、体がついていきません!

 

そうは言いつつも、秋祭りにはしっかり参加しちゃったりして。

根っからの祭り馬鹿(じゃなくて、祭り好き!) としては、

お囃子が聞こえてくると、じっとはしてられないのです。

 

まずは、8月まで住んでおりました赤坂のお祭り!

9月18日(日)に行われた神輿渡御にゴウ!

東京のお祭りは、とにかく朝が早い!(気がします。)

 

オマケに、赤坂のお祭りだけに住民の方が少ないのです。

そのため、応援部隊が盛りだくさん。

わたしは、彼らの着付けのお手伝いにかり出されました。

何十人の帯を結んだ事やら・・・・・。

 

ま、それもこれも2年に1度の風物詩?

この日は、お天気もすこぶる良くて暑いくらい!!!

 

20111012 017.jpg

寝坊した妹はほっといて、弟とパチリ。

ことしは、我が赤坂7丁目町会が年番なので、1番札が付いています!

 

町内から、赤坂サカス→ミッドタウン→赤坂氷川神社→町内周り

いつのまにやら弟もすっかり馴染み

20111012 008.jpg

一緒に担いでるのが、外国の方ってのが、いかにも赤坂!

(でも、この方毎回参加されているのです。)

 

ことしは、氷川山車の3台目が復活!

20111012 016.jpg

(これは、源頼義かな?)

 

20111012 015.jpg

(これは、神武天皇。)

 

あと、もう一台あります。

山車の周りには豪華な幕が張り巡らされており

当時の繁栄ぶりがしのばれます。

 

20111012 014.jpg

 

山車の先導を勤めるのは手古舞の女性達

20111012 013.jpg

赤坂だけに芸者さんも参加されています!

氷川神社への宮入の際は、鳶頭達の木遣り節が!!!

思わず、しびれちゃいますよぉぉぉぉ!

 

あつい赤坂での1日

20111012 006.jpg

御神輿に1日ついてお世話になった鳶の方とパチリ。

はんてん姿が決まりまくってます!

 

最後は、姉弟3人で

20111012.jpg

 

姉弟3人、1日お世話になりました。

 

佐原のお祭り。と言えば?

天保水滸伝の登場人物。

平手造酒(ひらてみき)の名台詞

佐原囃子が聞こえてくらぁ~」  のお祭りです。

なんのこっちゃらわからない方は、上記のリンクへ、ぜひどうぞ。

 

さ、そろそろ佐原の秋祭りへ! 

と、行きたいところですが・・・・・もうお時間が!

なぁのぉにぃ。の訳はまた次回・・・・・

事件は金曜日の午後に起こりました。 

スポーツの秋・食欲の秋

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

  

この間、社長が2ヶ月ぶりにチャリ通勤をしました。

 

閉店後ウキウキしてた社長に先ほどお店を出た金岡よりメールが・・・

 

「あ・め」の文字が!  

 

慌てて窓から外を見たら、まだ誰も傘はさしていない。

 

「大丈夫!」と余裕しゃくしゃくの社長。

 

10分後、1階に降りてみると・・・

 

「本降り」  Σ(|||▽||| )

 

またしても、社長にやられました・・・・

 

もちろん、次の日から電車通勤になったのは言うまでも有りません。

 

 

さて、いよいよ秋本番!

 

先日の土曜日は、ウチの子供達の運動会。

20111011 005.jpg 

 

今年も昨年同様に長女が紅組。

 

二女は白組に別れてしまいました。

  

徒競走では長女は2位、二女は堂々の1位。 

20111011 006.jpg

 

しかも二女はリレーの選手にも選ばれました。

 

アタクシ達夫婦ときたら、体育会系なくせに

 

徒競走はいつもビリから数える順位。

 

もちろん、リレーの選手なんて夢のまた夢でした。

 

その他、長女の騎馬戦や二女のお遊戯をビデオカメラ片手に

 

狭いグランドをベストアングルを探しながら、父親は頑張りました。

 

 

午前中のプログラムも無事終わり、楽しみなお昼ご飯。

20111011 010.jpg

カミさんが早朝から仕込んでくれました。

 

コチラの学校のグランドは豊島区唯一の天然芝。

 

せっかくだから、芝生に敷物広げてみんなで食べました。

 

聞くところによると、ある学校では親が弁当を作らなかったり、

 

親が見に来ない理由で運動会のお昼ご飯は

 

教室で子供達だけで食べる学校も少なくないとか・・・

 

せっかく応援に駆けつけても一緒にお昼が食べられないのは

 

やっぱり寂しいですね。

 

今年も学校行事のひとつが終わりました。

20111011 008.jpg 

 

 

そして日曜日には社長夫人が我が家にトレーニングにきました。

 

前回一緒に同行した社長はこんな感じで張り切りました。

 

軽快にスピンバイクをこいで30分後・・・

t02200165_0800060011523024104.jpg

t02200165_0800060011523024105.jpg

スポーツの秋ですねぇ~(笑)

 

今回はこの後のパーティーの準備で仕方なく欠席。

 

場所を社長宅に移して、社長夫婦の手料理にて乾杯!

 

20111011 003.jpg 

 体を動かした後の食事はまた格別ですね。

 

美味しい食事をする為にしっかりと運動をする。

 

そんなスポーツの秋、食欲の秋ってやっぱりいいですね♪

 

社長宅を出た時は、またまた本降りの雨模様。

 

噂では聞いていたウチの家族も ∑( ̄ロ ̄|||) こんな感じでしたとさ。

 

 

ご近所呑み!

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

店長のブログにもあった通り、戸隠の「うずら家」さんで

 

あのおそばを食べて以来、すっかり麺に魅了されて

 

しまった私は麺なしではいられない体に( ̄□ ̄;)!!

 

20111008 009.jpg

 

そんな訳で朝からまた、やっちゃいました(^_^)v

 

とりラーメン(^_^;)蒸した鶏ともやしを載せるだけ。

 

さっぱりして中々旨いですよん。

 

 

 さて、我が家のマンションの玄関から一歩外に出ると

 

何故かそこは飲み屋街(⌒▽⌒;)

 

 先日もせっかく真っ直ぐ帰って来たのに

 

妻が夕飯まだなんて言うからついウッカリ

 

寄ってしまいました。「鈴むら」さんに。

 

 

だって家から徒歩30秒なんですもん(^_^;)

 

20111008 002.jpg

 

大概、夜中の12時には閉まってますが、この日はセーフ。

 

昔ながらの居酒屋でとても落ち着きます。

 

早い時間は入れないことも多いようです。

 

20111008 001.jpg

 

まずは、ビールを頂きます。

 

20111008 003.jpg

 

まだ〆鯖が残っていたので迷わず注文。

 

550円でこの色合いならかなり嬉しい(●⌒∇⌒●) わーい

 

20111008 004.jpg

 

タップリの肝が付いたカワハギも550円。

 

20111008 005.jpg

 

水菜とジャコのサラダ580円に

 

20111008 008.jpg

 

厚揚げ450円。

 

20111008 006.jpg

 

牡蠣フライも580円。

 

20111008 007.jpg

 

やっぱり、この季節はサンマに限ります。

 

大ぶりの脂がタップリ乗った奴が650円。

 

日本酒の種類はあまりありませんが、

 

素材は本物。一品ずつ直球勝負な店の姿勢が伝わります。

 

このお値段でこのお料理。常連さんが多いのも頷けます。

 

店員さんも終わり間際に来店してもとても感じが良いのですが

 

他のお客様が居なくなるとついつい落ち着かなくなるのは

 

職業病かも知れません(>_<)チャッチャと平らげお店を後にしました。

 

間もなく板橋の住人になってから丸三年。

 

まだまだ、地元に疎くて知らないお店ばかり(^_^;)

 

もう少し板橋を勉強しなきゃ~と思う今日この頃です。 

おさらい 2回目?

こんにちは~金岡です(*^_^*)

 

こないだのクシャミ連発の日々からやっと解放され

けっこう復活してきました!

でも、あんなにクシャミが連発してたのは初めて。

花粉症の方々のつらさがすこーしだけ理解できました。

たいへんだわ。こりゃ。

 

ん?わたしは? 花粉症じゃなかったようですよん。

 

さて、メルマガやこのブログでも、いろいろご紹介しておりますが

この時期の日本酒と言えば、やっぱり

「ひやおろし」  ですね。

ほかにも、「秋上がり」 などの呼び方もあります。

なんとなく、よくきくな~。なんて方も多いのではないでしょうか?

 

が、「ひやおろし」 って、なななに?

じつは、よくわかってないんだよね~

あれれ?そういえばなんだったっけ?のかたも!

 

久しぶりにおさらいしましょ。

 

「ひやおろし」

通常、日本酒の仕込は冬期に、タンク1本分が約1ヶ月間かけて行われます。

麹を造り、酒母を造り、掛け米を加えて仕込・・・・・・

丁寧に仕込まれようやく、日本酒となり搾られます。

 

で、ここからが、ちがってきます。

一般的にひやおろしの場合、搾った酒は一度加熱殺菌をして

大樽(タンク)に詰めて、貯蔵。

そのまま、一夏を蔵で越し

外気温が、酒の温度と同じくらい涼しくなった頃(つまり、秋ごろ)

今度は、通常行う加熱殺菌をせずに瓶詰めし、出荷されます。

この作業が、

火を入れずに瓶詰めし出荷する

      ↓

冷やのまま瓶詰めし、出荷する

      ↓

  「ひやおろし」

と、なるわけです。

ですので、一般に出荷されて出回っている日本酒より、

酒蔵で半年間長く熟成されて出荷されているわけです。

(熟成酒は別にしてくださーい。)

 

これくらい熟成させたものが、味わいも乗りより、おいしく感じられる。

とも、言われております。

 

その昔、冷蔵技術があまり発達していなかった頃は

生酒    (貯蔵前の加熱殺菌も、瓶詰め後の加熱殺菌も行わない。)

はもちろん、

生貯蔵酒 (貯蔵前の加熱殺菌のみ行わない。)

生詰め酒 (瓶詰め後の加熱殺菌のみ行わない。)

は、味や品質が劣化しやすいため、一般にはなかなか流通しない、

いや、出来ないお酒でした。もちろん、夏場なんてもってのほか!!!

(すっぱくなちゃうよーーーーー!(>_<))

なので、しぼりたてはもちろん、ひやおろしも

蔵に行かなければ味わうことの出来ないお酒でありました。

 

それが、今の時代、東京にいても、何処にいても

日本全国、津々浦々の日本酒が!

ひやおろしが!

呑める時代!

なんて、幸せなことでしょね?

 

きょうも、樽一にはたくさんのお酒が皆さんの

お越しをお待ちしておりますよ。

 

ここで、今日のラインナップをこっそり公開しちゃいましょ。

20111007.jpg

(後ろで、佐藤さんが真剣に利き酒をしています!!)

 

きょうは、このラインナップですが、瓶が終わり次第

新しい銘柄が続々登場します。

 

もちろん、浦霞 特別純米 ひやおろしは

20110917 001.jpg

しっかりごよういしてお待ちしておりますよ!

3年ぶり白馬へ~最終章~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

昨日の雨とは打って変わって秋晴れ。

お天道様の日差しを浴びながらのジョギングは快適でした。

 

さて、いよいよ白馬のお話も最終章に突入です。

深夜にまでおよび飲んだくれた我々は朝一番飛び起き、

トロイメライを後にし二人でジョギングの旅を決行しました。

20111003 001.jpg

車も人も通らない白馬の道。

気持ちの良い空気をいっぱい吸いながら

爽やかな日差しを浴びると何だか得した気分です。

目標はお隣のスキーゲレンデ、五竜とおみ。

20111003 006.jpg

じつは五竜とおみはウチのカミさんが学生時代に

冬の間住み込みでホームゲレンデにしていたスキー場。

何だが縁を感じて20年ぶりに行くことにしたのです。

前回の遠征「ジョギングIN諏訪湖」ではまさか走るとは思わずに

準備不足でしたので、ジョギング用のキャップにシューズ、

万歩計にサングラスと完璧装備で挑みました。

ゲレンデが近づくとなだらかな上り坂がずっと続きます。

20111003 009.jpg

そして、やっとのこと到着しました。

20111003 011.jpg

20年ぶりのゲレンデ。

当時ウチのカミさんはこのゲレンデでインストラクターをしており、

アタクシはゴルフ部なので冬はシーズンオフ。

大学の先輩と自主トレを理由にこちらに訪れたのでした。

なんせ冬でしたから見る景色は白銀の世界。

ここまできたら、当時カミさんが居候していたペンションで

先輩達と夜更けまで飲み明かしたその宿を見てみたくなり

現在もあるのかゲレンデの受付で聞いてみるとあるとのことなので

向かってみることに・・・

記憶にあるのはペンションの名前と黄色い建物だけ・・・

20111003 021.jpg

ありました!

建物も変わっていません。

20111003 019.jpg

内緒で酒を持ち込み、この2階の窓の外に日本酒を冷やして飲んだなぁ~

 

そういえばジョギングでと言ってましたが、

走るのが苦手な社長はというと・・・

 

 

 

 

 

 

20111003 018.jpg

トロイメライで借りたチャリです・・・

 

ゆっくりとしていたら、朝食の時間が迫っていましたので

ピッチを上げて帰りました。

 

 到着タイムは?

 

20111003 022.jpg

寄り道もあったので、走行時間はざっと1時間弱。

距離は10キロちょいでした。

 

この後は非現実空間のトロイメライ。

補給ドリンクも非現実的に・・・

 

20111003 023.jpg

このあと、もういっちょうビールを持ち込んで、野郎二人で露天風呂で朝風呂。

20110929 037.jpg

そして、朝食は表の庭でいただきました。

じつは社長、何度もここへ来ているのですが、

朝食を外で食べるのは初めて。

そうとうな雨男っぷりが伺えます。

20110929 079.jpg 

 焼きたてのクロワッサン。

 

20110929 075.jpg

手作りのベーコンとソーセージ。

20110929 078.jpg

サイコーのひとときです。

皆様もカップルでご夫婦でご両親のお祝いなどに

是非ともトロイメライをご利用くださいませ。

支配人の西野さんをはじめ、スタッフが温かなおもてなしで

最高の演出をしてくださいますよ。

20110929 027.jpg

そしてトロイメライを後にした我々が向かったのは

戸隠神社にあります、蕎麦や「うずら家」さんです。

20110929 085.jpg

ウチの社長、じつはさほど蕎麦が好きではありませんでしたが、

ここの蕎麦を食べて以来、一変したとか・・・

普段は2時間待ちは当たり前なのに、この日は運よく

20分程度ではいれました。

店主自らご挨拶に 来ていただき、手書きのお名刺をいただきました。

蕎麦が来るまで地元の銘酒、夜明け前を飲みながら待ちます。

 

20110929 093.jpg

まずは大盛りのもりそばをいただきます。

20110929 096.jpg

前回のように遅れをとらぬよう、ズルッと。

続いて温かい天ぷらそばで2回戦目。

20110929 097.jpg

こんなに温かな蕎麦で美味い蕎麦と天ぷらは食べたことがありません。

お二人も気合入りまくりです。

この後、後悔しないために大盛りもりそばで3回戦目。

20110929 101.jpg 

蕎麦は食べ過ぎると飽きてしまいますが、ちっとも飽きません。

 

いやぁ~食べた食べた!

店員さんも皆さん驚いておりました。

 

楽しかった1泊2日の長野の旅。

西野さん、本当にお世話になりました。

今度はぜひ家族でお邪魔したいと思います。

みなさまも最後まで長々とこのブログにお付き合い頂きありがとうございました。

 

気持ちもすっかり充電完了。

また、樽一で皆様に少しでも飲食を通じて幸せな気分になっていただけるよう、

美味しい料理と美味い酒を取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております!

南氷洋の調査捕鯨継続!

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

昨日は、我々にとってとても嬉しいニュースが入りました。

 

 

 今年二月に中断された南氷洋の調査捕鯨が

 

継続される事になったのです。

 

 調査捕鯨とは商業捕鯨が中止となり1987年から

 

始められたもので科学的な調査を目的とした捕鯨で

 

国際捕鯨取締条約の第8条の規定により各国の固有の

 

権利として認められているものです。商業捕鯨再開に向けて

 

科学的なデータを集め、現在の鯨の生態系を知るための

 

貴重な調査です。

 

 その権利がテロリストにより妨害を受け中止を余儀なく

 

されたことは、国際社会としてあってはならないことです。

 

もし、ここで調査捕鯨を辞めてしまったら世界的に見ても

 

日本はテロに屈する国なんだとアピールしているようなものです。

 

今回は水産庁の監視船を同行するとのこと。

 

今後もさまざまな妨害活動が予想されますが

 

日本は全力で暴力に対してノーと言い続けていかなければなりません。

 

世界中の反対を押し切って捕鯨再開を訴えてるように見えますが

 

実は、日本を応援している国も沢山あるのです。

 

そして、世界中がいずれ直面する食料問題に対して日本は

 

戦後の食糧難を乗り切った「鯨肉」という重要なキーワードを

 

持っているのです。何千年も鯨の食文化を築き上げてきた我々

 

日本人だからこそ出来る大切な役割に誇りを持っていきたいと

 

思います。

 

秋深し・・隣はなにを・・・・?

こんにちは~金岡です(。>0<。)

 

朝からクシャミが止まりません!!!!!!!!!(。>0<。)

 

(。>0<。) だ~れ~か~ た~す~け~て~(。>0<。)ビェェン

 

いや、まちがっても花粉症ではないはず!!!!!

 

そんなわけで、季節はすっかりもう秋!

そりゃ、近所のにゃんこも鳥居の影からのぞき見しちゃいます。

20111004 003.jpg

近所の仲良しにゃんこ2匹。

 

20111004 006.jpg

なかなか、いいポーズとってくれちゃいます。

でーも、なかなか なついてくれないのー。(TεT) イイサ・・・

 

今度、煮干しもってうろついてみよっかな?

 

そいえば、随分前に仕込んだ

「三升漬け。」

 

別に忘れてたわけじゃありませんよ。

きちんと、放置し・・・・いや、熟成をさせてました。

 

なんだか、想像していたモノよりだーいぶツブツブしてますが

だいぶんこなれてきました。

味見をしてみると・・・・・

 

うん! 辛い!!

でもー、ちょっとっ粉っぽいなぁ。。。。。

やっぱり、麹は戻した方がよかったのかな?

なので、マヨネーズとミーックス!

20111004 005.jpg  

 

すこーしだけ、出汁醤油と、お酢も加えて混ぜ混ぜ。

茹でたモヤシと細切りのちくわを和えてみました。

 

20111004 004.jpg

ちょっと、彩りが悪いかな?

でも、味はまあまぁいけてますよ!

ピリ辛な中にもコクがあっていいかも。

今回のはそのまま使うよりは、

タレやソースのベースに使った方がよさげです。

けっこう辛いので、だいぶ気温が下がってきた今日この頃

そろそろ活躍してくれそうです。

 

さて、さてさて

秋と言えば、

読書の秋。

など、などなど、いろいろありますが、

やっぱり、食欲の秋! 

(てゆうかぁ~1年中じゃない? )

 

ですよね?

 

そして、秋と言えば栗!

 

木の実のきせつです~。

かの、イベリコ豚ちゃんは、ドングリを沢山食べて

おいしくなっちゃうとか。

ま、私はイベリコ豚ちゃんじゃないので、

ドングリは食べませんが、栗は大好き!

 

でもさ、栗って、調理するのに、ちとめんどくさい。

そう。鬼皮をむくのが大変。なんです。

だから、まともに自分で使ったことはないな・・・・。

 

子供の頃は、母が毎年栗ごはんを炊いてくれたっけ・・・・・。

(母は偉大だ!)

なぁんて、感慨にふけっていたら、

 

なんと!

 

いただいちゃいました。

 

栗!くり!栗!しかも、むき栗!

 

せっかくの栗。なにを作ろうか、さんざん考えたのですが、

やっぱり、ここは王道の栗ごはんかなと。

 

でも、ウチには餅米がなーい!

まーでも、普通のお米で炊いてみましょ。

 

・・・・・・。

炊くときの水加減は?

塩は入れたのがいいのか?

酒とか入れたのがいいのか?

 

うーん、深夜なので母に電話することも出来ず・・・・。

ま、とりあえずは普通に炊きましょう。

 

てなわけで、たけました!

20111004 002.jpg

くりが、ゴロゴロ入った くりごはーん!

いっぱい入れすぎて、混ぜずらい・・。

 

あじは?味は?

塩、ちょっと入れたのが良かったかな?

でも、でも、栗はほっくり甘くていい感じ!

ごはんも、栗の澱粉せいか? ちょいともっちり!

 

きょうは、こんな朝ごはんになりました。

20111004 001.jpg

お味噌汁はきのこたーっぷり。

ね!秋満載でしょ。

 

残りの栗ごはんは、ダーリンにおすそわけだ!

3年ぶり白馬へ~その2~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

いよいよ10月に突入しました。

今年は秋の訪れが早いようです。

皆様、体調管理にはお気をつけください。

 

さて、前回の白馬シリーズ第2弾です。

トロイメライの庭で既にやられている二人の様子の

その後をお楽しみください。

 

既に庭で気持ちの良い空気を味わいながら、

楽しんだ後は貸切露天風呂へ入ることにしました。

 

ホテルに入ると樽一の宮城応援プロジェクトの模様が

入り口で流れております。

20110929 031.jpg

前回訪れたときの社長の結婚式には貸切露天風呂に

入り損ねたので初の露天風呂体験。

(社長と一緒だけど、けしてホモではありません。)

野郎と二人で入る前に綺麗なお風呂を写真で納めておきました。

20110929 035.jpg

外が見える開放感、まさに非現実空間を楽しめます。

トロイメライの支配人、西野さんが「シャンパンかビールでも

お風呂でどう?」と言われたのですが、なんせ野郎二人ですから

遠慮させていただきました。

時間を忘れ、優雅にそして自然のあるがまま、時の流れを

満喫しました。

 

お風呂から上がると、トロイメライのご自慢のバーで

しばし歓談。またまたシャンパンを頂きます。

20110929 040.jpg

これから本領発揮のオーベルジュ。

本格派のフランス料理の始まりです。

20110929 073.jpg

一品目はリンゴとポルチーニ茸のタルトと白馬産豚のリエット。

20110929 052.jpg

リンゴの酸味と茸の風味が口の中で絶妙のハーモニーを奏でます。

 

2品目はトマトと魚介類のサラダ白馬産シェーベル添えです。

20110929 055.jpg

フレッシュなトマトと雲丹がゼリーに絡まりその上に贅沢な

キャビアが引き立てます。

20110929 054.jpg

こちらはアタクシの大好きな薫り高い香草イタリアンパセリと

濃厚なご近所のヤギから作ったチーズが自家製パンの

上で合わさり、さぁ~大変!

20110929 053.jpg

西野さん!フォークが止まり、全然ワインが進みません・・・

 

続いて3品目は栗のポタージュ。

20110929 057.jpg

ポタージュの中にはトリフが・・・

スプーンの上には自家製の鴨の燻製と栗が乗っかり、

そのままでもポタージュに付けても2倍の楽しみが味わえます。

20110929 058.jpg

お次は4品目フォアグラと里芋のコンソメジュレ寄せ2種のピュレです。

20110929 060.jpg

二つのピュレで里芋を楽しみ、フォアグラを楽しみ、

パンとレンコンも二つのピュレで楽しみ8通りの

楽しみが味わえ、既に気持ちが幸福感で

十二分に満足してしまいました。

 

 

聞くとこれからメインが2種類も出るとのことで、もう降参ぎみです。

まず、メイン1品目はここのご自慢料理、

活オマール海老のポワレとそのオマール海老のみそグラタンです。

20110929 062.jpg

フランスから直輸入の活きたオマール海老を贅沢に楽しめます。

20110929 063.jpg

プリップリの食感とみその優しい風味が口の中で長い余韻を楽しめます。

 

ここで西野さんチョイスの赤ワイン登場。

20110929 066.jpg

 

なぜなら、もう1品のメインはフランス最上シャラン産

鴨胸肉のローストオレンジソースが登場するからです。

20110929 068.jpg

鴨のジューシーな味わいは噛んでも噛んでも消えません。

 

ここからはデザート2品。

まずはマンゴーシャーベットで口の中をさっぱりと・・・

既にやられちまったアタクシの横で社長はというと・・・

20110929 069.jpg

ご覧の通り、完全にやられています。(笑)

 

最後はオペラとプルーンアイスクリーム。

20110929 070.jpg

普段デザートなど食べぬアタクシですが、

最後まで楽しませていただきました。

 

大変おいしゅうございました。

フランス料理を食べるのに時間が掛かるのも、うなずけます。

だって1品、1品の余韻が長いのですから・・・

せっかちなアタクシが2時間半のひとときを

あっちゅう間に過ごすことが出来ました。

 

レストランを後にした我々は再びバーへ・・・

バーでは西野さんご自慢のセレクトしたワインを頂くことに・・・

20110929 074.jpg

ここからはトロイメライのスタッフも混じって話は尽きず、

夜更けまで話し込みました。

 

まだまだ終わらない白馬の旅。

本日はこれにて終了。

続きは次回お楽しみに・・・

10月の新メニューのお知らせ!

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

いやぁ~もう10月ですね。

 

季節が変わるのがほんとに早い(^_^;)

 

 

 さて、本日は10月の樽一メニューのお知らせですよ。

 

まずは、秋の王道「松茸の土瓶蒸し」です。

 

松茸土瓶蒸

 

 タップリの鰹節でダシをとり香り高い松茸を

 

スライスして土瓶の中へ。フタを開けた時の

 

あの幸せな香りにウットリ ボーーー ( ̄△ ̄)

 

そして、今回は「蒸しアワビ」の登場!

 

20111001 004.jpg

 

こちらを肝醤油でいただきま~す((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))

 

20111001 009.jpg

 

しっとりと蒸し上がったアワビに肝の苦みが抜群(>_<)

 

つづいて「サザエのエスカルゴ風」

 

20111001 005.jpg

 

磯の香りとニンニク、バターの風味が絶妙~

 

日本酒、ビールどちらも良く合いますから~(^_^)v

 

 

 本日限定メニューはこちら。

 

20111001 002.jpg

 

鹿児島県阿久根市から空輸された見事な鰹。

 

20111001 010.jpg

 

鰹の塩辛を載せて一緒にパクリ。

 

そして土佐の「酔鯨 秋あがり」で迎え撃つ!

 

あ~やっぱり、秋は良いですな~

 

「松茸のフライ」 「穴子の香梅揚げ」

 

「松茸と海老の湯葉包み揚げ」は

 

本日土曜日で終了しますのであしからずm(_ _)m

 

チーム樽一皆さまのご来店を楽しみに

 

お待ちしておりますから~(^^)/ 

ウェブページ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。