2009年6月アーカイブ

何度かチラッとブログでも登場しております

樽一の新人ホールスタッフ「本山泰司」です。

20090630_1.jpeg

彼は今月より新たに我々の仲間に入りました。その理由は・・・

理由① 家族をもっていること(自分の家族のために一生懸命がんばるから)

理由② 仕事に対して考え方が同じなこと。(とってもアツイ気持ちをもってます。)

理由③ 飲食に対しての方向性が一緒な事。
 
理由④ 料理、日本酒をよく勉強し、知識が豊富なこと。(そうとう好きですね。) 

理由⑤ 年齢がいっしょ(やっぱり親近感がありますよね。)

理由⑥ 我々のご近所さん(もちろん偶然。全然知りませんでした。) 

理由⑦ チャリが一緒な事(こじつけ?) 

樽一社員も総勢7名。スタッフも若返り、100年企業に向けて

老舗ならではの伝統と時代に見合ったポテンシャルを

吹き込んでいきたいと思ってます。

明日よりブログタイトルもシンプルに「Taruichi News」として

再スタートいたします。長いようで短い間でしたが、

「てんちょうの三枚おろし」をご観覧いただきまして

ありがとうございました。引き続きアタクシもブログには

参加させていただきます。 

これからもご支援をお願いいたします。m(_ _)m

Byてんちょうこと、三浦康之でした。

本日、久しぶりに築地へチャリで行ってきました。

爽やかな太陽の下、新人イケメン本山は築地仕入れ初参加で

今回からチャリは2台から3台に増量!

いやー清々しくて気持ちいいですよ(^^)

20090629_1.jpeg

張り切って3人で仕入れてきました。

20090629_2.jpeg

仕入れの時に楽しみなのが「突撃!築地の朝ごはん」

今日は洋食たけだの「ポークソテー&アスパラフライ」

20090629_3.jpeg


たらふくいただきました(^^)

そして、7月からはブログもパワーアップ↑↑

これから、3人で樽一の出来事をご紹介しますね。

その一人がわれらのボス、佐藤慎太郎。通称「しんちゃん」です。

20090629_4.jpeg

お店と共にお客さまに多大に愛され、当店の人気NO1です。

昨年結婚した新婚さん。三味線、チューバの演奏家でもあり、

最近始めたゴルフに夫婦でハマっています。

早速、7月から始まるブログのネタ探しに、写真を取りまくっています。

そうそうウチのボスは雨・雪・雷・台風・霧...こういうのも得意技?なんですよ(汗)

今まで火曜日に行っていた勉強会を

金曜日に変更しました。

理由1 お店が忙しかった後に旨い酒が飲みたいから

理由2 店が忙しいため、「乾杯ビール」時にツマミが少ないから

理由3 他店が金曜日だと深夜遅くまで開いているから

まー理由は如何せんアタクシ共の不純な動機です。ハイ。

そして、昨日は同業者仲間の「さいた堂」に行ってきました。ここも金曜日は遅くまでやっているのです。

電話予約でキープしておいた大人気の「レバー刺身」

20090627_1.jpeg


口の中でゴツゴツ感が心地よいポテサラ

20090627_2.jpeg

酒もすすみ食もすすみ、今後の話もいろいろ話し合えました。

20090627_3.jpeg

今日の議題は7月よりブログ「てんちょうの三枚おろし」の終了でした。

今後は社長の佐藤こと「店主しんちゃん」と熱血新入社員「イケメン本山」

そしてアタクシ「てんちょう」の3人「Team Taruichi」で

ブログを綴っていきたいと思います。

来週は「しんちゃん」と「本山」をきちんと

紹介しますね(^^)

今月より新入社員が入り、今まで

アタクシが行っておりました、掃除やらの

日常業務の1部を新入社員に任すことにしたのです。

彼は時間を気にせずに、気がついた汚れている場所を

丁寧に掃除するため、昼食時間が少し早まった時など

間に合わないこともよくあります。

でも時計と、にらめっこしながら手の抜いた仕事を

する人が多い中、本当によくやってくれています。

そんな彼の仕事っぷりを我ら樽一社員は見過ごすわけありません。

今日もまかないが出来上がっているのに板長始め、

調理場全員が彼のサポートをしている姿に、

「うちのスタッフはサイコー!」と感じた今日この頃でしたとさ。(^^)

20090626_1.jpeg

先日お伝えした、「樽一三陸コース」

その全貌を公開します。

「自家製薫製三種盛」

20090625_1.jpeg

左から鯨の舌(さえずり)と女川産のほや、鮭のハラス


「鯨・鮮魚刺身盛り合せ」

20090625_2.jpeg


時計回りに、宮城産烏賊の鳴門巻き、鯨胃袋、鮪、鯨本皮、鰹


「鯨さえずり中華風サラダ」

20090625_3.jpeg


女川産「いかわたのたまり醤油漬け」

20090625_4.jpeg

「牛タンの味噌漬け」

20090625_5.jpeg


樽一名物の「笹かまぼこ」

20090625_6.jpeg


〆は「白石温麺」

20090625_7.jpeg


鴨肉入のつけだれでどうぞ。


こちらのコースはぐるなび限定のコースになっております。

40周年に、ちなんで1人前¥4000です。

なお、バリュープランですと飲み放題¥1580を付けても

¥5000(税込み)ですのでとっってもお得!

9月末までですのでぜひ、お試し下さいね(^_^)/~


20090625_8.jpeg


7月から始まる40周年記念コース夏バージョンの

構成が出来上がり、早速写真撮影に入りました。

写真器材も少しずつパワーアップしています。

なので、機材のセットも日に日に時間を取られてますが、

少しずつ良い写真が撮れるようになりました。

20090624_1.jpeg

40周年の夏季限定コースの名前は「樽一三陸コース」

三陸料理が樽一の原点だからコースを作ってみました。

20090624_2.jpeg

詳細は後日お知らせしますね♪

お楽しみに・・・

今月より新しい休暇制度が出来ました。

その名も「リフレッシュ休暇」です。

当店は日曜日、祝日が定休日ですが、

今期の業績も良く、新体制のもとで

社員が一丸となって頑張っているので、

社長と以前より何度も何度も打ち合わせをして

作った制度です。

この休暇は社員がピーク日を除いて月一度交代で

お休みを取る事にしたのです。

そして昨日はアタクシが日曜日と合わせて

連休を頂きました。

せっかくなので、「家族達にご奉仕を」とウチの両親と

実家の「三浦屋」でひつまぶしランチしました。

20090623_1.jpeg

自分の口から言うのも何ですが、マジ美味いっす!

ひつまぶしは3通りの食べ方がありまして、
①そのまま
②さらしねぎとわさびを一緒に
③出汁を掛けてうな茶漬けに

アタクシは②が大好きです。

20090623_2.jpeg

でも、食べながら母親と話をしてたら三浦屋でのひつまぶしの

エピソードを色々と思い出しちゃいました。

母親と弟と三人でひつまぶしも知らずに初めて名古屋の繁盛店に

行ったことや、弟と社員の4人で定休日に日帰りで名古屋に行き

うなぎを1日で4食食べ歩いたこと。(次の日はさすがに鰻みたくなかったなー)

名古屋のひつまぶし繁盛店に家族を置いて1ヶ月勉強に行ったこと。(つらかったなー)

テレビの取材を多数受けて、連日連夜店に行列ができて、

帰宅がいつも深夜3時を過ぎた嬉しい悲鳴の数々・・・

食べながらジーンときちゃいました。

それから子供達も学校からいつもより早く帰ってきて楽しく、

やかましいひとときを過ごしましたとさ。

お客さまには色々なお酒を試していただきたいのですが、

当店の地酒ラインナップもレベルがかなりアップして

提供するこちら側がとっっっても迷ってしまう今日この頃です。

ですが、その中でもこの時期にぜひ味わっていただきたいのが、

静岡の「磯自慢特別本醸造」です。


20090622_1.jpeg


こちらは、ただの特別本醸造ではありません。

この蔵では酒米「山田錦」に力をいれていています。

日本一の酒米、山田錦。その特上米、特A地区の畑(超優良地帯)の

兵庫県加東市産(旧東条町)にこだわっています。

そのこだわりようは1本1本に紫外線を遮断する袋で

品質をしっかりと守っているのです。

20090622_2.jpeg


普通の本醸造よりお値段も張りますが、

その味わいは見事の一言につきます。

静岡でも人気NO1ではないでしょうか?

これからも磯自慢は入手が困難なため、メニューこそあまり載せませんが

いつでも何かしらご用意いたしますので、その時は

お声をおかけ下さいね。(^^)

昨日も激務?を終えた3人は仕事の後に

チャリにまたがり、池袋の町に向かいました。

20090620_1.jpeg


おしゃれな小さな入り口。

20090620_2.jpeg


他店の「お通し」はとても勉強になります。

20090620_3.jpeg


これから当店でも扱うお酒をチョイスして、きき酒。

20090620_4.jpeg

刺身もどんなモノかチェック。

20090620_5.jpeg


当店の商品と、どのように見せ方・味が違うかもチェック。

20090620_6.jpeg


何かこれからのヒントにならないか、気になる料理も食べてみます。

20090620_7.jpeg

チャリ3人衆のオクサマ方、ダンナは今日も仕事帰りに

ちゃんと仕事してるでしょ♪

これが言いたかった、今日この頃です。(^^;)

最近少しずつですが、鯨料理の通販の

活動が増えてきました。まだまだネットでの

反響はイマイチですが、店内に張ったポスター

のお陰で注文が入り始めてきました。

しかし我々も通販は未知の世界ですので、

注文が入ると四苦八苦。手順もその時その時で

「あーしたら、こーしたら」とルールを

作ったり、決めごとを増やしたりで思うように

進まず、なんとか発送にこぎつけました。

20090619_1.jpeg


しっかりとシステムを作って、がっちりと儲けまっせ!

20090619_2.jpeg


この間まで、日替わりの地酒メニューが

「飲みくらべ」に紙面半分とられていましたが、

めでたく、グランドメニューに引っ越ししたため

もう3種類、オススメの地酒を紹介できる

スペースが出来ました。

全6種類とパワーアップ!

20090618_1.jpeg


左から「酔鯨うすにごり」・「陸奥八仙夏吟醸」・「翠露純吟雄町」

「尾瀬の雪どけ夏呑みきり」・「開運純米無濾過」・「越乃景虎特純生酒」

すべて生酒タイプです。その他にも好評の隠し酒も多数用意してます。

さーさー、どれから呑んでよいのやら、迷っちゃいますね。(^^)

巣立ち

| コメント(0)

今朝5時。

もちろん、普段のアタクシは夢の中・・・

妻の叫び声、子供達の悲鳴・・・

そんな時、起こされたのです・・・×_×

何事かと慌てて起きた瞬間。

例のウチのペット、2匹の「やご」

名前はギンヤンマにちなんで「銀ちゃん」と「シルバー」。

この「シルバー」がいつもまにかトンボになり、

まさに飛び立つ瞬間だったのです。

家中大騒ぎ!子供達も「やご」は触れたのに

トンボは無理なようで、トンボになったシルバーは

家の中をふらふらと飛び回り、

やっとのことでカーテンにとまりました。

乾ききらない羽を掴むこともできなく

カーテンに止まったまま窓の外へ。

20090617_1.jpeg

羽が乾いたとたん、そのまま自由な空へ

飛び立っていきました。

騒々しい朝の出来事でした。

でも、もう1匹いるんですよね。。。

20090617_2.jpeg

くじらの刺身はいろいろありますけれど・・・

じつは、なかった商品がありまして・・・

なんだと思います?

くじらの刺身盛り合せなんです・・・(^^;)

今までなかったのです。

もちろん、お任せはありましたけど・・・

お客さまはどれを頼んでいいか、わかりませんよね。

なので、作っちゃいました。♪

「くじら刺身3種盛」
20090616_1.jpeg
赤身・本皮・さえずり(舌)のセットです。

「くじら刺身五種盛り合せ」
20090616_2.jpeg
上記三種類の他に、ベーコンと百ひろ(小腸)をチョイスしました。

そして、こちらも作ってみました。
「くじら珍味三種盛り合せ」
20090616_3.jpeg
脈つぼ・腎臓・胃袋の組み合わせ。

つづいて、「くじら珍味五種盛り合せ」
20090616_4.jpeg
上記珍味にもっと珍味的なたけり(鯨のおち○ち○)と睾丸でどーです!

もちろん、単品の刺身をチョイスするよりぜーんぜんお得です!

従来通り、ご自分でのチョイスもオッケーです。

ぜひぜひお試しを!(^^)

食事会

| コメント(0)

昨日は我々のイチバンの理解者であり、経理関係の

相談役でもある、M氏との家族ぐるみの食事会に

ウチの社長夫妻と我々の家族がお招きされました。

場所はM氏自宅近くのお寿司やさん。

20090615_1.jpeg

ここの玉子焼がシンプルだけど熱々でとっても美味い!

20090615_2.jpeg

20090615_3.jpeg


刺身の大根のツマがお世辞にも上手とは言えませんが、

20090615_4.jpeg

愛情たっぷりでご主人の食に対する思い、情熱がすご~く伝わるんです。

子供達も打ち解けて、和気藹々。

20090615_5.jpeg

20090615_6.jpeg

そのうちに隣の座敷で子供達だけのカラオケが始まっちゃいました(^^;)

20090615_7.jpeg


とっても楽しい食事会、ホントにありがとうございました。


20090615_8.jpeg

今までスポットで行っておりました

「飲みくらべ」シリーズ。

とうとうグランドメニューの

レギュラーポジションを取りました。

1ページ枠で6種類が決定しました。

もちろん、最初に決まったのは「浦霞」

20090613_1.jpeg
金ラベル(樽一専用酒)・純米生一本本生(樽一オリジナル)・大吟醸

こちら3杯で¥1160!


その他にも・・・

「〆張飲みくらべ」

20090613_2.jpeg


「香露飲みくらべ」

20090613_3.jpeg


「田酒飲みくらべ」

20090613_4.jpeg


そして「十四代」

20090613_5.jpeg


その他「長期熟成酒飲みくらべ」もご用意しました。

ご自分のお好きな銘柄をお試し下さいね(^^)

先日お客さまより、うちの社長が

「鯨のお土産はないのか?」と訪ねられ、

通販のお話をしたところ早速ご注文。

「おっ?もしや他にも当店で鯨を召し上がって

自宅でも食べたいと思う方はいるのでは?」

と思い、すぐに店頭ポスターを作ってみました。

三つのセットとも店内で召し上がるより

かなりお手頃な値段設定にさせていただいております。

料理の質・量とも絶対にご満足していただけると

思います。もちろん、ネットからも購入できますので

ぜひご家庭に、贈答品に、いかがでしょうか?


20090612_1.jpeg

先日とっっっても忙しく、こうも忙しいと

無性に豚が食べたくなるのです。

アタクシの中での肉ランキングは

1位 ぶた

2位 とり

3位 ひつじ

4位 かも

で5位が牛なのです。

もちろん、こんな人間がアタクシの周りに二人おりまして・・・

ホッピーとやきトンにレバー刺身と三拍子揃っている

お店にチャリ三人集、張り切って行ってきちゃいました。

今宵もアツイ話と酒、肴で盛り上がった夜でした。

20090610_1.jpeg

日替わりですが、当店の弱点でした野菜の煮物。

できましたよ!

「かぶの肉詰め煮」
20090610_2.jpeg

あっさりとやさしい味付け。夏吟醸にはもってこい!

で、夏吟醸シリーズの紹介です。

ご存じ出羽桜の「とび六」。
20090610_3.jpeg


昨年大好評につき、今年も入荷しました。

さっぱりした香り、味わいと薄にごりの心地よい酸味。

小瓶(300㍉)なので、量もお手頃です。

数に限りがありますので、お早めにどうぞ。(^^)

新登場!

| コメント(0)

やっとこさ、こぎ着けました。

鯨の新メニュー。

以前こちらで、かる~く紹介させていただいた

メニューがいよいよ本日より登場しましたので

再度報告させていただきます。

「鯨のカルパッチョ」

20090609_1.jpeg

あっさりした、心臓の刺身と香草のコラボレーションは見事です。


「鯨すじポン酢」

20090609_2.jpeg

よ~く煮込んだすじ肉の上に自家製のポン酢を

ゼリー状にしてのせてみました。


「鯨カツ」

20090609_3.jpeg


長いこと、お待たせしました。

本当にお客さまからのリクエストが最も多かったお料理です。

やっと、樽一らしい鯨カツが出来上がりました。


お酒も充実!!

「山形正宗夏ノ純米」

20090609_4.jpeg

五百万石らしからぬ、そして夏の限定酒らしからぬ味わいです。


「雨後の月BlackMoon」

20090609_5.jpeg


大人びたしっくなラベルが妙にそそられます。

お米は「雄町」。

こいつもなかなかのお酒です。

ぜひ、今宵は樽一でいかがでしょうか?

学校行事

| コメント(0)

本日は、ほのぼのしたお話を一つ。

ウチの子供の恒例行事に参加してきました。

その名も「ヤゴ救出作戦」。

アタクシ達の住んでいる豊島区は池や川がとても少ないために

学校のプールが大切な貯水となるのです。

そこには微生物からさまざまな生き物たちが

食物連鎖によって生活しているのです。

しかし、プールが始まる前に清掃しきれいにしなくてはなりません。

そこでボランティアの方達によって水を流す前にヤゴを救いだし、

トンボにして自然に戻してあげようという行事がスタートしたのです。

20090608_1.jpeg

ウチも昨年初めてヤゴを飼ってトンボに戻してあげました。

20090608_2.jpeg

さぁー救出作戦の開始です。

20090608_3.jpeg


軟弱な都会の子供達も物珍しげに、そしてヤゴを触れなかった子供たちも

慣れてきて手で触れるようになりました。たくましい・・・

20090608_4.jpeg


いっぱい捕まえました。さぁーウチには何匹やってくる事やら・・・

当店は新宿東口よりアクセス5分と立地が

良いはずなのですが、お客さまから、行き方の問い合わせが

非常に多いのです。(繁華街だから仕方がないのだけれど・・・)

そんな迷子のお客さまへ樽一最短ルート情報です。ずっと一本道ですが・・・

20090606_1.jpeg

まずはJR新宿駅の東口に出ていただき、

「お昼休みは~うきうきウォッチング~♪」で有名な

「笑っていいとも」のスタジオアルタ。そこの隣にある

百果園(ひゃっかえん)という果物屋さんの測道を

歌舞伎町交差点に向かって歩きます。

20090606_2.jpeg

こちらの歌舞伎町交差点を渡って旧コマ劇場へと続く

一番大きなセンター通りを進みます。


20090606_3.jpeg


左側三件目のビルです。


20090606_4.jpeg

1階はエントラスになってまして・・・


20090606_5.jpeg


5階が「樽一」で-す。

もうこれで大丈夫!!(^^)/~~~


| コメント(0)

昨日お店は忙しく、お酒が少なくなったので

チャリで酒の仕入れに行ってきました=3

当店ツワモノのお客さん達を満足させるため

酒屋も何軒もお取引させていただいています。

本日の目的地は四谷。大塚から飯田橋-九段下-麹町-四谷へと・・・

またこれがアップダウンがはげしいのなんのって(汗)

良い運動になりました。(^^;)

つきましたよ。酒屋さんに!

20090605_1.jpeg

店内は欲しい地酒がぎっしり。

20090605_2.jpeg

おっ!ありましたよ。最近人気の夏吟醸。

20090605_3.jpeg

調子に乗って買いすぎて冷蔵庫に入りきれなくなりそうな今日この頃です。

さー意外と好評だった

まかない。調子に乗って第二弾!

うわっ!ぐるなびブログの絵文字が、かっ変わっている・・・

知らなかった。(汗)なんでいつもより絵文字が多いですが勘弁・・・

えーと本題の「まかない」ですよね。本日はこちら☆

20090604_1.jpeg

大好きなブタさんの「生姜焼き丼半熟玉子のせ」と「オリジナルポテトサラダ」です。

20090604_2.jpeg

この半熟玉子がよく肉と絡みウマイのなんのって(^^)

酒を合わせるならニゴリ酒がいいですねー♪

おっ!本日ちょうど届きましたよ!

20090604_3.jpeg

白瀑の「summerど」です。

活性のにごり酒、夏使用です。

生姜焼き丼はありませんが、当店の合鴨冷製や煮豚、地鶏唐揚げ・・・

などなどいかがでしょうか?

こちらはボトルタイプなので、グループでぜひぜひ

試してみてください。

それともう一つ宣伝。

20090604_4.jpeg

今年も浦霞蔵の華本生が入荷しました。

こちらは宮城県限定商品を樽一オリジナルに本生使用で

出荷していただきました。

こちらの商品もわずかしかありませんので、お早めにどうぞ!

ホント調子に乗って絵文字多くてスンマセン(^^;)

お祝い

| コメント(0)

とうとうホールにも新しい社員が入りました!

この社員がまた、うちらのご近所さんで年齢も一緒。

もちろん、全く知らない方なのに・・・

その社員、実は娘さんの入園祝いにアタクシの実家(ふぐ屋)

で3月に会食を行ってくれたとの事。

そして彼も昨日より我々のチャリ族に加盟したのです。

また、そのチャリがアタクシと同じチャリ。

ってことは社長も含めて三人とも同じチャリってことに・・・

偶然もここまでくると、ただごとではございませんな。

そんで昨日は家も近いこともあって池袋で

社長と三人でささやかながら入社祝い。

お店はいつもの「昔ばなし別館」。

これから我らの仲間(新入社員も)紹介しますね。

よい弟分がまた一人出来ましたとさ。(チャリも含む)


20090603_1.jpeg

新商品

| コメント(0)

新商品の紹介で~す。

20090602_1.jpeg

これ、なんだと思います?

正解は「鮎」です。

鮎を黒ごま付けて香ばしく揚げ物にしてみました。

こんな香ばしいお料理にはこちらのお酒がウッテツケ。

20090602_2.jpeg

「黒牛純米原酒無濾過」

濃くてしっかりした味わい。東京人が初めてトンコツラーメンを

食べたくらい衝撃的です。


そしてもう一品。

20090602_3.jpeg

イカの中に野菜を詰めて煮物にしてみました。

とっってもやさしー味わいです。

そんな優しい料理には・・・

20090602_4.jpeg

夏の定番吟醸「石鎚夏吟」です。

みずみずしくシャープな、さっぱり吟醸はいかがでしょうか?

こちらはボトルもありますので、グループで呑むのもよいのでは?


買ってきましたよ!

天草酒造の芋焼酎「池の露」

20090601_1.jpeg

当店でもこちらの球磨焼酎を扱っておりましたが、明治創業当時から

昭和55年まで続いていた芋焼酎の製造をいったん辞めて

平成18年から芋焼酎の製造を復活させた銘柄です。

こちらは知る人ぞ知る芋焼酎「さつま寿」

20090601_2.jpeg


こちらは、なかなか入手のルートがなくて苦労しました。

白麹本来の伸びのある味わいとやさしい香り。

4号瓶も色々と入荷しました。

20090601_3.jpeg

左からご存じ、「富乃宝山」。日本酒の黄色麹を使い、減圧と常圧を用いて

華やかな香りが特徴です。

中央は「百合」(ゆり)。6代目の蔵元が「100合呑んでも飽きない味わい」

と命名しました。

右は先ほどの「さつま寿」の4合瓶です。

どれも四苦八苦して何とか入手しました。

お飲みになりたい時は「てんちょう」までお声をおかけ下さい。

ウェブページ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。