2011年5月アーカイブ

日本酒メニューリニューアル

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

5月22日の日曜日に行われたサッカー今期初試合。

キャプテンとして、低学年を引っ張る二女は

チームメイトとコーチを交えてミーティング。

20110531 002.jpg

初得点もあり、燃えておりました。

20110531 003.jpg

コチラも気温30度の中、1日応援してたため

すっかり日に焼けてしまいました。

 

しかし・・・

公式戦初戦の29日、日曜日は見事に一日中雨・・・

延期になってしまい残念。

二女のつぶやきは「もう、しんさん!」

社長の大活躍っぷりは見事でした・・・

 

さてさて、樽一は梅雨入りと同時?に日本酒の

レギュラーメニューをリニューアルをしました。

今回は5銘柄がレギュラー入りしました。

20110531 001.jpg

左から山口の獺祭(だっさい)、青森の豊盃(ほうはい)、

真ん中はアタクシの一押しで島根の王祿(おうろく)、

お隣は愛知の醸し人九平次(かもしびとくへいじ)、

最後は元々扱っておりました龍力を本田専務が醸すドラゴンへ変更しました。

どれも自信を持って楽しんで頂ける地酒達です。

 

もちろん、今までのようにお酒のショーケースには

メニューに登場していない選りすぐりのお酒達がおりますので、

「今日の隠し酒な~に?」とお訪ね下さい。

 

 

 

そして、ホームページでも「てんちょうの冷蔵庫」を更新しました。

今回は先日訪問した宮城石巻の日高見です。

 

20110518 135.jpg

この状況から出荷された震災復興酒、希望の光。

たっぷりと仕入れて来ました。

日高見新聞記事.jpg 

 今回の文面はアタクシの言葉より裏ラベルに記載された

平井社長のお言葉を引用させて頂きました。

とても、心打たれるお話しです。

ぜひとも、ご覧下さいませ。

 

さあー5月の最終日も張り切ってがんばりますよ! 

 

雨降り日曜日

こんにちは~金岡です(*^_^*)

梅雨入りしたとは言えよく降りますね。雨。

昨日も、ずっとどしゃ降りの日曜日でした。

あれだけ降られると、さすがにおでかけするきにもなれず・・・・・。

結局、いつも通りの引きこもり日曜日に。

 

5月も、もうすぐ終わり。

スーパーの店頭には青梅やら、らっきょうやらが並んでいます。

折角の日曜日、家でテレビ見てるだけってのもモッタイナイので

昨日は らっきょう 漬けてみました。

 

らっきょうとか梅干しは、実家の母が毎年、大量に漬けてくれるので

今まではもらっていたのですが、そろそろ自分で漬けてみようかなと。

 

実家では、らっきょうは10kgも漬けてますが

ま、私は一人暮らしなので、1kgにします。

20110530 004.jpg

 

今回は塩らっきょうにしてみます。

まずは、あらって、薄皮むいて、ヘタと先っぽを切り落としまーす。

1kgぽっちですが、コレがなかなか大変。手間がかかります。

コレを10kgか・・・・。

(ま、10kgのらっきょうのウチ、ほとんどは妹が消費してるんですけどね~)

 

もくもくと作業して、ピカピカになりました。

20110530 003.jpg

 

これをキレイに洗った瓶に入れて、塩100g、酢(瓶の4分の1くらいの量)を入れて

らっきょうがかぶるくらいのお水、鷹の爪2本も入れて

20110530 002.jpg

 

らっきょうが漬け汁から出ているとカビる!!!とのこと。

ペーパータオルで中蓋をしまーす。

瓶の蓋も閉めて、軽くゆすって塩を溶かして・・・

20110530 001.jpg

このまま、暗くて涼しいところで10日間。

おいしくできるかな?

 

塩らっきょうにした後は、甘酢漬けや醤油らっきょうにも展開できるようなので

いろいろ漬けてみようとおもいます~。

 

無事、らっきょうの下ごしらえも終わったことだし、

来週あたり、青梅でなにかしようかな~。

なんて考えながら

バジル入りのパンも焼きました。(雨もどしゃ降りだしね。)

20110530 006.jpg

 

普通に焼くのも、ちょっと飽きた! ので、

冷蔵庫に、まーえに作ったバジルペーストがちょこっと残ってた!

生地をこねるときに一緒に加えてみました。

中には、ベーコンとチーズをタップリとね。

20110530 005.jpg

中身はこんな感じですよ。

(いまいち、この写真じゃわかりにくいですね。。。)

 

バジルペーストに松の実やらニンニクやらパルミジャーノチーズが入っているので

焼くとこんがり、い~香り。

思いつきで作ってみたけど、良い感じに焼き上がりました。

ビールが呑みたくなっちゃう味ですよ。

だーりんにもおすそわけしたあげよ。

 

さて、今日はもう雨上がったのかな?

それにしても、空気がヒンヤリですね。

皆さま、体調など崩されませんように。

ハイ! 月曜日!!! 今日もがんばりますよぉおおおお!

 

目白の名店

皆様、こんにちは~しんちゃんです!

 

早いもので関東は昨日から入梅ですね。

 

五月で入梅なんて、ちょっとビックリ。早く始まる分

 

早く明けると嬉しいんですけど・・・・・・・

 

 

 さて、宮城ツアーもようやく終了したので本日は

 

目白のお店のご紹介。

 

 JR目白駅から徒歩30秒。その名は「ル・モンサンミッシェル」

 

CA3F0981.JPG

 

フランスノルマンディー地方のガレットとシードルが名物。

 

普段、「あ~シードル飲みたい!」とはあんまり言いませんが

 

妻が美味しいシードルがあると言うので駆けつけてみました。

 

CA3F0982.JPG 

 

 最初はお試しでスタンダードな物をグラスで。

 

アルコールが5~6%と低いので新鮮な

 

林檎ジュースを飲んでいるよう。

 

CA3F0984.JPG 

 

おつまみはフランス産チーズの盛り合わせに

 

CA3F0985.JPG

 

生ハムの盛り合わせ。

 

どちらもシードルにぴったり。

 

CA3F0986.JPG

 

スタンダードなシードルはあまりに優しい味わいで

 

飲んでる気がしないのでもちょっと熟成した物を。

 

さすがに色味も濃く。熟れた林檎を液体にしたような

 

高級な味わい。少し独特の香りもあり癖になりそう。

 

いよいよメインのガレットです!

 

今回頼んだのは「ホンフルール」と言う特製ガレット。

 

CA3F0988.JPG

 

何でもガレットとはそば粉で出来たクレープの元祖。

 

そば粉の代わりに小麦粉を使った物が今のクレープになったそうです。

 

沢山の野菜が刻んであり、真ん中の黄身を崩しながら

 

頂きます。そば粉の素朴な香りと優しい野菜に

 

これまたシードルがピッタリです。

 

料理は全てフランス人による本場の味。

 

目白らしいお洒落な店内は女性が多く

 

二階にはワインバーもあるそうです。

 

日曜の夜なのに次から次へとお客様がご来店。

 

立地と商品、客層が見事に合っている繁盛店でした。

 

やはり、知らない店に行くと色々と勉強になりますね。

いざ宮城へ~最終章~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

さー、いよいよ長編になってしまった宮城遠征も

最終章となりました。

 

大橋ご夫婦と別れた我々は大橋蒲鉾店の

工場があった石巻漁港へ向かうことにしました。

 

石巻の駅前商店街はシャッター通りに様変わり。

20110518 146.jpg

至る所、痛々しいお店の数々・・・

20110518 147.jpg

こちらは社員旅行で行く予定だった石ノ森章太郎漫画館が見えてきました。

20110518 148.jpg

入り口にはご近所の方の思い出の品々が置いてありました。

20110518 156.jpg

メッセージボードにはファンの熱いメッセージが・・・

20110518 157.jpg

アタクシも樽一を代表しましてメッセージを残してきました。

20110518 159.jpg

我々世代の大好きだった「がんばれロボコン」の

ガンツ先生も何だか悲しげに見えます。

20110518 160.jpg

目の前の駐車場もご覧の通り。

20110518 163.jpg

どこも壊滅状態です。

20110518 162.jpg

20110518 153.jpg

20110518 165.jpg

これから向かう石巻漁港付近はゴミの臭いと

魚が腐った異臭が入り交じり、がれきの山々。

言葉を失いました。

 

 

石巻をあとに我々は浦霞の第2工場であり、

先代社長の故郷矢本に向かいました。

こちらが浦霞矢本蔵です。

20110518 167.jpg

海の近くの本社蔵とは違い、山の中にある矢本蔵は

酒蔵というよりどでかい工場です。

20110518 168.jpg

20110518 169.jpg

内部を工場長で杜氏の小野寺さんに案内して頂きました。

20110518 186.jpg

とても温厚で優しさがにじみ出ている小野寺杜氏の

人柄がお酒にも表れていますね。

 

こちらの瓶詰め製造ラインでは本社蔵の商品、

浦霞生一本純米がフル稼働で動いていました。

20110518 246.jpg

お話しを聞いてみると「2003年の宮城北部沖地震の時は、

矢本蔵が大変な被害にあい、その時は矢本蔵の瓶詰め作業を

本社蔵が代わりに行ってくれたので、今度はこちらが答える番です。

少しでも早く待っているお客様にお届けしたい!」とお話して下さいました。

20110518 2333.jpg

 

佐浦酒造の皆さまお一人おひとりがとても温かく我々に接してくださいました。

皆さまの笑顔を励みにこれからも浦霞を大切に大切に

樽一のお客様にこの想いをお伝えしていこうと思います!

 

そんな余韻に浸っていたら、もう午後の4時。

帰って仕事しなきゃ・・・(汗)

 

仙台まで慌てて戻り、樽一へ向かう二人でした。 

もちろん、帰りの車中は宮城の名産と浦霞で締めくくりましたとさ。

20110518 247.jpg

 

 

ホントにおしまい。

冷蔵庫の残り物・・・・・

こんにちは~(*^_^*)

今日は、ご近所ビルの緊急地震速報で、飛び起きた金岡です。

も~、ねぼけまなこ状態の時に

「あと、15秒で大きい揺れがきます!」って!!!

びっくりして、テレビつけたら地震らしい気配は何にも無し! 

避難訓練だと判明した次第でございます・・・・。

 

さて、こないだの日曜日はというと、

買い物に出かけようと思ったので・す・が・・・。

昼過ぎくらいからスゴイ強風!

ビックリして、お家に引きこもり。掃除することにしました。

 

昼前から干していた洗濯物は、強風で飛ばされないように&雨に濡れないように

早めに取り込んで、乾燥機へ。

ゴロゴロ乾燥させている間に、冷蔵庫も掃除しましょう。

掃除すれば、少しは省エネにもなるし!

 

冷蔵庫の中に残ってるモノを1回出してみて、

冷凍庫の中も物色して・・・・。こんなの作ってみました。

 

「ピリ辛肉ダレ」

毎回、冷蔵庫に残っているもの総動員ぐらいの勢いで

いろいろ入れてしまうのですが、今回はコチラ。

20110523 010.jpg

人参・玉葱・セロリ・レモン・ドライトマトのオイル漬け

これは、レモン以外ぜーんぶみじん切り。そして、

20110523 009.jpg

豚小間切れ肉。コレも粗めのみじん切りにします。

もちろん、普通のひき肉でも美味しくできますが、小間切れ肉を使うと

より肉にくしい感じが楽しめますよん。

 

味付けの決め手はコレ!

20110523 008.jpg

自家製のコチジャンです。

って、自分で作ったわけではなく・・・・。うちの母の手作りです。

手作りだけに、外にしばらく出して置くと発酵して溢れてきてしまいます。

 

まずはコレを胡麻油で香りが出るまで弱火で炒めます。

20110523 007.jpg

良い香りがしてきたら、みじん切りにした野菜を炒めまーす。

20110523 006.jpg

野菜に火が通ったら、お肉も炒めます。が、野菜を周りにどけて

真ん中にお肉をどーーーん。

20110523 005.jpg

いきなりかき混ぜるのではなくて、ちょっと焦がし気味に炒めていきます。

そうするとこおばしくなって、美味しさアップです。

しかも、絶えずかき混ぜとく必要もないから、らくちん!

お肉がぽろぽろにいたまってきたら、味付けです。

20110523 004.jpg

はい。この写真じゃなんのこっちゃらわかりませんが、

お酢・黒酢・醤油をミックスしたもの。と、おろしニンニクです。

コレを加えて、

20110523 003.jpg

軽く混ぜて、とろみがつくまで煮詰めます。

お酢の酸味がこの煮詰めで飛ぶので、私はお酢。タップリ入れてしまいます。

フライパンについた焦げ目?も、よーくこそげて。

 

こんなかんじで出来上がりです。

20110523 002.jpg

 

早速、細うどんを茹でてゴマだれと合わせて

汁なし担々麺風にしてみました。

20110523 001.jpg

 

ご飯にのせてもおいしいし、豆腐とか、油揚げとか、

茹でたキャベツと合わせたりしても。

今回はお酢と黒酢を使いましたが、もちろん普通のお酢だけでもいいですし、

野菜だって、椎茸とか生姜入れたり、葱だけでもいいし。

だしがらの昆布刻んだのとか、大根の葉っぱとかもオススメ。

 

冷蔵庫にいれておけば、1週間くらい日持ちしますし、

冷凍しておけば、1ヶ月くらいは大丈夫です。

皆さんも良かったらつくってみてくださーい。

 

あ、レモン忘れてた!

レモンは仕上げに一絞りしました。

 

さて、今日も夜に掛けて雲行きが怪しくなってくる模様・・・・。

そんな雲!近づけないようにがんばります。

 

社長の雨雨パワーには勝てないか・・・・・。

 

いざ宮城へ~その5~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

ようやく、昨日の店長ブログで初日が終わりましたね(^_^;)

 

さて、本日は二日目。

 

20110518 117.jpgのサムネール画像

 

修復中の仙台駅で軽くおそばを平らげ再び本塩釜へ。

 

20110518 120.jpg

 

レンタカーを借りて向かうは石巻~

 

20110518 125.jpg

駅に向かう国道もご覧の通り。

 

20110518 131.jpg

 

てんちょうの冷蔵庫で登場した「日高見」さんを通過。

 

20110518 135.jpg

 

「絶対負けない石巻」の言葉通り、震災を

 

生き抜いたお酒は飲む人の心を揺さぶります(>_<)

 

20110518 136.jpg

 

20110518 141.jpg

 

石巻駅周辺もかなりの被害です。

20110518 140.jpg

 

元祖「くじら餃子」と書かれた中華屋さんの二階で

 

ついに「大橋蒲鉾店」のご夫婦に合うことが出来ました。

 

今回の震災でご自宅の一階は津波が押寄せ、

 

1週間一歩も外には出られなかったとの事。

 

笹かまを練る工場は海の近くにあり、材料と

 

機材はすべて流されてしまいました。

 

20110518 139.jpg

 

先代からずっ~とお世話になったお二方。

 

こちらの手作り蒲鉾やさつま揚げのお陰で

 

樽一のお客様が40年近く、どれだけ喜んで

 

下さったことか(T_T)樽一からのお見舞いを

 

渡して今までのお礼を申し上げましたm(_ _)m

 

長い間本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

これでまた一つ、今回の旅行の大きな目的を果たしました。

 

 これから浦霞の矢本工場に向かうのですが、

 

長くなるのでこの辺で(^^)/

 

きっと、次回の店長ブログで締めくくってくれるでしょう。 

いざ宮城へ~その4~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

まずは本題の前に、嬉しいニュースが飛び込んできました。

全国新酒鑑評会で金賞を受賞した浦霞の本社蔵と矢本蔵のダブル受賞おめでとうございます!

大変喜ばしいことであり、浦霞のお酒を扱わせて頂いている我々にとっても

とても名誉なことであり、誇りに思います。

 

先週に本社蔵と矢本蔵をお邪魔してきたばかりなので、

お会いした佐浦酒造の皆さまの顔が思い浮かびます。

 

さてさて、まだまだ続く宮城のお話。

もう少しお付き合い下さいませ。

 

社長がアップ出来なかった佐浦酒造の近くにある阿部勘酒造の写真です。

20110518 096.jpg

20110518 095.jpg

20110518 097.jpg

こちらで東京で阿部勘を扱わせて頂いていることを

お伝えして、地元でしか扱っていない銘柄

於茂多加(おもたか)を購入しました。

 

そして夜は他店の視察のため、仙台駅近くの国分町へ・・・

まず1件目は三陸料理の居酒屋、瑠璃座へ。

20110518 098.jpg

ほやは鮮度抜群!

20110518 100.jpg

牛タンも厚切りでうれしい!

20110518 103.jpg

次のお店は佐浦社長に電話でお聞きして訪ねたお店、左五平。

20110518 104.jpg

一度飲んでみたかった、アサヒスーパードライエクストラコールド。

20110518 105.jpg

お酒のアテは牛肉の炙り鮨とやっぱり牛タン。

20110518 106.jpg

20110518 109.jpg

 結構お腹もいっぱいになってきました。

〆のお店は一番きになっていたお店に向かいます。

20110518 110.jpg 

ここです。お店の名前は源氏。

20110518 111.jpg 

 コの字形のカウンターに着物姿の女将さんが割烹着姿でおり、

とても落ち着く店内です。

20110518 113.jpg 

 お酒の銘柄は秋田の新政のみで昔ながらの燗付け機で

お燗をコップ酒でいただきます。

20110518 112.jpg 

 お酒のアテもシンプルで最高です。

20110518 114.jpg 

20110518 115.jpg

こうして長かった宮城の一日が終わりました。

次回社長のブログは2日目、石巻編が始まります。

大橋蒲鉾店の老夫婦には果たして会えたのでしょうか?

お楽しみに・・・

本日より!!!

みなさん、こんにちは~金岡です(*^_^*)

昨日からの雨で、いきなり気温が下がって肌寒いくらいですね。

 

さてさて、皆さまお待ちかねの

「岩かき」が本日よりスタートしまーす。

 

ご覧の通り、特大です!!!

しかも、身がたっぷりつまってます。

岩かき.jpg

本日のかきは徳島産。もちろん、天然物!!!

本日、初入荷で御座います。

 

岩かきが始まると「夏」がすぐそこな感じがします。

 

そもそも、東京で岩かきが食べられるようになったのは、

実は「樽一」がはじめとか。

社長に取材したところに寄ると、

 

30年くらい前は、築地には岩かきが入荷しておらず、東京の飲食店ではだせなかった。

そのため、山形と秋田の間、鳥海山の麓の海で採れる岩かきを、直送して貰っていた。

のがはじまり。そのあと、築地の業者にお願いして、入れて貰うようになった。

 

と、いうことなんです。

なんと、初めて東京の飲食店で岩かきをだしただけでなく、

築地の業者が岩かきを入荷するようになったのも、樽一がはじまり。

 

私事ですが、いままで何件かのお店で働いており、夏場になれば

当たり前のように扱っていた&食べていた岩かきが、樽一のお陰で。だなんて!!!!

 

あらためて、歴史を感じるとともに、先代社長の先見の明(言葉はあってるでしょうか。)に

驚かされます。

 

ここで、かきについて少し

かきは、皆さまもご存じの通り「海のミルク」と呼ばれるくらい

味わいはクリーミーで、様々な栄養素が含まれております。

例えば、必須アミノ酸を含む全てのタンパク質

カルシウム・亜鉛などのミネラル類などなど。

これから暑くなりますが、おいしいかきを食べてたら

夏バテなんて怖くなさそですね。

 

てなわけで、本日入荷の岩かき!

さっそく、いただいちゃいまーす。

(あ! コレも仕事デスよん。)

身があんまりにも大きいので、半分に切ってもらい

「パクリ」

う~~~ん。海の香り。程良い塩味。ミルキ~。

半分に切っても、まだ大きい!

おさけ~お酒~お・さ・け~!!!

菊姫山廃純米原酒無濾過.jpg

濃厚なお味の岩かきには、コレ!!!

石川の銘酒「菊姫 山廃純米酒 無濾過生原酒」です。

 

しかも、この「菊姫 山廃純米 無濾過生原酒」、毎年、1月、年1回出荷の限定品。

それを、1月に店長が仕入れ、この岩かきシーズンの為にとっておいたモノなんです!

なので、今の時期に呑めるってだけでも、レアです!

通常の山廃純米酒に比べ、無濾過生原酒と言うだけあって

とっても、フレッシュ! 酸味が、まるで柑橘類をしぼったかのよう。

これが、岩かきにピッタリ!!

海の味でいっぱいになったお口を菊姫のフレッシュな酸がキレイにしてくれます!!!

 

って、余韻にひたってたら、もうそろそろ開店の時間です。

今週も張りきって皆さまのことお待ちしております~(*^_^*)

いざ宮城へ~その3~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

さてさて、宮城ツアーの話はようやく浦霞の

 

蔵元までたどり着きましたね(^_^;)

 

 もうひとつの任務は4月11日に開催した

 

宮城応援プロジェクトの売り上げの一部を

 

塩釜市役所へ届けに行くことでした。

 

蔵元から徒歩5分位で行けるので、受付に

 

渡してくれば良いかな~なんて思っていたら・・・

 

突然、佐浦社長が市役所へ電話を掛けに。

 

何と塩釜市長さんが直接会って下さるとのことオオーw(*゚o゚*)w

 

しかも、佐浦さんまで一緒に来て下さるなんて~

 

20110518 070.jpg 

 

震災後の塩釜市長さん、忙しいに決まってます(^_^;)

 

20110518 071.jpg

 

しっかりと皆さまの気持ちを届けて参りました。

 

20110518 073.jpg

 

貴重なお時間を頂き、感謝ですm(_ _)m

 

20110518 074.jpg

 

みんなで記念撮影です。

 

いやぁ~佐浦社長、塩釜の佐藤市長さん本当に

 

ありがとうございます!

 

浦霞の皆さまにご挨拶をして、すぐ裏にある

 

塩釜神社へ。

 

20110518 091.jpg

 

202段の急な階段の上にあるのです。

 

20110518 087.jpg

 

元々、浦霞は塩釜神社の御神酒。

 

今回の東日本大震災の被害者の方々の息災と

 

一日も早い復興を祈願して参りましたm(_ _)m

 

 

 ここまで書いたら、パソコンちゃんのご機嫌が悪い

 

みたいで写真が全くアップ出来ません(^_^;)

 

 塩釜神社の直ぐ真下にある阿部勘さんのショップに

 

立ち寄り、翌日のレンタカー屋の場所を確認して

 

仙台市内のホテルにチェックインして杜の都仙台

 

国分町に向かいます~ 続きは店長ブログで(^^)/

 

 いやぁ~この分で行くといつ終わるのか心配ですから~(>_<)

いざ宮城へ~その2~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

先日の社長のブログからお話しを引き継がせて頂きます。

 

今回の目的は何と言っても皆さまからお預かりした義援金。

なんと!浦霞禅の箱が7箱に!!

20110520 001.jpg

コレではとても二人で持ちきれないので二箱にまとめて、

金額は50万円を超えておりました。

皆さまのご協力、大変感謝です。

 

じつはここだけの話、出発当日に社長と駅で待ち合わせしていましたら、

社長からメールが・・・

少し遅れるとのこと。

 

理由はこちら・・・

20110520 002.jpg

20110520 003.jpg

電車の中、駅弁では嫌らしく自分でツマミを作ってたから。

こういう所がとてもA型なのです。

 

 

さて、話の続き・・・

美味しいお寿司を食べてお腹も気持ちも満たされた

我々は早速、佐浦酒造へと向かいました。

 20110518 026.jpg

本社蔵はご覧の通り、修復中です。

20110518 025.jpg

早速、中にお邪魔して佐浦社長と約一ヶ月ぶりの再会。

皆さまからお預かりした義援金をしっかりとお渡ししました。

20110518 033.jpg

もちろん、両替などせずにそのままお持ちしましたので

小銭の重さに佐浦社長も驚いておりました。

皆さまがそのくらい気合いを入れて浦霞ノーラベルを

飲んで下さった証ですね。

 

しばらく本社を見学させて頂きますと、なんとこのような展示物が!

20110518 066.jpg

「佐浦トハ家・臣佐藤、三浦両家合同ノ由ナリ」

 

((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!

 

驚きです!

樽一にきたのも何か運命を感じました。

 

この後は蔵内を見学させて頂きました。

20110518 042.jpg

こちらが母屋です。

中では大工さん達が手際よく修復しております。

20110518 044.jpg

こちらが本社蔵入り口です。

20110518 047.jpg

本社蔵では辛口本醸造を始め、樽一のラインナップは

ほとんど本社蔵で仕込まれております。

蔵の扉はゆがみ、蔵も傾いて隣の建物の壁にぶつかりました。

20110518 049.jpg

壁もあちらこちらで修復中です。

20110518 046.jpg

20110518 052.jpg

こちらは蔵の裏口です。風格ある建物ですね。

20110518 058.jpg

この建物もわずかに傾いた様子です。

20110518 060.jpg

そんな時に浦霞トラックに運ばれて来た梅を発見。

20110518 062.jpg

これで当店でも評判の高い、浦霞梅酒を仕込むのですね。

こちらは4月29日より再開しました、浦霞ギャラリーをお邪魔しました。

20110518 038.jpg

20110518 034.jpg

20110518 035.jpg

温かく迎えて下さった佐浦酒造のみなさま。

本当にありがとうございました。

とてもとても書ききれないので、

この続きは次回の社長のブログでお楽しみに・・・  

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり猫が好き

こんにちは~金岡です(*^_^*)

今日もいいお天気で気持ちがいいですね。

 

 

気がつけば、もう5月も半ば過ぎ。

いつもなら、この時期、東京のあちこちでお祭りのお囃子の音色が聞こえてくるのに

今年は全くと言っていいほど・・・・。ちょっと、さみしい気がします。

 

こないだも、ブログに書きましたが私の実家のある

千葉県香取市佐原のお祭りは、東京の御神輿のお祭りとはちょっと違います。

こーんな山車を引き回すお祭りなのです。

20110519 010.jpg

こんな山車が夏祭りは10台・秋祭りは14台でます。

ちなみにこの山車は「太田 道灌」の人形です。江戸城を造った人ですね。

 

こんな風に山車の上には歴史上の人物が飾られています。

そして、山車の回りには緻密な彫刻が飾られてます。

この彫刻も古くは江戸時代の物が多いのです。

そのせいもあり、国の重要無形文化財にも指定されておりますです。

田舎の狭い道を、こんな風に大きな山車がすれ違うときは

迫力があります。

20110519 017.jpg

今年は7月の15(金)16(土)17(日)の3日間の予定です。

東京駅から高速バスも出てますし。

帰りにウチのラーメンでも食べてってください。あ!ぎょうざもね!(ん?宣伝か?)

 

なんだか、すっかりタイトルと関係ない話になってしまいましたが、

そうなんです。

ねこが好きなんです。

うちのまわりには飼い猫ちゃんも含め、にゃんこがたくさん住んでます。

 

まるで、食べ過ぎたお相撲さんのようにすわってる猫ちゃんとか

 

20110519 015.jpg 

 

なつかしのなめ猫のようににらむ猫ちゃんとか

20110519 014.jpg

かと、思いきやこんな風に居眠りしてたり

20110519 011.jpg

 

室外機の上でくつろぐ子とか

20110519 012.jpg

もー、かわいさ満天ですよー。

 

この子達は飼い猫みたいですが、お外をうろちょろしてるので

たまに遊んでくれます。

ほんとは、飼いたいんですけどね。

うちはアパートだし、一人暮らしでほとんどウチにいないので無理なんです・・・・。

子供の頃は何度も捨て猫を拾ってきちゃ、

「ウチは飲食店だからダメ!!!!」と言われ続けました。

 

ちょっと前に流行った猫鍋にあこがれます。

なんで、猫って隅っことかに入りたがるんでしょうね。

 

ちなみにNHKで朝6時55分からやってる

「0655」という番組の1コーナー

「ねこのうた」なんてサイコーにかわゆいですよん。

 

あーーーー猫飼いたい!

 

では、今日の樽一もだんだん席がいっぱいになって来ましたよ。

今日も気合いを入れてがんばりまーす。

あ!きょうの先付け「巣ごもりたまご」すごい美味しかったですよ。

いざ宮城へ~その1~

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

今回ついに、店長と二人宮城に行って参りました~

 

向かうはもちろん、塩釜にある浦霞さん。

 

皆さんから、頂いた気持ちのこもった義援金を直接渡しに行きました。

 

こちらは、震災当日の本塩釜駅前の様子。

 

20110518 248.jpg

 

駅前もかなりの海水に浸かっております(>_<)

 

20110518 249.jpg

 

3月11日の4時で浦霞さんのある本町もご覧の通り。

 

20110518 001.jpg

 

二ヶ月経って駅前はようやく通常に戻りつつありますが

 

20110518 004.jpg

 

ところどころ津波の爪痕が残されていました。

 

20110518 005.jpg 

まずは、お寿司屋の超有名店「すし哲」さんに向かいます。

 

20110518 006.jpg

 

一見、何でも無いように見えますが・・・

 

20110518 018.jpg

 

震災直後の店内はご覧の有様。

 

一階天井近くまで津波が入り込んだそうです。

 

20110518 013.jpg

 

50日の修復期間の後4月29日無事に再開。

 

全ての冷蔵庫や設備を入れ替え、カウンターも

 

削り直して再開に漕ぎ着けました。

 

20110518 012.jpg

 

三陸の近海物はまだまだ、入荷は出来ませんが

 

口の中でゆっくりとシャリがほどけて行く絶妙の

 

握り具合は健在ですm(_ _)m

 

20110518 007.jpg

 

お奨めのさっぱりとしたカツオの酢の物や

 

20110518 010.jpg

 

柔らかく煮込んだタコは噛まなくても食べられます。

 

20110518 016.jpg

 

穴子の白焼きも美味しく頂きました。

 

お酒はもちろん「浦霞」や地元でしか飲めない

 

「於茂多加(おもたか)男山」を頂きました。

 

さすがは地元塩釜の銘酒。新鮮な魚介に合うこと合うこと。

 

いきなり塩釜の洗礼を受けましたm(_ _)m

 

大きな被害があった事を感じさせないお店の活気と

 

そこで働く人達のきびきびとした動き。

 

大将の目に力強い想いを感じました。

 

 

あ~これからいよいよ「浦霞」に行く所なのに

 

ブログが長くなりすぎてしまいました(^_^;)

 

続きはまた、店長のブログをお楽しみに~(^^)/

  

栃木きき酒会~下野杜氏~

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

今回は初めてお邪魔した栃木県きき酒会のお話しです。

201105017 021.jpg

会場はアタクシが高校時代よく立ち寄った北千住。

当時とは随分、様変わりして恥ずかしながら迷っちまいました。( ̄ー ̄; ヒヤリ

 

このブログをご覧の皆さまから「栃木の酒ってどうなの?」

なんて声が聞こえてきそうなので、ご説明致します。

 

栃木の酒が注目を浴びるようになったのは1冊の雑誌「danchu」

img007.jpg

こちらの特集で紹介されたのが栃木なのです。

なぜ今、栃木が注目を浴びたのでしょうか?

それはお酒造りの中心を担う杜氏が原因でした。

栃木の酒蔵の杜氏は岩手の南部流や新潟の越後流が

多数を占めていましたが、杜氏の高齢化と同時に蔵元の息子世代が

次々と戻って来ました。彼らは「このままでは栃木の酒がダメになる」

という危機感を抱いて集まり始めたのです。

 

最初は単なる飲み会で始まった集いでしたが、ここからでた新しい発想の

認定制度が生みだされ、栃木=下野の国、「下野杜氏」が誕生したのでした。

img009.jpg

こうして栃木は関東でも1,2を争う人気蔵の集団に生まれ変わったのでした。

 

さーウンチクはこの位にしてさっそく、27蔵のお酒を味わってみましょう!

201105017 001.jpg

 

こちらは樽一でも人気の仙禽です。

201105017 015.jpg

独特の酸味豊かな味わいは見事です。

 

こちらはウチの社長とも親交が深い鳳凰美田の小林専務。

201105017 012.jpg

年を重なるにつれてお酒も大人の味に成長しています。

 

その他、大那の阿久津専務、第一期下野杜氏の澤姫井上社長と松の寿、松井社長。

吟醸メッセでもお世話になりました東力士、島崎専務。

華やかな香りはまさに春を連想させる四季桜、今井専務。

大那の阿久津専務は先日樽一が取り上げられた

スーパーニュースを見ていてくださったそうです。

 

※お酒に夢中になり、写真を取り忘れました。

スミマセン・・・  m(_ _;)m ゴメンネ!!

 

そして酒のコンシェルジュを勤めて頂きました

さかや栗原のYさんもありがとうございました!

 

この後は折角の北千住なので、東京三大煮込みのひとつ

大はしに寄ってやられまくってた二人でしたとさ。

 

これからもまだまだ続くきき酒会。

ここできき酒したすばらしいお酒達を樽一で紹介させて頂きますね。

春野菜で。

こんにちは~金岡です(*^_^*)

週明け月曜日いかがおすごしですか~?

 

私の日曜日はだいたい、うちでゴロゴロしてるか料理しているかのどちらかなので

ちょっと、体がだるいです(^_^;)

お休みだからといってゴロゴロしている方が逆にだるくなってしまうそうですね。

いつぞやテレビでやっておりました。

(なんとなくわかっているのですが、ついついね・・・・。)

 

さて、そんな日曜日少しでも体を動かそうと?

行ってきましたよ。野菜を買いに。表参道まで。

いや~良いお天気で日差しがまぶしいのなんのって!!!

 

今回もタップリ買いましたが、

一番食べるの楽しみだったのがコレ!

201105016 013.jpg

ルッコラです~。

しかも、コレを作っている「くりもと地球村」と言う農場は私の実家の近く!

(ま、近くって言っても、車じゃないと行けない距離なんですけどね。)

農場体験なんかも出来るみたいで、ちょっと楽しそうです。

このルッコラ、試食させて貰ったら、とても味が濃いんです。

しかも、お花の部分も食べられるとか。

 

他にも色々買い込んで、早速家に帰ってつまみ・・・。

いやいや、ごはんづくりです。

 

ルッコラをどうやってたべよっかな~なんて考えた結果、

「ルッコラと生ハムのピザ」に決定!

まず、ピザ生地をつくり・・・と思ったんですが、

ここで急遽パンに変更。フォカッチャ的なものを作ってみました。

201105016 008.jpg

こんな感じで盛りつけて、ソースはバルサミコ酢とオリーブオイルに黒胡椒をタップリね!

タップリ挟んで、ソースをたら~り。

「いただきまーす。」

201105016 007.jpg

ルッコラおいしー。生ハムもおいしー。

タップリ食べて、おなかも一杯。

 

あとは、残りの春野菜を使って

「春野菜豚汁」つくります。

201105016 005.jpg

新玉葱・子蕪・蕪の葉っぱ・新人参・春キャベツに、さっきのルッコラの茎もね。

それから、コレも!

201105016 003.jpg

空豆! がんばって、むきました。(ま、がんばる量でもないでした。)

 

野菜は、さっと炒めて水を加えて

201105016 004.jpg

 

野菜の歯ごたえを残したかったので煮るのもさっと。

それから、自家製ニンニク味噌で味付けです。

201105016 002.jpg

自家製と言いましても、ニンニクが余ってたから作ったんですけどね。

201105016 012.jpg

もー、こんなに芽も出ちゃって・・・・。

とはいえ、ニンニク味噌。作ってみたら色々便利。

作り方はけっこうかんたん。

素揚げニンニクをすり鉢ですりおろして

おろし玉葱・みそ・味醂・砂糖を混ぜ合わせ、

弱火でじっくり練り上げるだけ。

一晩おいてなじませると、まろやかになっておいしくなります。

胡瓜につけたりなんかして。

豚汁作りながら、ついつい一杯。

201105016.jpg

 

はい。出来上がり。

201105016 001.jpg

蕪の甘味がよ~くでていて、優しいお味です。

ニンニク風味がきつくなるかなと思いきや、味噌に甘味が入ってるので

ニンニク風味もまろやか。おいしくできました。

 

さて、本日月曜日は社長と店長が塩竃の浦霞さんへ

皆さまからお預かりした義援金と、宮城復興プロジェクトで書いていただいた色紙を

届けに行っております。

皆さんからのたくさんのお気持ち、本当にありがとうございます。

今日は二人がいない分、いつも以上にがんばりますよ。

皆様。おまちしております~。

 

 

 

 

 

新宿の名店

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

五月も間もなく折り返しです(・・;)

 

気温も上がり、だいぶ初夏らしい陽気になりました。

 

 

先日の吟醸酒協会の会場に向かう前にチョイと寄り道。

 

アルタの裏にひっそりと佇む名店「アカシア」

 

20110514 008.jpg

 

創業昭和38年まさに日本が高度成長期の

 

ど真ん中にあった時代から48年営業しています。

 

名物「ロールキャベツシチュー」を食べに行きました。

 

悩んだ挙げ句セットメニューに((o(^-^)o))わくわく

 

20110514 001.jpg

 

すぐに来たのが「ロールキャベツシチュー」

20110514 002.jpg

 

とろんトロンに煮込まれたキャベツの中から

 

香辛料の効いた挽肉が顔を出します。

 

さすがは名物!シチューは濃厚でご飯との相性バッチリ。

 

 

20110514 003.jpg

 

豚ミンチもジューシーでスパイスの香りが良い。

 

ビールが止まりませんから~(^_^;)

 

 

20110514 005.jpg

 

ポークソテーは柔らかな豚肉にしっかりデミソースが

 

絡みこちらも旨い旨い。

 

20110514 004.jpg 

 

新メニューのレバーカツは単品で。

 

しっとり、しっかりレバーの旨みが満点です。

 

20110514 007.jpgのサムネール画像

 ドイツビールも満載です。

 

20110514 006.jpg  

 

作り込まれた訳ではなく自然と積み重なったこの空気感。

 

落ち着いた昭和の洋食レストランです。

  

大満足で、吟醸酒メッセに向かいましたとさヾ(=^▽^=)ノ

 

春の吟醸メッセ

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

この季節になると酒蔵は皆造の日を迎えて

今期の酒の仕込みは終了します。

そして出来上がったお酒を持ち、試飲会で皆さんに

今年の出来映えをお披露目するのです。

 

きき酒会も様々ありますが、我々が必ずお邪魔するのは

春と秋の二回行われます、日本吟醸酒協会が主催します

吟醸を味わう会なのです。

昨年の秋も時間が足らず、名残惜しくもお店に戻りました。

 

今回は最後まで参加しようと昨年より心に決めておりました。

この日は18時より降る予報でした雨も15時前から降り始め、

社長の気合いの入れっぷりを再確認できました。(汗)

 

いつもはお昼の部が酒販店および飲食店。

夕方からは一般の部が行われる2部制でしたが、

今年は自粛ムードもあり、1部のみ行われることになりました。

 

開始と当時にまずは田酒からお邪魔しました。

20110513 001.jpg 

この会でしか味わえない、純米大吟醸斗瓶、純米大吟醸山廃、

4割五分、善知鳥(うとう)。

しかもALL生酒というあり得ない スペシャルラインナップ。

 

そこから出羽桜にお邪魔し、無くならないうちに鑑評会出品酒

を頂き、お隣のくどき上手に立ち寄りました。

20110513 002.jpg

山形のEXILE、今井専務の醸す酒は

どれもすばらしかったです。

 

次にまんさくの花に立ち寄りました。

20110513 004.jpg

3月の樽一会は残念ながら中止になってしまったので

7月の会にはと再度 お願いしてきました。

 

こちらは樽一に新たに出来た部屋、真澄です。

20110513 005.jpg

昨日も営業の方と蔵人で樽一に来店して下さいました。

 

続いては開運に寄り、久しぶりに弥一専務にお会いできました。

20110513 007.jpg

お隣の女性の方が今月結婚されます奥様です。

プチ情報ですと、何でも初デートは樽一だとか?

 

お隣には蓬来泉の関谷専務とお久しぶりのご対面。

20110513 008.jpg

幻の銘酒、「空」も良かったですが、熟成酒も見事です。

 

そのお隣が龍力の本田社長と専務です。

20110513 009.jpg

内緒で大吟醸「秋津」をこっそりと頂いちゃいました。

 

お気づきでしょうか?

今回は蔵元の皆さんは東日本大震災復興Tシャツを

着て会を盛り上げておりました。

各ブースにはそれぞれの前掛けを販売して義援金にされるそうです。

 

今回写真を取り忘れてしまいました南部美人、出羽桜、刈穂、末廣、

尾瀬の雪解け、東力士、満寿泉、鶴齢、琵琶の長寿、富久長、酒一筋、

李白、梅錦、繁枡、七田ete・・・

 

この度もありがとうございました。

しかし、ぶっ通しの4時間はさすがにしんどかった・・・・

 

次回は最近熱い栃木のきき酒会の模様をお送り致します!

梅雨のはしり

みなさん、こんにちは~金岡です(*^_^*)

連日の雨模様。まさに梅雨の走りですね

 

201105012 012.jpg

ジャスミンが雨に濡れてあま~い香りを放っておりました。

 

なぜか、社長が朝来るなり

「降らしちゃって、ごめんね~(^_^;)」と、みんなに謝っておりました。

 

わたしは今までそんなに雨を気にしない方だったんですが、

樽一に入社したばかりの頃は冗談半分できいていた、社長の雨男っぷりですが、

最近では、天気予報が「雨」の時は、必ず傘を持って出るようになりました。

 

 

さて、先日のGWは、ちょっと実家に帰っておりました。

もちろん、いつものラーメンや

201105012 005.jpg 

 

ぎょうざ(や・き・た・て!!)

201105012 004.jpg

 

そして、タンメン!

201105012 003.jpg

 久しぶりにウチのタンメン!!!

塩味でスープがうま~い!!

 

などなど、食べまくりの3日間でした。

そして、ちょうどウチの味醂も切れていたので購入してきました。

201105012 001.jpg

なぜ、味醂?     ですよねー。

実はこの味醂、私の実家の近所の馬場本店さんという

酒蔵が作っている味醂なのですが、すごくおいしのです。

けっこう有名みたいです。

今回は、はじめて左側の大瓶を発見。

さすがに1升瓶は持って来れないので、大瓶。小瓶を購入しました。

 地元の名産品。

地元を離れてから、有名だということを知りました。

 

今年はお祭りも開催されるか微妙だったのですが、

東京は三社祭は中止、深川のお祭りは来年に延期なんてなか

通常通り開催するそうです。

自粛も必要なこともあるかも知れませんが、お祭りは開催して

盛り上げた方が良いと思うのですがね・・・・そう単純なモノではないのでしょうか?

 

もし、ご興味がある方は佐原の大祭をご覧になってみてくださいませ。

今年の夏祭りは7月15(金)16(土)17(日)の予定だと思いまーす。

東京の御神輿のお祭りと違って、これもまた面白いですよー。

 

ですが、地元、佐原も今回の震災でけっこう被害が有ったようです。

古い町並みがおおいので、屋根の瓦が落ちてしまったり、

川の護岸がくずれてしまっり・・・・。

利根川添いの地域は埋め立て地のため、液状化現象で家が傾いてしまったりなどなど・・・

 

お祭りまでに少しは古い町並みが復活しているとよいのですが・・・

 

さ、本日の樽一はお席がだんだんいっぱいになって参りました。

いらっしゃるときは、ぜひぜひお電話くださいませm(_ _)m

 

春の味覚満載でお待ちしておりますー。

 

 

 

宮城の怪男児

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

今朝は静岡から頂いた釜揚げしらすで朝ごはん(*^_^*)

 

201105011 001.jpg

 

ご飯の上に極上のしらすを乗せ、大葉を切り、黄味と

 

静岡名物黒はんぺんを生姜醤油で焼いてトッピング。

 

醤油を少しタラして掻き込むと「むほ~」朝からシアワセ~(*^_^*)

 

 

 さて、本日は先代の親父となんでも鑑定団の

 

中島誠之助さんとのお話し。実は親父と中島さんは

 

日本大学農獣医学部水産学科の先輩、後輩。

 

 親父が一つ先輩らしい。先代の葬儀の時も一番最後まで

 

残ってくださり葬儀を見守ってくれました。

 

そして、その後に詠んでくれた俳句を2年前の読売新聞で

 

紹介下さいました。

 

201105011 002.jpg

 

お互い貧乏学生だった当時の事が楽しげに書かれております。

 

201105011 003.jpg

 

閑弟子(かんていし)とは中島さんの俳号。

 

実は、貴重なモノなので大切に箱に入れて保管しておりましたが・・・・

 

いざ、自宅の引っ越しの際に見つからなくてさぁ大変(>_<)

 

5人掛かりで倉庫の処分する全ての段ボールを開け

 

探したけれど見つからず・・・

 

それでも夜中、母親がどうしても気になってもう一度探してもダメ(T_T)

 

翌日、調理師免許を箱から取り出していないことに気づき

 

その段ボールを開けようとしたら、なんとわざわざその箱の上に

 

この額に入った色紙が丁寧に置かれておりました(^_^;)

 

もちろん、その箱は前の日に開封済み。

 

親父が見るに見かねて息子が気づくように

 

箱から出してくれたとしか思えません(*^_^*)

 

これは分かりやすい例ですが、日常生活で

 

明らかに親父が手配してくれている事が沢山あります。

 

宮城の快男児はいつまでも天国から見守ってくれているのです。

 

本当に感謝、感謝の日々を送っている次第ですm(_ _)m

 

お陰さまで無事店内に飾ってあります。

 

ご来店の際は、ぜひご確認下さいませ~

 

部屋の模様替え

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

子供達も小学5年生と2年生にもなると

日曜日はもちろんですが、ゴールデンウィークも

子供達の予定中心になります。

 

今までは色々なトコロに遊びに行ってたのに、

最近は柔道の試合やら、サッカーの試合&練習

でお休みは全て終了しました。

t02200165_0800060011203299411.jpg

 

この間の土曜日は朝6時に起こされて、

長女が楽しみにしている月に一度の女子トレセンに

8時から参加してきました。

20110510 001.jpg

前回は8名だったのに、今回は10名が参加。

アタクシもゲームに借り出され、女子にまみれて

ボールを蹴ってきました。

 

すると、空から何やら水滴が・・・

本降りになる前に練習は切り上げられ、子供達は残念がっていました。

 

この時間帯は確かウチの社長が動き出した時間。

長女とふたり、ずぶ濡れで帰りました。

 

ずぶ濡れの長女はこうつぶやきました。

「もう!しんさん、雨降らせないで!!」

ε=(>ε<) プーッ!!

 

 

 

さて、樽一はというと久しぶりに座敷の模様替えをしてみました。

以前は塩釜の間は青森の田酒の部屋でしたが、

今度は長野の真澄にしました。

20110510 003.jpg

ラベルはもちろんご覧の様に・・・

20110510 004.jpg

派手な法被と前掛けも飾らせて頂きました。

20110510 009.jpg

真澄と言えば協会7号酵母発祥の地。

真澄のウンチクは「てんちょうの冷蔵庫」をご覧下さい。

色紙もご覧の様に飾りました。

20110510 007.jpg

20110510 008.jpg

20110510 006.jpg

その他、こんなアイテムまでも・・・

20110510 011.jpg

20110510 010.jpg

希少なマッチもたくさん頂いたので、

欲しい方はお声を掛けて下さいね。

201105010続編.jpg

本日もお席に余裕がございますので、

ぜひ、お待ちしております! 

きたーーーー!!!

こんにちは~金岡です(*^_^*)

いや~いいお天気で気持ちよい日が続きますね~。

そして、昨日は母の日でしたね。

いつもはちゃんと言えない「ありがとう。」を、ちゃんと伝える日ですかね?

GWに実家に帰りつつも、ちゃんと「ありがとう。」を言えなかった私達 姉弟3人は

とあるお花屋さんにお願いして、こんなフラワーボックスを送ってもらいました。

20110509.jpg

よろこんでくれたかな?

 

 

さてさて、我が家にも やーーーっとやって参りました。

きましたよ。来ましたよん!

て・れ・び!テ・レ・ビ!!

20110509 007.jpg

32型のLEDテレビ!

おまけにブルーレイ・スピーカー付のテレビ台までセットでね!

接続してみたら、ウチのアパートは既に地デジ対応になっておりました。

東京MXはもちろん、千葉テレビ・TVK・テレ玉などなど放送大学まで受信できてしまってます。

いままでがコレ↓ですからね。

20110509 008.jpg

十数年前、私が一人暮らしを始めた時に買ったテレビデオ14型・・・・。

長い間お世話になりました。

こんなテレビでもきちんと下取りしてくれたジャパネットさん、ありがとうございます。

一気に進化しましたよー。

リモコンが使えるって素晴らしい。

前のはリモコンが壊れちゃって、ここ3年くらいリモコンも無しでした(T_T)

 

そんなわけで、新しくなったテレビ見ながら昨日の日曜日は

イチゴジャム作りました。

20110509 006.jpg

イチゴは、こないだ実家の近所のスーパーで買った1パック100円の小粒ちゃん。

コレにイチゴと同量のグラニュー糖を振り掛けて一晩おきまーす。

20110509 005.jpg

 

イチゴから水分が出てきたらレモンの輪切り2分の1コ分をお茶パックに入れて

中火に掛けて、沸騰したら灰汁を取って弱火で煮詰めまーす。

20110509 004.jpg

トロンとしたら出来上がり~。

ジャムといってもイチゴは潰さずに粒のまま残します。

煮沸消毒した瓶に詰めてひっくり返して脱気して、

20110509 003.jpg

冷めたらOK!

 

20110509 001.jpg

常温で長期保存可能。

真っ赤な色がとってもキレイです。

残ったシロップでイチゴソーダ。

20110509 002.jpg

あまいイチゴの香りでシアワセ気分です。

イチゴの方はヨーグルトやトーストにのせて食べようかな。

 

 さて、GWもあけて月曜日

本日から本格的に「浦霞まつり」が始まります。

 

そして、本日より「桜海老だけのかき揚げ」スタートしまーす。

桜エビの掻き揚げ.jpg

今が旬の桜海老をタップリ使ったかき揚げです。

桜海老の香ばしさと甘味がお口の中ではじけますよ~。

今の時期だけですので、お早めにどうぞ~。

 

そしてそして、本日の逸品はコチラ!

20110509 010.jpg

「雲丹チーズ」です。

イタリア産のモッツァレラチーズに雲丹を練り込んだ、板長特製の一品です。

この、お酒が進むこと間違いなしの逸品に合わせるお酒はコチラ!

20110509 013.jpg

岡山「酒一筋 純米大吟醸 五年古酒」でいかがでしょうか。

しっかりと熟成のきいた味わいと

まったりしたチーズと雲丹のコクと旨味が絡まり合って、たまりません!!!

 

GWも終わって、のんびり気分はもうおしまいです。

今日も気合い入れてがんばります!

皆さま、お待ちしております~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、静岡パート2

皆さん、こんにちは~しんちゃんです!

 

GWウィークみなさん、いかがお過ごしでしたか?

 

高速道路も例年以上に混雑したようですね(-。-;)

 

私は連休恒例の静岡に行って参りました。

 

 新幹線でひかりに乗ると1時間で着いてしまうので

 

敢えてこだまに乗ってのんびりと~

 

着いていきなりお昼ごはんなので車内ではコーヒーでも。

 

 

 

 

ひたすら待ってもワゴンがこない(・Θ・;)アセアセ...

 

 

 

 

待つこと1時間半・・・・・

 

 

 

 

 

 静岡到着( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

CA3F0890.JPG

 

駅ビルの中の「万豚記気」で気を取り直してビール、ビール。

 

CA3F0891.JPG

 

蒸し鶏で一杯。

 

CA3F0893.JPG

 

坦々麺で3杯!   

 

到着早々、頭から汗だくです。  アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

 

CA3F0894.JPG 

 

お腹が一杯になったらお散歩です。

 

静岡のメイン通りの呉服町。

 

CA3F0896.JPG 

 

雑貨を買うなら三保原屋。何故か我が家の雑貨はここなんです。

 

CA3F0899.JPG 

 

スリッパ購入。

 

CA3F0900.JPG

 

呉服町の奥に伊勢丹があります。

 

CA3F0902.JPG

 

佐藤家御用達の「トラヤ」さん。

 

CA3F0901.JPG

 

とにかく、安い。とても伊勢丹にあるとは思えません。

 

え~と、巣鴨で言ったら「マルジ」みたいな感じです。

地元ネタですんませんm(_ _)m

 

しこたま買い占めて5000円也(●⌒∇⌒●) わーい

 

町を散策しながらお腹を空かせて、夕飯です。

 

CA3F0914.JPG

 

ここは静岡おでんが有名。

 

CA3F0916.JPG

 

こんな素敵なセットを発見。早速注文です。

 

CA3F0921.JPG

 

しぞーかおでん7種に

 

CA3F0917.JPG

 

生さくら海老と生しらすに

 

CA3F0920.JPG

 

はんぺんフライ二本がついて1980円w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

CA3F0918.JPG

 

かつおの叩きに

 

CA3F0925.JPG

 

さくら海老のピザ。シンプルだけどニンニクチップが

 

効いてて旨い旨い。

 

CA3F0930.JPG

 

こんなに大きなおでん鍋は初めて見ました。

 

たらふく食べて大満足!

 

次の日に備えて12時前に消灯。

 

朝ごはんを抜いてうなぎの「石橋」さんへ

 

 

やはり静岡に来てここに寄らない訳には行きません。

 

CA3F0934.JPG 

 

皿からはみ出るうなぎを平らげ大満足。

 

11時開店で11時過ぎにはもう満席w(゚o゚)w オオー!

 

一旦、お昼寝をはさみ夕方再び出陣です。

 

CA3F0946.JPG 

 

沼津 魚がしさん こちらも外せません。 

 

CA3F0936.JPG

 

スーパードライも一番しぼりも黒ラベルもエビスホップも均一価格。

 

迷わずエビスホップですよね。

 

 

 

CA3F0938.JPG

 

初かつおに

 

CA3F0942.JPG

 

活け鰺に

 

 

CA3F0941.JPG

 

清水もつカレーをいただき

 

 

 

CA3F0943.JPG

 

まぐろ尽くしに

 

CA3F0944.JPG 

巻物やその他いろいろにお酒も頂き一人3500円。 

 

こうして一泊二日の静岡食べ食べツアーが終了しました。

 

東京にも近く、気候も温暖、人ものんびりしていて物価も安い。

 

またまた静岡に降参でしたm(_ _)m

 

 

さて、本日の日替わり料理です。

20110507続編 003.jpg

ただいま、旬真っ直中の竹の子を唐揚げにしてみました。

揚げ場担当澤谷が張り切って揚げてくれます。

お相手のお酒は長野の代表銘柄、真澄のみやさかです。

20110507続編 004.jpg

上品なポテトチップスのような香ばしさとサクサクの食感を

みやさか純米がキレイに流してくれるでしょう。

 

続いて先付けはひじきの魚卵和えです。

20110507続編 001.jpg

お相手は?

20110507続編 002.jpg

滋賀県よりやって参りました、喜楽長の三方良しです。

ひじきや明太子、鯛など色々な白身魚の卵を

醤油などで漬け込んで一夜干ししました。

磯の風味が意外や意外、ほんのり落ち着いた

こちらのお酒と相性が抜群です。

 

今日は何だかまったり樽一の予感。

席はタップリ空いてますから~

浦霞まつりの全貌

こんにちは!(^_^)/

てんちょうです。

 

ゴールデンウィークも終わり、今日から出勤の方や

まだまだ今週いっぱいお休みの方、いかがお過ごしでしょうか?

樽一は暦通りのお休みなので、本日より通常通りの営業再開です。

 

先日、社長よりこっそりとお知らせがありましたが

来週より本格的に始まります、「浦霞まつり」について書かせて頂きます。

「浦霞まつりだといつもと何が違うの?」って、お答えしましょう!

まずはこちらが市販で売り出されているレギュラー商品の浦霞。

20110506 011.jpg

左から宮城県限定純米吟醸蔵の華、

純米大吟醸山田錦、エクストラ大吟醸、大吟醸、純米吟醸禅、生一本純米です。

その他にお燗でも提供させて頂いている辛口本醸造と樽一オリジナル金ラベルが

いつもの樽一での浦霞ラインナップでありますが、今回は昨年より冷蔵貯蔵していた

樽一だけのオリジナル生酒をボトルだけではなく、ショット売りでもご提供致します。

20110506 002.jpg

「先ほどのラインナップと変わらないように見える」って?

よ~くご覧下さい!

生酒のシールが貼ってありますよね♪

これがレアなのです。

なんせ、市販じゃ出回っておりません・・・

樽一だけなのでラベルは市販と変わらないのです。

「えっ大吟醸は生酒シールが貼っていない!」って?

こちらをご覧下さい。

20110506 004.jpg

裏ラベルにはしかと生酒と書いてありますよね。

しかも加水調整もしていない原酒です。

こちらは震災前日の3月10日に入荷しました。

 

これから、その他の銘柄をひとつずつご紹介していきましょう。

まずは純米吟醸から・・・

20110506 005.jpg

左が先ほどもご紹介しました宮城限定蔵の華の本生です。

こちらの在庫はもちろん、佐浦酒造にもありません。

宮城の酒米、蔵の華で仕込みました。

 

そして右側は3月12日発売の春酣(はるたけなわ)です。

若さ溢れる華やかな香りとフレッシュ感は何とも言えません。

 

続いては純米と本醸造です。

20110506 006.jpg

左は食米でも有名なササニシキで醸した生一本本生です。

本来なら優しいお淑やかな味わいの酒質が生酒になると、

フレッシュで力強い味わいが特徴です。

 

一方、辛口本醸造本生はアタクシも樽一4年目にして初めて味わう事が出来ました。

同じ酒米マナムスメでもやや甘みのある金ラベルとは違い、ふくよかでキリリとした喉ごしは

万能な食中酒です。

 

そして目玉はやはりこの二銘柄でしょう。

20110506 007.jpg

左は12月発売の一番人気、活性にごり白馬です。

別名荒走りは大切にこの時期まで取っておきました。

 

右は「てんちょうの冷蔵庫」でも書かせて頂きましたが、

アタクシが浦霞に対してさらに意識が変わった2月発売の生禅です。

確かに通常の禅も飲み飽きしないすばらしい酒ですが、

酒米トヨニシキのすばらしさを楽しめる渾身の1本です。

 

この二銘柄も樽一でしか味わえません。

数もさほどありませんので、この浦霞まつりでぜひとも

味わって下さいませ。

 

ちなみに本日と明日に限り、白馬と生禅は特別価格にて

提供させて頂いております。

しかも浦霞オリジナルポーチもお付けしちゃいますから、

ぜひとも足をお運び下さいね。

20110428 006.jpgのサムネール画像

 

 

 

では本日の先付けのご紹介です。

寒天の梅肉和えです。

20110506続編 001.jpg

爽やかな酸味と軽~いコリッとした食感にはこちらのお酒。

静岡の喜久酔特別本醸造生酒です。

20110506続編 002.jpg

透明感あるみずみずしい味わいは寒天でも引き立てます。

連休明けの本日はまだまだ空席がありますので、

皆さまのご来店お待ちしております! 

ウェブページ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。