2009年2月アーカイブ

ただいま、春のメニュー改正にテンテコ舞いです(^^;)。

地酒のレギューラーメニューをなんと半分にしました。

いやぁ~減らすのに何度も何度も打ち合わせて、

やっとこさ完成しました。

「そんなに減らして大丈夫なの?」って思いますでしょ。

ご安心下さい!メニューアイテムは前よりも充実いております。

最近地酒の仕入れルートを変えまして、日本に四季があるように

お酒にも四季折々のお酒があるのです。

それを充実させ、かつ自慢の冷蔵倉庫で熟成させて

提供していこうと考えました。

それと値段改正も行いました。

入手困難なお酒だって適正価格にシビアに取り組みました。

各酒蔵のアンテナショップ「樽一」の土俵で十分に競ってもらおうと

思いました・・・  ので全て原価に見合った価格に設定させて

いただいております。

あと、今回の変更ポイントは季節料理の食材に合うお酒を

メニューで提案させていただきました。

今回の食材は「初かつお刺身」・「自家製蕗みそ」・「空豆」です。

これに合うお酒は・・・  店内で見てください♪

それとコース料理も「鍋」が終了しますので新しく設定しました。

出来上がり次第「ぐるなび」に更新しますね。

それとメニュー改正に伴って「あんこう刺身」や「白子ポン酢」等

3月14日で終了いたします。

お早めにどうぞ!!

20090227_1.jpeg

20090227_2.jpeg

お久しぶりっす!

いや~ブログの更新遅れちゃいましてゴメンナサイ。<(_ _)>

できましたよ。新しいメニューが・・・

じゃーん☆「樽一名物」です!!

20090220_1.jpeg

今回は鍋をはずして歓送迎会用にお手頃価格に設定しました。

酒のアテには必要なアイテムはもちろんのこと、

刺身の盛り合せには鮮魚と鯨の刺身を一緒にしてみました。

さつま揚げ、いかわたのたまり醤油漬け、三陸生かき、干物の炙り焼き。

酒飲みにはたまりませんでしょ。

腰をすえてじっくりとお飲み下さいませ。追加オーダーもOKですよ。

ちょっとこの後にもう一品という方、こちらはどうでしょう?

20090220_2.jpeg

「白子の朴葉焼き」です。自分で焼いてからポン酢でどうぞ。


シンプルにコイツもいいかも?

20090220_3.jpeg

「白子ポン酢」
です。


「やっぱり、〆は鍋でしょ」って方は・・・

20090220_4.jpeg

「あんこう鍋」
です。仙台味噌ベースの出汁がたまりません!!


クーポンご利用でグラス生ビールを全員にサービスしちゃいます。

ぜひ、ご利用下さいね。

先日取引先サッポロビールの支店長が、

とある店主を当店に連れてこられました。

何でも「繁盛店に連れてって」とのようでした。(ありがたい・・・)

年は28歳、高田馬場と五反田の2店舗の焼鳥屋を経営してるそうで

名刺交換もしたので早速二人で行ってみることに・・・

お世辞にも立地の良い場所とはいえませんが、お任せで焼き鳥を注文。

名物のレバー焼きが出てきた瞬間、「すげー」!!!

20090210_1.jpeg

ほとんど「レア」ではないですかっ!

20090210_2.jpeg

これが美味いのなんのって!と~ても鮮度がいいのですね。

つづいて人気NO1のレバー刺。

20090210_3.jpeg

濃厚だけどさっぱりしていて癖がなく、とても美味しく頂きました。

これにはやっぱり焼酎だね♪

ボトルまで入れちゃいました。しかも安い!!

最後、店主に「このメニューは誰が書いたの?」と聞いたら

「自分で書いてます。」ってうまいじゃん!

何を隠そうアタクシとウチのBOSSは字が小学生の時から

進歩していないのです。思わず一言書いていただいちゃいました。

20090210_4.jpeg


このお店はどこにあるのって?

そんなの言えませんよ。なんせ我々の憩いの場所ですからねー(^_-)

おすすめ地酒メニューを一新しました。

昨日ふと、思いついて早速変更しましたがー

お陰で残業&早出勤もうやだ~(T_T)

でもでも、なかなかの出来映えと自負しております。!(^^)!

今回よりテーマを持ってメニューを作りました。

で・・・今回のテーマは・・・

「高知男酒特集」
20090206_1.jpeg
左から亀泉・船中八策しぼりたて・酔鯨うすにごりです。


そして今宵のおすすめ地酒は・・・
20090206_2.jpeg
左から天の戸美稲(うましね)・獅子の里・菊姫山廃純米無濾過原酒です。


そして新コーナー「店長の隠し酒」かる~くどんな

ラインナップか、お見せしましょう。
20090206_3.jpeg

あと、好評につき40周年特別コース2月も引き続き行っております。

生ビールジョッキか浦霞生酒禅樽一専用ボトルをサービスしてます。

皆さまのお越しを待ってまーす。(^^)v
20090206_4.jpeg

静岡の地酒って何を思い出されます?

う~ん・・・なかなか出てきませんよねー!

でも、実はとっーても酒所なのです。

開運、女泣かせ、高砂、初亀、正雪、志田泉、臥龍梅、喜久酔・・・

出てくるわ、出てくる。  

がー  何か忘れていませんか?

そうです!「磯自慢。」

当店でもいよいよ始まりましたよ。

でー本日入荷したのは、こちら!
20090202_1.jpeg
しぼりたて本醸造です。

しかもコイツは県内限定なので、どこにでも有るわけではございません。

価格はお手頃、味はグッドです。

あと、ボトルはこちら・・・
20090202_2.jpeg
しぼりたて吟醸原酒です。

もちろんこの時期の限定酒です。

昔は「海苔みたいな名前だねぇ」と馬鹿にされてたそうですが、

今じゃ静岡を代表する酒蔵です。

前杜氏の瀬川さん(今は長野の天法)が辞めるときは

ファンも大騒ぎ、蔵の中もかなりの緊迫感が走ったそうですが、

現杜氏の多田さん(瀬川さんと同じ南部杜氏)がみごとなお酒を醸して

磯自慢の人気は衰えることが無かったそうです。

そして瀬川さんも新転地にてお酒が一気にブレイクしたのは

言うまでもありません。

そして、磯自慢の酒蔵は蔵人にも環境の設備をしっかりと整えて

快適に酒造り出来るよう蔵元が気を遣っているそうです。

ぜひ、そんなエピソードを交えながら「一滴入魂酒」の

お酒をお試しになってはいかがですか?

追伸

本日、大塚の倉庫から大吟醸生詰をお店に持ってくるのを忘れちゃいました。

木曜日には店頭に列びますので、ご勘弁を・・・(>_<)

ウェブページ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。